ワイルドカード(2014)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワイルドカード(2014)
 > (レビュー・クチコミ)

ワイルドカード(2014)

[ワイルドカード]
Wild Card
2014年【米】 上映時間:92分
平均点:4.62 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-01-31)
アクション犯罪もの
新規登録(2015-11-07)【ぽこた】さん
タイトル情報更新(2015-12-30)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サイモン・ウエスト
演出コーリー・ユン(アクション監督)
キャストジェイソン・ステイサム(男優)ニック・ワイルド
マイケル・アンガラノ(男優)サイラス・キニック
マイロ・ヴィンティミリア(男優)ダニー・デマルコ
ホープ・デイヴィス(女優)カサンドラ
スタンリー・トゥッチ(男優)ベイビー
ジェイソン・アレクサンダー〔男優〕(男優)ピンキー
アン・ヘッシュ(女優)ロキシー
山路和弘ニック・ワイルド(日本語吹き替え版)
魚建オズグッド、キンロー(日本語吹き替え版)
野島昭生ベイビー(日本語吹き替え版)
原作ウィリアム・ゴールドマン『Heat』
脚本ウィリアム・ゴールドマン
音楽ダリオ・マリアネッリ
撮影シェリー・ジョンソン(撮影)
配給クロックワークス
衣装リズ・ウォルフ
あらすじ
元特殊部隊の隊員だったニックは、今は酒に溺れラスベガスで用心棒稼業を営んでいた。そんなある日、何者かに激しく暴行され瀕死の重傷を負って病院に担ぎ込まれた元恋人から、犯人捜しと復讐を依頼される。気乗りしないものの心優しい彼は、そのくらい朝飯前とばかりに犯人グループを叩き潰すのだが、その背後にはラスベガスを支配する凶悪な犯罪集団が控えていたのだ。荒んだ暮らしと決別すべく、街を出ようとする彼の決死の戦いが始まる。ジェイソン・ステイサムと「エクスペンタブルズ2」の監督、「トランスポーター」のスタッフ、「明日に向かって撃て」の原作者がタッグを組んだクライム・アクション作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.ジェイソン・ステイサムがワイルドスピードに出演したから、とりあえず彼の出演作に「ワイルド〇〇」と邦題つけて売り出すことにしたのか、と思ったら、さにあらず、本作は原題そのまんま。主人公の名前がワイルド、なんですね。
で、彼が主演だからバリバリの格闘映画なんだろう、と思ったら、これが微妙。中盤はバクチ映画になっちゃう。確かにカードの映画、だから、ワイルドカード、ってか。何だか騙されたような。
そりゃま、あくまでジェイソン・ステイサムですから、戦えば、やたら強いんですけどね。ただ、あまり戦わない。というか、この主人公、イマイチ何もしない。いや、彼が何もしないというより、周囲の人物の方はエキセントリック過ぎるのかも知れない。彼も敵に囲まれて危機に陥れば、己が肉体(プラス、ちょっとした小物)を武器に敵を蹴散らすけれども、女のアソコを銃でどうした、とか、男のアソコを植木バサミでどうする、とか、そんな話にはついていけず、またバクチの世界に戻ってしまう。
どんなカードが出てくるか、それを待つだけ。運の方が、勝手に彼のもとを訪れたり、また去って行ったりして、結局は何も変わらない。
冒頭のエピソードにおける、狂言を依頼するハゲ親父の方が、よほど行動的かもしれない。
という、主人公のグダグダ感と、グダグダな主人公がいつ「行動」を起こすのか、ってのがいかにもハードボイルドで、そういや、ジェイソン・ステイサムのこの「何も考えていません」という顔立ちこそがまさにハードボイルド顔、という気もしてきます。
結局、彼にせよ、彼につきまとう金持ちに兄ちゃんにせよ、どうしようもない日常は、どうしようもなく続いていってしまうのだけど、そんな中にもちょっとした転機が起こり得る、というその転機を切り取ってみせた、なかなかユニークな作品でした。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-08-30 06:36:02)★《新規》★
12.《ネタバレ》 映像はよく撮れててて、退屈はせずに最後まで見たけれど、
とにかく、ストーリーがまとまってないので
終わった直後の感想は
「ええ・・・?」という困惑

最初のハゲ男のエピソード、何の意味が??
元恋人のからみも、え、そこで終わり?
少年のからみ方も、え、そこから?
みたいな、
作成中になんかあってストーリー変更しましたか??
スズメッキの魔女さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2020-05-06 03:58:10)
11.主人公の気持ちがよくわからないんですよね。依頼人との関係性もそんなに深まるシーンはあったかな?
でも飽きずに観れますね。
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-10 22:35:42)
10.これだけケンカに強ければ、世の中怖いものなしだろうなと。見どころも、感想も、それぐらいですかね。ステイサムに勝てそうなのは、別の作品で主役を張るステイサムぐらいでしょう。
眉山さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-05-08 21:16:04)
9.この映画のストーリーラインが描き出したかったことは、うらぶれた人生からの脱却を実は夢見ている裏稼業の男が、不意に現れた“若者”との一夜の交流を通じて、決意と活路を見出していく物語だったのだと推察する。
なにせ、脚本は二度のアカデミー賞にも輝くウィリアム・ゴールドマンである。
きっと本来イメージしていたストーリーラインは、ラスベガスの欺瞞に満ちた輝きの中で、己の腕っ節のみで生きてきた不器用な男の哀愁と、その先に見えた真実の光だったのだろう。
そういうストーリーラインを示す描写や設定は確かに点在している。

しかし、残念ながら結果としては、この映画においてそういった芳醇なドラマ性は生まれておらず、全編通してチグハグでバランスの悪いアクション映画に終始してしまっている。

その原因が、イメージはあるものの緻密な人間描写の構築まで至ることが出来なかった老脚本家にあるのか、ドラマシーンの演出力に欠いたB級アクション映画監督にあるのか、はたまた良い意味でも悪い意味でも“筋肉バカ”である主演俳優にあるのかは定かではないが、まあ何とも残念な映画に仕上がってしまっていることは間違いない。

監督はサイモン・ウェスト。世間的にはB級アクション映画専門監督というレッテルを貼られており、その認識に間違いはないと思うけれど、個人的には1997年の「コン・エアー」以来、決して嫌いにはなれないアクション映画監督の一人である。
主演のジェイソン・ステイサムとも、「メカニック」「エクスペンタブルズ2」と、相性の良い仕事ぶりを見せてくれていただけに、今作に対してもB級アクションならではの良い意味で“雑多な娯楽性”を期待していた。
実際、アクションシーンの見応えは確かにあったと思う。
“銃”を絶対に使わないというキャラ設定を活かした主人公のアクションシーンにはキレがあり、銃を使わないからこそ生じる残虐性とそれに伴う“痛々しさ”が特徴的だったと思う。

ただし、アクションシーンに限らず総てのシーンが短絡的かつ散文的で主人公の行動原理に説得力がまるでなかった。
「主人公がどういう人間なのか」という肝心な部分が、極めて曖昧で掴みきれない。
勿論、敢えてそういう主人公造形をする作品もあるけれど、結果として本質的な魅力を欠いてしまっていることは、脚本、演出、演技の総てにおいて力量が足りていないということだろう。

詰まるところ、今作においては脚本、監督、主演俳優の“食い合わせ”が悪かったということだと思う。
全く別の座組が実現していたならば、もっと良い映画になり得た可能性はあった……かもしれない。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 3点(2017-04-18 12:43:50)
8.《ネタバレ》 ジェイソンステイサムが出てるアクション映画はほぼハズレなしかと思ってきましたが、今回初めてハズレに出会いましたw

ラスベガスを舞台にしてるといいながら、ぜんぜんラスベガスを感じさせません。

最初のほうは、ラスベガスの夜景をイメージビデオのようにいろいろ画面に出して「ここはラスベガスですよ!」と一生懸命アピールしてるんですけど、その後、地味で薄暗いなカジノがメインになり始めたあたりから、もうこれはどこの場末の賭博上だって感じになってきます。おそらく経費節減のため、屋内の撮影をベガス以外のロケ費用の安い地域ですませて、そうした映像がたぶんこの映画の8割くらいつかわれている。

とにかく”どーでもいい”画面作りが目立ちます。

物語が始まってまもなく、ステイサムは、ヤクザにレイプされた女に復讐の手伝いを頼まれ、助けないといいながら手助けするわけですが、特にその主犯格を探し出すのに時間も労力もかからず、滞在先のホテルで働いてる黒人メイドが「~号室の~~って人だよ」とサクっと教えてくれて解明できちゃうので面白くもなんともありません。

その後、ステイサムは主犯格の男にもとへ行って、主犯格の手下2名とお決まりの数分間の対決シーンを済ませたあとは、被害女性が後から登場して主犯格の男から札束とその男のペニスを手土産に早々に退散。

いってみれば、この映画の盛り上がりは始まって数十分のこのエピソードが一番の盛り上がりどころ(盛り上がりといっても、その盛り上がり具合は高さ3cm程度のお粗末さですが)であり、その後は、”どーでもいい”エピソードが延々と垂れ流されます。

ほめるところはほとんどなく、もちろんいつも通りステイサムはかっこいいのですが、作品によってガラリとキャラクターを変えてアカデミーノミネートも視野にいれたような渾身の演技をみせるハリウッド役者と違い、「どの映画のステイサムも、だいたい同じ」なので、つまりこの映画を見なくても、ほかの映画でも、この映画で見たようなステイサムが見られるので、つまりこの映画は見なくてもいいかもしれません、という悲しい結論をつけさせていただきます。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2016-10-24 11:13:02)
7.《ネタバレ》 ラスベガス、酒、ギャンブル、崖っぷちの男と女、依存症、ハゲ…。とくれば、映画好きなら誰しもニコラス・ケイジがアカデミー賞を受賞した哀切な大人のラブストーリー『リービング・ラスベガス』を思い出すのですが(あ、ハゲは余分か笑)、ジェイソン・ステイサムが主演をつとめたこちらはあくまでエンタメ・アクション作品。でも、なんだかとっっっても中途半端な作品でありました。娯楽作品としてすっきり爽快に観終えたかったのに、ステイサム演じるこちらのハゲはなんだかどうでもいいことでうだうだ悩んでみたり、かと思えば急にマフィア相手に大立ち回りを演じてみたり、ブラックジャックで大勝したかと思えば、結局負けて酒飲んで暴れたり、元恋人からのお願いを無下に断ったかと思えば、やっぱり助けてみたり…。「あんた、結局何がしたいねん!!」と終始苛々しっぱなしでした。ほとんど観る価値のない凡作と言うしかありません。4点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2016-05-14 22:33:10)
6.ラスベガスの派手さもなく、登場人物の奥行きもなく、大きな盛り上がりもないまま終わりました。ステイサムのアクションでもなかったらホントつまんない映画だったろうな。つまり、アクションシーン以外は見るべきところのない映画。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-02-13 13:46:08)
5.《ネタバレ》 観終わった後に特に何も残らない映画。ステイサム作品にしては地味だがアクションシーンはそれなりに良かった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-12-23 15:57:49)
4.スティサムラスベガスで凄いアクションを魅せるのか、期待しつつ鑑賞しましたがラスベガスでもなくて良いのではととも思える
脚本です、アクションもいつもと違いしょぼかった内容でした。暇だったら鑑賞してください。
SATさん [DVD(吹替)] 4点(2015-12-14 21:39:34)
3.《ネタバレ》 もう、ひとつの型が出来上がった感じのジェイソン君。今作でもお約束通りに最強ぶりを発揮してくれます。
が、イマイチ残らないですね…その辺りが残念。作り手は彼のカッコ良さを大切にして欲しいな。アクションスターは皆それぞれに「型」がありますけれど、あまりに「型」にはまりすぎてしまうと飽きられてしまう。コアなファンだけのヒーローになって欲しくない。頑張れジェイソン君。おまけの7点献上です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2015-12-06 23:26:10)
2.《ネタバレ》 ジェイソン・ステイサムらしい大暴れ映画で、面白かったけど、、観終わったらあんまり内容が残らない系かもしれない。事実3か月ぐらいまえに観たんだけど覚えてないんだよなーーー、、、;;改めて言いますが面白かったんですヨ、ゴメンナサイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2015-11-30 21:31:03)
1.《ネタバレ》 情に厚い用心棒が、女に暴力を振るう極悪マフィアと全面戦争!かと思いきや、ギャンブル依存性のステイサムが、「人生って何じゃろねぇ」とか言いながらラスベガスを彷徨う珍妙な映画でした。マフィアとのトラブルは意外とアッサリ片付くし、ラストでは、数日行動を共にして仲良くなった優しいIT成金から50万ドルをポンともらって(お前は猪瀬元知事か)人生のやり直しをさせてもらうという超ご都合主義。アクション映画としてもドラマ作品としてもこれといった見所がなく、見て損したと思うレベルの作品でした。
気の良い悪人役のステイサムはいつもながらのハマり具合であり、抜群の安定感で作品の基礎となっていますが、本作についてはステイサムが演じるからこその不満点もありました。いつものステイサムなら大暴れして敵をなぎ倒し、観客に溜飲を下げさせる場面であっても、本作では実力行使にためらいがあって、見ている側からすると何ともスッキリとしないのです。この辺りの欠点は、監督が作品のカラーを決め兼ねたことが原因ではないかと思います。例えば『ハミング・バード』も本作と同傾向の作品でしたが、そちらはドラマ畑のスティーブン・ナイト監督の色がはっきりと出ており、「これはアクションを見るための映画ではありません」という共通認識が作り手と観客との間で自然と出来上がったおかげで物足りなさは感じませんでした。他方、本作の監督はサイモン・ウエスト。よほど気が合うのか『メカニック』『エクスペンダブルズ2』に続きステイサムとは三度目のタッグとなりますが、そのフィルモグラフィを見ればわかる通り、アクション映画しか撮れない監督です。裏街道の人間模様を描くことには不慣れだったし、たまに出てくる殴り合いも血生臭いバイオレンスではなく、ステイサムの身のこなしをカッコよく見せるための華麗なアクションとして撮られているため、ドラマの方向性と見せ場の印象がバラバラになっているのです。ラストの大立ち回りなんか最悪で、主人公があれだけ強いのなら最初から暴れてればよかったのにと、余計にモヤモヤが残る結果にしかなりませんでした。
唯一面白かったのは冒頭。ハゲのステイサムが他人のヅラをむしり取り、ハゲ頭を笑いものにするという倒錯したやりとりのみ楽しめました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2015-11-30 09:16:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 4.62点
000.00%
100.00%
200.00%
3215.38%
4646.15%
5215.38%
617.69%
7215.38%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS