Menu
 >
 >
 > 名探偵コナン から紅の恋歌

名探偵コナン から紅の恋歌

2017年【日】 上映時間:112分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
サスペンスラブストーリーアニメシリーズもの犯罪ものミステリーTVの映画化漫画の映画化
[メイタンテイコナンカラクレナイノラブレター]
新規登録(2017-01-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-05-10)【イニシャルK】さん
公開開始日(2017-04-15
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督静野孔文
高山みなみ江戸川コナン
山崎和佳奈毛利蘭
小山力也毛利小五郎
堀川りょう服部平次
宮村優子【声優】遠山和葉
吉岡里帆枚本未来子
宮川大輔関根康史
ゆきのさつき大岡紅葉
勝生真沙子服部静華
緒方賢一阿笠博士
林原めぐみ灰原哀
岩居由希子吉田歩美
大谷育江円谷光彦
高木渉小嶋元太
てらそままさき遠山銀司郎
松井菜桜子鈴木園子
山路和弘服部平蔵
若本規夫大滝悟郎
置鮎龍太郎綾小路文麿
小野大輔伊織無我
阪脩阿知波研介
石井康嗣海江田藤伍
一条和矢名頃鹿雄
石川英郎矢島俊弥
福島潤警官
原作青山剛昌
脚本飯岡順一(ストーリーエディター)
音楽大野克夫
作詞倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」
作曲徳永暁人「渡月橋 ~君 想ふ~」
編曲徳永暁人「渡月橋 ~君 想ふ~」
主題歌倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」
製作小学館
読売テレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
企画諏訪道彦(企画プロデュース)
制作トムス・エンタテインメント(アニメーション制作)
配給東宝
作画須藤昌朋(作画監督/キャラクターデザイン)
編集岡田輝満
録音浦上慶子(録音監督)
その他古内一成(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 紅葉&百人一首という情緒ある設定で、舞台こそ綺麗だったものの、ストーリー的には過去作の中でもややスケールが小さい。
ロマンス寄りのタイトルで想像はついていたが、犯罪要素は少なめで、スリルがもう少し欲しかった。
カジノ愛さん [映画館(邦画)] 5点(2017-05-14 17:27:22)
1.《ネタバレ》 おもしろくなくはないんですが...。昨年の映画が黒ずくめの組織の話だったのに比べると、平次が活躍するカルタの話ですからねえ。な~んか緊迫感に欠けるんですよね。平次が出ていても「迷宮の十字路」はおもしろかったんですが。カルタがよくなかったのか。

ほかの作品に比べると、阿笠博士、灰原、蘭、少年探偵団、園子、毛利探偵の出番が異様に少ないです。「迷宮の十字路」では怪しげな刑事だった綾小路警部がただのコナンたちの協力者に成り下がっていて面白みに欠けます。警視庁もFBIも黒ずくめの組織も出てきません。ひたすら平次と和葉がたくさん出てきて、あと今回だけのキャラの大岡紅葉が濃いキャラでたくさん登場します。

犯人は最初から検討がついていたので、意外性がなかったです。過去の劇場版コナンと比べると、レベルが低かったかなと思います。
映画本体よりも、エンドロールのあとの来年の映画の予告が謎めいていて興味を引かれます。ネットでもウワサが飛び交っています。来年の予告をお見逃しなく。
チョコレクターさん [映画館(邦画)] 6点(2017-04-18 20:40:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS