Menu
 >
 >
 > ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows
2016年【米】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 7人) (点数分布表示)
アクションSFコメディアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
[ミュータントニンジャタートルズシャドウズ]
新規登録(2016-07-11)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-01-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(2016-08-26
公開終了日(2017-01-11)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督デイヴ・グリーン
キャストミーガン・フォックス(女優)エイプリル・オニール
ウィル・アーネット(男優)ヴァーン
ローラ・リニー(女優)ヴィンセント局長
タイラー・ペリー(男優)バクスター・ストックマン博士
伊藤健太郎レオナルド(日本語吹き替え版)
樋浦勉スプリンター(日本語吹き替え版)
東條加那子エイプリル・オニール(日本語吹き替え版)
小野大輔ケイシー・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
宮川大輔ロックステディ(日本語吹き替え版)
藤森慎吾ビーバップ(日本語吹き替え版)
咲野俊介ヴァーン・フェンウィック(日本語吹き替え版)
玄田哲章クランゲ(日本語吹き替え版)
屋良有作バクスター・ストックマン博士(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕ヴィンセント局長(日本語吹き替え版)
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
製作マイケル・ベイ
制作東北新社(日本語版制作)
配給東和ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 前作以前は一切見ずに、タートルズシリーズを初めて見ました。そこそこおもしろく見られましたが、そもそもの設定がわからない、たとえば、何で亀? 何でニンジャ? という疑問が残ったままです。
ミュータント・タートルズでもよさそうなのに、あえて忍者と名乗っているのは、表に出ない日陰の身だから? ほかの人も書いてましたが、まるで妖怪人間ベムですね。
忍者がグロい亀で、悪役のシュレッダーと手下が小刀?を振り回す日本人風のキャラ、ということで、日本人への偏見ぽいものを感じました。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-01-28 22:00:02)
6.前作が面白かったので期待していましたが、思っていたよりも退屈な作品でした。敵のボスキャラが前作は魅力的でしたが、今作は気持ち悪いだけ・・・。もっと魅力的でかっこいい敵キャラクターであれば、見応えあったかもしれません。
たけたんさん [DVD(字幕)] 4点(2017-01-26 02:51:35)
5.《ネタバレ》 前作に比べて彼ららしさが出てきました。
4人のキャラクターや人間(?)関係がはっきりしてきて、忍者タートルの醍醐味である掛け合いであるとかチームワークが最高です。
それに加えてアニメにもチラホラあった妖怪人間ベムのような悲哀も交えつつも、ノーテンキなアクション重視というところもまたよし。
そしてラストのEDちょっとしたサプライズも嬉しかったですね。現代的にアレンジしたアレはかっこいい。
そっと・・・チタラダさん [映画館(字幕)] 8点(2017-01-14 01:38:22)
4.《ネタバレ》 おっしゃる通り、本当にただ騒いでるだけのような映画でした(笑)。
前作の方が良かったかなという印象ですが、まぁ相変わらずCGのクオリティは高いですね。
ただそのCGのアクションよりも、やっぱり実写のカーアクションの方が見応えがあると感じました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-01-12 22:35:14)
3.《ネタバレ》 シリーズ第2弾。ふざけてるけどメチャ強い亀の忍者4兄弟がブタやサイを相手に陸・海・空問わず大暴れ。今作はダイハード並みのスーパーアクション満載。物語に中身はないが、皮肉な笑いのスパイスも効いて爽快。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2016-11-10 22:21:33)
2.《ネタバレ》 3D吹き替えにて鑑賞。
本当は3D字幕で鑑賞したかったが、なぜかやっていなかった。

内容としてはひたすら騒いでるだけ、という印象。
とにかく敵味方含めてノリノリ。特に敵のサイとイノシシのミュータントのやり取りはまんまコント。
声をあてている芸人さんにも違和感なし。というか、うまいくらい。

展開は早め。
いきなり始まって、いきなりワープして、いきなり戦って、いきなり移動して…の繰り返し。
心情変化も併せてグイグイ変わっていくので「え?なんで急にこんなことになってるの?」という箇所がちらほら。

戦闘シーンは相変わらず格好良いんですけど、カメラがグングン動くのにタートルズもグングン動くから目が回る。
何が起こっているのか非常に分かりづらいのは、トランスフォーマーシリーズと変わりませんね。
前回の大ボスのシュレッダーさんが小物に成り下がっていたのも残念。
どう考えても次回作に繋がる感じで終わったので、期待はしてます。

何はともあれ一番良かったのはタートルトラック。
昔もっていたおもちゃそのものが出てきました。
マンホール手裏剣とかロマンそのものですね。男の子はこういう胡散臭いのにはいつまでたっても弱いものです。
HIGEさん [映画館(吹替)] 7点(2016-09-12 13:11:56)
1.《ネタバレ》 何かを得ようとか考えず、ただこの2時間が楽しければそれで良いという快楽主義的なジャンルの映画としては満点な、抜群に偏差値の低い仕上がりになっております。
なにしろ登場するキャラが敵も味方も脇役までも全員ポジティブという、とても健康的で元気の出るスーパーネアカな作品。前作のボスキャラだったシュレッダーはキャストも変わり近所のおじさんみたいな風貌になってしまったが、今作からは軟体動物のくせに生態系の頂点であらせられるクランゲ様や、動物にされているのにノリノリな不滅の友情で結ばれたビーバップ&ロックステディという懐かしのキャラも登場。特にこのサイとイノシシは見ているだけで微笑ましくあたたかい気持ちになり、今年度友達にしたい悪役部門第一位の活躍。勿論主役のカメ達も「早く人間になりたい!」といっちょまえに落ち込んだかと思えば2分後には奇声をあげてハシャぎ回る相変わらずのミニマム脳みそぶりで安心させてくれる。そして最後の最後には2万点あげたいサプライズまで用意されているのだからたまりません。カワバンガ!
けんじマンさん [映画館(字幕)] 7点(2016-09-02 00:46:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.29点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
500.00%
6342.86%
7228.57%
8114.29%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS