海よりもまだ深くのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 >
 >
 > 海よりもまだ深く
海よりもまだ深く
2016年【日】 上映時間:117分
平均点:6.50 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
ドラマ
[ウミヨリモマダフカク]
新規登録(2016-04-02)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-06-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(2016-05-21)
レビュー最終更新日(2017-08-07)
監督是枝裕和
演出飯島奈美(フードスタイリスト)
キャスト阿部寛(男優)良多
樹木希林(女優)篠田淑子
真木よう子(女優)白石響子
小林聡美(女優)中島千奈津
リリー・フランキー(男優)山辺康一郎
池松壮亮(男優)町田健斗
橋爪功(男優)仁井田満
中村ゆり(女優)愛美
小澤征悦(男優)福住
古舘寛治(男優)三好
峯村リエ(女優)夏実
黒田大輔(男優)安藤
葉山奨之(男優)真田
ミッキー・カーチス(男優)二村
立石凉子(女優)二村の妻
高橋和也(男優)正隆
蒔田彩珠(女優)彩珠
松岡依都美(女優)安藤未来
原作是枝裕和(原案)
脚本是枝裕和
撮影山崎裕
製作石原隆〔製作〕
川城和実
フジテレビ
バンダイビジュアル
ギャガ
配給ギャガ
美術三ツ松けいこ
衣装黒澤和子
編集是枝裕和
照明尾下栄治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.「そして父になる」ほどのインパクトはありませんが、手堅くまとまってると思います。
小林聡美は好きで真木よう子は苦手なのですが、この映画では特に両者とも印象が強くはなかったですね。
樹木希林と阿部寛は良かったと思います。特に阿部寛は見果てぬ夢を追い求める中年男のグダグダ感がよく出ていたと思います。
クリプトポネさん [映画館(邦画)] 5点(2017-08-07 22:12:24)
13.あまり期待せず、ボーっと見てるのにいい映画。エキサイティングなシーンはありません。でもこの監督の作品はもうこれ以上は見ないかな。
紫電さん [DVD(邦画)] 5点(2017-05-11 22:05:00)
12.《ネタバレ》 いいね。と言うボタンがあるなら押したくなるような映画。
皆、日常会話が上手すぎるという不自然になりそうだが実に自然。
阿部寛はプライドを捨てられず見栄っ張りでどうしようもないヤツだが
どこか憎めない良さがある。池松壮亮も良い距離感で描かれて居る。
最後のシーンで子供が「宝くじかと思った」と言うシーンが何か好きだ。
デミトリさん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-27 00:28:41)
11.《ネタバレ》 いまの時代、一番難しいんじゃないかと思えるテーマ『家族』。
それに挑み続ける是枝監督、独特のユーモアも良い味だ。
すこし立ち止まってこんな映画を観るのは悪くない。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-04-05 00:40:34)
10.機内にて鑑賞。リアルな描写が多いけど人間の本性はオブラートに包んでしまっているような優しい映画。身近にある日常だけど現実は醜くさも愛おしさももっと人間臭いかな。
ProPaceさん [ビデオ(邦画)] 6点(2017-02-23 20:27:31)
9.不器用でクズで結婚に向いてない男を演じさせたら右に出る者の居ない?阿部寛がとにかくハマり役で良かった。
馬鹿だなぁと思いつつも、何処か共感できるし憎めない男だ。また、全てを達観して息子に人生論を諭す樹木希林演じる母親がとにかく凄い存在感だった。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 7点(2016-11-28 21:50:44)
8.ダメ男というより、ただのクズではないか。そのクズのグダグダをダラダラと見せられるだけで、盛り上がりもなく、ましてや感動なんかありはしない。これでは映画として成り立っていないんじゃないか。是枝さんは何か勘違いしてる。
駆けてゆく雲さん [映画館(邦画)] 2点(2016-07-02 19:02:30)
7.観終わったあと、少しだけ元気が出た。
僕は23歳の大学生。4年間大学に通ったけど、友達はあまりできず、サークルにも入らず、勉強も適当にやり過ごしてきた。周りの人たちの真似をしながら続けたしょぼい就職活動の末、なんとかとある会社から内定を頂いたものの、なんか自分の人生が気に食わなくて、卒論を書かずに留年し、現在休学中。絶賛親の脛齧り中のダメ人間だ。

そんな自分に、この映画は「ダメでも生きていて良いんだよ」と優しく微笑みかけてくれたような気がした。とりあえずは生きてれば良いんだよ、と。今の自分のために作られたんじゃないかと思うくらいバッチリとハマった。
映画の中で、ダメダメな阿部寛を樹木希林が温かい心で包み込むというような親子関係が描かれているが、ちょうどこの映画そのものが樹木希林で、観ている僕が阿部寛になっている感じだった。不思議な感じだった。でも、そんな感じを味わったのは僕だけじゃないと思う。僕以外にもダメ人間はいっぱいいるはずだ。いっぱいいてほしい。そして、その全員がこれからちょっとずつ幸せになってほしい。なんとなく僕も頑張ろうと思った。
Y-300さん [映画館(邦画)] 8点(2016-06-16 00:14:50)(良:1票)
6.《ネタバレ》 家族の崩壊と夫婦の再生を台風の襲来と共に描く事で起きる希望の様なものを感じる事が出来る。どこまでも駄目だけど同じ男としては、憎めない父親、そんな駄目な父が別れた元嫁の息子とのやり取りと母とのやり取りなど見ていると男という生き方、性質はいつまでたっても変わらない。宝くじに夢を求める姿、息子の為に靴を買う時の姿やらは人間の本質を感じるし、色んな意味でこの作品からは人間の姿、欲などが見る事が出来る。台風のおかげでまた三人がこれからも変わらずに会う事が出来るんだという希望を感じる終わりにこれこそこの作品で言いたかった事だと思う。それにしても、樹木希林演じる母からの息子(阿部寛)への寝たきりになるのとポックリいって夢に出てくるのどっちが良い?には笑ってしまった。
青観さん [映画館(邦画)] 8点(2016-06-13 19:29:46)
5.《ネタバレ》 「海よりもまだ深く 空よりもまだ青く」。本作のタイトルのもとはテレサテンの「別れの予感」です。人をそこまでに愛することは不可能なのかもしれないが、みんなそんなふうに愛し合っているのかもしれない。他人のワタシには冷凍ヤケしてんじゃないかと心配しちゃう食材を使ったカレーうどんをおかわりしながら食べる家族は、海よりも深く愛し合っているのではないか。父親がしてくれたように、台風の中公園の遊具にもぐって息子といっしょにおやつを食べるのは空よりも青く愛しているからではないか。淑子はいつかこの世を去り、真悟を通じてかろうじてつながっている良多と響子がよりを戻すことはまずない。真悟もいずれは自分の世界に旅立っていく。そこはかとなく別れの予感が漂う中に、それでもぎこちなく愛し合う家族を描いた良作だと思います。
なたねさん [DVD(邦画)] 8点(2016-06-05 07:54:11)(良:2票)
4.《ネタバレ》 近年の是枝監督作品はかつての小津監督の映画を彷彿させます。共通していることは、 "家族"がテーマであることはもちろんですが、特にその時代を象徴する家族の姿を適格に、少しの哀愁を以て描いていること。本作で言うなら、もはや珍しくもない"バツイチ"、低収入の中年男、ダンナより稼ぐ女性などは、今よりもむしろ何十年か経ってから、あの当時はこんな家庭が多かったなあ、としみじみ感じさせるような、そんな予感がするのです。阿部寛の小悪党のようでもあるが、まったく憎めない魅力的なキャラを含めて、登場人物全員、人生の成功者ではないが人間味のある描き方をされていて、それはとても好感が持てました。人生にも"台風"があるとすれば、それはたぶん離婚だったり死別であったりします。(要するにあまりよい出来事ではない)台風の最中、深い海の底に潜むタコの姿は、彼が今人生のどん底であることを示唆しています。でも台風一過に覗いた晴れ間は明るくて、暗闇を抜けた先に見えた一筋の光明(アカルイミライ)にも見えました。彼は父親になれなかったのではなくて、愛はあったがお金が足りなくて父親稼業に失敗しただけ。だから彼のために一言だけ言わせてもらおう。「失敗も、一度は許そう、父親稼業」。どうか彼の第二、、いや第三の人生に幸あれ。
タケノコさん [映画館(邦画)] 7点(2016-06-03 23:54:05)(良:1票)
3.《ネタバレ》 家族の変化、とりわけ父親像の変化。昔なら成り立っていた家族の形が現代では成り立たなくなっている。(それは不満はありながらも、死別するまで夫に添い遂げた樹木希林と阿部寛との別れを選んだ真木よう子の対比に象徴される)
そして昔よりも、家庭を持たない個人を許容する事になった社会。
それらを、肯定も否定もすることなく、ただ今ある現実として描き続ける。
是枝監督の映画において「歩く」という行為は大きな意味を持つ。一人で歩くか、誰かと一緒に歩くか、またその時の相手との距離感、歩き方など。
それはそのまま人物の心情、状況、他者との関係性を表す。
今作においても、冒頭一人で歩いていた道を終盤息子と歩く阿部寛。それぞれのシーンのカットは同じアングルから捉えられる。遊具を見るショットも反復して映される。しかし、阿部寛の思いや視点は最初のそれとは全く変わっている。それは、子供の視点から親の視点への変化ともとれる。
食事のシーンにおいては、家族全員が椅子に座り、食卓を囲むシーンはない。ここにも家族の形の変化が見て取れる。そしてうどんを食べるシーンでは、阿部寛は真木よう子の方を向いているが、その反対はない。それは元夫婦の心の距離感、心の向きを表しているように見える。
そして自分なりの夢の形(宝くじ)を、息子に託す父親。
台風という不可逆的で否応なく巻き込まれ、いつの間にか過ぎ去っていくものを人生と置き換えるなら、嵐が過ぎ去った後は晴れるという考え方は、あまりにも都合がよすぎるのだろうか。
ちゃじじさん [映画館(邦画)] 7点(2016-05-27 01:12:36)(良:1票)
2.《ネタバレ》 「幸せとは云々」といった如何にも名言、的な人生訓を樹木希林らに語らせるのだが、阿部寛が小説書きという設定はそれらに対する照れ隠しのようにも
見える。幸い彼女の軽妙な芝居のおかげで、嫌味がない。

阿部寛の愛嬌ある表情変化や身振りも達者で、姉弟・母子・元夫婦同士の掛け合いもちょっとした台詞の妙で笑わせる。

台風の夜にしては、音響・視覚共に少し物足りなさを感じるが、これでいいのだろうか。
嵐の静かな高揚感をもう少し感じさせてほしい。
公園のシーンのロングショットでは『台風クラブ』を少し感じさせたが。

遊具の中で、懐中電灯のライトを反射した光を小さく宿す阿部の眼が艶めかしい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2016-05-25 23:59:08)
1.いつものクオリティを期待して早速見に行ったけど、
奇跡、そして父になる、海街〜の完成度と比べると一段階落ちる出来栄え。
いつもはっとする映像の美しさに出会うのに、今回はそれが見られなかったのが残念だった。
とは言っても、じっくり映画の世界を堪能させてはくれるところはさすが是枝さん。
miumichimiaさん [映画館(邦画)] 7点(2016-05-22 23:42:29)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
217.14%
300.00%
400.00%
5214.29%
6214.29%
7535.71%
8428.57%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS