マッド・ナースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マッド・ナース
 > (レビュー・クチコミ)

マッド・ナース

[マッドナース]
Nurse 3D
2013年【米】 上映時間:84分
平均点:5.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-02-28)
犯罪ものエロティックバイオレンス
新規登録(2016-12-12)【3737】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダグラス・アーニオコスキー
キャストパス・デ・ラ・ウエルタ(女優)アビゲイル・ラッセル
カトリーナ・ボウデン(女優)ダニー・ロジャース
コービン・ブルー(男優)スティーヴ
ジャド・ネルソン(男優)モリス医師
ボリス・コジョー(男優)ジョン・ローガン刑事
キャスリーン・ターナー(女優)
脚本ダグラス・アーニオコスキー
音楽アントン・サンコー
製作マーク・ビエンストック
配給ポニーキャニオン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 ナースがエロエロで、かつ超残虐、というのをやりたかっただけな映画。展開運びは全編通して非常に手抜き(ごくありふれた話だからそれでも全然ついてけるケド)、そしてラストは全部放り投げてやりたい放題の滅茶苦茶だし、(エロはともかく)肝心の残虐描写もどれも超チープな質感で、総じて映画としての質はお世辞にも高いとは言えない。

だから本作、そのエロくて残虐なナースからどのくらい魅力を感じ取れるかに全てが掛かっている。これがまた、極めて個性的な顔立ちのお姉さんで、見ようによってはハッキリ「ブス」だと言えるかも知れない。しかし、何と言うか色気に全ステータスを振り捨てているというか、とにかく何ともエロい(イヤらしい)のですね。その意味では、無修正版を観ないと正確には評価できない作品なのかも知れない(ブラはあんまり外さないがパンツは脱ぎたがるという変態だったりするので)。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-05-20 22:13:57)★《新規》★
4.原題にあるとおり、これ3D映画なんですよね。
ピラニア3Dとかもそうですが、エログロ系は相性いいんでしょうか?

で、映画の内容は終始無茶苦茶。特にクライマックスはもう何がなんだか…だし、オチも無理あるけど、でもまぁここまで無茶苦茶だと逆にいさぎいいっていう。

主人公役、完全に男顔で美人でもなく顔は全くそそらないわけですが、体はすごいです、ええ。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-16 17:14:18)《新規》
3.《ネタバレ》 脚本の質、演者の面子、映像表現等々、いわゆるB級カテゴリーで間違いありません。ただ、捨て置けない魅力があるのも事実。その一つは主演女優さんのキャラクター造形にありました。巷ではTVドラマ『M-愛すべき人がいて』の田中みなみ譲の役作りが話題ですが、それに通じるような正確かつ特濃な味付け。悪くて、エロイ。発注どおりの妖艶な悪女ぶりに感心しました。主演女優のお名前は、パス・デ・ラ・ウエルタさん。エキゾチックな顔立ちは、いわゆる正統派の美人顔とはまた異質な印象。それでいてスタイルはプレイメイト級。シリコンではなく天然もの(ですよね)のオッパイが素晴らしい。髪量も多いんだなあ。気になるなあ。杉本彩さんを3日間陽の当たらない蔵に閉じ込め(でもご飯は腹いっぱい食べてもらい)、料理スキルを抜いた感じとでも申しましょうか。ちなみに、本作の撮影中に負った怪我の賠償で66億円を請求したとか。こちらも濃いですなあ。なお、私は日本語吹替え版を鑑賞したのですが、声が大堀恵さん(元AKB48、SDN48)としか思えなくて。いつ『イチャまんグランプリ』(@ゴッドタン)の名台詞「元気ね~」が飛び出すかと勝手に冷や冷やしておりました。※調べたところ、実際の声優はキュア・パッションさんでした。もう一つの長所はクライマックスの傍若無人展開。当初掲げていたはずの信念や理念は何処へやったの?と問い詰めたくなる、やりたい放題です。本来はマイナス査定ですが、突き抜ければむしろ爽快感さえあり。「ご利用は計画的に」とはよく耳にしますが、これは返済する気のある一般人向けの話。そもそも返す気がないなら、限界まで借りて豪遊すりゃあいいんですものねえ(何のこっちゃ)。
目隠シストさん [インターネット(吹替)] 7点(2020-05-15 19:54:30)(良:1票)《更新》
2.期待して観なかった分、ラストの怒涛の展開はなかなかなもの。
伏線もちゃんと拾ってくれて、意外な誠実さも見せる。
ただ、お仕置きが本来の目的なのに、無辜の民を殺戮するのは、ちょっといただけないかな。
でもまあ、観る人少ないだろうから、気になったら観ても損はそんなにしない映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-06-20 20:58:09)
1.《ネタバレ》 邦題に関しましては、マッド・ナース(狂気の看護師)と、まあ確かにタイトルに偽りは無かったですが、原題に関しましては“nuse 3D”となってます。でもちょっと待ってください これ全裸のマッド・ナースの茂みの部分にはしっかりとモザイクかかっていましたが。惨殺部分についても腕切断シーンとか そんなシーンにおいてちゃっかりモザイクかかっていましたが、なんの為の3Dなのか そんなのどうでもいいけど なんせタイプじゃないナースないので見ててかなり辛い。 2016年12月 CS放送されたものを鑑賞。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-01-22 18:40:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5240.00%
6240.00%
7120.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS