スーサイド・スクワッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ス行
 > スーサイド・スクワッドの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

スーサイド・スクワッド

[スーサイドスクワッド]
Suicide Squad
2016年上映時間:123分
平均点:4.73 / 10(Review 56人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-10)
公開終了日(2016-12-21)
アクションSFシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2016-05-17)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2023-06-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・エアー
キャストウィル・スミス(男優)フロイド・ロートン/デッドショット
ジャレッド・レト(男優)ジョーカー
マーゴット・ロビー(女優)ハーリーン・F・クインゼル/ハーレイ・クイン
ジョエル・キナマン(男優)リック・フラッグ
ヴィオラ・デイヴィス(女優)アマンダ・ウォーラー
ジェイ・コートニー(男優)キャプテン・ブーメラン
ジェイ・ヘルナンデス(男優)チャト・サンタナ/エル・ディアブロ
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)ウェイロン・ジョーンズ/キラー・クロック
アイク・バリンホルツ(男優)グリッグス
カーラ・デルヴィーニュ(女優)エンチャントレス
アダム・ビーチ(男優)クリストファー・ワイス/スリップノット
福原かれん(女優)山城たつ/カタナ
ベン・アフレック(男優)ブルース・ウェイン/バットマン
東地宏樹フロイド・ロートン/デッドショット(日本語吹き替え版)
子安武人ジョーカー(日本語吹き替え版)
東條加那子ハーリーン・F・クインゼル/ハーレイ・クイン(日本語吹き替え版)
宮内敦士リック・フラッグ(日本語吹き替え版)
上村典子アマンダ・ウォーラー(日本語吹き替え版)
江川央生キャプテン・ブーメラン(日本語吹き替え版)
沢城みゆきエンチャントレス(日本語吹き替え版)
志村知幸クリストファー・ワイス/スリップノット(日本語吹き替え版)
志田有彩山城たつ/カタナ(日本語吹き替え版)
大滝寛オルセン提督(日本語吹き替え版)
小原雅人ブルース・ウェイン / バットマン(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・エアー
音楽スティーヴン・プライス〔音楽〕
ゲイブ・ヒルファー(音楽監修)
挿入曲ザ・ローリング・ストーンズ"Sympathy For The Devil"
AC/DC"Dirty Deeds Done Dirt Cheap"
ブラック・サバス"Paranoid"
クイーン"Bohemian Rhapsody"
製作チャールズ・ローヴェン
製作総指揮ザック・スナイダー
デボラ・スナイダー
コリン・ウィルソン
配給ワーナー・ブラザース
美術オリヴァー・スコール(プロダクションデザイン)
あらすじ
封印されていた魔女の復活により人類最大の危機が迫る。米国政府は収監中の極悪人による最強部隊「スーサイド・スクワッド」を結成し、この危機を終結させようと決断、「デッドショット」や「ハーレイ・クイン」など6人の超絶極悪人に超小型爆弾を埋め込んで従わせ、怪物相手の遂行不能とも思われる危険任務を与える。向かうところ敵無しで生きてきた極悪人軍団を待ち構えていたのは…。DCコミックスの悪役キャラクター総出演によるバイオレンス・アクション大作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
56.《ネタバレ》 バットマンを殺したウィル・スミス、ハーレイ・クインなる人物など、おそらく、DCコミック系の予備知識がないと少しおいてきぼり感があるように感じた。
首に埋め込まれる爆弾のアイデアは、バトル・ロワイアル等、多くの作品で使われてきた逃亡防止の有無を言わさぬ仕掛け・・・現代社会にあって既存の枠組からなかなか自由になれない我々の閉塞感を表現しているようにも思う。
チェブ大王さん [インターネット(字幕)] 4点(2024-05-18 17:58:46)
55.《ネタバレ》  なーんか『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』みたいな映画ですねぇ。
 個人的にはこーゆー寄せ集め集団が活躍するストーリーは大好きなので楽しめました。
 1人1人は小粒でも、それぞれの個性を活かして活躍するっていうのが楽しいじゃないですか。
 それに、悪人たちでチームを結成するというノリも好き。
 毒を以って毒を制すというのが良いです。
 ただ今作、その悪人ヒーローたちの敵っていうのが、スーサイド・スクワッドに入れようとしていたメンバーなんですよねー。エンチャントレスとかいう魔女?
 「こいつだけめっちゃチートじゃん。他のメンバーとの実力差えげつなくない?」
 って思っていたら、案の定あっさり裏切りラスボスに。
 ・・・・え?じゃあこれって、最悪のマッチポンプ案件じゃん。
 そーなってくると、気分的にちょっと盛り上がらないと言いますか・・・・。
 それに相手が強力すぎて、最終決戦では炎を出す人以外、まるで戦力になっていないのが残念。
 スーサイド・スクワッドのデビュー戦にしては、エンチャントレス姉弟はちょっと強すぎ。
 もっと大規模なテロ集団とか、世界的な武器密輸グループとか、凶悪な犯罪者集団相手に無双させたほうが良かったのでは。
 それに、この映画見る前は、もっと『ヒャッハー』な人たちを想像していたのですが、実際はそーでもなく、意外とまともな義理人情に動かされちゃう人たちばかり。もっとぶっとんだ悪人ヒーローを見たかったなぁ。
 ただ、終始ワクワクして見られたし、中盤のザコ相手の戦いはとても楽しかったので、良しとしましょう。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2023-12-24 22:16:26)(良:1票)
54.ハーレクインとかいうイカレタねーちゃんの映画だと思って見始めたわけですが、敵と戦うための囚人選抜チームの一人という位置づけで、見た目で一番存在感はあるものの、がっつり主役というわけでもない。実際、ウィルスミスやジョーカー役の方がキャストの並びでは上位に来てるようですし。キャラを寄せ集めてチームにすることで、にぎやかな感じはするのだけれど、だれかに焦点を当てた深い人間描写は皆無。この主役不在が、見終わった後に、話の筋をさっぱり忘れてしまう理由なのだなと思った次第です。アクションや映像美の面で取り立てたものがあるわけでもなし。ハーレクインが美形かつカワイイのと、ノーマークだったもう一人の女性キャラである日の丸の仮面をかぶった女剣士が、ハーレクインに次いで目立っていたのが良かった点ですかね。まあ、逆に言うと男性キャラが地味すぎというのもある。
camusonさん [インターネット(字幕)] 4点(2023-02-10 18:05:18)
53.ここでの評価が低いから見るの躊躇ってたけど、意外と面白かった。悪党が愛とか友情とか言ってるのは、正直うそくせーとは思ったけど。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2022-05-04 23:42:09)
52.《ネタバレ》 最新の『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』を観て、登録しようと思ったらこちらがヒットして、予想していた平均点数が低いのでアレ?っとなり、なんだか出演者が違うような気がするって事で調べてみるとAmazon_primeで発見して、やっと別作品だとわかりました。んで観てみました。。。最新の方がぶっ飛んでて面白かったけどこちらも意外と楽しめました。観る順番のおかげ?平均点から期待が無くなったのも良かったのかもです。基本的にヴィラン全員(最新も含めて)誰も知りませんでした。ヒーローに全く歯が立たない能力ぽいのがなんか残念なところですね、メラメラの実ののヤツが能力的にはエース(名前じゃなくて一番て意味の方ねw)って感じがするね。。。最新に比べて良かったのは、バットマンやらジョーカーが出てきてそっち系だと認識できたことですね。
ないとれいんさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-08-20 09:56:27)
51.《ネタバレ》 数年前に配信で見ようとしたのだけれど、序盤30分くらいでなんか話がどうでもよくなって途中でやめてしまっていた。けど、ジェームズ・ガン版が見たいので、その予習としてやっぱり見ておこうということで再チャレンジ。今回は夏休み&外出自粛の時間つぶしだったこともあって、それなりに楽しめました。本作品の出世キャラのハーレイ・クインは、マーゴット・ロビーのはまり役。見てるだけで楽しいけど、ジョーカーとの共依存っぽい恋愛は正直ノイズで、もっともっと暴走してほしかった(次作で別れる設定は正しい。できたら本作の最後でぶっとばしてほしかった)。ウィル・スミスはウィル・スミス指数が高すぎてスター俳優を使ったマイナスが全面に出てしまっているし、レト版ジョーカーは、あまりに歴代ジョーカーが偉大過ぎて軽薄過ぎる(でもこっちが本当にジョーカーなのかも)。炎君はウェット過ぎてテンポ崩すし、アマンダが悪過ぎて悪役エンチャントレスが霞んでしまってるし、全体のテンポやバランスは本当に悪い。全然話が前進しないのに、突然エンチャントレスが逃げ出すくだりとか、話の展開についていけず、途中でどうでもよくなる。アクションも基本黒い塊をぶっとばすだけなので、単調だし。あと、音楽のベタ過ぎる使い方もマイナス。クイーンもストーンズもなんか中途半端に格好良くない。それでも、なんとなく楽しんでしまったのは、たぶん五輪やらコロナやらでどうにも暗くなるしかないニュースを忘れて、久々に「エンタメ大作」であれこれ壊したりぶっ放すキャラたちに少し爽快感を感じることができたからなのかもしれない。もう少し平時にみたら、たぶん最低にちかい評価になりそうだけど、だからこそ娯楽映画って大事だなと思ったりもした。
ころりさんさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-08-19 10:00:08)(良:1票)
50.まず、エアーカットが見たい。

私はこの映画が好きです。
ハーレイ・クインに一目惚れし、観に行った後改めて予感は正解だと思いました。
映画館に何度も行く楽しさや別バージョン(洋画なら吹き替えか字幕か)で見る楽しさも教えてくれた
思い出深い映画です。
吹替と字幕両方見てます。

なので、当時続編(?)のような扱いだった「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」のあらすじを見た時は「あの感じから別れるの?」と、正直思って寂しさを覚えました。

しかし、最近詳細を知ったのですが、この2016年版スーサイド・スクワッドは
デヴィッド・エアー(この映画の監督)の想定通りの編集になってない事を知りました。
(編集はワーナー社)
実際、当時「エアー監督の色が薄い?」と感じるエアーファンもいたそうです。

同社作品の2017年版ジャスティス・リーグが同じような経緯になっており、
それによって今年スナイダーカット(スナイダー監督編集版)がリリースされました。

具体的にどう変わったかというと、例えばジャレッド・レト演のジョーカーの出番が本来の予定より大幅にカットされていたようです。
また、この作品でハーレイとジョーカーを決別させる予定もあったと聞きました。
「華麗なる覚醒」は監督こそ違うものの製作総指揮はエアー監督なので2016年版スースクの本来の意図通りのものを見られていたら
あらすじも難なく受け入れてたのかもしれません。

上映された年はハロウィンの仮装がハーレイ姿が独占状態になるのを見ており、また演者同士もこの映画の記念に共通のタトゥーを刻むくらい仲が深まったり等を聞いていたので、
今年の作品で一からリセットしてリブートされる経緯が謎でしたが、そういった複雑な事情があったようです。

エアー監督は声明も出しており(これは有志の方によって全文訳されています/「デヴィッド・エアー 声明」で検索)、
また、今夜日本時間14日午前0時にスースク完全版「エアーカット」を
求める「#ReleaseTheAyerCut」のハッシュタグをトレンド入り
させるファンによるイベントが始まるそうです。

おそらく、エアーカットはこの映画と大分色合いが違うものになりそうですが、この映画が思い通りにならなかったのなら、完全版が構想されているならば是非観たいです。

様々な困難は立ちはだかっていそうですが、エアーカットのリリースを期待しています。

【補足】:今日からジェームズ・ガン監督による「ザ・スーサイド・スクワッド」が上映されましたが、エアー監督はこの映画を応援しているそうです。
また、ガン監督の方も同様で、双方の仲は良好なようです。
(実際、「#ReleaseTheAyerCut」の企画はスースク5周年の8月5日に行われる予定でしたが、本国版の「ザ」の上映日と被ってしまうため、エアー監督の希望で今週に延期したそうです)

キャラクターが2016年版から変わっている事に複雑な思いを抱く方はいると思いますが、そういった事情があること、エアーカットを見られる可能性はまだ潰えてない、また、経営陣に硬化してほしくない、複数世界線で運用可能な可能性もある事から「ザ・スーサイド・スクワッド」を応援しています
スイさん [映画館(吹替)] 10点(2021-08-13 23:52:01)
49.ハーレイ・クインのヴィジュアルや仕草が可愛い。彼女に全精力を注ぎ込んだかの様に他がイマイチ、もしくはゴミ。
真尋さん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2021-07-10 23:13:06)
48.《ネタバレ》 小学生が考えたシナリオをノリと勢いで作ったような
何から何まで筋が1個も通ってない素晴らしい映画

スーパーマンのような者が敵対した時のために作られた 犯罪者集団で構成された部隊
もう明らかに能力不足 ファイヤーマン以外何が出来んねんっていうレベル
その中でも異質な 4000年以上も生き、「神」として崇められていたエンチャントレスは瞬間移動や人間を作り替えたり
世界の理を変えようとしたりとなんでもありなのに、しょうもないおばちゃんに心臓取られてて歯向かえず
人間を作り替えた下部はショッカーばりの雑魚キャラ
もうキリがないしこの作品について考えるだけ無駄なので以上
ハーレイクインを観ることととにかく意味が分からないことを楽しむだけの作品です。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 3点(2021-02-04 22:50:25)
47.《ネタバレ》 『DCコミック』キャラクターで結成されたオールスター『ヴィラン』チームだそうで。そもそも『マーベル』と比べるとマイナー感が否めない『DC』ですが(失礼)、さらに敵役という『裏面』にフューチャーした事で、より一層地味な印象を受けます。ウィル・スミスやマーゴット・ロビーなど配役は豪華なものの、キャラの能力が化け物(メタヒューマン)に対抗できるかというと疑問。いくら銃の腕前が人間離れしていても、そもそも弾丸が効く相手なのかという話。ハーレイ・クインさんの武器に至っては木製バット。そのへんの輩同志の抗争にしたって、金属バットくらい用意するでしょうに。もっとも、このチーム編成で化け物を倒せたワケですから文句を言うのも筋違いなのでしょうけども。私にとっては、名前も顔も知らない微妙な能力の持ち主たちが、微妙な理由で、微妙な敵と戦うという、何とも微妙なお話でありました(ごめんなさい。基本的にこれは私側の事情です)。全体的に地味な色合いと個性の面々の中にあって、ハーレイ・クインさんの存在感は抜きん出ていました。スピンオフも製作されるほどの人気者ですから、彼女が影の主役なのは間違いないのでしょう。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-12-30 19:22:45)(良:2票)
46.ハーレイ・クインの、
ハーレイ・クインによる、
ハーレイ・クインのための映画
ハーリーン・クインゼル、キャラが立ってて良いね
他の悪党も個性あるけど、ハーレイが全部持っていってる

悪に悪の上塗りがおもしろかった
マイナスとマイナスの掛け算がプラスになるような感覚

ジョーカーはチョイ役のオマケみたいなもん
マコーレー・カルキンになぜか見えてくる不思議

気楽に観るとよろし。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-12-29 21:37:17)
45.ハーレイ・クインを見たな~。
カッコ良かった。
いさぎよい。

でもそこだけの作品。
悪人がチマチマ善人やっても、ちっとも面白くないのが分かりました。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 3点(2020-11-30 11:26:26)
44.《ネタバレ》 もうこれはハーレイクインことM・ロビーの映画だね。悪役ばかりでチームを組みました、とは言っても引くような極悪人はいなくて「ちょっとクセの強い」程度の人選。しかし戦う相手はほぼ魔法使い、ていうのもバランス悪いなあ。どうやって勝てというの。
なぜジョーカーをメンバーに加えないの。彼はメンバー外だけど、この映画ハーレイクインとジャレッド・ジョーカーの二人で画を引っ張っているというのに。
マーゴット・ロビーの仕事の的確さには唸ります。この会心の手ごたえはジャック・ニコルソン版ジョーカーを観た時のと同じで、すなわち原作のコミックテイストを最大限に尊重したキャラ作りにあります。本作は漫画世界の実写化であるので、いかにカリカチュアされた小悪魔像を演じるかが大事。けれんみは最大値に、そしてリアリティは不要。眉毛の上げ方ひとつ取っても、マーゴットの仕事は完璧といえるでしょう。
ひきかえ、他メンバーの印象薄さは否めません。ウィル・スミスはコミックのキャラを演ってもいないし、悪人ですらない。ワニも火吹きもブーメランも中途半端に苦悩を背負っているのが余計です。やっぱりジョーカーとハーレイクインのチームで綺麗ごと抜きに、傍若無人にぶっ飛ばせば良かったのにな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-07-27 00:13:10)(良:2票)
43.ハーレークィンが、ひたすら魅力的なだけ。
それなりにお金は掛かっている筈ですが、中身はスッカスカの映画
恐らく1週間も経てば忘れそうです。
まぁ、自宅でヒマつぶしに観るのはいいかも知れないですね。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 2点(2020-06-24 22:45:09)
42.映画としては楽しめました。
ヒーローものが好きな人には面白い映画だと思います。
ただ、スーサイドスクワッドは強者の集まりとして犯罪者を寄せ集めしたはずなのだが、
特にでハーレイクインはなにも強くない・・度胸が座っているというだけで、
戦力としては普通にSWAT隊とかのほうが強いだろ・・
まあ、あのお尻がなければちょっと物足りないという役割なのかもしれませんが。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 6点(2020-06-18 15:50:05)
41.ハーレイ・クインが出てなかったらそもそも観てないかもしれないが。
劇場で観た時はアドレナリン出てるしそれなりに楽しめた気はするが、いかんせん相手が悪過ぎる。
この盗賊チームの相手には、次回は是非エクスペンダブルズを推奨したい。
いい勝負だと思うけどなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-06-17 00:03:14)
40.《ネタバレ》 これ企画の段階でハーレイクインが突出して目立つ&人気が出るのは想定内ですよね。
ハミ尻ですよハミ尻。
ローラとか叶恭子とかがコスプレ画像上げてますが、ローラのは短パン長すぎてお話になりません。
そういう意味で叶恭子はえらい。あの尻がちゃんと再現されてます。
…いやそれ映画のレビューじゃなくコスプレのレビューだよ…と自分で突っ込んでおいて、しかしそれら有名人のコスプレが本家に全く及ばないのが本家の魅力のすごさを端的に表してるって事でしょう。

で、映画本編ですが、皆さま書かれている通り「俺たち仲間だよ、一緒に戦うよ」という空気になぜなるのか…そこが全然描かれてないのがまず問題。

さらに、敵とのパワーバランスの悪さがひどい。
相手はほとんど神レベルの能力です。
何しろ一瞬で中東までテレポートして機密書類を奪って戻ってくるような化け物です。
対するこっちは一部を除けばほとんどただの人間です。
相手になるはずがない…のに、なぜかなんとかなります。
何しろそんな化け物能力の敵を相手に普通に格闘できちゃうんですから。
そもそもなんかすごい能力で即死させられるだろ…と思うんですが、なぜか律儀に格闘してくれます。
もう意味がわかりません。

そういう意味で脚本はほんとにボロボロなんですが、何も考えずに観ている分にはわりと普通のこの手の娯楽映画ですし、何よりハーレイクインがいます。
魅力的なキャラの創造も映画の立派な成果ですから、あまり低い点をつけるのもかわいそうかな…なんて思います。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-16 11:19:28)
39.これはだめだね。
DCエクステンデッド・ユニバースとやらのシリーズのスピンオフらしいので、金かけてるし、映像はなかなかだけに、脚本のひどさがよけいに際立つ。映画はやっぱり脚本が基礎中の基礎と思いました。
wooさん [インターネット(吹替)] 3点(2020-06-13 11:44:01)
38.《ネタバレ》 ハーレイのお尻に1点。
ヴィランがチームを組んで戦うっていう企画だけは面白そうなんだけど、集まったキャラクターたちの魅力や背景が描かれてないので、まったくもって盛り上がらない。デッドショットは悪人じゃないし、ディアブロはカっとなって嫁子供を焼いちゃったアホだし、ハーレイ・クインも特に何が強いってわけじゃないし、ジョーカーもヒョロくてショボい。
バラバラの悪人チームが仲間になっていく過程も特に描かれてないのに俺たちは仲間とか言い出すし、失笑しかできない。
最後の戦いも何にも盛り上がらないし、ホントに見る価値のない、しょーもない映画だった。
ブラック武藤さん [インターネット(吹替)] 1点(2020-06-06 02:30:40)
37.《ネタバレ》 一言でいえば荒唐無稽のままに終わってしまう作品。そもそもがDCコミックをベースにしたスピンオフ企画的な作品なので、一人ひとりが強烈過ぎる個性の悪党を一人増やすごとに全体のまとまりは崩れていくわけで、折角の個性が最終的には没個性。それでも2時間程度の尺で見せ場を作るためには、個性を強力に演出しなければならず、ド派手なビジュアルの中での実現は作品中のミッション以上に困難を極めたんじゃないでしょうか?結果、真剣に見たらダメという作品に落ち着いた訳で、粗探しや揚げ足取りをしちゃダメというルールを厳守すれば、そこそこに楽しいです。スーパーマンが不在だとか、作品の背景を承知している必要は…あまりないかな?あと、公式サイトの宣伝の仕方は、若干の違和感を感じます。ハーレイ・クインは主役じゃないんじゃないですか?
タコ太(ぺいぺい)さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2020-03-29 11:46:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 4.73点
000.00%
111.79%
223.57%
31323.21%
41017.86%
51221.43%
61017.86%
758.93%
823.57%
900.00%
1011.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review6人
4 音楽評価 5.80点 Review5人
5 感泣評価 4.20点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

2016年 89回
特殊メイクアップ賞 受賞 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2016年 37回
最低助演男優賞ジャレッド・レト候補(ノミネート) 
最低脚本賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS