アナーキー(2014)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アナーキー(2014)
 > (レビュー・クチコミ)

アナーキー(2014)

[アナーキー]
Cymbeline
(Anarchy)
2014年【米】 上映時間:98分
平均点:3.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-06-13)
アクションドラマ犯罪ものヤクザ・マフィア戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2016-04-01)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2017-07-24)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・アルメレイダ
キャストイーサン・ホーク(男優)ヤーキモー
エド・ハリス(男優)シンベリン
ミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)クイーン
ジョン・レグイザモ(男優)ピザーニオ
ダコタ・ジョンソン(女優)イモジェン
ペン・バッジリー(男優)ポステュマス
アントン・イェルチン(男優)クロートン
ピーター・ゲレッティ(男優)コーネリアス
ケヴィン・コリガン(男優)
ヴォンディ・カーティス=ホール(男優)
ジェームズ・ランソン(男優)
スペンサー・トリート・クラーク(男優)
ビル・プルマン(男優)
デルロイ・リンドー(男優)
咲野俊介ヤーキモー(日本語吹き替え版)
菅生隆之シンベリン(日本語吹き替え版)
本田貴子クイーン(日本語吹き替え版)
飯島肇ピザーニオ(日本語吹き替え版)
原作ウィリアム・シェイクスピア戯曲『シンベリン』
脚本マイケル・アルメレイダ
撮影ティム・オアー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.ストーリーテリングの技術とは常に進化していくものであり、発表当時には斬新だった名作も、時代と共に陳腐化していくことは避けられません。シェイクスピアもその例外ではなく、現在の目で見ると突飛な展開、薄っぺらな人物描写が気になります。
『シンベリン』を原作とした本作は、舞台こそ現代のニューヨークらしき都市に置き換えてはいるものの、内容や固有名詞、言葉使い等は原作そのままであり、盛り付けを変えることにより古典文学の印象がどう変わっていくかという点が興味の対象でした。この点、脚本・監督を担当したマイケル・アルメレイダ(過去に現代版『ハムレット』にも挑んでいる)は驚くほど何の工夫も施しておらず、残るのは違和感のみでした。現代劇でありながら時代劇調の台詞を登場人物に喋らせることの違和感をどう中和するか、現代の観客には受け入れられ難い突飛な展開にどうやって説得力を持たせるかという努力をまったくしておらず、古典の悪いところがドバっと出てしまうという結果に終わっています。古典の舞台を現代に置き換えるというそもそものコンセプトがまったく活かされておらず、これならば、年代設定までを原作に合わせた時代劇として製作した方が、まだマシな作品になったのではないかと思います。
数年前にレイフ・ファインズが監督・主演した『コリオレイナス(邦題:英雄の証明)』が古典と現代劇の折衷に見事成功したことと比較すると、本作は完全な失敗と言わざるをえません。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 3点(2016-05-17 18:20:23)
1.《ネタバレ》 シェイクスピアの古典的舞台劇を現代のアメリカに置き換えて描いたバイオレンス・アクション。イーサン・ホークやエド・ハリスなど、実力派の役者たちが熱演しております。とはいえ、こういうスタイルの映画って昔からけっこう創られてきましたが、ほんの一部を除いて成功した例は少ない。本作も見事なまでに、その試みは失敗しております。まず、登場人物たちがあり得ないような再会や出会いを繰り返す。こういうご都合主義的展開って舞台劇だと自然に観ていられるのですが、さすがに映画としてそのまま描かれると「いやいやいや。そんなんあり得へんやん!!」といちいち突っ込んじゃって、とてもじゃないけど作品世界に入っていくことが出来ませんでした。そして、時代掛かった大袈裟なセリフの数々。まあワザとやっているのは分かるのだけど、観ているこちらとしてはただ違和感だけが先行しちゃって最後まで何だかとっっっても居心地悪かったです。これで、バズ・ラーマン監督が過去に同じスタイルで製作した『ロミオ&ジュリエット』のように、抜群の映像&音楽センスが冴え渡っていれば良かったのだけど、はっきり言って本作はどちらも凡庸極まりないし。監督は、過去に同じくイーサン・ホーク主演で『ハムレット』を映画化しているみたいで、僕は未見なんだけど調べてみたらこちらもなかなか評判悪いみたい(笑)。うーん、この監督はどうしてそんなにシェイクスピアに拘るんですかね~。けっこう豪華な役者陣の競演に惹かれてこの度鑑賞してみましたが、残念ながら僕にとってはほとんど観る価値のない凡作としか思えませんでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2016-04-02 18:31:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 3.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS