スノーデンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ス行
 > スノーデンの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

スノーデン

[スノーデン]
Snowden
2016年上映時間:134分
平均点:6.43 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-01-27)
ドラマ犯罪もの実話もの伝記もの
新規登録(2016-11-25)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2023-03-28)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴァー・ストーン
キャストジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)エドワード・スノーデン
シェイリーン・ウッドリー(女優)リンゼイ・ミルズ
メリッサ・レオ(女優)ローラ・ポイトラス
ザカリー・クイント(男優)グレン・グリーンウォルド
トム・ウィルキンソン(男優)イーウェン・マカスキル
スコット・イーストウッド(男優)トレバー・ジェイムズ
ローガン・マーシャル=グリーン(男優)ドローンのパイロット
ティモシー・オリファント(男優)CIAエージェント
ベン・シュネッツァー(男優)ガブリエル・ソル
ラキース・スタンフィールド(男優)パトリック・ヘインズ
リス・エヴァンス(男優)コービン・オブライアン
ニコラス・ケイジ(男優)ハンク・フォレスター
ケン・トーマス[1961年生](男優)ワーレントンの門番
ジョエリー・リチャードソン(男優)ジャニー・ギブソン
ニコラス・ロウ(男優)ガーディアン紙の編集補佐
ベン・チャップリン(男優)ロバート・ティッブロ
内田夕夜エドワード・スノーデン(日本語吹き替え版)
たかはし智秋リンゼイ・ミルズ(日本語吹き替え版)
木内秀信グレン・グリーンウォルド(日本語吹き替え版)
長克巳イーウェン・マカスキル(日本語吹き替え版)
井上和彦コービン・オブライアン(日本語吹き替え版)
大塚明夫ハンク・フォレスター(日本語吹き替え版)
脚本オリヴァー・ストーン
音楽クレイグ・アームストロング
編曲クレイグ・アームストロング
主題歌ピーター・ガブリエル"The Veil"
撮影アンソニー・ドッド・マントル
製作モリッツ・ボーマン
フェルナンド・サリシン
エリック・コペロフ
配給ショウゲート
美術マーク・ティルデスリー(プロダクション・デザイン)
編集リー・パーシー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.アメリカが全世界の人間を監視しているとか、そんな話はネットで調べればいくらでもすぐ知り得ることであるし、そもそも、映画で真実のお勉強をするつもりなんて元よりない。
映画である以上、面白くなければならないのであるが、全く面白くない。制作者に、見てる人間を楽しませようなんて意図がまるで最初からないのでは?っていうくらいにつまらない。
CIAに入局し、CIA職員として働き始めるくらいまでは、見ていて面白かったが、物語のかなり早い段階で、問題の「疑惑」は発覚する。ところが、そこから、主人公は何か行動するわけでなく、その疑惑を抱えたままグダグダと過ごすのだが、そのグダグダと過ごすシーンを延々とやる。あまりに見ていて退屈。ダルい、ダルすぎる。
いや、何が面白いの、これ?
全体を通しても、ストーリーに起承転結もないし、ヤマ場も見せ場もないし、ドラマもない。
これはもう、「映画として成立してない」と言ってもいいレベルである。
今回の疑惑やスノーデン絡みの話を知りたいなら、「スノーデン」というワードでググって、ウィキペディアで見たほうが早いし、情報は多いし、何より楽しいだろう。
こんな酷い映画はそうそうない。
ほんと、見て損をした。
椎名みかんさん [インターネット(吹替)] 2点(2024-03-09 05:10:45)
29.この程度のスパイ活動は、アメリカならやってるだろうな思う話なので、衝撃度としてはそれほどではなかったです。諜報員が自分の担当プロジェクトを有利に進めるために、特定の個人を狙い撃ちにして個人情報を取得し、有利な関係を築くなど、極めて非生産的で、みみっちい活動を行っていることの方が大きな驚きだったかも知れません。実話なので致し方ないのですが、エンターテインメントとしては、手に汗を握るような緊張感はなく、あまり面白くはなかったかな。ルービックキューブは出来過ぎだなと思いましたが、調べたところ事実ではなく演出だったようです。悪い演出ではなかったですけど。
camusonさん [インターネット(字幕)] 5点(2023-02-07 17:03:16)
28.《ネタバレ》 衝撃のドキュメント映画。
見終わった後、しばし放心状態でした。

私のような、お花畑の極楽思想には、インパクと充分です。

スパイ系、IT系好きな人にはたまらない映画ですね。
映画に込められた、メッセージがとても深いです。

視点を変えると、スノーデンはスーパーハッカーです。

それを、お国のためにやると正義となる。
しかし、お国のためってどこまでなのか?!
そこにパラドックスが生じます。

世界は、統治する側とされる側に大別されます。
さらには社会もこの構図が存在します。
経済、会社、学校、さまざまなコミュニティに管理する側とされる側があります。

ここに、羊飼いと迷える子羊というか、飼われる羊の絵図が完成するわけですね。
そんな世の中を、孤高の狼スノーデンがスッパ抜いた。
そんなスノーデンは凄い!

お国側、統治する側の羊飼いとしての正義、そして大衆という、統治される羊側の正義、その正義の葛藤の中で、スノーデンは「自分が信じた正義」を選んでいく。
スノーデンは群れることをせず、ただ一人決断し実行していく決意が凄い。
同志を集めそうなものですが、そこはCIAでの勤務経験があったからなのか、誰も信じず一人立ち向かう精神力がハンパない。

彼女にすら、その葛藤を話せず、本当に孤独を感じさせますね。
なんなら、彼女との関係に亀裂を入れながらも、貫く精神力は如何程のものか辛かさが伝わってきます。

そんな中、あえてイバラの道を選び進んでいく決意に、共感し難い共感があるから、感動したんだと思う。

統治しコントロールしようとする「羊飼い」にとって、民衆大衆はおバカな「迷える子羊」でいて欲しいわけですね。
そうおバカで、世界の未来よりも茶の間の平和に浸り、今を楽しんでくれてればいいわけです。
その中で、クレーバーな正義の狼が存在することを証明した映画とも言えます。

羊飼い、飼われる羊、狼、こんな構図が見えてきます。
その中にも、詐欺師にシロサギとクロサギが存在するように、ホワイトな存在か、ブラックな存在かにも別れるわけです。

ブラックな羊飼の側面を持つ、アメリカに対して一石を投じたわけです。
これって凄いというか、難易度スーパートリプル級のことをやってのけたわけですね。
そんな感覚を見終わった後、感じました。

狼になろうと、
YouTubeで配信している人
SNSで発信している人
地道に活動している人
たくさんそのような存在はいますが、所詮は羊飼いには敵わない、そう感じさせる世相に殴り込みをかけたわけです。
しかも、一人で。

とはいえ、一流のジャーナリストや、ごく少数の方々の協力もあったわけです。
このような協力者も、賞賛に値します。

まさしく、スノーデンは孤高の一匹狼として、清々堂々と羊飼いに立ち向かって行ったと言えます。

「正義の反対は、相手側の正義」という構図が世の常です。
どちらの、どういう目線で見るのか?!
そんな問いも含まれてますね。

このようなテーマを映画化した、オリバー・ストーン監督に敬意を表します。

現代社会に、一石を投じた痛快な映画として私の中に刻まれました。

それにしても、この映画なんか可愛く見えるよなうことが、世界では起こっている・・・そう思えてならないです。
レスポーラーさん [インターネット(字幕)] 9点(2022-02-18 09:59:00)
27.《ネタバレ》  実話もので、華やかなシーンや銃撃戦もないのに、飽きずに最後まで見てしまいました。
そして、とり急ぎ、スマホのインカメラに目隠しテープ貼っときましょうか・・・
 国家を危険に晒した暴走ITオタクとの報道の方が多かったように思いますが、映画の中では結構マトモな感覚を持ち合わせ、一人の女性を長く大切にしている、ピュアな天才・・・。立場が変われば見方も変わるでしょうし、完璧な人物でもないでしょうが、私個人としては、大変、興味を惹かれる内容であり、人物でございます。今度ドキュメンタリー映画の方も見てみよう・・。
まーごさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2021-02-03 22:25:26)
26.海外ドラマの「グッドワイフ」によくNSAの盗聴シーンがでてくるので、
このスノーデンの告発で、それはアメリカの常識くらいになっているのだろう。
うちに、Xbox oneのキネクトがあるが、ほんとよく勝手に起動する。
以前から、監視のウワサ話聞いていたので、必ずカメラが家の中を移さない方向に置いているのだが。
最近はAmazonアレクサを家においている家庭が増えいていると思うが、常に電源が入っていて、
インターネットにつながっている状態なのだから、気をつけなければならない。
彼らはいつでも監視できるのだから。
そう思わせる映画である。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-06-24 15:29:55)
25.どこまで信じていいのか?という問題はあるが、米国も中国もロシアも、本質は変わらないんだろうなぁと落胆させされる作品。一人でアメリカを告発するスノーデン氏にはただただ頭が下がります。自分だと…と考えると安定した生活を選んでしまいそう。面白い映画ではないが、見てよかったです。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2019-11-17 14:55:36)
24.スノーデンが行ったことは、その覚悟と決断において瞠目すべきものであるし、作品としても、それを要領よくまとめている。ただ・・・この問題を扱うときは、国や政府に対して、この監視体制は何なんだ!という前に、そもそも国民に対して、こんなに監視されてて平気なんですか?という意識を広めないといけない。街角の防犯カメラにも、すでに広まったSNSにも、どこにでも紐付きになっているクレジットカードにも何も感じなくなった国民に対して。したがって、スノーデンの「行動」を描く前に、まず、その監視体制が、一般生活レベルにおいてどこにどのようになっているのか、というところに、もっと重点を置かなければならなかった。この作品はそこが弱いので、映画としてもやや平坦になり、また発信力を弱める(「でも仕方ないんじゃない?」と思わせてしまう)結果となっている。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-02-20 01:13:59)
23. 期待もせずに見始めたが、ぐんぐんひきつけられた。
 以前はスノーデンという人がどういう人なのかもよくわからなかったが、今は少しわかった気がする。ただ、映画的な盛り上がりはなかったかも。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-02-09 09:58:57)
22.真実はどうなのかよくわかりませんが、いささかスノーデン目線に偏っている気がします。そもそも不特定多数の国民に対する情報収集や監視は、一方的に悪なのか。街のあちこちに監視カメラがあったほうが安心できるように、それによってテロや犯罪が防止または抑止できるとすれば、結果的にプラスのような気もするのですが。国民生活の安心・安全とは、そういう代償の上に成り立っているんじゃないでしょうか。
Wikiによれば、この作品のスポンサーになった米国企業はゼロだったとか。CIAやNSAを敵に回したくなかったとも考えられますが、彼の国の指導者層にとって監視等は暗黙の必要悪であり、スノーデンの暴露は「何を今さら」的な裏切り行為にしか見えなかったのかもしれません。などと考えると、また味わい深いものがあります。
余談ながら、日本のマンションの一室らしき描写がありましたが、妙なタタミに妙な障子に妙な御簾。私も長く日本人をやっておりますが、こんなエキセントリックな部屋は見たことがありません。知日派のはずのオリバー・ストーンですらこういう日本を描いてしまうことに、いささかショックを受けました。アメリカの「監視体制」はどうなっているんだと。
 
眉山さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-12-08 02:40:21)
21.《ネタバレ》 おもしろいかと言われると、そうは感じなかった。
エンターテイメントは薄れるが、ドキュメンタリーとしてみれば衝撃が大きい。
身近な日本では考えられないがネット監視体制は恐ろしい。
スノーデンがどんな経緯で告発に至ったかは十分描かれていたし、その行動力は凄いと思う。
風化させないためにも映画を通したメッセージは必要なんでしょうね。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-11-04 23:54:29)
20.《ネタバレ》 この事件、アメリカの不正義を何が何でも許さないオリバー・ストーンが手を出さないわけがない。CIAのやりすぎ監視システムに個人として疑問を抱き内情をリークしたスノーデン氏の心情を細かく追い、”国家反逆罪”に問いたいCIAの主張をふざけんな、と一蹴。100%スノーデン氏寄りの清清しい描写です。
人の権利を侵害して尚エラそーなアメリカの態度にむかつく国々に匿われて逃亡生活を送るスノーデン氏。彼がラストに元気で登場したのはうれしい驚きでした。
J・G・レヴィットの緻密な演技は見事で、ドキュメント作品としての品位をキープしてますが「起こったこと」をなぞる展開はちょっと起伏に欠ける気もします。娯楽サスペンスじゃないのでまあそこは仕方ないのですが。氏のキャリア前半にあった国家の陰謀によって人生を踏みつけにされたパキスタン人銀行家のエピソードは一市民としては心胆寒々とするものがあり、この手の実例をあと一つ二つ入れてたら、こちらもぐっと盛り上がったのにな、とは思います。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-08-25 01:12:53)
19.《ネタバレ》 スノーデンを讃えるだけのような作品になってしまっている。恋人との関係を語るパートに時間が費やされていて、政府の監視の目を盗んで内部告発に至る緊張感はない。問題の本質は、テロを防ぐための国民の監視という問題性だが、そこへの切り込みは薄い。ついこの間の出来事だけに、さすがのストーンもスノーデンに気を使ったたのかのような出来栄え。ジョセフ・ゴードン=レヴィットはうまい。他の名優たちは、存在感が薄くてもったいない。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2018-08-23 21:52:34)
18.現代社会に生きる誰もが見ておくべき映画だなと思いました。
20代でこの勇気ある行動をしたスノーデン氏に乾杯。
ドキュメンタリーが好きな自分にとっては映像作品としても楽しめたので8点。
南雲しのぶさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-07-02 17:47:55)
17.《ネタバレ》 さすがのオリバーさんも本物のドキュメント映像にはかないませんね
osamuraiさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2018-03-29 02:02:23)
16.《ネタバレ》 テロ対策の名の下に、全国民を対象とした監視システムを秘密裡に構築したCIA。本作は、それを暴露したことで全世界に衝撃を与えた元職員スノーデンの姿を実話を基にして描いた社会派ドラマです。監督はこの分野の巨匠オリバー・ストーン、そして秘密保持法違反に問われいまやロシアでの事実上の亡命生活を余儀なくされているスノーデン役には人気俳優ジョセフ・ゴードン・レヴィット。社会派ドラマとしてはなかなか見応えのある作品に仕上がっていたと思います。普通に考えて怖いですよね、これ。いつでも誰かに見られていると思うと空恐ろしい。それでもテロ対策のためにはこれくらいの監視システムは仕方ないと見るのか、やり過ぎだと捉えるのか、なかなか考えさせられる力作でした。ただ、映画としての面白さがもう少し欲しかったかな。サスペンスとしてはちょっと物足りなさが残りました。それにしてもスノーデン氏はこのままロシアで一生を終えるのでしょうか。そう考えるとやぱ怖いですね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2018-03-04 08:23:28)
15.リアルドキュメントでも面白く作ってくれるのがオリバーストーンのいいところ。映画にでもしてくれないとスノーデンのことも知らないまま生活しちゃいます。それを教えてくれるのが、映画の一つの役割でもある。楽しいだけじゃない映画もたまにはいいなと思わせられます。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-02-18 23:10:01)
14.オリバー・ストーン監督作品..ハズレはないと思い、期待して鑑賞..映画の中で語られる、内部告発事件は知っていたが、主人公スノーデンが、選りすぐりのプログラマーだったとは知らなかった..映画としての評価は、7点かな..物語として、起伏が少なく、ドラマチックさに欠け..感情移入できなかった..当事者たちは、ハラハラ、ドキドキ、なんだろうけど、観ている側には伝わりにくい..そもそも主人公に共感してないし、国家が水面下で色んな悪いことをしていることは、心の奥底では「これくらいのこと、やってるだろ~」って思っている..とてもシリアスに創ってはいるけど、映画として、凡作..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2017-11-19 16:09:08)
13.映画というには、エンターテイメント性が低いというのが感想。どこまで事実かは知らないけど、実話を基にしているので仕方ないかもしれませんが・・・
敵対国ならまだしも、自国民を対象に情報収集はやりすぎだと思う。それを告発すると、母国に戻れなくなったのは悲しいね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2017-10-28 16:35:48)
12.《ネタバレ》 オリバーストーン、久々の新作。相変わらずの反骨(?)映画。スノーデンがどのようにして国を敵に回すにいたったかの心情変化の様子がもう少し丁寧に描かれていれば・・と思った。
特に自己否定の強い性格でもないのに、自分の仕事を何故ここまで冷静に見つめられたかがポイントだと思う。オリバーストーンはそこを、愛する人の存在、そして中東の戦争でゲームのように人を殺しているアメリカという国の実態に置いてる。もう一つ、忘れてはならないのがてんかんという持病。この病気とともにあるだけで大変なのに、スノーデンはそこに天才的なコンピュータースキルを持っていたのだ。
国を敵にするというのは相当なこと。僕はやはりてんかんの存在が大きかったと思う。この主人公は、かなりこの持病の存在に葛藤していたから、そんなことができたのではないか?
でもまぁオリバーストーンの映画は、大きい存在に疑問を呈する社会派が大きな持ち味。久々のオリバー節、健在で安心しました。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-07 23:07:59)
11.《ネタバレ》 スノーデンの人となりや過去について全然知らなかったので、こういう経緯だったのねといろいろ興味深かったです。
特に、日本との関わりも結構あったんだなと。単なる孤独なITオタクだとなかなか話も盛り上がらなかったろうけど、
彼には綺麗な恋人がいて、その恋人の存在がすごく大きな影響を与えることにる。
彼は最初から愛国者だったけど、別に途中から反米になったわけではなくて、
こういうのは自分の愛するアメリカにはふさわしくないよねってことで行動を起こす。
自分の地位と素晴らしい住まいと素敵な恋人を失ってでも賭けに出たその勇気はすごいなと。
彼女は彼を追ってモスクワに行き一緒に過ごしてるってことで、本当に理解ある人で良かったですね。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2017-09-16 20:28:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.43点
000.00%
100.00%
213.33%
313.33%
413.33%
5516.67%
6620.00%
7826.67%
8516.67%
9310.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2016年 37回
最低助演男優賞ニコラス・ケイジ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS