サウスポーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サウスポー
 > (レビュー・クチコミ)

サウスポー

[サウスポー]
Southpaw
2015年【米】 上映時間:124分
平均点:6.27 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-06-03)
ドラマスポーツものスポコンもの
新規登録(2016-06-01)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-07-22)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アントワン・フークア
キャストジェイク・ギレンホール(男優)ビリー
レイチェル・マクアダムス(女優)モーリーン
フォレスト・ウィテカー(男優)ティック
50セント(男優)ジョーダン・メインズ
ナオミ・ハリス(女優)アンジェラ・リベラ
ボー・ナップ(男優)
ビクター・オルティス(男優)
ミゲル・ゴメス〔1972年生〕(男優)
高橋広樹ビリー(日本語吹き替え版)
立木文彦ティック(日本語吹き替え版)
佐古真弓(日本語吹き替え版)
乃村健次(日本語吹き替え版)
音楽ジェームズ・ホーナー
ジョン・フーリアン(音楽監修)
主題歌エミネム"Phenomenal" (Universal Music)
挿入曲エミネム"Kings Never Die ft. Gwen Stefani"
撮影マウロ・フィオーレ
製作スティーヴ・ティッシュ
アントワン・フークア
トッド・ブラック
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
エズラ・スワードロウ
配給ポニーキャニオン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 会社で働いている仲間に薦められて鑑賞しました。典型的な作り方で、それなりにはみれた。個人的にボクシングシーンが好きなこともあって、トレーニングや試合のシーンは楽しめた。また、ボクサー役の人たちの肉体づくりも惚れ惚れするくらい見事だった。ただなんだろう、奥さんが銃で打たれて死んだという、いわゆる「事件」が、事故です仕方なかったみたいな空気で流れていくので、とても煮えきれなかったです。発砲そのものも、え!?なんで発砲したの!?で、全く理解し難かった。唐突すぎでそこが曖昧なまま流れていくから、余計にのめり込みづらかったです。なんか全体的に感動を押し付けられているようで、ちょ~っと平均的な水準を越えられなかったかな。
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-01-13 18:25:22)
10.《ネタバレ》 やっぱりボクシング映画はいいなあ
シナリオの粗さを気にする隙を与えない。
特に最後の試合見ているときはハラハラして体全体が力んでしまいました
一瞬でどん底まで落ちて、最終的には超ストレートなハッピーエンド
たまにはこういう映画もいいよね。
自分の体を酷使し、攻め続ける事しか出来なかった主人公が、
ボクシングを通して、自分や家族を本当の意味で守っていく事を覚えていく過程に感動。
フォレスト・ウィテカーも良かったです。この人悪役のイメージが強いんですが、
今回は不器用だけど純粋にいい人でしたね。
体がデカくて、滅茶苦茶強そうなんだけど、いろいろ悩んでいて
主人公に弱音を吐くシーンはもらい泣きしてしまいました。
それとギレンホールって、想像以上にいろいろな役柄を演じれる役者さんなんですね
映画自体は7点
でもギレンホールの熱演と肉体に+1点です
南雲しのぶさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-08-24 04:38:56)
9.《ネタバレ》 妻を亡くしたボクサーが、立ち直り復活するところまでのストーリー。ジェイク・ギレンホロールの肉体改造が凄い。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-29 16:59:41)
8.前半から中盤の妻が殺されてしまうところまでは、伏線も多くて非常に面白かったのだが、中盤以降からは娘が急に立ち直ったり、親父が心身共に復活してただただ相手をノシてしまうだけというのがいただけない。もう少し復讐劇なのだから、途中のやりとりがあると思うし、ドン底から這い上がる過程が欲しかった。
SUPISUTAさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-15 04:56:01)
7.《ネタバレ》 もって生まれた才能と狂犬のような闘争心を武器にチャンピオンにまで昇り詰めたプロボクサー、ビリー・ホープ。4度目の防衛も果たし、美しい妻と最愛の一人娘とともに人も羨むような豪邸で順風満帆な人生を満喫していたそんなある日、彼は最悪の不幸に見舞われる。頭角を現し始めていた若手ボクサーの挑発に乗り乱闘騒ぎを起こしてしまったその混乱の最中、ボディガードの発砲した凶弾によって愛する妻が犠牲となってしまったのだ。生きる意義を見失ってしまったビリーは、以来酒とクスリに溺れる最悪の状態に。ボクシングへの情熱も揺らぎ、試合中に追い詰められた彼は思わずレフェリーに怪我までさせて1年間の出場停止と多額の罰金制裁まで課せられてしまう。当然車や豪邸も手放さざるをえなくなり、明日の生活費すらままならないどん底の状態へと陥ってゆくビリー。追い打ちをかけるように、その荒れ果てた生活のせいで最愛の娘すら取り上げられてしまうのだった。娘のために人生の再起を誓った彼は、かつて一度だけ自分を負かしたトレーナーが営むジムの扉を叩く…。ジェイク・ギレンホールやフォレスト・ウィテカーという実力派の役者陣を配し、アントワン・フークワ監督が新たに作り上げたのは、そんな超王道のスポーツサクセス物語でした。ほんともう超が何個も何個も付きそうなほどの超々々々オーソドックスな――というかベタベタな(笑)スポコンものなのですが、これがけっこう手堅く作り込まれていて普通に面白かったです。ギラギラした目で周囲を威嚇するイカれたボクサー役をJ・ギレンホールが熱演していて、さすがの迫力。そんな彼が人生の坂道をどんどんと転がり落ちてゆくのは分かっていたのですが、まさかここまでどん底に堕ちるとは予想外でした。唯一の希望であった娘にまで拒絶されるシーン、自業自得とは言え涙腺がウルっと来ちゃいますね。肝心の試合シーンも、フークワ監督の抜群の音楽センスやキレッキレの編集手法が見事に決まっていて、すごくカッコよかったです。まあ、あの突然不幸に見舞われるジムの少年のエピソードはやり過ぎな感がしなくもないですが(笑)。うん、僕は充分楽しめました。7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2017-05-15 16:00:47)
6.《ネタバレ》 どこかで見たことあると思いきや遠い空の向こうにの主人公だったんですね、凄い役作り。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-05-10 01:08:38)
5.完全に「ロッキー」のマネです。
正確には「ロッキー2」です。
成功から転落し、また復帰するという。
この映画作った人間は、何故「ロッキー」が成功したか理解していません。
「ロッキー」が成功したのは、サントラのおかげです。
だから、あのシリーズは、見たあとに元気がもらえるんです。
本作は、全編通して暗いBGMで、見終わったあとに余韻を残さないんです。
また「ロッキー」を見たくなりました。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-04-25 22:12:21)(良:1票)
4.『ナイトクローラー』ではヒョロヒョロに減量していたジェイク・ギレンホールが、今度は筋肉モリモリマッチョマンになっていました。ギレンホールの役者魂もさることながら、最近のハリウッドの肉体改造技術は本当にすごいことになっています。監督もギレンホールの肉体こそが最大の見せ場であることをちゃんとわかっており、冒頭から出し惜しみなし。また、MTV出身の監督だけあって画作りはお手のものであり、もしテレビで放送されていたら本当のボクシング中継かと勘違いしてしまいそうな見せ場を作り上げています。こちらも見事でした。
物語はスポーツ映画の王道通り「栄光→没落→再起」のフローで推移し、ほとんど変化球なし。ロートルトレーナーとの出会いや、周囲の人々とのドラマなどテンプレートから1mmも離れることがなく、だからこそきっちり感動させられるものの、残念ながら水準作以上にはなっていません。
さらには、作りが粗い部分も目立っています。あれだけ人目が多い場での発砲事件だったにも関わらず、奥さんを誤射した犯人が逮捕されないという点はさすがに不自然。また、対戦相手となるボクサーは「ビ○チはもうお前を助けてくれないぜ」とか言って傷心の主人公を煽ってきますが、いくらヒールであってもここまで言ってくる奴はいないでしょ。さすがにイジれないネタというか。しかも、あんたの子分が誤射したことへの罪悪感はないのかと。急に娘が反発し始めたことも不自然であり、何か重要なエピソードを見落としたかと思ってしまいました。
もうひとつの問題点は、前述した通り現実のボクシング中継に極めて近いルックスを作りながらも、オーディエンスの存在が描かれていないことです。主人公は一度没落しますが、彼はアルコールやドラッグで自滅したのではなく奥さんの急死という同情すべき背景があったのだから、世論は彼に味方するはず。あれほど急激な没落は不自然に感じました。また、主人公が金づるではなくなった途端に相手ボクサーに寝返ったプロモーターやトレーナーはバッシングを受けるはずなのに、そうしたオーディエンスの反応がまるで描かれていません。こうしたディティールの面で失敗しているため、本作のドラマには乗りきれませんでした。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2017-01-10 18:59:35)(良:1票)
3.《ネタバレ》 観てて、力が入りました。ボクシング映画に外れ少ないですね。いい役者は大抵ボクシング映画に取り組んでますもんね。あのロケットボーイのギレンホールがこんな人生背負ったボクサーをやるなんて、映画を観てきて良かったなぁと思いました。サウスポーのタイトルが意味深ですね。昔の彼だったら、最終ラウンドまで自分を見失わず、ウイテッカーのコーチから教わったサウスポーを繰り出せたか・・。あれがあったから娘との新生活に踏み出せたんですもんね。名作だと思います。レンタル屋に行っても、この映画はほとんど借りられてるし・・。みんなよく知ってるなぁ。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2017-01-08 00:24:42)
2.《ネタバレ》 ストーリー自体はよくあるボクシング映画。雑な描写も多かった。ただ奥さんが不慮の事故で亡くなるシーンがリアルで秀逸。J・ギレンホールはナヨナヨのイメージだったがマッチョな体づくりは、さすがプロ。奥さんのヤンキー度合いとレイラちゃんのおへちゃ加減が、いい味を出していました。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2016-11-12 06:43:41)
1.《ネタバレ》 失意のジェイク・ギレンホールの矮小さを俯瞰ショット、あるいは寝室の鏡、階段奥などの行き詰まりの陰影を以て表現したりもする訳だが、
ふと気を許すとまた顔面がスクリーンを占拠しだす。

画面奥の暗がりに座り込む彼から送られたピントが、娘が描いた家族の絵の方に合わされるのだが、
こうしたショットもかなり杜撰な上、肝心のファイトシーンの編集もちょっと許容出来ないレベルの乱雑さだ。
せめて音楽で盛り上げて欲しいところだが、ジェームズ・ホーナーを起用しながらほとんどメロディが印象に残らない。
新トレーナーとの交流、娘との葛藤ともども淡白すぎて劇になりきれていない感じである。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2016-06-09 22:25:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5436.36%
619.09%
7218.18%
8218.18%
919.09%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS