オオカミ少女と黒王子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オオカミ少女と黒王子
 > (レビュー・クチコミ)

オオカミ少女と黒王子

[オオカミショウジョトクロオウジ]
2016年【日】 上映時間:116分
平均点:6.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-05-28)
ラブストーリー青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2016-04-21)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-12-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督廣木隆一
キャスト二階堂ふみ(女優)篠原エリカ
山﨑賢人(男優)佐田恭也
門脇麦(女優)三田亜由美
横浜流星(男優)日比谷健
池田エライザ(女優)手塚愛姫
玉城ティナ(女優)立花マリン
小島梨里杏(女優)結城ナミエ
武田玲奈(女優)七瀬マユ
久松郁実(女優)
安倍萌生(女優)
山田裕貴(男優)
吉沢亮(男優)日下部憂
菜々緒(女優)佐田怜香
鈴木伸之(男優)神谷望
音楽世武裕子
製作ワーナー・ブラザース(映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会)
日本テレビ(映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会)
パルコ(映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会)
集英社(映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会)
読売テレビ(映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会)
プロデューサー奥田誠治(ゼネラルプロデューサー)
配給ワーナー・ブラザース
美術丸尾知行
松本知恵
編集菊池純一
録音深田晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 少女マンガ原作映画なのでストーリーにはほとんど乗れない。口の悪い男が心に隠している優しさをわかってあげられるのは自分だけ、という状況に憧れる女子中高生が世間には多いのだろうが、個人的には最後まで男が横柄な口のきき方を通していたのが不快で、素直にものが言えずにぶっきらぼうなのと侮辱的な物言いとは話が違うだろうと言いたくなる。キスも「好きだ」も形式でしかなく、男が主人公に首輪を与えたのも犬から人間の奴隷に昇格した程度の意味としか取れなかった。

しかしそれとは別に、見た目としては動的な映像表現とか色彩感とか見栄えのする景観とかに目を引かれるので意外に退屈しない。特に最初のタイトル直前のところで、主人公がどこかの街中(建替工事前の渋谷パルコ南側)で男を追いかけて写真を撮って逃げて来るまでの流れが印象的で、ここは何度も見返してしまった。すれ違う人々の中には一瞬顔を向けて見る人物のほか、カメラの手前で急に横に方向転換した女性(後の人物も続いた)、バッグの中を手で探りながら歩いて来て役者とカメラの間を困惑気味にすり抜ける女性などもいたが、例えば壁面表示を見るふりをした役者の後に何気なく同じように立った男女は仕込みではなかったのか。また後の場面で「鬼!」の直前に、前方の橋の上を歩く人々の姿が途切れたのも意図したことではないかと思った。
キャストに関しては、2016年の製作当時にこの主演女優(とその親友役)が少女マンガ原作映画の女子高生役などやるような状況だったかと思うわけだが、主演女優はもとが童顔なので外見的にそれほど違和感もなく、また登場人物としても人格に一定の深みのある愛すべき人物像ができている。これが否応なくストーリー展開に説得力を加える方向で作用しており、最初から批判的な目で見ていた立場としてはちょっとやられた感があった。

そのほか雑感として、恭也という名前をチョーヤの梅酒と同じアクセントで言っていたが最近こういうのが東京で流行っているのか。また神戸の場面で川崎重工業の造船所が見えたのは少しよかった(だから何だということはない)。ちなみに個人的に最近注目している武田玲奈さんが同級生役で出ていて、明らかに端役だがそれなりの顔をしてみせていた。
かっぱ堰さん [インターネット(邦画)] 6点(2019-01-01 16:21:48)
3.《ネタバレ》 アニメ版視聴済み。山崎賢人ね、王子顔と呼べるか人それぞれ。自分は微妙な方です。むしろ吉沢亮の方が王子顔に感じた。総じて普通の恋愛映画なのでスルーしても構わないレベルです。歌を口ずさみながら歩く二階堂ふみは、自分の家の前を通るおバカな高校生を思い出す。あれって近所迷惑なんだよねぇ。うん。気になった所はラスト。神戸旅行中、何処で無くしたかわからないマスコット人形。それをゴミ捨て場の下から偶然見つける。そこに偶然、山崎賢人参上。この連続コンボは無理矢理すぎていただけない。
真尋さん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-13 00:46:52)
2.《ネタバレ》 8歳の娘が見たいと言うので、付き合った母。やっぱり映画の長さにさすがに飽きる小3。館内は高校生の女の子達が多かった。
私は楽しめた。面白かったし、いっぱい泣いた。(涙腺が弱いので・・・)

彼氏の写真を撮らないと!って、結局、かっこいいイケメンを撮影。
トントン拍子で「彼氏のふり」を了解してもらい、映画は始まる。
当たり前のように、女の子は彼が好きになっていくが、うまくいくわけはない。

で、最後は彼自身が、彼女の存在の大きさに気付き、ハッピーエンドなんだけど、
ここまでの流れがあっという間すぎて、ちょっと物足らなかった。

でも、金返せレベルではないよ。

彼氏にお姉ちゃんがいるんだけど、すごい性格が似てて、2人とも「いい暇つぶしになりそう」だと言ったのが笑えた。

挿入歌(音楽)すごいよかった。
新しい生物さん [映画館(邦画)] 6点(2016-05-31 00:57:24)
1.《ネタバレ》 相変わらず、親も勉学も完全消去された惚れた晴れたオンリーの陳腐な世界観。それが少女漫画なのだろうから文句は言わない。
どう見せるかが問題な訳だから。
とりあえず、開巻から二階堂ふみがよく歩き、よく走り、よく食べるので救われる。
新宿の雑踏を捉えた『さよなら歌舞伎町』の撮影も頑張っていたが、こちらも渋谷らしき街中で山崎賢人を追って歩く彼女をゲリラ的に撮影した長廻しなど、ロケーションを活かした移動が楽しい。その後も学校内で駆け回り、ピーカンの雨の中で走り、マンションからの帰り道を鼻歌交じりに歩くなど、長めの移動撮影によって映画は弾む。
山崎の言葉に傷つき、喫茶店を飛び出して歩道を歩く彼女は泣きながら、やはり後ろも気になってしまう。そんな彼女のいじらしい心情表現が達者だ。

ラストには今度は男の方が彼女を追って走る。のだが、その後が良くない。
彼との大切な思い出の品を探しまわる彼女の姿を目撃するものと思いきや、彼女がごみ袋の中を漁って探していたことを通行人の女性の台詞で処理してしまうのだ。中盤で山崎が風邪をひくエピソードは、彼の家で二階堂がおかゆを作るのをソファから窃視すること、そして二階堂が山崎の寝顔を窃視し、撮影することが重要なポイントであり、相手に見られていることを知らない素の表情を垣間見ることによって、それぞれが相手の本質を理解していったという事である。
であれば、やはりラストは彼女が無様ながらも懸命にマスコットを探し、それを見つけ喜ぶ姿を彼の眼で見つめさせるべきであり、あくまでその視線の劇を通して彼の恋情を提示すべきだろう。

ここでは俯瞰ショットとなる南京町商店街の広場はきちんと水が撒かれ、赤や黄のネオンを反射して画面を彩るという具合に美術も頑張っているのだから、
もう少し肝心な部分で台詞に頼らないなどの工夫が欲しい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 6点(2016-05-28 23:25:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
64100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS