植物図鑑 運命の恋、ひろいましたのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 植物図鑑 運命の恋、ひろいました
 > (レビュー・クチコミ)

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

[ショクブツズカンウンメイノコイヒロイマシタ]
2016年【日】 上映時間:116分
平均点:4.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-06-04)
ラブストーリー小説の映画化
新規登録(2016-05-03)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-12-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木康一郎
キャスト岩田剛典(男優)日下部樹
高畑充希(女優)河野さやか
阿部丈二(男優)竹沢陽平
谷澤恵里香(女優)玉井千秋
相島一之(男優)警察官
酒井敏也(男優)来店客
ダンカン(男優)山崎誠
大和田伸也(男優)登来柳明
宮崎美子(女優)河野典子
原作有川浩「植物図鑑」(幻冬舎文庫)
音楽羽毛田丈史
製作松竹
ホリプロ
ポニーキャニオン
配給松竹
照明木村匡博
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 道端で得体の知れない男を拾って帰ってそのまま家に置く女もクソであるが、お世話になった人に何も言わずに勝手に目の前から消える男もクソである。また、1年振りに何事もなく戻ってくる男もクソだが、それをすんなり受け入れる女もクソである。ただ、高畑充希さんは不思議な魅力を備えた女優さんですね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-05-09 00:10:32)
2.道端拾ったイケメンと一緒に過ごすという非現実的なストーリーではあるけど、美味しそうにご飯を食べる高畑充希が素敵ですね。
因みに原作も読んでます。まぁ、単なる有川浩のファンですね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-05 02:15:13)
1.《ネタバレ》 最近は「実は猫でした」みたいなファンタジーもゴロゴロあるわけだから、オハナシのあまりの非現実っぷりに当然こちらもその手のオチだろうと
高を括って惰性で眺めていたが、まさか人間だったとは、、。

映画開始から、主演男女のドアップづくしにうんざりし、観れば判る心情をご丁寧に説明する無駄なモノローグ(待ち人はこないとか、ショックだったとか)や劇伴に辟易し、そもそも味付けが濃い目なのは当然の居酒屋料理を引き合いに出して「味覚が変わった」みたいな台詞を言わせる作り手の食音痴ぶりに落胆させられたりするわけだが、根本的に恋愛の劇自体が悲しいほど薄っぺらいのである。有川という名詞がある時点で、推して知るべしだが。

ただ、ヒロイン高畑充希が大きく口を開けて美味しそうに杓文字についたご飯を頬張るショットはいい。食事を疎かにするアイドル映画が多いなかで、
ここでは料理をおいしく頂く表情の魅力が、かろうじて二人が抱く好意の裏付けということで説得力を持たせている。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 2点(2016-07-27 23:57:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2133.33%
3133.33%
400.00%
500.00%
600.00%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS