インデペンデンス・デイ: リサージェンスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 イ行
 > インデペンデンス・デイ: リサージェンスの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

インデペンデンス・デイ: リサージェンス

[インデペンデンスデイリサージェンス]
Independence Day: Resurgence
2016年上映時間:120分
平均点:4.71 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-07-09)
アクションSFシリーズものパニックもの3D映画
新規登録(2016-05-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2022-09-08)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ローランド・エメリッヒ
キャストリアム・ヘムズワース(男優)ジェイク・モリソン
ジェフ・ゴールドブラム(男優)デイビッド・レヴィンソン
ビル・プルマン(男優)トーマス・ホイットモア
マイカ・モンロー(女優)パトリシア・ホイットモア
セーラ・ウォード(女優)ランフォード大統領
ウィリアム・フィクトナー(男優)ジョシュア・T・アダムズ将軍
ジャド・ハーシュ(男優)ジュリアス・レヴィンソン
ブレント・スピナー(男優)ブラキッシュ・オーキン博士
ヴィヴィカ・A・フォックス(女優)ジャスミン・ヒラ—
アンジェラベイビー(女優)レイン・ラオ
シャルロット・ゲンズブール(女優)キャサリン・マルソー
チン・ハン〔1969年生〕(男優)ジャン司令官
ロバート・ロジア(男優)グレイ将軍
ジョーイ・キング(女優)サム
マッケナ・グレイス(女優)グレイス
マーク・S・アレン(男優)ジャーナリスト(ノンクレジット)
藤原竜也ジェイク・モリソン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠デイビッド・レヴィンソン(日本語吹き替え版)
安原義人トーマス・ホイットモア(日本語吹き替え版)
清川元夢ジュリアス・レヴィンソン(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕ジャスミン・ヒラ—(日本語吹き替え版)
掛川裕彦ブラキッシュ・オーキン博士(日本語吹き替え版)
山口由里子ランフォード大統領(日本語吹き替え版)
林原めぐみキャサリン・マルソー(日本語吹き替え版)
坂本真綾パトリシア・ホイットモア(日本語吹き替え版)
潘めぐみサム(日本語吹き替え版)
立木文彦アダムズ将軍(日本語吹き替え版)
石田彰チャーリー・ミラー(日本語吹き替え版)
乃村健次ディケンベ・ウンブトゥ(日本語吹き替え版)
星野充昭アイザックス(日本語吹き替え版)
御沓優子球体(日本語吹き替え版)
小松未可子レイン・ラオ(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣(日本語吹き替え版)
松田颯水(日本語吹き替え版)
出演ウィル・スミススティーヴン・ヒラー大尉(写真)
原作ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
脚本ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
ジェームズ・ヴァンダービルト
音楽ハラルド・クローサー
製作ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
製作総指揮ラリー・J・フランコ
ウテ・エメリッヒ
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給20世紀フォックス
衣装リジー・クリストル
録音ゲイリー・A・ヘッカー
マイケル・ミンクラー
ポール・N・J・オットソン
あらすじ
エイリアンによる侵略を多大な犠牲を払いつつも回避した人類は、その後の20年、全世界が一致団結し、エイリアンの技術も吸収しながら、次なる敵の襲来に備えるべく地球防衛システムを構築してきた。そんなある日、突如として月面基地の目前に現れた謎の飛行物体。人類は最新鋭の兵器をもってその物体を破壊するが、直後に想像を絶するほど巨大な飛行物体が地球に襲来する。その強力極まりない攻撃力は、人類が築き上げた防衛システムをこともなく撃破し、大西洋上に降り立つ。人類は、そして地球は、再び滅亡の淵に立たされるのだった。果たして反撃のチャンスはあるのか? 1996年に大ヒットした「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。前作同様ローランド・エメリッヒ監督がメガホンを取り、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムを始めとする前作のヒーロー役も再び集結。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.いくら何でもそんなに人類が進歩するわけないって。
TERUさん [インターネット(吹替)] 4点(2024-03-27 22:10:03)
54.《ネタバレ》 類似作は多々あるものの、これぞ本家エメリッヒさんによる続編。期待通りの前作のテイスト踏襲、SF大作と言うと語弊があるでしょう。空想偽科学人情大活劇とでも言いましょうか。

決して否定的な意見ではありません。実際純粋なサイエンスフィクションとして観ない限り実に面白いです。荒唐無稽の極み、命の重さは脇に置いておいて、兎に角派手にやらかして観客が大盛り上がりすることを大前提に置いた作品。あくまでも作り物なんだから、あのビル破壊して何千人とか、あの橋破壊して何百人とか、大真面目に人の死に様を想像したりしたらダメなのです。確かに街は破壊され、戦闘機は撃墜され…ているように見えますけれど作り物なのです。誰も死んじゃいない。

こういうものはフィクション中のフィクション。フィクションの極み。人間ドラマだって中心人物たちを美化していればいいのです。ヒーローとヒロインさえ生き残っていればハッピーエンドなのです。そういったことを軸にしてどこまで面白く肉付けしているのか。本作のような作品は、そこが評価ポイントだと思っています。流石にやり過ぎ感は否めませんが、本作は一本筋が通ったSFスペクタクルとして大いに楽しませてくれました。

とか言いながら、こちらのサイトではレビューを書いていませんが、前作はアメリカ万歳があまりに鼻についてあまり評価出来ませんでした。20年経つと我ながら寛容になったと言うか丸くなったと言うか。今だからこそ楽しめたのかも知れませんね。レビューは書いた時点での正直な感想を書けば良いとは思いつつ、やや自粛して7点献上です。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 7点(2023-11-16 15:54:08)
53.アメリカはこういう壮大なドタバタ劇を潤沢な資金を使って作ることができるですよね。うらやましい。
それにしても、同じ大嘘でもスピルバーグが作ったら、もっともらしくなるんじゃないのか。何でだろう。
海牛大夫さん [地上波(吹替)] 5点(2020-04-11 11:00:12)
52.《ネタバレ》 どこをどうみてもインデペンスデイの正しい続編で、前作を楽しめた人にはそれなりに楽しめ、そうじゃない人には全然あわないだろうそんな映画。
そういう意味では正しい続編だと思いますが、前作がわりと好きな自分としては前作よりはだいぶ落ちるかな…という印象です。

その理由はまぁいろいろあるわけですが、一つには前作のキャラがほぼそのまま今回も活躍するという点。
いや20年もたってそれはないでしょう、と。
特にエイリアンに体乗っ取られて20年眠ってた博士なんか、起きたとたんに大活躍で「この20年の進歩とか全然なかったのか?」とどうしても突っ込んでしまいます。20年もたてば本当にいろいろ変わってるはずである程度勉強しないといろいろついてけないのが普通のはずなのに…
また、謎の宇宙抵抗勢力を出して話を複雑化したのも失敗かな、と。
ただでさえ頭の悪い映画なんですから、そんな要素突っ込んだらうまく映画としてまとめられないんじゃないの?どうなの?…ほらやっぱダメじゃん!的な。
もっとシンプルにドンといってガンといってバーン!やったー!みたいなのこそがインデペンデンスデイだと思うんですよ。

あとは最近のハリウッド娯楽映画では避けられない中国資本の影響にはやっぱりちょっとひいちゃいますね。
「チャイナマネー!」という看板が映画の中でピカピカしてるみたいで、この露骨さはもうちょっとなんとかした方がいいんじゃないでしょうか?
バブル期前後に日本マネーがハリウッドに流入したときでさえ、ここまであからさまに下品な事はしてなかったと思うんですよね。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 5点(2020-04-04 12:13:07)
51.《ネタバレ》 時節がら、とりあえずなにか人類が勝利する映画でも、という訳です。

しかし、これが絶妙にツマラナイ。なんというかとにかくテキトー・いい加減で軽~いなあ!とでもいうか、色々とあんまりちゃんと考えてつくってないよーな感じ。

全編に渡って色んな人があっちゃこっちゃで好き勝手やってるというか、どうもシナリオに筋が通っていない感じがするのですね。例えばそれは、人類が予想されるエイリアンの再襲来に対し、どうそれを察知してどういう戦略で迎撃・また護るべきものを防衛しようと戦略を立てていたのかがサッパリ見えず、結局場当たり的な対応・作戦に終始し、その結果やってることは前作と同じという、致命的な既視感に繋がっている部分とかですかね(まあ、これもまたイマイチ戦略性を感じられないのはエイリアン陣営も同じなのですが)。

一つだけ、終盤の怪獣映画な展開は少しだけ目新しく、そこだけはちょっと面白かった。ただこれについても、女王は絶対母船から出ちゃダメ!(当たり前)、としか言い様が無いですが。。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 4点(2020-04-04 00:02:29)
50.確かに前作も問題だったが、当時としては規格外のスケールで、特撮技術の限界に挑戦したという意味では価値はあった。だが、CG全盛の時代に何の捻りもなく同じ展開を繰り返すことに意味を見出せなかった。前作のキャストがほとんど続投する必然性もないくらい、目まぐるしく場面展開し、誰かに肩入れする気持ちも削がれて、勝手にやってくれと思ったくらいだ。また、中国市場に念頭を置いたキャスティングと宣伝が目立ち、日本がどれだけ国際社会から置いて行かれているか痛感させられる。今後も反トランプで、ますますハリウッドの中国依存は加速していくことだろう。時代の流れかな・・・
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 3点(2020-03-26 23:44:29)
49.前作に比べると内容が悪すぎる。
コロコロと場面が飛ぶので、どのキャラクターにも愛着が持てなかった。
misoさん [地上波(吹替)] 3点(2020-03-24 00:50:53)
48.元々25年前の映画(インデペンデンス・デイ)もそんなに良いとは思っていませんでしたが、本作を見て前作のほうが大分マシだったことが判明しました。今回はさすがに酷い、いや・・ そもそもエメリッヒ監督に真面目な作品を期待するほうが間違いというものです。

ご都合主義を通り越してあまりにも稚拙なストーリー展開、バッティングしまくっており共食い状態のキャスティング陣、描き方が浅すぎる人物描写、イミフで軽すぎる言動の数々など、指摘するのも疲れるほどの映画でした。唯一良い所といえば同窓会ができたところくらいで、ほとんどのキャストが20年ぶりに大集結していることを考えると、もしかしたらエメリッヒ監督はとても人望が厚い素晴らしい人物なのかもしれません。

唯一、厨二病向け(小中学生向けの)おバカ映画的視点で見た場合、決して方向性は間違っておらず、そういった意味では3作目に大いに期待が持てるラストだったのではないかと思います。合唱。
アラジン2014さん [地上波(吹替)] 3点(2020-03-23 11:08:48)
47.観てしまった私が悪い、しかも吹き替えで見てしまった。声が全然あっていない、ひどいストーリーにひどい吹き替えにひどいぶつ切り。。。ひどいキャス(某国を入れないといけない事情はあろうが)褒められるところがない。
HRM36さん [地上波(吹替)] 2点(2020-03-23 00:27:19)
46.《ネタバレ》 駄作。よくこんなものを大金かけて作ったな、というほど中身がない。【ネタバレ注意】ある意味、ストーリーのどこがどうと指摘するのもメンドクサイくらいひどい。前作だって、褒められたストーリーじゃないし、そもそも得体のしれぬシステムに対してコンピューターウイルスで決着するとか冗談がすぎるというものだったが、それでもCGではなく模型を使ったスペクタクル描写という挑戦があった。今の時代に「それはない」ということで、たしかに映像はスペクタクルかもしれないが、ご都合主義にすらなっていないんじゃないかというストーリー。相手にどんな戦力があるのかわからないまま攻撃命令出したり、大きな技術差があろう敵機とそこそこ対等に交戦できていたり、一番ひどいのが、子供を乗せたバスで敵に向かっていくとか、何を考えてるんだ、お前は。ウィル・スミスは、こんなのに出なくてよかったよ、ホント。(まあ、他の駄作には出てるけど)
mohnoさん [インターネット(字幕)] 3点(2020-02-17 02:02:48)(良:1票)
45.物足りなさを感じたが案の定。インデペンデンスデイを地上波を録画して何十回も観た私はかつてのキャスト総集合に懐かしさを覚え序盤のどえらい都市破壊にやりすぎ感を感じながら楽しんでいたけど、どうしても96年版との比較では分が悪すぎる
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2019-01-18 23:44:15)
44.巷(特に映画通)での評判は芳しくない前作でも、私個人としては好きな映画に振り分けられます。SFとは名ばかりの、ノンサイエンスなアホ設定も、むしろそれが良いと思える馬鹿さ加減が好みでした。ストーリーはごくシンプルに。弱者の一刺しが強者を挫くカタルシスも上々で、セールスポイントはあくまで圧倒的な破壊シーンによる映像美という潔さが良いじゃないですか。そこで本作。宇宙船のスケールは前作をはるかに凌ぎます。そりゃもうデカい。ここだけは前作同様に◎がつくのですが、それ以外の要素はほぼマイナス査定という残念な結果でした。一番の問題点はオフザケが過ぎた事かと。前作もギャグ紛いの設定や描写が散見されましたが、一応箸休めの範疇。でも本作では主人公の親父さん絡みのエピソードが完全にギャグでした。サスペンスの緩和剤としてのお笑い要素はアリでも、過ぎれば普通にコメディです。さじ加減を間違えると悲惨なコトになるのは、料理も映画も一緒かと。そういう意味では、本作を純粋にコメディとして楽しむ手はあると思いますが……。もし映画館で鑑賞していたら、また違った印象であった可能性は否定しませんが、お茶の間TV鑑賞ではこの点数が精いっぱいです。
目隠シストさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-07-15 07:27:26)
43.《ネタバレ》 なぜこうなってしまったのか。もう20年経ったんだからそっとしといてくれても良かったんじゃないか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-07-04 21:05:12)
42.《ネタバレ》 アメリカ万歳な前作は、結構キライじゃなかったのでちょっと期待しつつ鑑賞。

・・・「2作目はコケる映画」の仲間入りを果たしていました。
残念。
前作で唯一おもしろかった「現代の戦闘機 vs UFO」も設定上なくなっていたし・・・。

中国企業がスポンサーなのか、いたるところに中国推しがあざといくらいにあります。
自動販売機から出てくる牛乳?も中国製ぽい。
登場人物も中国人多め。
地球のあちらこちらが宇宙人に攻撃されるけれど、描写があるのはアメリカと中国の都市だけとか。
オデッセイもそんな感じでゲンナリしてました。

ストーリーもご都合主義な感じで、見せ場と次の見せ場を強引にくっつけてきます。
なので、ちょっと無理な展開についていけません。

ゴールドブラムの父親が、街中をスクールバスで逃げているけれど、次のシーンでは息子のいる塩湖を走っている。
・・・は?
ってなります、ここ。
みけらさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-06-26 02:12:26)
41.《ネタバレ》 あの伝説のSFおバカムービーが、規模も製作費もCGもつまらなさもアホらしさも何もかもスケールアップして帰ってきました!4点!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2017-05-27 21:40:24)
40.《ネタバレ》 『ID4』製作20年目にしてまさかの“Resurgence”(再開)、でもキャストの面々を観る限りでは“Reunion”(同窓会)とした方がしっくり来ます(笑)。ギャラで揉めて出演を蹴ったウィル・スミス以外は、ほとんどの主要キャラが20年の歳月を感じさせるディティールを盛り込んで登場します。確か前作ではダンサーかなんかだったウィル・スミスの奥さんは、女優もヴィヴィカ・A・フォックスに変わったけどなぜか女医になっていて驚きの出世です。大統領の娘やヒラー大尉の息子も立派に育ってるし、ジェフ・ゴールドブラムは知らんうちに国連か何かの部長さんに成り上がってるし、それぞれまあ順調な20年だったみたいですね。そして誰もが驚愕するのが、エリア51でエイリアンに人間スピーカーにされたオーキン博士が生きていたというか、死んでなかったということであります。これには演じているブレント・スピナー自身がオファーされていちばん驚いたそうです。20年の昏睡から目覚めたあとはもう大活躍で、スフィアからは人類が未知の知識を授けられるし、もうこの映画の陰の主役は彼だったというしかありません。 という感じのおバカ映画ではありますが、お話の展開は前作とまるっきり一緒だと言い切って構わないでしょう。全世界がエイリアンの攻撃を受けているはずなのに、映像で見せるのはアメリカ以外は中国の上海か香港あたりだけ、月面基地の司令官や準ヒロインの女性パイロットが中国人、これまた最近日増しに露骨になってきたハリウッドの“中国ヨイショ”にはもううんざりです。女王エイリアンがもろ『エイリアン』のクイーン・エイリアンそっくりなのはもう笑うしかないですけど、これがローランド・エメリッヒの限界なんでしょうがないでしょう。 ラストのオーキン博士のセリフで判るように第三作を撮る気は満々みたいですけど、期待は全然していません(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2017-05-15 23:29:19)
39.《ネタバレ》 それなりに面白かったが技術が発達しすぎたせいか前回ほどの絶望感はなかった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-05 15:38:26)
38.《ネタバレ》 ついに人類滅亡の危機も笑い飛ばせ!な時代になりましたか!
迫力満点、ノリ重視。
いいんじゃないですか、こんな感じで。
それにしても地球のコアを抜きにきたエイリアンを見て、
尻こだまを抜くカッパを思い出したのは私だけでしょうか(笑)
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-04-22 22:03:08)
37.《ネタバレ》 まあそんなに面白くもつまらなくもない普通の映画って感じですかね。途中のエイリアンの母船が地球を攻撃する場面の絵力はすごくてそこだけワクワクしましたがそれだけかな。軽いノリで生き残っちゃう人たちのせいで悲惨さがあまり感じられなかった。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2017-04-11 22:55:54)
36.前作を好きでないので観るつもりはなかったけれど、知り合いの人がDVDを貸してくれたので観てみました。予想通り、全然ダメでした。いくらSF好きな私でも我慢できないくらいのリアリティの無さとあまりに都合のいいストーリーに、映画の中に入れませんでした。観る価値はないと思います。
ぽじっこさん [DVD(吹替)] 3点(2017-03-25 14:29:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 4.71点
000.00%
100.00%
2712.73%
31221.82%
4712.73%
5916.36%
6814.55%
71018.18%
811.82%
900.00%
1011.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review5人
2 ストーリー評価 4.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.16点 Review6人
4 音楽評価 5.20点 Review5人
5 感泣評価 3.33点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS