Menu
 >
 >
 > 太陽(2015)

太陽(2015)

2015年【日】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマSF青春もの小説の映画化
[タイヨウ]
新規登録(2016-12-05)【あきぴー@武蔵国】さん
タイトル情報更新(2017-01-09)【あきぴー@武蔵国】さん
公開開始日(2016-04-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督入江悠
キャスト神木隆之介(男優)
門脇麦(女優)
古川雄輝(男優)
綾田俊樹(男優)
高橋和也(男優)
森口瑤子(女優)
村上淳(男優)
中村優子(女優)
鶴見辰吾(男優)
古舘寛治(男優)
脚本入江悠
音楽林祐介
和田亨音楽プロデュサー
撮影近藤龍人
製作KADOKAWA
企画KADOKAWA
その他鈴村高正装飾
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 なんですか、このバカ騒ぎは。
誰目線になればいいのか、さっぱりわかりませんでした。
大風呂敷ひろげてチマチマやられてもねぇ。
門脇さんはもう少し役柄を選んだほうがいいと思いますね。
キャスティングされてるだけでネタバレしちゃうと、あまりよろしくないかと。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 4点(2017-08-26 21:49:03)
3.《ネタバレ》 設定された世界観が映像から感じられず、小さな村とダムサイトの関門でチマチマやっている話でした。
Banjojoさん [映画館(邦画)] 4点(2017-03-19 19:30:26)
2.《ネタバレ》 目では見えているが、当事者の精神的断絶が視覚的空間の断絶に伝播する=生田宅での襖は開いているが、観客からはレイプの全貌が見えないシーン。
フェンスを隔てたキュリオの世界とノクスの世界の境界線。お互いが見えてはいるが、服装や所作、思考、価値観移動手段など全てが異質の物(父娘の別れのシーンに代表される)である事が分かる。
そして目では見えないが、当事者の精神的継続が視覚的空間の継続に伝播する=車のボンネットを隔てた鉄彦と富士太の関係性。
そういった相反するものの境界の曖昧性と価値の逆転を描いている。それは可視と不可視、光と闇、ノクスとキュリオ、自由と不自由であったり。
目を引くシーンも多い。冒頭の低い位置から捉えた駐在員殺害。視覚を制限し影をうまく使ったレイプ。対比として繰り返される生田母娘と鉄彦、富士太の構図。
そして終盤、奥寺姉弟が死亡するシーン。
長回しにより持続する時間の中で、近景(鉄彦と富士太)中景(生田親子)遠景(村人と克哉)による三つのドラマが同時に進行する。
画面的な多層性も去ることながら、キュリオとノクスの融解、ノクス同士の和解、ノクス同士の対立というように関係性もグラデーションになっていて意味の多層性も秘めている。
そしてその果てに起こる二つの肉体的な死、一つの父娘という関係の死。一つの友情の生。
争いと離散の果てに生まれた友情はどこへ向かうのだろうか。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-11 11:19:09)
1.『テロによって散蒔かれたウイルスで、ヒトが昼と夜の別々の世界で生きる』って設定は、面白いのだが、映画自体は退屈極まりないし、キャストの演技も芝居がかったオーバーリアクションで少しウンザリする。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2016-12-28 22:23:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3125.00%
4250.00%
500.00%
600.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS