ザ・ウォークのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ウォーク
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ウォーク

[ザウォーク]
The Walk
2015年【米】 上映時間:123分
平均点:6.70 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-01-23)
ドラマアドベンチャー実話もの3D映画
新規登録(2015-11-18)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-03-06)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ゼメキス
キャストジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)フィリップ・プティ
ベン・キングズレー(男優)パパ・ルディ
クレマン・シボニー(男優)ジャン=ルイス
ジェームズ・バッジ・デール(男優)ジャン=ピエール(J.P.)
内田夕夜フィリップ・プティ(日本語吹き替え版)
麦人パパ・ルディ(日本語吹き替え版)
脚本ロバート・ゼメキス
音楽アラン・シルヴェストリ
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「エリーゼのために」
撮影ダリウス・ウォルスキー〔撮影〕
製作スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
フランスの大道芸人フィリップ・プティ(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)はある日、歯医者で偶然WTCビル完成に関する新聞記事を読み、綱渡りでツインタワーの間を渡り切る事を決心する。師匠のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)に指導を受け仲間たちと準備を進め、1974年8月7日に遂に決行しニューヨークの市民を驚かせる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》 やや話がデキスギていてどこまでが史実なんだろうと思う部分はあるが、映像パワーにより作品としては面白く出来あがっている。自称アナーキストらしいが、その辺の思想信条に至る背景・経緯が描かれているともっとよかったし、人集めの部分もアッサリしすぎているのでもうちょっと丁寧に描いた方がよかった気はする。ラストの「命を吹き込んだ」ってのはちょっと大袈裟にも思えるが、911で絶命してしまう事を含意しての事であろう。そういう事を連想をさせてしまうのは本筋とは無関係なので是非はあるかもしれない。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 7点(2020-08-10 02:24:32)★《新規》★
46.ノンフィクションだからか、主人公が受け付けない。
成功したからいいけど、周りの人間(仲間ではなく無関係の人達)にどれだけ迷惑をかけているんだろう?
こういうルール無視で英雄視されるのは、フィクションなら面白く観れるが実際にいた人物だと思うとイラつく。
冒頭パンの盗み食いまでしてるし・・・
自分語りで振り返った際、まるで反省してないのもイラっとする。

ただ、映像に関しては玉ヒュンするほどゾクッとする。
misoさん [地上波(吹替)] 5点(2020-08-09 22:33:39)★《新規》★
45.《ネタバレ》 ただ単にビルとビルの間を綱渡りするだけの映画。しかしこれが面白い。「ウェールズの山」でもそうだけど映画ってのはシンプルなテーマでいいんだよ。とはいうものの色々な下準備、仲間集め、焦り、葛藤、ハプニングなどもちゃんと描かれていて決して飽きさせない。高所の映像も見事だ。この手の映画はゴチャゴチャ色んな事は考えず、ただ単に変なヤツが変なことやってるなと思って観ればいい。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 7点(2020-06-18 10:07:54)
44.《ネタバレ》 綱渡りを始めるまでがともかくも長い。テンポの良し悪しじゃなくて、もっと短くできんかったのか。
肝心の綱渡りは、CGとは思えないほどリアルで素晴らしい。すこし高所恐怖症なので、400mの高さにはかなりビビった。
クラシックが流れるなど、「静」の表現をうまく使っており、魅せ方には感心させられる。
主人公はすぐ興奮しちゃようなイマドキの若王子風。もうちょっと大人のテイストが良かったな。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-01-20 22:01:22)
43.《ネタバレ》 手に汗握る映画。
主人公が落ちないとわかっていても本当に汗だくになった。
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 8点(2019-07-28 01:22:42)
42.一つのテーマに絞っているが、飽きずに面白い。
本番の最後の綱渡りよりもそれまでのところが高所としては怖さがあった。ただし、こういった人に付き合うのはきっと大変なんだろうな、と思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-04-30 19:10:02)
41.ストーリーも簡単で気楽に楽しめた。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-04-29 15:31:01)
40.アホみたいな一人称ナレーションの垂れ流しを聞いていると、何でこんな作りにしてしまったのか、心底疑問でならない。クライマックスの綱渡り開始後は、高層の迫力にそれなりに見入ってしまいますが、それって単なる再現映像でも可能なわけであって、映画にする必要はないでしょ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-04-28 00:45:32)
39.2Dでの鑑賞ですが、それなりに楽しめます。全編に軽いノリで浮ついた感じがいい。今日のyoutuberの走りみたいなものかなと。主人公君もがんばっていましたが、WTCビルへのオマージュ的な印象が強いですね。
まったく余談ですが、この主人公君が「スノーデン」氏でもあると知って驚き。なかなか芸域の広い役者さんのようで。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-03-13 01:51:35)
38.あまりにも真っ直ぐで野心的で熱すぎる綱渡り師の話。常人には考えられない行動だけど、それだけ確固とした自信と技術があってのことなんだね。最初にワールドトレードセンターに昇って下をのぞいたシーンは相当びびった。
nojiさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-13 23:25:00)
37.《ネタバレ》 これってジェットコースターと同じジャンルの「怖がらせアトラクション」ムービーですな。映像技術の進歩に恨みを抱きたくなるほどの、リアルな高所映像に肝縮みっぱなし。USJのライドの、てっぺんに登りきったその一瞬に味わうキョーフ感、これが何度もいろんな演出で繰り返されるんですよ。もういいから、A棟でもB棟でも早く下りてくれ!これねえ、映画館で見てたら気分が悪くなったと思うよ。
アーティストだの、ワイヤーや客への感謝の気持ちだの御託を色々と述べてたけど、このフランス男の狂っている所以はさっぱり伝わらず、というかそもそも描かれてもいなかった。なんかもっとこう、この人に説得されることを期待して観始めたものだから、単なる「画で驚かす映画」だったことにちょっと肩透かしをくらった、というのが正直な感想です。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-23 00:08:03)
36.《ネタバレ》 とりあえず何だかイイ人ばかり出てくるのが、いいじゃないですか。しいて一番困ったヒトを挙げるとしたら、それは主人公自身なんですけど、その彼が我々の方を向いていかにも人懐っこい表情で語りかけてくるもんで、憎めません。
そんでもって、物語の方も、主人公の起こしているのは大事件に違いないんだけど、まあ、それを除くとあまり大きな波乱もない訳で。映画の半分くらいはその決行の日の描写に割かれていて、ようするにこれ、壮大なる「バカ」ですね。大いにあきれつつ、大いにワクワクしてくる。
映画の最初の方で、主人公が路上でパフォーマンスする際にマルを地面に描いて、この中は自分の領域だ、と主張する。この「自分のエリア」ってのが本作のモチーフの一つになってて、クライマックスでは目もくらむ高さに張られたロープの上、なんていうトンデモない場所、トンデモ無さすぎる場所が、トンデモ無さすぎるが故に、他人には不可侵の場所として示される。これぞ、究極の自由、ですな。
こういったモチーフの取り扱いは、一種の伏線としての「映画の作為」なんでしょうけれども、一方で、「実話っぽさ」が持つ強みみたいなものもあって。決行前の屋上に突然、一人の男が現れ、主人公を咎めるでもなんでもなく、去っていく。一体誰なのか、何がしたかったのか、何にもわからないんだけど、「実際にそういう男が現れたんだから仕方がない」と言われりゃ確かに仕方がないわけで、こういう、何だかわからんアクシデントってのが、また面白いんだなあ。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-04-02 20:49:52)
35.《ネタバレ》 高いところは苦手です。家のテレビでみたから何とか見れたけど、劇場でかつ3Dとかで観てたら失神してるなこれは(苦笑)。 しかしまぁこんなことを考えついて、そして実行してしまうやつがいるなんて、世界は広いなぁ(関心)。どこまでホントかはわからんけども、仲間を集め野望を実現していく様はなかなか面白かったし、なにかワクワクしてくるよね。お話しの進め方が上手なのはベテラン監督の手腕ですな~、さすがでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-03-09 18:09:06)
34.高所恐怖症ではないが、ワールドトレードセンター綱渡り何往復したり、お辞儀したりワイヤーの上で寝たりと。CGとはわかっていてもこちらまで肝を冷やす感じでドキドキだったわ。こんな人間がいるなんて実在したなんて。無謀を通り越した超人的パフォーマンス。支えた仲間も素敵だったわ。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-11-25 15:05:59)
33.《ネタバレ》 IMAX3D鑑賞。ストーリーはわかりやすくて展開も読める。3Dはオッとくるところもあるけど鳥肌が立つほどではないかな。本番の綱渡りが割と順調に進みトラブルもほとんどないので、見ていて変な期待?をしてしまいました。
Banjojoさん [映画館(字幕)] 6点(2017-03-19 19:10:46)
32.《ネタバレ》 あまりにも派手な予告にて、前情報も無しに3Dにて視聴。エンタメ映画でしたね。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [映画館(字幕)] 7点(2017-02-19 02:01:25)
31.《ネタバレ》  テンポも良く楽しめた作品です。主人公のことはTEDというプレゼン番組で知っていました。なので最初WTCを綱渡りするまで無理やり物語を引っ張ってる映画じゃないのかな、という先入主観がありました。しかし導入部分から最後までどんどん引き込まれ感動までするとは思ってもいませんでした。

 なぜ綱渡りを・・・誰しもそう感じるのでは。でも主人公はアートティストとして綱渡りをしている。このポリシーにぶれることなく挑んでいくいく姿に感動しました。自己表現の一つとして極めた姿がWTCでの綱渡りなのだと観終わった後感じたことでした。これはしてやらせました。まさか綱渡りでここまで感動や勇気や元気をもらうとは思いませんでした。いい意味で裏切られましたね。

 他人から見て馬鹿げていることでも情熱を持って努力して極めていくその姿は人の心打ち感動させる力があるんですね。見事にアーティストとして綱渡りを芸術の域まで高めたフィリップ氏に私も乾杯したくなりました。
レスポーラーさん [DVD(吹替)] 7点(2016-12-19 21:05:29)
30.《ネタバレ》 最後、ちょっとくどかった。
本当にあんなに何度も何度も行き来したんだろうか。
だとしたら本当にすごい。
あれが事実なら申しわけないが
ラストまで8点、ラストのくどさで減点で6点、
平均したら7点ってところかなぁ。
虎王さん [DVD(吹替)] 7点(2016-12-14 00:48:10)
29.WTCを渡る準備段階は面白かったが、渡り出してからはなんかガッカリでした。仲間を集めてとか、師匠の教えを乞うて等、題材が面白かっただけに最後の盛り上がりの無さは何とかならなかったか?映像は綺麗し迫力満点。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 6点(2016-12-11 22:41:50)
28.《ネタバレ》 僕にとって綱渡りこそは生きること。そう、“人生そのもの”だ――。1974年、ニューヨーク。完成間近の世界貿易センタービル、通称ツインタワー。当時世界最高の高さを誇ったこのビルで、誰にも成しえない偉業を達成した男がいる。男の名前は、フィリップ・プティ。自称・世界最高の綱渡り師だ。そう、彼はその超高層ビルの屋上にワイヤーを張り、命綱なしで横断することに成功したのだ。本作は、彼とその仲間たちによる狂気と紙一重のそんな無謀な挑戦をスリリングな映像でもって描いた超一級のエンタメ映画だ。ストーリーは極めてシンプル。エンドロールを迎えるまでの2時間、この世界最高の危険な綱渡りを彼が如何にして成功させたのか、ただその一点のみを描いている。偉業と言えば聞こえがいいが、彼らがやっていることは完全に犯罪行為。成功したからよかったものの、もし仮に彼が転落したりワイヤーが切れて窓硝子を割ったりでもしたら下手をすれば死人だって出たかもしれない。ただでさえ忙しい警察の業務を妨害したことも当事者にとってはたまったものじゃないだろう。でも、僕はそれでも彼らに成功してほしいと応援せずにはいられなかった。決行当日、様々な困難に出遭い一時は失敗を覚悟しながらも不屈の闘志でもって二つのビルにワイヤーをかけようとする彼らに、「それだけの情熱があるなら、もっと有意義なことに活かせよ!!」という突っ込みなどまるでビルの屋上を流れる白い雲のように霞んでしまう。ただ分かってくれる人に心の底から楽しんでもらえたらそれでいい。彼の情熱は、映画作りのそれと何処かで似ていないだろうか。一人の男の馬鹿げた挑戦を最新の映像技術を駆使して何ヶ月、時には何年もかけて一本の映画に仕上げてしまうスタッフ及び監督の情熱とそれは何処か根本的なところで繋がっている。フィリップと、稀代のエンターテイナーとして常にハリウッドの最前線を走ってきたロバート・ゼメキスの姿がオーバーラップするからこそ、観客である僕は思わず心を揺さぶられてしまうのだ。クライマックスで、ビルとビルの屋上にかけられた1本の弱々しいワイヤーの上へとフィリップが最初の一歩を踏み出すときの緊張感は、きっと映画が公開される直前の監督の緊張感と通じている。お金を払って観に来てくれた観客に最高の時間を過ごしてもらいたい、そんなゼメキス監督のエンターテイナーとしての矜持に僕は最大限の賛辞を贈りたいと思う。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2016-11-04 01:09:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
212.13%
300.00%
412.13%
536.38%
61123.40%
72246.81%
8714.89%
924.26%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 4.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS