青空エールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 青空エール
 > (レビュー・クチコミ)

青空エール

[アオゾラエール]
2016年【日】 上映時間:126分
平均点:5.71 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-08-20)
ドラマラブストーリースポーツもの青春もの学園もの音楽もの漫画の映画化
新規登録(2016-08-15)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2018-07-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木孝浩
キャスト土屋太鳳(女優)小野つばさ
竹内涼真(男優)山田大介
葉山奨之(男優)水島亜希
志田未来(女優)森優香
上野樹里(女優)杉村容子
小島藤子(女優)春日瞳
松井愛莉(女優)脇田陽万里
山田裕貴(男優)碓井航太
平祐奈(女優)澤あかね
松本穂香(女優)三石静香
脚本持地佑季子
音楽林ゆうき
北原京子(音楽プロデューサー)
製作市川南〔製作〕
東宝(映画「青空エール」製作委員会)
朝日新聞社(映画「青空エール」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(映画「青空エール」製作委員会)
集英社(映画「青空エール」製作委員会)
博報堂(映画「青空エール」製作委員会)
ホリプロ(映画「青空エール」製作委員会)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 <原作未読>ベタもここまで突き抜けると逆に新鮮な気がしないでもない。努力は報われるし、奇跡も起きる。水島をはじめとした仲間の描き方にしたってそう。つまるところ、青春やってんなぁと。そういう中で志田未来演じる2個上の優しい先輩からの言葉だけは心底怖かった。本音であることも否定はしてないし。ひゃああああ。土屋太鳳はもっと活発で明るい役がハマると思うんで、ややミスキャストだろうか。上野樹里が指揮者やってるのは、のだめ世代にはちょっと思うところはある。あぁ、時は流れていく…。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-10-08 23:07:26)
6.《ネタバレ》 2時間の尺で上手くまとめてあったように思います。
翼の吹奏楽と大介の野球の両方が詰め込まれているのでどうしても内容が薄くなってしまいますが、こんなもんじゃないでしょうか。
まぁ出来過ぎなお話ですが、高校生の恋愛、部活にかける青春なんかが好きな人にはツボなところもあるのではないでしょうか。
あきちゃさん [DVD(邦画)] 7点(2017-09-04 10:51:04)
5.《ネタバレ》 セリフがくさい! 演出がくさい! 全てがくさい! くさすぎる。
くさすぎてリアリティーゼロ。
対象年齢20歳以下でしょう。 大の大人(男)がみるもんじゃありません。
絶対おすすめしません!!

以下覚えている。くさいポイント。

入学式の日に、トロフィーを見ながら出会って、お互い甲子園と吹奏楽がんばろうって!くっさいです。ムズムズします。

上履きに、ニコちゃんマークをマジックで演出! これまたくさい!ありえなーい!

野球の試合の敗戦後に、1人でトランペット吹いてるし!もうバカ丸出し。
(あなたのことが大好きで〜〜〜す!だからトランペット吹きまーす!)

キャストの熱演もまったく感じません。

最後は、逆転サヨナラホームラーンです。

実に幼稚。
へまちさん [DVD(邦画)] 2点(2017-08-05 23:40:08)
4.知人から悪評を聞き、どんなもんかと鑑賞..とてもまじめな、スポ根、青春群像劇 & 恋愛物語..ただ、(少女マンガが原作らしが) とにかく クサい..台詞が クサい、シチュエーションが クサい..そして演出が クサい、わざとらしい..どこもかしこも、幼稚とは言わないが、ウブで、アオクサい、少女マンガらしい(リアリティーのない)妄想劇が繰り広げられる..(北海道なのに、なぜみんな標準語を使う?方言使えよ!) 対象年齢は、明らかに小中学生..大の大人がこれを観て楽しめるか、と聞かれれば、答えは ノー! 15才以上をターゲットにしているとは到底思えない..この映画が、映画として需要があるのか..甚だ疑問だ..しかしながら、物語としては、正直イイ話..一流の、監督、脚本家が創れば、8点以上になれたかもしれない..クサい台詞に、クサい演出..そこが -3点..トータル評価は、ちょっと甘めの 5点.. (うす汚れた、おっさんは、観ない方がいい..アレルギー反応がきっと出る..)
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2017-06-21 20:57:20)
3.やっぱスマホ持ってるのね・・・。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2017-05-14 20:07:06)
2.吹奏楽と野球の名門校 札幌・白翔高校を舞台にした青春ドラマ。と書けば、ストーリーは見えてくるのではないでしょうか。
その期待を裏切らない展開ですが、もう少し意外性が欲しいところ。
吹奏楽の顧問が上野樹里ですが、「のだめとは違う厳しい先生でカッコイイ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2017-03-19 23:54:33)
1.《ネタバレ》 吹奏楽と野球と、欲張ってしまった感もあるし、エピソードの脈絡として腑に落ちない流れもある。幼稚に過ぎる科白は多々あるし、
協賛や配役絡みであちらの顔を立てこちらの顔を立てというしがらみの露呈もわかる。そんな中での、土屋太鳳の成長のドラマが清々しい。
楽器演奏の練習を丹念に描写して、次第に上達していく様が描かれているということ。
そして、序盤では俯いて足元を見ていた彼女が終盤では上を見上げて、声をあげる様が描かれているという事である。
その為に二人の身長差があり、病院の庭から屋上に向けての吹奏楽演奏があり、竹内涼真が空高く放つ逆転ホームランがある。

努力を続ける彼女を見守る竹内、上野樹里、葉山奨之らのさりげない窃視が心地よく、彼らの視線にスムーズに同化させてくれる。
それらがメンバー発表のカタルシスを生んだ。

失意のグラウンドには雨を降らせ、土屋と志田未来が語り合う開放的な渡り廊下には風が通っている。
不穏なシーンの幕開けとして曇る空や、強風で荒れる窓外の木々が挿入され、失恋した土屋をいたわる屋上の空は青く澄んでいる。
トロフィー陳列ケース前での主演二人の出会いを印象付ける光の処理など、照明も画面の清潔感を増幅して素晴らしい。
スマートフォンの出番をわずか2箇所に留めたのも良し。本来なら無いに越した事はないが。
直接家に出向いて声を届け、自転車で伴走し、音色で心を伝える映画に、携帯などそれこそ不要だろう。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2016-08-20 23:33:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.71点
000.00%
100.00%
2114.29%
300.00%
400.00%
5114.29%
6228.57%
7342.86%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS