長脇差忠臣蔵のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > 長脇差忠臣蔵
 > (レビュー・クチコミ)

長脇差忠臣蔵

[ナガドスチュウシングラ]
1962年【日】 上映時間:96分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-08-12)
アクション時代劇ヤクザ・マフィア
新規登録(2016-07-17)【鱗歌】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡辺邦男
キャスト市川雷蔵(男優)堀ノ内喜三郎
本郷功次郎(男優)有栖川ノ宮
勝新太郎(男優)大前田英五郎
宇津井健(男優)掛川の次郎吉
小林勝彦(男優)若駒の半次
大瀬康一(男優)桂小五郎
丹羽又三郎(男優)玉稲荷の佐吉
林成年(男優)六郷の新三
友田輝(男優)中村半次郎
島田正吾(男優)清水次郎長
藤村志保(女優)太十の娘おみね
浦路洋子(女優)おしの
阿井美千子(女優)おしま
近藤美恵子(女優)おのぶ
月丘夢路(女優)おせき
天知茂(男優)小松伊織
名和宏(男優)本多備前守
上田吉二郎(男優)二俣の藤兵衛
石黒達也(男優)柄沢の吉兵衛
中村鴈治郎(二代目)(男優)袋井の太十
浅野進治郎(男優)板倉伊賀守
千葉敏郎(男優)源太
荒木忍(男優)相生の重吉
守田学(男優)十兵衛
杉山昌三九(男優)田原の嘉十
林寛(男優)荒浜の熊五郎
市川謹也(男優)権次
浜田雄史(男優)政吉
石原須磨男(男優)居酒屋の親父
寺島貢(男優)姫島の仙吉
毛利郁子(女優)お加代
嵐三右衛門(男優)小松平左衛門
原聖四郎(男優)遠山信濃守
脚本八尋不二
渡辺邦男
撮影渡辺孝
企画浅井昭三郎
配給大映
美術太田誠一
編集宮田味津三
録音大谷巖
照明伊藤貞一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.キャストを見れば、雷蔵・本郷功次郎・勝新の若手三大スター共演、と誰しも思うところですが・・・雷蔵以外の二人、完全にチョイ役で、待てど暮らせど出てきません。しかし心配するなかれ。多彩な脇役たちが登場し、映画を盛り上げてくれます。
タイトルは「忠臣蔵」となっていて、また実際、忠臣蔵を元にした物語なのですが、時代は幕末に置き換えられ、任侠モノとして作られています。これが意外にピタリとはまってて、うまいんです。掛川の次郎吉親分が、老中にたて突いたばかりに、理不尽に処刑されてしまう。次郎吉一家は解散し、子分たちは身をひそめながら、復讐の機会を伺うのですが、その間、周囲の誤解をじっと耐え忍ぶ姿、確かに忠臣蔵テイストを堪能できます。しかもこの復讐劇、やくざ風情が老中に立ち向かおうってんだから、本家忠臣蔵以上に大それた無謀な計画、テンション上がりまくりなのです。しかしこの無謀さが無謀なだけに終わらないのが、やはりこの幕末という時代のなせるわざ。ここにさらに、清水の次郎長親分なども登場しちゃったりして、もう何でもアリアリのハイパー忠臣蔵。
敵役の配置も本作の面白いところで、「討ち入り」に向けてただ「浪士」が潜伏してるんじゃなく、敵方もその間、追及の手を緩めない。うん、この作品、スパイ映画でもあるのです。中でも光るのが、好敵手・天知茂。もちろん、上田吉二郎オヤブンの極悪ぶりがあってこそ、この知的なクールさが光るところでもあるのですが。
という訳で、これは、楽しめますよ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-07-17 15:37:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS