ブルックリンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブルックリン
 > (レビュー・クチコミ)

ブルックリン

[ブルックリン]
Brooklyn
2015年【英・カナダ・アイルランド・ベルギー】 上映時間:112分
平均点:7.38 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-07-01)
ドラマ青春ものロマンス
新規登録(2016-06-10)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・クローリー〔監督〕
キャストシアーシャ・ローナン(女優)エイリシュ・レイシー
エモリー・コーエン(男優)トニー・フィオレロ
ドーナル・グリーソン(男優)ジム・ファレル
ジム・ブロードベント(男優)フラッド神父
ジュリー・ウォルターズ(女優)キーオ夫人
フィオナ・グラスコット(女優)ローズ・レイシー
ジェシカ・パレ(女優)ミス・フォルティーニ
ノーラ=ジェーン・ヌーン(女優)シェイラ
マイケル・ゼゲン(男優)マウリツィオ・フィオレロ
エヴァ・バーシッスル(女優)ジョージナ
脚本ニック・ホーンビィ
音楽マイケル・ブルック
撮影イヴ・ベランジェ
配給20世紀フォックス
美術フランソワ・セグワン(プロダクション・デザイン)
編集ジェイク・ロバーツ〔編集〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 観る前の予想に反して、泣けた泣けた。
ホームシックになって仕事中も泣きそうなエイリシュ、姉からの手紙を手にして号泣するエイリシュ。手紙を何度も読み返すエイリシュ。知らない人ばかりのニューヨークの雑踏の中で寂し気な表情のエイリシュ、もう泣けて泣けて。
これ入力してる今も思い出して泣ける。
でも自分を愛し特別な存在としてくれるトニーが支えとなり笑顔の接客ができるようになるのね、
すごくよくわかるわぁ。人ってやっぱり拠り所っていうのは必要なんだなと。
けれど、そんなトニーのこともどこか迷いがあって多少成り行きみたいに入籍しちゃう。そして故郷へ帰れば垢抜けて簿記の資格もあるエイリシュに手のひらを返したような好待遇。そりゃそうなったら迷うよね、ひとりになった母親のこともあるし。

そこにミス・ケリー、エイリシュは「ここ」は故郷だけど生きていく場所ではなくなったことをはっきり自覚する。
何かある度に街中に知れ渡り噂になる、放っておいてくれない街なのです。ニューヨークとの決定的な違いってそこなんじゃないかなと。もとから規模が違い過ぎますけどね。自分を気にする人は大切な人たち、限られた人たちだけでいいと思うんですよね。
アメリカ行きの船で偶然相部屋になった人が「帰るんじゃなかった」みたいなことを言ってたけど、その意味が理解できました。母や姉も下宿や職場の人たちもぱっと見はきつそうなんだけど、実は思いやりも優しさもありサラリとしていていいですね、干渉しすぎない人たち。ラストのトニーとの再会のとこでまた泣けた。泣かせようとしてるものは特に無いのにこんだけ泣けた映画は初めてかも。個人的にそこが高評価の理由にもなるかな。
特別なことはないけれど50年代と移民を背景に、ひとりの女の子の自立、成長、自分の人生を掴むというものが丁寧に描かれていていると思います、映像も美しい。アイルランドの色であるグリーンと髪の色のコントラストがいい、トニーと付き合いだしたころからコートの色がグリーンから赤に変わる、船の相部屋のお姉さんも赤いコートだったっけ。
スパゲティを知らなかったエイリシュがアメリカに馴染みだしたサインなのかな?シアーシャ・ローナン自身アイリッシュなんですよね。

トニー役のエモリー・コーエンは初見なんですが、どうかするとジョニー・デップに見えるのよ、特に目が似てる。
ところで簿記を英語でも「ボキ」と聞こえて「bookkeeping」がそのまま日本語になったと知りました、洋画を観て知ったことがまたひとつ増えました。簿記検定の経験はあるけどそんなこと言ってた先生はいなかったような気がする。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2021-05-07 12:53:09)★《更新》★
20.《ネタバレ》 世界は広いようで、狭い・・・。
母からの別れの言葉。。。今から旅立つ少女に、自分を重ねるところは、よかったです。
もやっとしてるのが、あのいじわる御婆さんにバレてなかったらどうしてたんでしょうか・・・。
人間って弱い生き物だから、故郷や一人残された母親を前にすると、心は迷うでしょう・・・。
へまちさん [DVD(字幕)] 8点(2021-03-07 16:43:36)
19.《ネタバレ》 シアーシャ・ローナン、いい女優になりましたね。
エド・シーランの『 Galway Girl』のPVでは今風の女性を元気よく演じてますが、この作品ではこの時代の若い女性の雰囲気をつかんでました。少し体重も増やして臨んだのかな。
故郷と新天地での環境と人間関係のはざまで揺れる女性の成長譚ですが、久々に王道の映画を観て満足した気分になれました。
終盤、かつての自分と重なる女性にアドバイスするシーンでは彼女の成長が見て取れます。
そして、道路越しに夫と再会して抱き合うシーン。ホント、なんてことないんですけど、最近こういう当たり前のことを当たり前に見せる映画に出会ってなかったからか、すがすがしさがハンパなかったです。
レイブンのかなづちさん [インターネット(字幕)] 10点(2021-02-19 15:26:37)
18.《ネタバレ》 故郷アイルランドからNYに渡り、孤独に耐えて頑張るところまでは、面白くて引き込まれた。また、シアーシャ・ローナンはとにかく魅力的で良い。しかし求婚されて即OKしてから、故郷に戻り再度渡米と大きく展開がかわるのだが、彼女が変わり過ぎ(笑)最後は重婚しそうな勢いでなんともお粗末な展開で、なんとか元のさやに収まったって感じかな。NYでは盛り上がって良かったのに後半残念。
SUPISUTAさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-09-23 01:25:22)
17.一人暮らしの経験者はいくつも同感する場面があったのでは。ファミリーヒストリーではないですが、身近に誰でもこのような移民、引っ越しなどの体験が重なるかもしれませんね。それが数十年後には笑い話になっていたりしますが、苦しい時は時間がたつのも遅い。苦労話として受け継いでいくのではなく、勇気を与えるためになら次世代につないでいきたい話です。最後に、誠実が一番。。。はい。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 8点(2018-08-22 15:49:56)
16.導入部からやたらサクサク話が進むし、一つ一つのシーンもすぐ切られてしまうなあ、と思っていたら、最後までそのまま行ってしまいました。そもそもアイルランドでどういう人生を送っていたのかもよく分からないし、なぜブルックリンなのかもよく分からない。さらに、その後苦労を重ねてどうこう、とか言われても、描写が形だけ。シアーシャ・ローナンは、もっと複雑な高度な表現でもできる人なんですけどね・・・。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2018-04-27 01:26:55)
15.《ネタバレ》 故郷のアイルランドを離れて、仕事のためアメリカへ飛び立つ。この時点で、ツカミはばっちしで序盤から惹かれた。移動中の船内や就職先での様子など、地味ではあるが1950年代の社会の様子が伝わり興味深い。ホームシックなど、1人の女性の姿を現実的に捉えていて感情的にも共感しやすい。ダンス社交場で芽生える恋心も、温かい目で追いたくなる。
中盤までは本当に良かったが、後半は微妙。再びアイルランドへ帰ってきてからの主人公女性の姿は、結婚した男性以外に目移りしている姿が露骨すぎて苦々しい。目を覚ますきっかけも、偶然他人にチクリと言われたからと本人内での成長を感じない。煮え切らない気持ちでエンドロールが流れてなんだかなと思ってしまった。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-04-07 13:17:33)
14.《ネタバレ》 これから社会に巣立ってゆく女の子たちにぜひ観て欲しい一本。ヒロインと笑い涙し、勇気を共に振り絞る経験ができるでしょう。
美少女だったS・ローナンはすっかり大人になりました。アイルランド出の野暮ったさをすっぴん顔で上手く表現できている前半と、垢抜けてゆく中盤以降の変身ぶりも印象的です。
都会に出たての心細さや、虚勢張りやホームシック、それをサポートする周囲との関わりといった彼女の生活が丁寧に描かれ、エピソードの一つ一つが胸に溜まります。船で出会った赤い服のアドバイザーや寮の先輩達、職場の主任、皆気の良い性質なのだった。初めはコワイけれど。
そして、場が急転換する第二部帰郷編。これがもう、胸がざわつく大変なことになるんだ。ええー、どうする?とワタシが苦悩しちゃったよ。なにしろ旅立つ前と状況が違いすぎる。一会社の事務を任せてもらえるし、以前は相手にもされなかった上層ランクの男子と親密になるにつれ、周囲まで期待を寄せてくる。なんと運命はズルイのか。故郷ってこんな風に絡め取ってくるものなのか。
彼女は決断します。エイリシュ、ああ、もちろんそれしかないよね。だってNYのそこは貴女が自ら切り開いた居場所なのだから。姉の後釜となって故郷に残るより、ずっとローズも喜んでくれると思う。
tottokoさん [DVD(字幕)] 8点(2018-01-22 00:11:20)(良:1票)
13.《ネタバレ》 『移民女性一代記』
日本なら二時間ドラマの題材になりそう。
シアーシャ・ローナンのどアップがとても多く、彼女のファンなら眼福な作品では。
他レビュアー諸氏ご指摘の通り、姉が他界し一時帰郷した際の主人公の行動には大きな「?」が付くが、
好意的に解釈すると揺れ動く心情を表す一つの方法だったのかと。
アメリカに戻る際、もう二度と見る事は無いであろう自室を見渡す表情と、
新天地に飛び立つ数年前の自分と同じ境遇の女性にアドバイスする時の描写はなかなか感動的だった。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-07-10 13:18:19)(良:1票)
12.《ネタバレ》 1950年代のアイルランド。長年にわたる不況により碌な仕事も見つからないこの国で、年老いた母と事務員として働く姉とともに暮らす若い女性エイリシュ。閉塞感漂うこの国に嫌気が差した彼女は、心機一転、アメリカへと移り住みことを決意する。母と姉に別れを告げ、単身アメリカ行きの船へと乗り込んだエイリシュは多くのアイルランド系移民が暮らすブルックリンへとやってくるのだった。支援してくれる神父の助けもあってデパート店員という職も得た彼女、夜は簿記の資格を取るために大学へも通うことに。そんな忙しい毎日を過ごすエイリシュはある日、心優しいイタリア系移民の青年と恋に落ちる。だが、そんな充実した日々を送る彼女の元に、故郷から悲しい知らせが届くのだった――。夢を抱いて単身アメリカへとやって来た若い女性の青春の日々を瑞々しい映像で描き出すヒューマン・ドラマ。オーソドックスな題材ながら全体に漂う上品な雰囲気や美しい音楽、そして何よりシアーシャ・ローナンをはじめとする役者陣の自然な演技によってなかなか品のいい佳品に仕上がっていたと思います。主人公が身を寄せることになる寮の住人達もみな魅力的だし、世間慣れしていない彼女の不器用な恋の顛末も見ていて微笑ましい。船の中で受け取った助言を最後、成長した主人公が後輩へと受け継ぐという流れも自然でうまい。まあ連続テレビ小説みたいではあるけれど、これはこれでいいかもと見ていたのですが…。やっぱり引っかかるのは、主人公が故郷へと帰ってからの展開でしょう。すぐに帰るからとアメリカの恋人に誓ったのに、彼女は故郷で再会したかつての友人にも惹かれてゆくのです。彼への手紙も返さず友達カップルと一緒にダブルデートしたりするエイリシュ、でもアメリカに恋人がいることはひた隠しにします。え、ちょっと待ってください、これって完全に二股ですよね?なのに最後、嫌みなおばはんにそのことがバレると「忘れてたわ。ここはそういう街だった」とアメリカへ帰ることを決意するって…。いやいや、そんなんアメリカで散々待ちぼうけを食らってたあの彼氏からしたら、「俺への愛情を取り戻したから帰ってきたんちゃうんかい!!」と腹立ってしゃーないと思うんですけど(笑)。少なくとも僕ならそう思います。前半の展開は良かったけれど、後半の主人公の自己チューっぷりが気になって僕はどうもダメでした。5点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2017-06-05 01:53:47)
11.《ネタバレ》 故郷アイルランドで貧乏生活を送っているヒロインがアメリカのブルックリンへ夢を求めて旅に出るんです。
そこで慣れない生活を送り、ホームシックにかかるのですが、恋に落ち結婚までするんです。
すると突然、姉の訃報が入り、アイルランドへ帰郷するのですが、帰郷した先で出会った男性と再び恋に落ちるんです。
たった一人残された母親、ブルックリンで学んだ知識を活かし、仕事にもありつけるので、心境は揺れ動きます。
ところが、ある日、貧乏生活を送っていた時の意地悪ババアが「アンタ、結婚してるんじゃなくて? 苗字は何?」
とけしかけてくるんです。
ヒロインはババアに向かって言います。
「忘れてた」
ババア
「忘れてたですって?」
ヒロイン
「ここはそういう町だった…」
私には、このセリフの意味がよくわかりませんでした。

ここは、結婚したのを忘れてしまうほど素晴らしいところだったという意味か?
それとも、ここは(目の前にいるババアみたいな人間が住む)酷いところだったという意味か?

まあ、何はともあれ、彼女は結婚していたことを母親に打ち明け、愛する夫の元へ再び旅立つのでした。
めでたし、めでたし。

っうか、二股かけておいて自分だけ幸せになりやがって。
ふざけんなー!
このアマ!!(笑)
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-31 20:58:39)
10.《ネタバレ》 肩に力を入れない、普通のラブストーリーを、時代考証をよくして、格調高く創ると、なんか新鮮に映る。小津さんとか昔の邦画にも多い話だよね。普通、映画って日常にお目にかかれない人物を描くことが多くて、男が故郷に戻ってからも女つくって、何もかも失うなんて話は多いけど、こんな健康的な話も映画になるんだね。新鮮でした。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2017-02-27 07:24:15)
9.《ネタバレ》 アイルランドからニューヨークのブルックリンへの移民、
ブルックリンでの出会いと帰郷後の出会い、2つの国のはざまで揺れ動く、まだ若い1人の女性のドラマ。
序盤の不安に包まれながらのアメリカへの船出と、ラストの確信に満ちた2度目のアメリカへの船出。
「入国管理局ではアメリカ人のように毅然とふるまうのよ。」最初の船出とは立場が入れ替わったかのよう。
アメリカでの暮らしと、最愛の姉の死や帰郷後の出来事を通して、そこには強く成長した彼女の姿がありました。
1950年代、その時代を感じさせる作品の色と空気感が素晴らしく、
何気無い日常を静かに淡々と綴っていきながらも彼女のドラマから目が離せなくなる見事な物語の構成に、
挿入される寮での食卓や、結婚することになるイタリア系移民の男の家族との食卓でのユーモアのある人間描写もいい。
短い言葉を交わし抱き合う母との別れと、何も言葉は要らないラストの夫と抱き合う彼女の姿。
凛として芯の強さを感じさせるシアーシャ・ローナンの目と、その表情がすごく印象的。
彼女が「ラブリーボーン」の女の子であったことは鑑賞後に分りました。
とらやさん [DVD(字幕)] 9点(2017-02-05 00:00:15)(良:1票)
8.確かに地元と新天地、どちらも一長一短あっていつでも迷うよねぇ。
すたーちゃいるどさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-01-22 18:10:17)
7.主人公にまったく感情移入できないし、
特にハッとする映像もストーリーもなく淡々と終わる。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2017-01-15 00:11:45)
6.《ネタバレ》 良い良いと聞いてはいましたが鑑賞してその良質の物語には引き込まれました。アイルランドの厳しい環境なんて今の我々には知る由もないし、ましてや故郷に母、姉を残し新天地めざし若き女性の身で単身出かけるなんて何もかもが想像できないほど過酷だったと思います。習うより慣れろでまるでブルックリンが彼女を叱咤しながら育てていくようでした。彼女が自信を持つころ。彼も出来楽しい日々に姉の訃報が届きます。彼女は故郷に帰りその故郷への郷愁と母への愛で戻らずここで暮らしたい思いがふつふつと湧くわけですが、ひょんなとこからアメリカで結婚したことがわかってしまいます。
それを区切りにもう一度アメリカに帰ることになります。
淡々とした流れですが物語の意味合いを嚙みしめるにはいい流れですね。新しい土地は彼女を逞しく育て。また、迎え入れてくれました。アイルランド系移民。イタリア系移民どちらもがニューヨークを語るうえで欠かすことができません。彼女はそのうちの一人なんですね。
故郷を出る前の日。母に打ち明け母は「お別れをするは一度だけ」と娘と抱き合います。送る気持ちでしょうがもう二度と会えないことを思っての別れの抱擁だと思うと泣けました。
としべいさん [DVD(字幕)] 8点(2017-01-13 14:34:24)(良:2票)
5.《ネタバレ》 最初は地味目な雰囲気だけど、だんだんと良くなる映画ですね。地元じゃないとこに行って生活するというのはいろいろと大変なんです。ましてや国が違うとなればなおのこと。最後はキリリとした良い「顔」になってましたね。静かながら良い作品でゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2016-12-18 12:51:55)
4.《ネタバレ》 古い日本映画を観ているようでした。過多な演出を排したぶっきらぼうな描写も素晴らしい。地方出身者ならばきっと共感できるはず。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 9点(2016-12-04 06:04:00)
3.《ネタバレ》 アイルランドで生まれ育った少女がニューヨークでの生活を通じて成長する姿を描く青春ドラマ。期待と不安の船出。激しい船酔い、思わず下の穴からも上の穴からもぶ~りぶり。いきなり旅のキツい洗礼を浴びるアタシ。勤務先のデパートでホームシックにかかりながらも、新天地の優しいカレがアタシを成長させてくれる。故郷に戻ったときにデキたカレとの間で揺れる罪なアタシのココロ。故郷を出た頃のあどけない少女が、映画のラストでは大人になった顔つきを見せる名演。全体的にひねりのない退屈な展開だが、切なさのにじむラスト。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2016-11-05 02:03:29)
2.とっても良質な青春物語でした。映画始まってすぐに、もらい泣きさせられるとは思いませんでした。主人公の成長する姿が、とっても頼もしく感じられます。シアーシャ・ローナンが好きで、彼女の映画はわりと見ています。その中でもこの映画は最高です。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2016-07-22 23:11:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 7.38点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
414.76%
529.52%
6419.05%
7314.29%
8628.57%
929.52%
10314.29%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞シアーシャ・ローナン候補(ノミネート) 
脚色賞ニック・ホーンビィ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2015年 73回
主演女優賞(ドラマ部門)シアーシャ・ローナン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS