君の名は。(2016)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 君の名は。(2016)
 > (レビュー・クチコミ)

君の名は。(2016)

[キミノナハ]
YOUR NAME.
2016年【日】 上映時間:106分
平均点:6.99 / 10(Review 168人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-08-26)
公開終了日(2017-07-26)
SFラブストーリーアニメ青春もの
新規登録(2016-07-31)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2018-10-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督新海誠
神木隆之介立花瀧
上白石萌音宮水三葉
長澤まさみ奥寺ミキ
市原悦子一葉
成田凌勅使河原克彦
悠木碧名取早耶香
石川界人高木真太
てらそままさき宮水トシキ
大原さやか宮水二葉
花澤香菜ユキちゃん先生(雪野百香里)
井上和彦瀧の父
茶風林勅使河原の父
谷花音宮水四葉
原作新海誠
脚本新海誠
音楽RADWIMPS
作詞野田洋次郎「前前前世」
作曲野田洋次郎「前前前世」
主題歌RADWIMPS「前前前世」
撮影新海誠
製作市川南〔製作〕
東宝(「君の名は。」製作委員会)
KADOKAWA(「君の名は。」製作委員会)
コミックス・ウェーブ(「君の名は。」製作委員会)
山内章弘(「君の名は。」製作委員会)
企画川村元気
プロデューサー川村元気(プロデュース)
制作コミックス・ウェーブ
Production I.G(制作協力)
スタジオカラー(制作協力)
シャフト(制作協力)
テレコム・アニメーションフィルム(制作協力)
マッドハウス(制作協力)
GONZO(制作協力)
配給東宝
作画新海誠(絵コンテ)
安藤雅司(作画監督/キャラクターデザイン)
黄瀬和哉(作画監督)
田中将賀(キャラクターデザイン/オープニング作画監督/原画)
錦織敦史(オープニング原画)
西村貴世(原画)
沖浦啓之(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
美術丹治匠(美術監督)
編集新海誠
その他IMAGICA(デジタルラボ)
岩井俊二(スペシャルサンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
128.《ネタバレ》 ある日見ず知らずの主人公とヒロインの精神が時々入れ替わる現象が起き始める。
二人はやがて心惹かれ始めるがある日を境にプッツリと入れ替わりが無くなる。
主人公はヒロインを探し始め、しばらくしてその場所を突き止めるが
そこはある大事故の舞台だった。といった話。
映像が美しく見てて楽しめましたが話はちょっと物足りない。
セリフは予告見てて寒いなーと思っていましたが
寒いセリフが多いせいか逆に気にならなかったです。
帰って調べてみるとヒロイン家系に裏設定があって
それ知らないとなぜ?って感じになる。
もうちょっとその辺の伏線に時間を割いてほしかった。
SASUKEさん [映画館(邦画)] 5点(2017-11-11 22:51:16)
127.《ネタバレ》 力作。若干疲れちゃうくらい面白さが詰め込まれている。定評のある新海監督の作画に、笑いあり、驚きあり、感動もあり、という脚本が加われば、鬼に金棒で大衆受けして当然かな。まさか250億稼ぐとは誰一人思わなかっただろうけど。出演者も皆上手く、見やすかった(聞きやすかった)。谷花音なんて天才かと…。お互い、記憶が消え去っても(消えてしまう理由もちゃんとあるんだろうけど、理解はしてない。すみません)もっと深い所で残り続けるモノ。それを運命の出会いとして結ぶ美しさ。気持ちのいいハッピーエンドを見た。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2017-11-07 21:30:48)
126.《ネタバレ》 傑作だと思う。封切られた2016年に社会現象となるほどのメガヒットを記録したので、当初は話題先行の映画かと思っていたが、実際に見てみたら決してそんなことはなかった。新海作品は映像美がよく称えられるが、それだけではなく、ストーリーが巧みに練られ、テーマ設定も確か、また無駄なシークエンスもなく、完成度のきわめて高い作品だった。

新海作品は本作まで『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』と見てきていた。それぞれ面白くはあったが限界も感じていた。『雲のむこう、約束の場所』と『星を追う子ども』はジブリ作品やエヴァンゲリオンの影響が強く出過ぎていたし、『秒速5センチメートル』はオリジナリティが発揮されていたがストーリーに難があった(第3話。私的にはということだが)。そのため、いい線を行っているのに、いま一つ突き抜けられないもどかしさが残っていた。しかし、この『君の名は。』でついに殻をぶち破って、新海作品の決定版に到達した感がある。

ストーリーの初めは単なる入れ替わりものかと思われたが、じつはそうではなく、3年という時間の隔てが存在し、糸守はすでに消滅していたことが明らかになる。そこに至って、いったい、物語をどう収斂させるのかとはらはらしたが、見事にエンディングまで力技で持って行った。ラストも『秒速5センチメートル』の第3話みたいなやりきれないものではなく、見る者に希望を持たせる心地よいものがあった。

本作のよくできたところは、見る人によって多様なテーマの受け止め方が許容されるところだ。誰にも大切なものはあるがそれは黄昏時のように移ろいやすいものでもあるという哲理、テクノロジーがどれだけ発達してもそれがすべてではないのではという問いかけ、いまのメディアの力弱さへのチクリとした批判、母なる自然は大いなる恵みを与えてくれると同時に情け容赦のない存在でもあるという現実(いうまでもなく、3・11が踏まえられているだろう)……作品にちりばめられたいくつものテーマは、まるでミラーボールのように見る人ごとに違った色彩の光芒を放つ。にもかかわらず、どのような受け止め方をしようとも、しっかりした手応えあるものが受けとめられる。加えて、テーマの提示加減が絶妙である。これ以上語れば教条的臭くなるし、寡黙すぎれば伝わらなくなるという、ちょうどほどよい線を見事に見出し実現している。これは至難の業であろ。

先鋭的な作品だが、他方、映画づくりとしては基本に忠実である。さまざまな伏線が配され、それらがしっかり回収されていく。映画序盤、糸守にはカフェがないことを登場人物たちは嘆く。ところが、三葉と入れ替わった瀧は丸太をノコギリで切り、木のテーブルとイスをつくり即席のカフェを仕立てている。さりげないシーンだが、彗星落下のカタストロフィーから人々を救おうとする瀧の行動力の一端がすでに示されている。糸守では黄昏時をなぜ「かたわれ時」というのか? 「かたわれ」は「片割れ」だったことがあとでわかる。三葉になった瀧が休日なのに制服に着替えてしまったのも寝ぼけていたからではなかった。違う年だったので曜日がずれていたのだ。ストーリーの練り上げ方も念が入っている。彗星落下から8年後、瀧と三葉の再会へ至るプロセスは簡単には進まない。雪の降る新宿の歩道橋では互いに何かを感じ取りながらもすれ違いで終わる。ようやく、春になってついにはっきりと互いを認識し、こんどこそしっかり再び出会う。冬を経た春なればこそ、望みが叶うということを暗に私たちに伝えている。

登場人物たちのキャクター設定もうまい。妙に媚びたようなキャラといったこともなく、瀧にも三葉にも自然に感情移入することができたし、脇を固めるサヤチンやテッシー、四葉らもよく効いていた。さらに、天空をオーロラのような極彩色で彩る彗星のスケールとビジュアル、小気味よい音楽、幽玄な巫女の舞い、組紐を一本一本編んでいく伝承の手業などなど、壮大さときめ細かさが同居しており、隙のない、ごくていねいな作品づくりに心を動かされた。

きっと、何度見ても新しい発見がある作品だろうと思う。また、海外の映画賞をいくつも受賞しているのも、日本アニメの底力を世界に改めて知らしめたという点で胸のすく想いがする。歴史に残る、残るべき、残すべき日本アニメの金字塔として最大の評価を贈りたい。なお、本作の誕生によって、今後もっとも苦しむことになるのは新海誠自身となるかもしれない。これだけの作品をつくってしまったことで、これをどう乗り越えていけばいいのかということが大きな課題となる可能性がある。クリエイターの宿命とはいえ終わりなき道である。そこからこそさらなる「進歩」や「成長」が生まれるのだとしても。
delft-Qさん [映画館(邦画)] 10点(2017-11-07 12:12:41)
125.《ネタバレ》 評判が良かったので観てみました。
・・・が、この点数です。
この映画が、興行収入200億とか信じられないくらい。

ご都合主義とツッコミどころが多すぎます。
序盤でお互いの決め事をスマホに書いてますが「なんで、電話しないの?」って思った。
後半になって、やっと電話しますが「実は3年のズレがありました」を製作陣が視聴者に隠すための理由ですよね。
3年ズレてれば、日付は一緒だったとしても曜日は違うでしょ。
平日、休日は気にしないんですかね。
こんな矛盾の上になりたってるストーリーなんて、デキレース以外なにものでもないですね。
コレが序盤からひっかかって、気分悪かったです。

いきなり、2人が惹かれあってるのも「え? なんかあったっけ?」と考えてしまう。

3年前に隕石落ちてきて町一つ壊滅してるのに、忘れている主人公。

隕石落ちてくるのも、すでに分裂してるのに着弾まで時間ありすぎる。
(分裂してから説得に行って、全員避難完了とか何十分かかると思ってるんだ・・・)
そもそも、彗星が遠くの方へ流れている描写なのに、なんでコッチに落ちてくるの?
軌道おかしくない?


コレは「バタフライエフェクト」という映画から、土台ネタもってきて
「男女入れ替わりモノ」「タイムリープモノ」「災害予知モノ」「恋愛モノ」をくっつけた感じなのかな。

コレが今の日本を代表する映画だと思われるのが、なんかイヤだ。
内容は普通以下なのに、SNSで好評判拡散→メディアがとりあげる→のせられる人が多数、って感じで興行収入のばした感じ。
今はSNSで高評価だと拡散すれば、大ヒットになるんだな、と思った映画でした。
みけらさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-11-07 01:12:47)(良:4票)
124.《ネタバレ》 前半の入れ替わりを繰り返す見せ方やテンポがすばらしかった。この先二人はどうなるんだろうとわくわくさせてもらった。時空を超えてという設定も綻びなく乗り切れたと思うが、ストーリーがおもしろいかと言われれば別かな。若い世代には新鮮で、中年にはオマージュを感じさせる作品だった。それと、映像は文句のつけようがありません。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-10-17 21:14:56)
123.《ネタバレ》 面白かった。二人はどうなるんだろうと前のめりで見てしまった。中年のおっさんだけど、ラストの二人の若者の出会いには拍手喝采。幸せな気分になれたアニメ映画だった。男女が入れ替わるのは、大林監督の「転校生」が有名。でも、この二人が時空を超えて、東日本を思わせるような災害から、愛する人を守るために行動していく展開は新鮮だった。「ある日どこかで」「転校生」「バックトゥザフューチャー」をミックスしたような展開。しかもそれが愛する人のため、という日本が舞台なのも面白く感じられた要因の一つだと思う。アメリカでリメイクされるようだけど、この映画の感動を損ないたくないので、多分観ないと思う。日本アニメの力量を強く感じた。アニメ現場の過酷さはよく聞くけど、その中でこれだけの作品を仕上げたクリエイターの人たちに脱帽します。あなた方が閉塞した日本の希望と思えました。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2017-10-02 07:53:26)
122.《ネタバレ》 何度か「なんで?」と思うところはあるが、アニメーションの強みというか、最初っからどこか現実感がないのであんまり気にならなかった。それよりもとにかく絵が綺麗で、それだけで結構満足できるレベル。もはやRADWIMPSの長めのミュージックビデオなのでは?と思うような挿入歌も非常によかった。そしてハッピーエンドで終わってくれてホッとした。
ヒットしすぎたせいで極端な評価を受ける事になってしまったようにも思うが、見終わってなるほど、コレはもう一回観てみたいかもと思わされたので、単純に総合的な作品のよさと、作りのうまさでの大ヒットだと勝手に納得しました。
けんじマンさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2017-09-19 20:10:18)
121.《ネタバレ》 2週したけどそれでもわからない部分は多い。
でも分からなくても楽しめる作品。断片的にしか分からないが、最初は入れ替わりを楽しんでた?が真実を知って隕石による悲劇を避けてお互いに逢いたいというそれ一本で入れ替わりを利用し時空を超えて二人が躍動する・・・・・・でいいんだっけ。そして長い時間を経て記憶のなかったけどお互いを探してたような気がする?二人は結ばれる・・そういう映画だった。なぜ?やどうなった?ってシーンがあるけど「なんでもないや」ってことか。

総合的にクオリティ高くてアニオタ、映画オタ、そうでない人誰でも楽しめるいい作品でした。三葉ちゃんかわいいのでそれも魅力か
ラスウェルさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-09-06 23:30:35)
120.《ネタバレ》 若者向けの青春ラブコメディだろうと思って見たところ、途中から意外な展開に驚く。主人公が時空を超え、未来を変えてしまうというSFチックな展開。面白い着想だ。後半流れが早すぎて何が起こってるのか追いきれない。いろいろな事象の理屈付けがいまいち説得力がない気もするが。絵は写実的で、実際の風景をそのまま画像化しているので、東京で生活している人なら見たことがある風景が頻出する。
エンボさん [DVD(邦画)] 7点(2017-09-03 13:32:40)
119.《ネタバレ》 初見の感想を言わせてもらうと、「頭は混乱、心は感動」と言うところでしょうか。
え?なになに、どう言うこと?え?て度々思うのですが、強引に突っ切って疑問を感動で押し流していく。
と言うか、よくわかんないところがあったりしても、まぁいい話だし許しちゃお、て思っちゃう。
それはやはり演出力のなせる技。
確かに画はとても綺麗ですが、言ってしまえばオタ系アニメ。世間では絶賛の嵐でも自分は感動するまいと高を括っておりました。
実際見てみたら、なるほど大ヒットしたのもよくわかる、と。三葉が涙を見せるたび、自分もつられて涙が出ちゃう。
入れ替わった時に乳揉んで妹がツッコミ入れる一連のシーンも笑えるし、
隕石で街が消滅というシビアな要素を取り込むのもストーリーに奥深さを与えて巧い。
難しいタイムラインや美しい風景も含めて結果として、何度でも見て楽しめるような作品になってますね。
あと、声優陣がすごく良かった。三葉の声の上白石萌音はばっちりだし、
瀧の声の神木くんは入れ替わりのたびに声のトーン変えててそれがすごく上手かった。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-08-31 22:27:29)
118.《ネタバレ》 大ヒットした作品ということで、その良さを理解したくて、映画館で見て、DVDでもう一度鑑賞しました。
当作品は、新海作品従来の美しい風景描写に、よりキャッチーでうまいキャラデザインが加わった、良い雰囲気に仕上がっている映画だと思います。
ただ、あくまで良いのは雰囲気だけかなと感じてしまったのは、前評判の高過ぎるハードルと、あまりスッキリ消化できなかった入れ替わりや時間のズレの説明、なにより、二人の恋愛過程に感情移入できなかったのが原因かな、と思いました。(とくに瀧視点)
瀧が、どの段階で三葉に恋心を抱いていったのかが、個人的にはちょっと不明瞭でした。もともと先輩という別の好きな人がいるのに、三葉に対し恋に落ちた、そのサイン的な描写をもう少し分かりやすく入れてもらわないと、電話も通じなくなった相手を探しに、記憶の中の風景だけを頼りに岐阜の山奥まで追いかけていってしまう心情が、自分にはちょっとよく分かりませんでした。
前半の入れ替わりパートはとてもいい雰囲気。コメディタッチで微笑ましく見ていられました。対して後半のサスペンスパートは、急な転調もあってか、個人的はややついていくことが出来ませんでした。
なぜ時間がズレて入れ替わっていたのか、説明されているようでされていない。組紐は、時間のねじれをあらわしている。でも、だからなんなのか・・・。
全体的に、雰囲気で押し切られた印象があります。
なぜ口噛み酒を飲んだら過去にもどるのか。友達二人は、三葉(中身は瀧)の妄言ともとれる言動をなぜすんなり受け入れたのかの描写も弱い。公共施設の爆破など、犯罪行為を強要されているのに、どうしてそれを受け入れたのか。
また、三葉はどのようにして父親を説得したのか。個人的には、父親視点で三葉と二葉が重なる描写、エピソードが必要なのではないかと感じました。
他にも枝葉末節で不満はあるのですが、ただそれも、根幹がしっかりしていれば、目を瞑れた部分なのだと思います。
そう思えないのはやはり、自分がそこまで三葉を好きになれていない 瀧の感情に移入しきれていない、というこの重要な一点につきると思いました。
その理由には、自分が学生ではない、主人公達の年齢に近い訳ではない、という点も少なからずあるのでしょう。
とはいえ、さすがはヒットした作品。全体的に面白くないということは決してありません。尺的には比較的コンパクトにまとまっているし、基本的に退屈するということもありません。
雰囲気でなんとなく二人が出会ってしまうように感じた「黄昏時」でしたが、それでも、演出と画面の力か、感動してしまいました。
作中の隕石災害は、少なからず、日本をたびたび襲う自然災害を想起させ、それを救った描写は、この日本に生きる人々を明るい気持ちにさせる要素を持ち合わせているとも思います。
総括として、個人的にはもう少しわかりやすくシンプルなストーリーの方が、好みになったように思いますが、新海作品の持つ雰囲気というか、世界観は本当に素晴らしいと思うので、日本アニメを引っ張っていく存在として、次回作にも期待したいな、と思いました。
hum7en-j%:?#?さん [映画館(邦画)] 6点(2017-08-31 12:06:21)
117.社会現象となった作品を宿題をこなすつもりで鑑賞。期待が強すぎたのでその分。。。我々の世代は「転校生」を観ているからなあ。画的にはアニメの情報量の少なさがちょっと苦手。それはジブリ作品にも感じます。でも良かったです、観る価値はあり。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-08-27 02:30:23)
116.《ネタバレ》 色々と期待を裏切ってくれた作品でした。
二人の入れ替わりストーリーが中心だと思っていましたが、意外とあっさりで
しかもCMでもよく出ているあのキレイな隕石があんな事になるとは!!という感じです。
気になったのは二人が相思相愛になるきっかけが分からなかったのでなにか強いストーリーが欲しかったのと、
ラストのあの状況では親父さんを説得できたとは思えないのでなにかもう一発欲しかったですね。
あとはイケメン、美少女に限る!!は拭えないので、片方を根暗にしても面白かったかもと思います。
とむさん [DVD(邦画)] 7点(2017-08-27 00:31:01)
115.瀧、三葉はお前ら名前書いていないじゃないか! 0点だ!!!

あれほど名前を書き忘れるなと言ったじゃないか。

でもな、先生もお前たちの頑張りにはやっぱり感動したぞ。だから8点だ。

と言いたくなるような作品でした。後半のストーリーはありふれている気もしますし、よく見ると全体的にも上記の件を含めて?な「普通名前と住所ぐらい・・・」がありますが、それでもパワーを感じられずにはいられませんでした。前半の音楽の使い方もわざとらしい感じもありましたが、後半はシーンと合っていたと思います。

良い映画は得てして言葉では表現できない力があるのでしょう。
NAONAOさん [映画館(邦画)] 8点(2017-08-21 16:36:38)(良:1票)
114.《ネタバレ》  新海節炸裂。
終わり良ければすべて良しといった内容だった。
タックスマン4さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-08-16 23:59:17)
113.《ネタバレ》 過去の新海さんの作品とはどうも相性が良くないのですがこれは良かったですね。
物語の作り方が上手く途中から話に引き込まれました。
ただ、細かい事を突っ込みだすと興醒めしてしまう作品でもある事は承知した上で
見て居るのでそんな野暮な事はあまりしたくはないのだが
それでも残念だったのは最後、町人の避難にみつはの父の協力があったのだろうが
その説得シーンが描かれて無い所かな。父親を言葉では説得不可能レベルの堅物に描いてしまって居るので
どうしても気になってしまう。そこを描かないと逃げたと思われても仕方が無いし
そこを描き方に成功していれば映画の質がもう一つ上がったと思うけどね。
逆を言えばこのシーンの描き方に失敗すれば酷い事になるだろうから
どうやって説得したかは見た人の想像に任せるで逃げるのはこの作品を好きな人の
世界観を壊さないためには良かったのかもしれないが、個人的には不満な「描かない選択」ですね。
シナリオの完成度だけで言うなら6点ぐらいですが、見やすさ雰囲気作りの巧さで8点献上。
デミトリさん [DVD(邦画)] 8点(2017-08-11 10:16:36)
112.《ネタバレ》 ​お前は誰だ!
あんなに人が入ったのだから勿論見る時のハードルは自然に厳しく高くなる。
でもそんなのは全く関係無いね!そこにあるのはジュブナイルスペクタクルSFラブファンタジー!
CMとかで知ってた入れ替わりの日常は面白く、そしてまさかの彗星の展開にビックリ。
そして終盤の美しさと大爆発に大興奮。ラストのハッピーエンドも気持ちが良いですね。
入れ替わりのルールなどがわからず何故瀧くんが選ばれたのとかはわかりませんが、まぁ細かいことはいっか!清々しいくらい面白かったぜ!
えすえふさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2017-08-10 01:57:31)
111.前半こそ話に引き込まれたが、後半は着地点に向けてひたすら勢いで乗り切った。
様々な面で家で見るにはちょっとという感じで、やはり映画館で鑑賞する映画と思いました。
TAKIさん [DVD(邦画)] 5点(2017-08-09 01:35:49)
110.《ネタバレ》 出遅れてるし、ほとんど他の方々に語り尽されてるので、少しだけ書きます。
新海さんの、この作品で一番興味深いのは、彗星自体を徹底的に美しく描いていることです。
これ例えば、美意識と倫理的な善が一致していないと落ち着かない宮崎駿氏ならできなかったんじゃないでしょうか。人間の存在や倫理観と関係なく圧倒的な美が存在する、という感覚が今後どう表現されるのか、新海氏の今後の作品の展開に期待したいです。
(追記:BDを見直してユキちゃん先生の出番が授業の場面だけではなかったのが発見でした。サヤちんがつかまって連行されるところ、割れた彗星を見上げて心配そうにしてるところ。意外と活躍してますね)
みみさん [映画館(邦画)] 8点(2017-08-08 09:45:59)
109.もう泣けたよ!2回目見たい!という彼氏の絶賛コメントに引きずられ、観に行った作品。
はいはい。よくある青春恋愛映画でしょう?と上から目線な私でしたが、案外、良かった。
映像は美しくて圧倒される。音楽も映画とばっちり合ってて世界観をつくりあげる。登場人物のキャラも良い。ストーリーもひねりが利いててすばらしい。矛盾が満載なところもまあ許そう。

贅沢を申し上げるのならば、あとひとつ何かかが足らない。これで何を伝えたいのだと思ってしまう私がいる。たとえば、恋愛を通じてさ、登場人物の考えが変わっていくとかさ、そういうのが無いんだよな。。異なる環境の二人が入れ替わることで、自分自身を見つめなおすところとかあってもいいんじゃないかと思う。

そして、思ったのは、これって恋愛じゃなくて、SFのカテゴリかな?たぶん。あんまり恋愛要素ないよね?

鑑賞2回目でボロボロ泣く彼氏の隣で、え、ここが泣き所なの?合わせて泣くふりしとく?と考えたこととか、
彼より年上の私なので、彼氏がヒロインより先輩を気に入っているところで、内心喜んだこととか、
そんなことしちゃっている私の方が、よっぽど恋愛映画のヒロインだと思いました。
うらわっこさん [映画館(邦画)] 7点(2017-08-06 16:08:03)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 168人
平均点数 6.99点
000.00%
110.60%
221.19%
342.38%
484.76%
5148.33%
62816.67%
74225.00%
83722.02%
92213.10%
10105.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.38点 Review13人
2 ストーリー評価 7.33点 Review21人
3 鑑賞後の後味 7.63点 Review22人
4 音楽評価 7.33点 Review21人
5 感泣評価 6.05点 Review17人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS