Menu
 >
 >
 > 名探偵コナン 純黒の悪夢

名探偵コナン 純黒の悪夢

2016年【日】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 6人) (点数分布表示)
サスペンスアニメシリーズもの犯罪ものミステリーTVの映画化漫画の映画化
[メイタンテイコナンジュンコクノナイトメア]
新規登録(2016-01-07)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-01-13)【イニシャルK】さん
公開開始日(2016-04-16
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督静野孔文
演出静野孔文
高山みなみ江戸川コナン
山崎和佳奈毛利蘭
小山力也毛利小五郎
天海祐希キュラソー
山口勝平工藤新一
林原めぐみ灰原哀
池田秀一赤井秀一
古谷徹降谷零 安室透(バーボン)
三石琴乃本堂瑛海 水無怜奈(キール)
茶風林目暮十三
緒方賢一阿笠博士
岩居由希子吉田歩美
高木渉小嶋元太/高木刑事
大谷育江円谷光彦
松井菜桜子鈴木園子
一城みゆ希ジョディ・スターリング
飛田展男風見裕也
堀之紀ジン
立木文彦ウォッカ
小山茉美ベルモット
井上喜久子キャンティ
木下浩之コルン
土師孝也ジェイムズ・ブラック
湯屋敦子佐藤美和子
千葉一伸千葉刑事
梁田清之アンドレ・キャメル
沢海陽子レオン・ブッフホルツ(リースリング)
大原さやか
原作青山剛昌
脚本櫻井武晴
飯岡順一(ストーリーエディター)
音楽大野克夫
作詞稲葉浩志「世界はあなたの色になる」
作曲松本孝弘「世界はあなたの色になる」
主題歌B'z「世界はあなたの色になる」
製作久保雅一
小学館
読売テレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
プロデューサー諏訪道彦
制作トムス・エンタテインメント(アニメーション制作)
配給東宝
作画静野孔文(絵コンテ)
須藤昌朋(キャラクターデザイン/総作画監督)
山本泰一郎(原画)
編集岡田輝満
録音浦上慶子(音響監督)
その他吉岡昌仁(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ジンら黒の組織とガチで激突。キーパーソンは、記憶喪失になった両目の色が異なるスーパーガール。オープニングの橋上カーチェイス。ラストの転がる観覧車を巨大サッカーボールでセービング。謎解きのミステリー要素が少ないが、スーパーアクションが満載。
獅子-平常心さん [地上波(邦画)] 6点(2018-02-02 23:26:56)
5.《ネタバレ》 ラストアクションは熱いです。登場人物それぞれがそれぞれに活躍する様は少年漫画の王道な感じです。少年探偵団とお姉さんとの別れをストレートに描いてないのは子供向け映画だからなのか。安室さんの声がアムロ・レイの声やったのはたまたまなのか。いずれにせよコナンでこんなに悲しいストーリーをみせられるとは。。。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-12-14 00:45:51)
4.《ネタバレ》 黒の組織ものは過去に「漆黒の追跡者」があったが今回もほとんどそれと同じ筋書きになっている。「今回限りの(死んでしまう)」黒の組織の一員が出てきて、その人物を中心に話がまわり、最後は圧倒的な火力で襲いかかる黒の組織とコナンとの対決となるという細部まで一緒なので二番煎じもいいところなのだが、物凄かった「追跡者」のラストをはるかに凌駕するほどの超ド派手な演出と、「追跡者」には存在しなかった子供たちとの交流などが描かれており物足りなくはなかった。アクション重視なのたが上出来の部類だと思う。気にいらなかったのは題名。「純黒の悪夢」では子供たちとの交流がまるで含まれていない。ラストのコナンのセリフに結びつくような含みのある題名がほしいと思った。「純黒のペンダント(ストラップ?)」とか何とか。
空耳さん [インターネット(邦画)] 7点(2017-05-12 00:16:45)
3.《ネタバレ》 黒づくめの組織の話ということで、大いに期待して見ましたが、結論からいうと、何の進展もありませんでした。黒づくめの組織が工藤新一の正体に気づくような危険は全然ありません。変わったことといえば、かつては組織を避けまくっていた灰原が、少年探偵団を助けるために危険を承知で救助に向かったことくらいでしょうか。

あと、この映画の時間軸がわかりませんでした。赤井秀一が変装していず、水無怜奈が組織に潜入しているということは、水無怜奈が事故に会う前の話でしょうか。この映画よりも前に作られた「異次元の狙撃手」よりも時間がさかのぼっているのでしょうか。

ストーリーは、相変わらず非現実的でツッコミどころが満載ですが、アクション映画として見ればそこそこおもしろいです。でも、黒づくめの組織のメンバー、FBIの捜査官たち、日本の警察の捜査一課のメンバー、公安の人間関係を把握していないと、話がよくわからないと思います。
チョコレクターさん [DVD(邦画)] 6点(2017-01-06 23:03:27)
2.《ネタバレ》 アニメは観てないし漫画も追い付けてない状態で映画しか観てない自分としては途中から話を見せられてる気分だった。人物相関図がどうなってるのかさっぱり分からない。しかも黒の組織にあんなに潜入捜査官がいたなんてザル組織だな。ただストーリー自体は面白かったし、これからも観続けると思う。
ぷるとっぷさん [DVD(邦画)] 6点(2016-11-20 01:24:58)
1.《ネタバレ》 妻投稿■つまらなくはないのですが、凄いアクションシーン(といっても登場人物の身体能力がONEPIECEレベルなんで、ハラハラしない。むしろ「これで生き残れるなら大丈夫だろ」って思っちゃう)とオッドアイの女性と少年探偵団の話と安室さんと赤井さんがイケメンだなって話。黒の組織関連に大きな進展はありません。あと、コナンが推理をせず、「犯人」という存在が存在しない映画です。次は久しぶりの平次主人公。そっちに期待です。
はち-ご=さん [映画館(邦画)] 5点(2016-04-18 01:03:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6466.67%
7116.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS