疾風ロンドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 疾風ロンド
 > (レビュー・クチコミ)

疾風ロンド

[シップウロンド]
2016年【日】 上映時間:109分
平均点:3.38 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-11-26)
アクションドラマサスペンスコメディスポーツもの小説の映画化
新規登録(2016-10-13)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-11-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督吉田照幸
キャスト阿部寛(男優)栗林和幸
大倉忠義(男優)根津昇平
大島優子(女優)瀬利千晶
ムロツヨシ(男優)ワダハルオ
堀内敬子(女優)折口真奈美
麻生祐未(女優)高野由美子
生瀬勝久(男優)警察官
柄本明(男優)東郷雅臣
戸次重幸(男優)葛原克也
濱田龍臣(男優)栗林秀人
志尊淳(男優)高野誠也
野間口徹(男優)フロント係
前田旺志郎(男優)川端健太
久保田紗友(女優)山崎育美
堀部圭亮(男優)ワタナベカズシゲ
中村靖日(男優)店員
田中要次(男優)係員
菅原大吉(男優)運転手
でんでん(男優)山野
原作東野圭吾「疾風ロンド」(実業之日本社刊)
脚本吉田照幸
ハセベバクシンオー
音楽津島玄一(音楽プロデューサー)
主題歌B'z「フキアレナサイ」
撮影佐光朗
柳島克己(雪上ライティング撮影)
製作東映(「疾風ロンド」製作委員会)
関西テレビ(「疾風ロンド」製作委員会)
木下グループ(「疾風ロンド」製作委員会)
博報堂(「疾風ロンド」製作委員会)
東映ビデオ(「疾風ロンド」製作委員会)
企画須藤泰司
配給東映
美術和田洋
録音北田雅也(音響効果)
照明加瀬弘行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 原作未読ですが、なんでこれを映画化したのか、という謎が残った。犯人側の扱いが雑で兵器を取り戻されたら、存在に触れられなかった。黒幕は何故か偽造パスポートを使い捕まるし、つくづく適当な作りだった。
真尋さん [インターネット(邦画)] 2点(2020-05-10 01:38:21)
7.原作未読。東野圭吾作品のファンなので期待していたが、完璧に裏切られた。原作も本当にこのレベルなのか?無駄にコミカルな演技の柄本明が五月蠅い。写真1枚でスキー場を限定するのは無理がある。
クロさん [地上波(邦画)] 3点(2020-01-27 19:08:29)
6.《ネタバレ》 原作既読…ですが読んだのは3,4年前なので細かいところはちょっと怪しいです。

さて、長編小説を時間制限がある映画にする場合、エピソードの整理再編集は欠かせません。
そうしないと映画の枠に話が収まらないですし、無理やり話を詰め込むとわけのわからないダイジェストになってしまいます。
だから映画化する上で映画用にストーリーを再構築する事は非常に重要になるわけですが…そういう意味でこの映画、そのエピソードの整理再編集がとても下手だと感じました。

肝心なとこはサラっと流す癖にどうでもいいシーンは長い。
結果、妙にダラダラとしてるわりにストーリー自体は駆け足で進むというつかみどころのない散漫な物になってしまっています。

例えば、序盤、テディベアが映っただけの写真が何枚か送られてきて肝心の犯人は死亡。
これじゃ場所が全くわからないじゃん!やばいよやばいよ!って箇所は、もっとスリリングに盛り上げるべきとこだと思うんです。
本来、この段階で十分に危機的で絶望的なシチュエーションなんですから、うまくやればここで観客の気持ちを鷲掴み…のはずなんですが…
しかし無駄にコミカル?な所長とのやり取りなどに時間を使い、肝心のサスペンス部分は完全にスルーしてしまっています。
そして「息子が突き止めました」の一言で解決。

いや、それおかしくない?

全体としてテレビ的な軽いコメディ感覚でまとめようとしたんでしょうけど、それがこの映画を良くしてるかというと、甚だ疑問なんですよね。
そもそもコメディっぽいシーンはだいたい面白くないというのがもうダメ。
明らかにダブルがやってるのがバレバレな上に役者のセリフが上滑りしててシラケるスキーのチェイスシーンなんかに時間つかってる場合じゃないでしょ。

総論:テレビ局が絡む邦画でよくある「テレビドラマレベルのお気軽映画」として仕上げてますが…おかげで本当にテレビで十分レベルのものになってしまいました。
映画ってやっぱ映画であるべきなんじゃないかと思うのです。
あばれて万歳さん [地上波(邦画)] 4点(2020-01-07 23:13:06)
5.《ネタバレ》 詰め込み過ぎちゃいましたね。スペシャルドラマのノリで映画を作った感があります。おっきな事件が起こってるのに、ちっちゃくまとまりすぎです。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2018-02-06 00:58:52)
4.《ネタバレ》 どこかで見聞きしたようなものばかりで、この映画ならではの真新しさや斬新さ、といったものを感じられなかった。

阿部ちゃんのコミカルさはいつまでたっても、「トリック」の上田教授のままで、違うキャラに見えない。

ラスト、共犯者だった女になんでアレを渡したのか全くもって理解不能????

受け取った女も女で、中身くらい確認しろよな!ありえないね。あとなんで偽装パスポートなのかも釈然としない。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 4点(2017-11-15 20:58:04)
3.原作も読んでいて、前作の『白銀ジャック』に比べると疾走感が足りないと思っていたけど、映画は更に疾走感がなくなっている・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2017-10-11 21:58:44)
2.《ネタバレ》 疾風を感じさせるのは、かろうじて大島優子とムロツヨシのスキーチェイスのみ。
せめて話運びだけでもテンポ良くやって欲しいが、編集の間も悪く、タイトル倒れである。
レストラン家族の陳腐な人情噺など、小手先でパズル合わせしているのが露わで、
キャラクターはそのコマでしかない。柄本明の誇張芝居などは目を背けたくなる。

とぼけた味の阿部寛はなかなかいいが、もう少し主役らしい活躍の場が欲しい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 3点(2016-12-01 23:59:18)
1.これだから邦画はダメなんだ……と思わず嘆いてしまった。
いや、エンタメ作品としては退屈しないし暇つぶしにはなるし良いよ?
でも、コメディに徹するのか、サスペンスに徹するのか、感動ものなのか、全てを詰め込もうとした結果、邦画にありがちなまとまりのないグダグダした大作がまた誕生してしまった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2016-11-28 21:56:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 3.38点
000.00%
100.00%
2112.50%
3337.50%
4450.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS