グラスホッパーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グラスホッパー
 > (レビュー・クチコミ)

グラスホッパー

[グラスホッパー]
Grasshopper
2015年【日】 上映時間:119分
平均点:4.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-11-07)
サスペンス犯罪もの小説の映画化
新規登録(2015-10-30)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2016-03-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀧本智行
キャスト生田斗真(男優)鈴木
浅野忠信(男優)
山田涼介(男優)
麻生久美子(女優)すみれ
波瑠(女優)百合子
菜々緒(女優)比与子
佐津川愛美(女優)メッシュの女
村上淳(男優)岩西
宇崎竜童(男優)鯨の父の亡霊
吉岡秀隆(男優)槿
石橋蓮司(男優)寺原会長
原作伊坂幸太郎「グラスホッパー」(角川文庫)
脚本青島武
作詞YUKI「tonight」(EPIC Records Japan)
主題歌YUKI「tonight」(EPIC Records Japan)
撮影阪本善尚
製作松竹(「グラスホッパー」製作委員会)
KADOKAWA(「グラスホッパー」製作委員会)
ハピネット・ピクチャーズ(「グラスホッパー」製作委員会)
電通(「グラスホッパー」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「グラスホッパー」製作委員会)
朝日新聞社(「グラスホッパー」製作委員会)
配給松竹
KADOKAWA
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.最後は旨いことまとまるが、期待値は遥かに上回らない。
世界観は良いが、肝心の脚本が物足りない。

賛否両論ありそな映画。
バッジョさん [DVD(邦画)] 4点(2018-06-08 20:47:18)
13.《ネタバレ》 原作は面白かったので、いろいろ設定を変えないほうが良かったのにと思うところが多々ありました。

まず、鈴木は原作どおり妻の復讐のために行動するので良いのに、尺の関係か最初から槿たちの計画に組み込まれています。
その結果、鈴木が狂言回しとなって槿の家族や鯨や蝉を引き寄せるところが、単に作戦の駒になり、
鯨と蝉は全然鈴木に絡まないので、まったく別の話が同時進行してるだけみたいになっています。
原作読んで無い人は、この別々の話の繋がりは何?て思うでしょう。

また、鯨の父親が、鯨が決着をつける決意を促すための要因として何度も出てきますが、
ここも原作どおり、殺した人たちが入れ替わり立ち代り出てきて喋るほうが面白いのにと思いました。

そして何と言っても蝉のキャラを変えたことと、何だか死後鯨と友達みたいになってるのには苦笑してしまいました。
蝉は感情の無いゲスな人殺しだから、鯨に殺されて清々するのに。
哀しき暗殺者みたいなカッコ良さげなキャラにしてました。これは蝉じゃないです。

キャストはそれぞれ良かったです。
何とかまとめてはいるけど、原作の面白さは出し切れてなかったと思います。
nanapinoさん [映画館(邦画)] 5点(2017-06-25 03:36:37)
12.《ネタバレ》 映画の雰囲気、見せ方だけで言えば酷評されるほど酷い内容ではなかった。
ただそんなに上手く行くわけないでしょ・・・繋がるわけないでしょ・・・。
荒いなぁとネタバレの時に思わずには居られない・・・。
見終わったあとに残ったのは疲労感だけでした。
デミトリさん [DVD(邦画)] 5点(2016-12-09 10:29:42)
11.《ネタバレ》 原作既読ですが、内容はすでに全く覚えていない状態での鑑賞。しかし、これだけは言えます。原作の出来からは程遠い。中身のない薄っぺらな作品です。出演者の方々はみなさんそれぞれに良い味を出しておられるのではないでしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-11-12 22:23:44)
10.《ネタバレ》 つまらなくはなく、そこそこに楽しめました。けれど、満足できない点が多い映画でもありました。幽霊が車を運転して去るという描きについていけないし、種明しの仕方が安直で面白くないし、大事な人を殺されて「タイムマシンだ」とか言って微笑みが出るものかなぁ? 1番苦しむべき悪は、とーっても楽な感じに苦しみもなく呆気なく死ぬし、冷凍庫の思い出とかで終わらせられても全く共感できません。なんで彼女は殺されて、しっかりクローズアップされて撮影されていたのか、あのハロウィンマスクの子は何者なのかもサッパリ分かりません。あの子の親はどこでどうしとるんじゃ?! まともじゃない。
だみおさん [DVD(邦画)] 6点(2016-10-17 01:26:22)
9.《ネタバレ》 原作は読んだが記憶はあんまりなく、そこそこ新鮮な気持ちで観てたが途中からこんな話だったかなと疑問しか感じなかった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-09-22 17:56:34)
8.《ネタバレ》 そこそこ雰囲気出して進めてたのに、途中からまぁ雑になりましたね。
もうね、馬鹿にしすぎですよ。
なんでしょう、恋人が轢かれるシーンを見せるとか。
これ一つとっても『誰が撮ってたんだ』『いつ編集したんだ』とか、『なぜそんな都合のいい映像が残ってるのか』などなど
もう全力で突っ込まざるを得ない状況に陥ります。
丁寧に描いていたハズの鯨と蝉の殺し屋二人も、まさかの消耗戦。
監督自らがこのオモチャに飽きてしまったかのような仕事放棄ぶりにはびっくりしました。

また個人的な印象で申し訳ないのですが、
石橋蓮司さんはアウトレイジの情けない歯医者シーン、
浅野忠信さんは寄生獣での無敵っぷりのイメージが強すぎて、
かなりこの作品の観賞に影響しました。
ミスキャストとは言わないまでも、演出や衣装の見せ方で回避してほしかったです。
とにもかくにも、あまりの失速感に呆れ果ててしまいました。
一年後のネタバラシは必要不可欠だと思いますけど、これまた伝え方にセンスがないなぁとトドメを刺されてしまいました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-09-19 05:35:41)(良:1票)
7.《ネタバレ》 原作小説は未読。想像していた斗真くんの復讐劇ではなくて極悪組織のボスを組織的に暗殺する話でした。序盤の伏線が後半回収されていくのは結構楽しめました。菜々緒の悪女は板に付き過ぎです。ただ、ラストの鯨と蝉の格闘シーンは不要だったのでは。プロの殺し屋が感情に任せてあんな風に殴り合うとは思えません。そして、バッタのアップは気持ち悪いです。以上
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-09-18 17:29:45)
6.伊坂幸太郎の原作は、この人気作家らしい切り口が特徴のユニークな「殺し屋小説」だったハズだが、これまた随分と凡庸でダサい映画に仕上がってしまっていると思った。
原作小説を初めて読んだのはちょうど5年前で、既にストーリーをうろ覚えだったので、映画を観た翌日、書棚から文庫本を引っ張り出してきて、一気に再読してみた。
なるほど。映画化における改変が、殆どすべてにおいて「改悪」となっている。原作ファンとしては、むしろ、“別のお話”に作り変えられていると思ってしまうくらいに、原作が持つストーリーテリングの“妙”が破壊されてしまっている。

個人的に伊坂幸太郎の小説が好きだ。流行作家らしい軽妙な語り口と、ポップカルチャーの多様は、熱心な文学ファンにとっては敬遠される要素なのかもしれないけれど、映画ファンとしては、この作家が持つ独特の視点と、娯楽性の高いストーリーテリングには、常に映像的感覚が付随されていて、引き込まれる。

そもそもが映像的な感覚に富んだ文体であり、映画的なアクセントをつけやすいキャラクターが多く登場するので、これまで観てきた映画化作品は、どれも一定の面白さを備えた作品に仕上がっていた。映画化作品のすべてを観たわけではないけれど、少なくとも「駄作」と切り捨てるものはなかったように思う。

が、しかし、残念ながら今作は、「駄作」と言わざるをえない。
映画化における「改変」は、ある程度仕方がないことだとは思う。過去の伊坂幸太郎原作の映画化作品においても、すべて何らかの改変はされている。
今作において問題なのは、原作の持つテーマ性をまるっきり履き違えてることだ。

主人公は拭い去れない復讐心を抱えているが、この物語のテーマは「復讐」などではない。
それは、原作において、「復讐」の最大の対象が冒頭でいともあっさりと死んでしまうことからも明らかなはずだ。
映画では、冒頭から陰惨な殺戮シーンを映し出し、いかにも凶悪な「悪党」の存在を際立たせ、安直に描き出される復讐心を煽っている。それが実に陳腐でダサい。

原作小説では、悪党の親玉たちの描写は必要最低限に抑えられている。直接的な描写は殆ど無く、ほぼその配下の部下や取引先の人間たちによる伝聞で留められている。
なぜか?巨悪の根源の正体なんて、そんなありふれたものどうでもいいからだ。
原作でメインに描き出されているのは、主人公の平凡な男と、二人の殺し屋の、抱え込んだトラウマからの脱却の様である。
そしてそれを主軸にして、誰も知らない「業界」の常識とルール、そこで生きる者たちの心象風景が、特異なエンターテイメントとして繰り広げられている。

そういったテーマ性や娯楽性が、全くと言っていいほど再現されていない。
同監督作では、同じく生田斗真が主演した「脳男」が、粗はありつつも想定外に面白い娯楽映画に仕上がっていたので期待感はあった。
しかし、今作においては、豪華なキャスティングをまったく生かしきれていない演出力のマズさが終始際立つ映画になってしまっている。
アクションシーンがチープだったことも大きなマイナス要因だったと思う。
「アジョシ」や「ジョン・ウィック」レベルのアクション描写を用意しろなどとないものねだりをするつもりはないが、多種多様な細かい殺人描写がキモであるストーリーでもあるだけに、映像的な説得力の無さは致命的だった。

更には、エンディングに大ファンであるYUKIの楽曲が意味不明にタイアップされていたことが、やり場のない虚しさに拍車をかけた。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(邦画)] 3点(2016-07-04 18:50:45)
5.《ネタバレ》 ノンストップアクションムービーみたいに書かれてあったので期待して観たのですが、
最初から最後まで全くのれず、ただ傍観するのみでした。
バッタが飛び回り、道に変な手紙が落ちてるのを発見する序盤からもうついていけないのですよ。
なんだろう。小説とかなら面白いのかもしれんけど、映像で真面目に描かれてもついていけない。
唯一良かったのは、悪の世界の人たちの部屋のインテリアですかね。青と赤の小道具や照明とかが良かったです。
それから菜々緒のSキャラが存分に生かされてましたね。そんぐらいかな。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2016-05-21 22:43:06)
4.《ネタバレ》 伊坂幸太郎原作の作品が好きなので鑑賞しました。原作は未読です。結論から言うと私が思っていたモノとは違いました。二重三重にも交差する思惑や陰謀みたいなモノを期待していました。終盤でタネ明かしがありますが、正直都合良すぎる点が多い。もし違う行動や結果だったらどうしてたのか?予測不能な出来事が起きてた方がサスペンスとしては面白いのに、まるで思い描いた通りに主人公・鈴木が動いてくれるなんてありえないでしょ普通は。そもそも彼があの会社に潜入しなかったらどうしてたんだろうね?それにその鈴木を会長のいるところに連れてかれてたらどうしたんだろう?あれこれやっぱり腑に落ちません。ただ殺し屋稼業の人たちの、なんか救いようのない描写は良かったですね。なんなら、彼らだけの話でも良かったかも。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2016-04-21 18:54:18)
3.《ネタバレ》  ハチ公前のスクランブル交差点は109前のスクランブル交差点と信号機の灯火パターンが完全に一致しているので、現実にはあの車はハチ公前に到達する以前に109前で人を撥ねるか、信号待ちの車列に突っ込んでますな。

 それはともかく、なんかもっとヒネリのある、展開や構成で楽しませてもらえる映画なのかと期待していたのですが、あちこちひっかかってしまうところだらけで。

 主人公が能動的に動いているように見えて、実は操られているだけ、狂言回しで結局物語を動かしてゆく立場にはないっていうのは別にいいとして、その作品世界を構成する人々にまるで気持ちが乗ってゆかない状態。二人の殺し屋に妙に入れ込んでいる感じがしますが、二人とも魅力的な個性、人間性の持ち主とは言い難く、ただの悪人ですよねぇ。それは岩西も同様。
 一方、槿もまた目的のためなら手段を選んでいない訳で、寺原Jrを轢いた車のドライバーが殺される事まで当然想定していたと考えると、ラストに至ってこの人に何らかの「感動的な何か」を抱けって言われても無理な訳で。
 メッシュの女のいかにもウラがありそうな存在の仕方、寺原会長や比与子の単純な存在の仕方も「なんだかなぁ」って感じで(毎度の石橋蓮司のヤクザの親分のステレオタイプっぷりは、ギャグか何かなんでしょうか?)。
 一体この物語の何処に楽しむべき要素があるのか教えて貰いたいもので。不快感で構成してみました、みたいな?
 「お前が人がどんどん死んでゆく物語を楽しめないだけだ」って事なんですかねぇ?
あにやんさん [映画館(邦画)] 4点(2016-04-18 21:15:22)
2.蝉役の山田君が結構ハマってました。原作では最後の解釈の仕方で余韻に浸れたけれど、映画では鈴木の過去にクローズアップされてます。
tonaoさん [映画館(邦画)] 6点(2015-11-16 12:17:48)
1.《ネタバレ》 阪本善尚のカメラがいい。男たちの首筋を流れる汗が夏の暑苦しさを伝え、ふっと影が差していく屋内が人物の細やかな心情変化を伝える。
浅野忠信をはじめとする俳優たちの見栄えのよさも、その陰影を浮き立たせる撮影の素晴らしさゆえである。

尾行する生田斗真と、その対象である吉岡秀隆がホームであわや接近遭遇するショットの緊迫感。
囮として潜入した女性が手錠を外して凄腕を披露していくその凛々しい表情など、なかなかの見所である。

それぞれのドラマが絡んでいくうねりは淡白だし、
回想によるもたつき、案の定出てくるラストの種明かし説明などがやはり蛇足なのだが、
ラストの波留の笑顔で帳消しにしても良い。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 5点(2015-11-08 09:15:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 4.79点
000.00%
100.00%
200.00%
317.14%
4535.71%
5428.57%
6428.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS