Menu
 >
 >
 > 教授のおかしな妄想殺人

教授のおかしな妄想殺人

IRRATIONAL MAN
2015年【米】 上映時間:95分
平均点: / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマコメディロマンス
[キョウジュノオカシナモウソウサツジン]
新規登録(2016-05-21)【とらや】さん
タイトル情報更新(2017-05-14)【S&S】さん
公開開始日(2016-06-11
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
キャストホアキン・フェニックス(男優)エイブ
エマ・ストーン(女優)ジル
パーカー・ポージー(女優)リタ
ジェイミー・ブラックリー(男優)ロイ
脚本ウディ・アレン
撮影ダリウス・コンジ
製作レッティ・アロンソン
製作総指揮ジャック・ロリンズ
編集アリサ・レプセルター
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.全編に流れるトーンはいかにも近年のウディ・アレン。最後の場面はよかった。ちょっとヒッチコック風? アレンはいつもお気に入りの女優を多用するが、今はエマなんですねえ。もういい歳なのに、ぶれないトーンと女優陣。羨ましいです。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-04-08 23:45:19)
5.《ネタバレ》 いや、これ邦題ミスではないでしょうか。ウッディ・アレン監督のユーモアな映画かと思ったら、サイコパス教授の狂気な行為をドキュメントする映画だった。この教授、妄想じゃなくて実際に殺人しちゃってるし。「おかしな」ではなく「キチ●イな」の間違いでしょう。そんなやばい男に積極的にモーションかける女たち。まあ女学生は正気に返ったようでしたが。いやー怖い、怖い、やばい、やばい。しかしいつまでも妙に後を引く映画だな。
Abies3さん [DVD(字幕)] 5点(2016-10-02 11:51:09)
4.《ネタバレ》 すべてあのシーンに持っていくための、説明なのですね。彼女も相当なビッチでしたよね。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2016-08-29 16:46:45)
3.《ネタバレ》 人生に悩める哲学を教える大学教授と、彼を慕う女子大生と、そのカレが登場する序盤の展開。
この3人の三角関係を軸にした、アレンお得意のロマンティックコメディかな?と思いきや、さにあらず。
「重罪と軽罪」(アレン監督作の中ではかなり好きな作品です)以降、近年は「マッチポイント」や「夢と犯罪」でもお馴染み、
これもアレンのお好きなパターンの1つである”罪と罰”をテーマにした、軽いタッチながらもシリアス系の作品。
それにしてもこの大学教授、大罪を犯してもまるで罪の意識を感じていない。
それどころか、人生に悩める彼が殺人を機に生きる意味を見出し、生き生きとしてくるという皮肉。
しかし完全犯罪をやってのけたはずの彼にもアレンは本作でもやはり罰を用意する。
ヒロインを手にかけようとしてあっけなく落下してしまうラストはヒッチコックの「疑惑の影」を思い出す。
アレンさん、やっぱりこのパターンがお好きなんですね。
微妙に軽いタッチで描いていますが、このテーマである以上、がっちりシリアス系にしてもよかった気がします。
前作「マジック・イン・ムーンライト」に続いてヒロインを演じたエマ・ストーン。
スカーレット・ヨハンソン以来、久々にアレン映画のヒロインを続けて演じることとなりましたが、
エマ・ストーン、新たなアレン映画のミューズとなっていくのでしょうか・・・?
とらやさん [映画館(字幕)] 6点(2016-07-13 21:53:13)(良:1票)

2.《ネタバレ》 まずは聴いてすぐにウディアレン監督とわかる音楽が相変わらずよいです。地位も学もある男が殺人妄想に駆られて、やがて妄想に飽き足らず実行することに、、といったお話し。J・フェニックスが無表情で暴走するかたわらで、E・ストーンが一人慌てふためく姿は不謹慎な笑いを誘う。彼はいわゆる「サイコパス」と思いますが、こういった人間を題材にしてホラーやサスペンスタッチにならないのは、まさにアレン監督ならでは。その悪党は、あの時のペンライト(だったかな?)で滑って自ら奈落の底へ。色恋沙汰には寛容だが殺人者は罰を受ける、といった内容はアレン作品では通例ですが、今回の末路はいつになく、罪と罰や因果応報といった言葉が頭をよぎります。それとなんだろう、この酷い末路は教授という職業に何か個人的な恨みつらみでもあるのだろうか(笑)
タケノコさん [映画館(字幕)] 6点(2016-07-09 14:50:55)
1.ウッディ・アレン映画はあまり得意ではないのですが、この映画は割と楽しめました。アレン映画にはコメディ担当のような登場人物が1人や2人いるものですが、本作には見当たりません。ストーリーだけを追っていくと、シリアスな映画と何も変わりません。演じている俳優たちはこの映画がコメディとなることは知ってたでしょうが、撮影現場ではシリアスな映画のつもりで演じていたのでしょう。演技はシリアス、演出や音楽、編集でコメディの味付けをした感じでしょうか。こういう作り方も面白いものだと感じました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2016-07-08 22:27:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5233.33%
6350.00%
7116.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS