この世界の片隅にのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > この世界の片隅に
 > (レビュー・クチコミ)

この世界の片隅に

[コノセカイノカタスミニ]
2016年【日】 上映時間:126分
平均点:8.38 / 10(Review 109人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-11-12)
公開終了日(2017-09-15)
ドラマ戦争ものアニメ漫画の映画化
新規登録(2016-10-20)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督片渕須直
のん北條すず
細谷佳正北條周作
小野大輔水原哲
潘めぐみ浦野すみ
牛山茂北條円太郎
新谷真弓北條サン
小山剛志浦野十郎
京田尚子森田イト
佐々木望小林の伯父
塩田朋子小林の伯母
原作こうの史代「この世界の片隅に」
脚本片渕須直
音楽コトリンゴ
作詞コトリンゴ「たんぽぽ」
こうの史代「みぎてのうた」
片渕須直「みぎてのうた」
サトウ・ハチロー「悲しくてやりきれない」
作曲コトリンゴ「みぎてのうた」/「たんぽぽ」
加藤和彦「悲しくてやりきれない」
飯田信夫「隣組」
編曲コトリンゴ「悲しくてやりきれない」/「隣組」
主題歌コトリンゴ「みぎてのうた」/「たんぽぽ」/「悲しくてやりきれない」
挿入曲コトリンゴ「隣組」
製作朝日新聞社(「この世界の片隅に」製作委員会)
東京テアトル(「この世界の片隅に」製作委員会)
東北新社(「この世界の片隅に」製作委員会)
バンダイビジュアル(「この世界の片隅に」製作委員会)
双葉社(「この世界の片隅に」製作委員会)
MAPPA(「この世界の片隅に」製作委員会)
企画丸山正雄
プロデューサー真木太郎
制作MAPPA(アニメーション制作)
配給東京テアトル
作画松原秀典(キャラクターデザイン・作画監督)
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
広島に暮らす18歳のすずに、ある日突然縁談話が持ち上がり、彼女は戸惑いながらも軍港の町、呉に嫁ぐ。折しも太平洋戦争は激化、呉の町への空襲も日に日に激しくなる中、周囲の人々に温かく支えられながら、彼女は気丈に生きる。しかし、ついにその日はやって来た…。こうの史代の漫画をアニメーション化。すずの声を女優のんが熱演。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
109.戦争映画はどうしても他人事のように思えて実感が湧かないことが多かったけど、この作品は丁寧に日常生活を描いているので、共感出来る部分が多かったように思う。
悲しい物語ではあるけど、すずさんのほんわかした性格のお陰で、悲しいだけじゃない何かがあるように感じました。
いい作品です。
もとやさん [DVD(邦画)] 9点(2018-06-23 16:21:44)
108.《ネタバレ》 連合国軍が描くWW2は殺戮を正当化しているものが多く吐き気がするけど、本作は今まで観た戦争映画の中で一番(というかほぼ唯一)面白かった。どんな戦争でも一般人の殺戮を正当化したらいけんよ。Fルーズベルトやトルーマンがアメリカ史上でも偉大な大統領とされてる風潮、俺は反対し続けるぞ。キャラクターの一人一人が愛らしかったし(作画が良いからか)、のんの声優は上手だった。
なすさん [インターネット(邦画)] 8点(2018-05-10 09:59:27)
107.すずさんよ 嗚呼 すずさんよ 
まる子みたいな すずさんよ 
今でもご健在とのことでなにより。
今でもカープの応援でマツダ球場まで通われてるんですってね。きっとあの球場のどこか片隅にいらっしゃるんですね。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2018-03-31 20:33:26)
106.《ネタバレ》 ようやくこの作品観れました。すずの強い心が印象に残る作品でした。もっと悲しくて泣かされるのを期待してたんですが、すずが大人になっていく様も、ほのぼのとして良かったです。泣きたい方はやはり火垂るの墓でしょうか。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 7点(2018-03-26 18:49:36)
105.《ネタバレ》 つくづく戦争のやるせなさを感じましたね。
こんな時世でも、みんな出来る限りの生活をしてたのを見て、身につまされました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 10点(2018-03-24 18:42:07)
104.《ネタバレ》 実は私は呉出身なのですが、ここ数年の邦画ではダントツの評価を得た本作が地元の話であったことから過剰に身構えてしまい、鑑賞時期を逃しているうちに結局Netflixの配信で見てしまうという、何だかよく分からん状態での鑑賞になってしまいました。
まず驚いたのがネイティブかと思うほどうまい広島弁と、地元出身者ならおおよそどの地区のことなのかの察しがついてしまうレベルで呉市街地や山あいの集落が表現されていることです。さらには、一瞬映る盆灯篭など、広島県民ならピンとくるが他の地域の人には分からないような風習までが表現されているのですが、これ見よがしではなく本当に些細な描写でこれらを見せてくるため、物凄く気が利いているように感じました。
また地域性の再現度だけでなく、時代性の再現度も非常に高いレベルであることが本作の特色となっています。例えば、しばしば本作の類似作として挙げられる『火垂るの墓』などは顕著なのですが、主人公・清太は完全に戦後の価値観で動いているわけです。私のような細かい人間はそうした部分にウソ臭さを感じてしまうわけですが、本作については登場人物全員が当時の価値観で動いており、後知恵で善悪等を判断していないことが、他に類を見ないリアリティに繋がっています。配給が減って生活が苦しくなっても国や政府に対して不満を口にする者はいないし、隣組や軍事教練といった戦後社会においては異様とされてきた戦時体制についても、みんな当然のこととして受け入れています。これらのことが良いか悪いかという判断は置いといて、当時の人がどう生活していたのかという点にこだわり色を付けない描写とした辺りに、作り手側の善意を感じました。
玉音放送の受け止め方も、ユニークだが真を突いていると思いました。放送が終わると「あ~、長かったねぇ」なんて言ってみんな平静を装って日常に戻っていくフリをするのですが、各々隠れた場所では感情を爆発させています。しかもそれが怒りとか悲しみとかというありきたりなものではなく、今までさんざんガマンして苦労して、多大な犠牲を払ってまで戦争という国家事業に参加してきたのに、「負けました」では気持ちの整理がつかない、やるせないという感情なのです。この切り口には驚かされると同時に、ある種の説得力も感じました。
その他、軍艦や戦闘機といった兵器のかっこいい描写があったり、美しさを伴った破壊があったりと、ただただ悲惨にというベクトルで戦争映画が作られることの多い日本映画界では例外的に、ミニタリー要素も充実しています。とにかくさじ加減がうまいのです。
海外では「戦争をテーマにした日本のアニメにはずれなし」との定説もあるようなのですが、本作はその頂点に君臨しうる重要作だと思います。
ザ・チャンバラさん [インターネット(邦画)] 9点(2018-03-24 03:03:37)(良:3票)
103.《ネタバレ》 公開三日後に劇場鑑賞した時は正直ガラガラでした。ひと月後に再度鑑賞した時は最前列の席しか空きが無い状態。その後公開館も劇的に増えたね、今年に入っても某コロナで公開してたかな、完全版の公開が待ち遠しい。原作もよかったけど、映画も素晴らしかった、今作における「のん」さんの功績は大なり。
ハチロクさん [映画館(邦画)] 10点(2018-03-22 15:13:16)
102.《ネタバレ》 年末の映画館で鑑賞。
素晴らしい物語、素晴らしいテーマ性を持った映画だと感じた。
演出についてはところどころ思う点があり、8点評価とした。
戦争の影にどんどんと呑みこまれていく日常を描きながらも、物語全体を通してユーモアや笑いの要素は絶えず盛り込まれる。
原爆投下の日が迫るサスペンス(観客はそれを把握していて、劇中の人物はだれも気付かない、という構図が素晴らしい!)と、ほのぼのと笑いやユーモアの交じる描写を何の違和感もなく融合、両立させている脚本・物語は見事だ。

少し注文をつけたくなったのは、淡々とした描写が光る作品だからこそ、空襲~すずさんの片手切断のシーンはやや長ったらしくくどく感じ、原爆投下のシーンはあえて直接的に描かない方が良かったのではないかと感じた。
むしろそれらのシーンはばっさりカットして、腕を失くしたすずさんや、爆風でぼろぼろになった孤児を映すだけでも、衝撃度はあったのではないかと思った。

原作も興味を持って読んでみたが、映画版は原作に負けず劣らずの出来だと感じた。
予算や上映時間の制約の中で、原作の淡々とした世界観を巧みに再構築出来ている。

最後に。
こうした素晴らしい作品の主演を掴み取った”のん”の運や才能はやはり凄いものがあるなと感じた。
彼女と同世代でちやほやされる女優は沢山といるだろう。しかし誰からも記憶される、数年に一本あるかないかの名作に巡り合える女優はごく僅かだ。
事務所とのトラブルや、様々な逆境の中で、彼女は本作を手繰り寄せたわけだから、これはもう”何かを持っている”としか言いようがない。
演技も申し分なかった。のんの将来にも期待したくなる映画だった。
nakashiさん [映画館(邦画)] 8点(2018-03-17 17:32:19)
101.日本を代表する戦争アニメ映画です。平和への願い、そして感動を伝えたいという気持ちが溢れた作品。
VNTSさん [インターネット(邦画)] 8点(2018-03-16 14:30:58)
100.後半からの展開が本当に心揺さぶされる。本当は残酷で悲しい話だけれど暗くはならない、させない、そして涙と笑いも両方自然と出てくるすごい映画だった。さすが高評価だけあった。

前半やや退屈気味だったし、のんの声も微妙に合わなかった印象だったけど、それもすっ飛んだ。邦画でこれはヤバいと感じたレベルの作品
ラスウェルさん [DVD(邦画)] 9点(2018-01-25 13:20:50)
99.《ネタバレ》 原作は10点。否100点でもいい。だが映画は断固として0点だ。ありえない改変に唖然とする。ぶち壊しもいいところだ。憤りしか感じない。この作品から正義が飛んで行った。
空耳さん [インターネット(邦画)] 0点(2018-01-19 04:57:00)(良:1票)
98.良い映画。面白いと思える映画ではないです。映画の評点としては難しいですが、素直に言えば、もっと希望のあるエピソードが欲しかった。よく言えば現実的、悪く言うと抑揚がない。
Keytusさん [DVD(邦画)] 6点(2018-01-15 00:41:48)
97.「火垂るの墓」を0点にした自分。
この映画の評価が高いことは公開当初から知ってたけど、似たような映画だろうと思って映画館鑑賞は見送った。

それで今回初めてDVDで見たわけだけど、序盤はやっぱり拒否感強かった。
だって当時の呉っていったら、世界有数の軍事都市ですよ?
兵隊さん、軍事産業無しじゃ街ができていないような場所。
そんなことに仮に無知無関心だったとしても、嫁いで暮らし始めたら、誰だって瞬時に理解できるはず。
ところが主人公、全然戦争とは無関係な顔してるから、「なんだか製作者側の作為を感じるなあ」と思った。
それから、最後のエピソードも腑に落ちない。なんであんなの入れたのかな。
あんなことする金の余裕も心の余裕も、当時は誰も持っていなかったはず。
というか、今現在でもまずありえない。

ただそれでも、若い夫婦が次第に絆を深めていく描写の積み重ねが丁寧で、次第にグイグイ引き込まれた。
ただそれだけに、「火垂るの墓」の代わりにはならないだろうな、とも思った。
この淡々とした積み重ねは、子供にはまったく理解不能だろうから。
見ててつらい絵もかなり続くしね。
まかださん [DVD(邦画)] 7点(2017-12-17 00:33:25)(良:1票)
96.《ネタバレ》 超適当レビューだったのと、会社で、この作品は「”重い“ “重い” 子供に見せたい」と語っている人がいて、
そんなに重かったけ??と思い再観賞。(テレビドラマが始まるからそれと比較するってのもあります)
再観賞前に、TVスペシャルドラマ、原作コミックを読みました。
原作も、映画も、ほのぼのとした絵がすごく素敵です。
のん(能年玲奈)とすずの声もマッチしててすごく自然です。
エンドロールまで観て“重い”とは私には感じませんでした。強いていうなら、
ラストの方で、爆風によりガラスが半身に刺さり、腕を失い、片腕で我が子の手を繋いで歩いて、そのまま死ぬところでしょうか。
耳からウジが沸くところは、生々しかったと思います。
それでもエンドロールが終わった時には、どちらかと言うと、明るい気持ちになりました。
エンドロールで拾い子に、死んだ晴美の洋服を着て生活している様子は、素敵でした。
(エンドロール前に、お姉さんが、「去年の晴美の服じゃ こまいかねー?」というところも良い)

クラウドファンディングに協力してくれた人の名前が流れましたが、
出資した人は劇場で自分の名前を見つけた時は、そりゃもう嬉しかったんだろうな〜と羨ましく思いました。

笑いどころでいうと、
原作のほうが、笑いどころのニュアンスが伝わるところもあれば、アニメのほうが笑えるシーンもありました。
例えば、“すず”が結婚した夜の傘の話。
お婆ちゃんから、しきたりを聞き、すずが「なんで?」と聞くとおばあが「なんでもじゃ」と答えるところ。
これは、原作のほうが断然笑えます。何度も笑ってしまいます。
お姉さんから、格好が冴えん。と言われ、もんぺを作るところは、お姉さんの姿をふすまから覗いて確認するとこがツボです。
へまちさん [DVD(字幕)] 8点(2017-11-30 18:42:38)
95.半年ぐらい前に、ビブリオバトルで知り合った方から「絶対読んで欲しい!」と紹介されて原作本を読んで良かったので、映画も観てみました。
大抵、原作を読んでから映画を観るとがっかりする事が多いのですが、本作は原作に劣らず良い出来です。
日常的な光景の中に戦争の影がだんだんと濃くなってきて、市民が犠牲になりつつも逞しく生きる姿に感動を覚える。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2017-11-19 01:36:52)
94.観るつもりは全くなかったのですが、このレビューを続けて20年、これほどの高評価な映画を観ない訳にはいかないと思い鑑賞しました。のどかで幸せな日常を簡単に破壊する戦争の悲惨さやそんな時代を懸命に生きていく登場人物だちを時にはユーモラスに描いていてをとても良い映画だと思いました。高評価なので厳しい目で観てしまうのもありますが、どうしてもアニメだと、登場人物たちの生死や出来事全てが軽く感じられ、胸を打つ感動とまではいきませんでした。戦時中を描いた話でもほのぼのと爽やかに感じるのは、アニメの良いところでもあるのでしょうが、私にはやはり物足りなさを感じました。でも、鑑賞して良かったです。のんも頑張っていましたよ。
ぽじっこさん [DVD(邦画)] 7点(2017-11-12 09:47:30)
93.観てよかった。記憶力に乏しい私でも、この映画はずっと覚えていると思います。
TAKIさん [DVD(邦画)] 10点(2017-11-07 01:52:35)
92.楽しめた。ありがちなストーリーだったが、見入ってしまった。
ホットチョコレートさん [DVD(邦画)] 7点(2017-10-20 20:29:13)
91.DVDレンタルで十分と思っていたんです。しかし、見終わったら即アマゾンで購入してしまいました。久々に10点オーバーを付けたい作品であり、劇場で観なかったことを後悔した作品です。自分としては、映画で心揺さぶられる場面が一つでもあれば、それは傑作なんですが、これはいくつ挙げても足りないぞと本気で思いました。感動の頂点に達したのは、「たんぽぽ」がバックに流れるエンドロールでした。でも、それも120分間人々の生活の描写を丹念に積み重ねてきたこそですよね。実に奇跡のような逸品ですよ。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 10点(2017-10-06 20:33:55)(良:1票)
90.《ネタバレ》 一番心に残ったのは、この映画は良い意味で庶民的だなあということです。
というのも、テーマが戦争ながらも武力衝突のようなゴリゴリの描写ではなく、「広島の呉市に嫁いだ一人の子」の生活にスポットライトを当てているので、日々の暮らしぶりを描いたリアリズムが強く感じられました。
現実味のあるシーンが続くからこそ、平穏な日々を壊す空襲や、身近な人の突然の死など、70年前の日本ながら別の世界を覗き込んでいるような感覚に陥りました。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-09-25 10:25:36)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 109人
平均点数 8.38点
010.92%
100.00%
200.00%
310.92%
421.83%
565.50%
643.67%
71412.84%
81816.51%
92422.02%
103935.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.60点 Review10人
2 ストーリー評価 9.28点 Review14人
3 鑑賞後の後味 9.14点 Review14人
4 音楽評価 9.00点 Review13人
5 感泣評価 9.30点 Review13人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS