劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール
 > (レビュー・クチコミ)

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール

[ゲキジョウバンソードアートオンラインオーディナルスケール]
2017年【日】 上映時間:119分
平均点:5.29 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-02-18)
アクションSFアニメ小説の映画化
新規登録(2016-11-13)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-08-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
沢城みゆきシノン
戸松遥アスナ
竹達彩奈リーファ
平田広明クライン
山寺宏一茅場晶彦
神田沙也加ユナ
井上芳雄エイジ
鹿賀丈史重村教授
森川智之菊岡誠二郎
安元洋貴エギル
音楽梶浦由記
製作アニプレックス(SAO MOVIE project)
KADOKAWA(SAO MOVIE project)
バンダイナムコエンターテインメント(SAO MOVIE project)
制作A-1 Pictures
配給アニプレックス
編集西山茂
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 うーん、つっこみどころ満載&ご都合主義も満載なので この点数です。

ARはポケモンGOであれほど問題になってたから無理なんじゃないかなぁ。
ボスが公園とかに出現するんですが、運営が前もってその場所を 貸切しないとダメですよね?
しかも同時に何箇所も。
あと、戦ってるフィールドですがフラットな場所が広すぎる。
現実世界じゃそんなイイ場所なんてありません。
序盤にキリトくんが躓いて転んでいましたけど、あんなのが頻繁に起こるかと思われるので 普通に危険。

別にアニメだからリアリティを求めているわけじゃないですけれど、アニメの設定自体がリアルに被せてきているのだから気になってしまう。
ストーリーも王道な展開。
ひねりも どんでん返しもない。
キリト&アスナのラブラブを見せつけられ、最後はキリト無双で終わり。
他のキャラも結構でてくるけど、風林火山以外は空気な扱い。
エイジの声の俳優さん、下手すぎる。
みけらさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-04-20 03:47:18)★《新規》★
6.《ネタバレ》 abemaTV2周年記念の目玉番組として放送されていたものを観ました。

さて、劇場版と言いつつこの手のアニメ作品が「初心者お断り」のものであるのは当然の事で、本作もその例に倣ってテレビシリーズを完全に把握していない人には全くちんぷんかんぷんな代物になっています。
しかし、この手のアニメ映画はそれでいいと個人的には思っているので、それについては全く問題を感じません。

問題なのは映画の内容です。
原作者がわざわざシナリオを書き下ろした本作は、それまでのVR世界からポケGOで注目されたAR世界にシフトしていて、そのあたりの設定については「いかにも2017年に作られた」のものなんですが、しかし本映画がちょっと変わっているのは「そこだけ」

映画の内容は、またそのネタなの?と思うくらい繰り返されている初代SAOからのワンパターン因縁物で、観ていて正直げんなりします。
原作者は(一般にはあまり知られていませんが)実は小説の発行部数で見ると日本でもトップレベルの大ベストセラー小説家なわけですが、しかしそこで描く物語はあまりにもありがちでワンパターン。これはちょっと厳しいんじゃないでしょうか。

登場人物達の青臭さもここまでくるとかなり痛々しい感じですし、劇中、都度登場する長々とした説明セリフには観ていて失笑すら覚えてしまいます。
そして、そんなにあれこれダラダラ説明しているくせに、ストーリーの肝心のところについては説明がなかったり、(たとえばなぜ風林火山が復讐の最初のターゲットになっていたかというと、ユナが死んだ理由がまさにボス戦で風林火山をサポートしたためだったからなんですが、その説明が全くないのでユナがどう死んだかとかそのあたりの因縁が全くわからないっていう…)それってどうなの?

そしてそして、SAOお得意の最終戦闘での無理ゲーからのご都合主義丸出しの逆転劇と相変わらずのキリト無双。
これで盛り上がれる人っているんでしょうか?いたらかなり幸せな方だと思います。

ぶっちゃけ、この映画を素直に楽しめる人がどれだけいるのか、かなり疑問があるレベルの映画です。
あばれて万歳さん [インターネット(邦画)] 4点(2018-04-02 19:14:30)
5.《ネタバレ》 人気アニメ、ソードアートオンライン テレビ版の続編です。
テレビ版を見ないと全くわかりません。
今作では自分の体を動かして遊ぶ新しいシステムが登場。
仲間と彼女のピンチにキリトが立ち上がってズバっと解決。

しかし、リアルの身体を使っているのにブースト装置って一体
どんな仕組みなんでしょうか(笑)
剣道嗜んでいるからってキリトちょっと強すぎ^^;
ラストオールキャラでボスに立ち向かうところは熱かった。

人の記憶の一部を抜き取るとかとんでも設定のように思えますが、、、
30年前に士郎さんが脳とネットのリンクを描いた世界がすぐそこまで
きていることを考えると、いつかそんなことが出来るようになるかも
しれないですね。

最後に続編に続くシーンで終了。
自作はもっと胸熱シーンがあるといいなぁ。
あきちゃさん [DVD(邦画)] 6点(2018-01-11 10:22:37)
4.《ネタバレ》 リアルでもちゃんと活動しているのが面白いですね。もれにしても最初の事件から引っ張りますねぇ。ARの方が体動かすし、なんとなく健全かも?w こういうのがあったら買っちゃうよね。
ないとれいんさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-12-29 16:00:35)
3.《ネタバレ》 正直なところARの設定を理解するのに時間がかかってしまった。作品自体は面白い。
ぷるとっぷさん [DVD(邦画)] 6点(2017-10-09 16:01:13)
2.《ネタバレ》 そのテンポの良さと世界観で面白かったSAOシリーズ。
今回の劇場版もまた新しいゲームをプレイするのですが、未だにソードアートオンラインは人々を縛り続ける。
オーディナルスケールは拡張現実(AR)を使ったゲームという事で仮想現実(VR)では強かったキリト君もたじたじ。いかにも体育会系なゲームですな。
そんな中起こる事件は以外とスローペース、おかげで地味で何が起こっているかわかりにくく、アスナとのイチャイチャするシーンも多く、全体的に長いのもあって結構ダレます。
最初は転んだりイイ所無しのキリト君もやるべき事が定まった瞬間やたら強くなるのもちょっと不思議でした。道場で練習するシーンも一瞬ありますが、もうちょっと汗水流して道場で剣を振り回してくれたらなと思っちゃいますね。
そして本シリーズの売りでもあるアクションシーンはARでの戦闘がメインで、どうしても外連味のある派手なアクションが抑えられ、地に足の着いた戦闘が多かったのが残念です。その分ラストバトルではこれでもかとVR上でのテンションの高いオールスターバトルで非常に楽しめました。派手!サービス!御都合主義!でもイイっ!
しかしさすがは劇場版、映像は凄い事になっていますね。協賛企業も多い事で想像以上にリアルな東京描写も現実感が出ていて素晴らしいです。
AR描写もかなり面白く、リアルな背景と相まって非常に本物っぽくて素晴らしいです。キャラクターの扱いなどはムラなく登場しているのもとても嬉しい。
最後は「なんかノリと勢いで解決!」な具合でラスボスを倒して解決という、若干説明不足と急ぎ足な展開でしたが。
本作はアニメ版に比べるとだいぶ荒削りな作品でしたが奇麗に風呂敷が畳まれているのでなんだかんだ後味良く見終える事が出来ました。これからの展開も楽しみですね。
えすえふさん [DVD(邦画)] 5点(2017-09-28 09:24:41)
1.《ネタバレ》 ソード・アート・オンラインの世界観は、テレビシリーズから割と好きなんですが、今作は「SAOシリーズの中では凡庸」といった感じです。

ラストのALOやGGOのキャラクターたちが「真のラスボス」に立ち向かうシーンは、劇場版ならではの展開。ベタですが胸熱。
aksweetさん [DVD(邦画)] 6点(2017-09-20 07:40:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.29点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4228.57%
5114.29%
6457.14%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS