女優マルキーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 女優マルキーズ
 > (レビュー・クチコミ)

女優マルキーズ

[ジョユウマルキーズ]
Marquise
1997年【仏・伊・スペイン・スイス】 上映時間:122分
平均点:5.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマ歴史もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-05-21)【レイン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴェラ・ベルモン
キャストソフィー・マルソー(女優)マルキーズ
ベルナール・ジロドー(男優)モリエール
ランベール・ウィルソン(男優)ラシーヌ
ティエリー・レルミット(男優)ルイ14世
ジョルジュ・ウィルソン(男優)フロリド
脚本ヴェラ・ベルモン
撮影ジャン=マリー・ドルージュ
製作ヴェラ・ベルモン
字幕翻訳古田由紀子
あらすじ
17世紀フランス。貧民街の踊り娘売春婦、マルキーズ(ソフィ・マルソー)は、たまたま巡業に訪れた劇団の看板役者グロ・ムネに見出され、貧民の暮らしから抜け出す為にも彼からの求婚を受け入れた。その後、劇団員と共に都パリへやってきたマルキーズだが、演技力のなさゆえに幕間で踊るさえない日々が続くことになる。しかし、その表現力豊かな踊りと美貌が目にとまり、国王ルイ14世の城で芝居をすることになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 何気に生真面目な典型的日本人のアタシにとって、フランス人の自由奔放っぷりは永遠のミステリー! 特にこの時代の節操ない感じはチンプンカンプンで、もちろん感情移入なんて全然できなかったんだけど、カツラの下はハゲ散らかしてる(失礼)太陽王ルイ14世のウ○コをお付きの人たちが匂い嗅いだり触ったりしてるの見て、「絶対君主制は終わるべくして終わったのねー」なんて思ったりして…って違うか。 でも当時の様子や慣習を知るには面白い映画だったわ。 アタシ的な見どころはやっぱりソフィー・マルソーの圧倒的な美貌!と、付き人マリーの見事な乙部のりえっぷり!! 舞台の上で自ら命を絶つマルキーズに最後はまんまとおいしいトコ全部持ってかれちゃうあたり、ほんと乙部のりえっぽかったわー。 ステキ!
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-07-30 14:45:01)
5.《ネタバレ》 マルキーズをどういう人物として描くのかという焦点がはっきりせず、単に成功と凋落の筋を追っていっただけであるため、演ずる側もどう演じていいのか困っているような感じ。結局、ソフィー・マルソーも、最初に楽しそうに踊っている場面が一番輝いており、それ以外はさしたるインパクトがなくなっている。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-05-11 23:57:32)
4.ヨーロッパ絶対王政時代の性に対する価値観にはいつも呆気にとられるのだが、この作品のいいところはまずそのことを隠していないこと。そのうえで今の価値観を差し込んでいないところ。つまり夫以外の男と寝ることについて相手がためらったり自身が葛藤したりといったことがなく、実に普通のこととして描かれているということ。もちろんそれは意図的にされていて、時代考証にはそれなりに気を使っているように思った。いきなりストーリーとは関係の無いご婦人たちの排尿シーンがあったり、意味も無く太陽王の排便方法がなにげに映されたりするのも時代考証をちゃんとしてますよということなんだと思う。マルキーズがどう見てもつり合わない太った旦那を心底愛しているという描写が現代の観客に安心感を与えている。性に対する価値観と異なり愛に対する価値観は普遍ということでしょうか。ストーリーは伝記ものにありがちな大雑把なあらすじの連なりでしかないのだが、話題豊富なルイ14世の時代におけるアレコレを完全封印し、あくまでマルキーズ周辺の出来事に徹しているだけでも良しとしたい。ソフィー・マルソーも女優として最も輝いていた時期だったんじゃないだろうか。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-12-04 15:48:23)
3.マルキーズが思いっきりビッチなため、今ひとつ感情移入できませんでしたけど、内容的には可もなく不可もなくといった感じでしょうか。最後はもう一捻り欲しいですね。
kazu_jonさん [DVD(字幕)] 4点(2009-06-17 20:22:38)
2.路上の踊り子から女優へ、そして大スターへと上り詰めるサクセス・ストーリー。夫や作家との愛憎関係。そして、本人を追いつめていく限り無い野心。こういった物語のファクターが全然絡み合ってないと思う。もちろん伝記映画ですから、それなりに事実に忠実なんでしょうけど、それぞれがバラバラなので、それぞれが唐突に感じてしまう。だからたっぷり2時間の映画なんですけど、何とも駆け足だった様な印象です。マルキーズは、たぶん女優開眼したことで尊大なスターになったのでしょう。しかし映画ではその開眼が描かれないので、観てる方は置いてきぼりです、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-01-02 00:01:57)
1.マルキーズの女優魂に涙!
鐵假面の人さん 10点(2001-09-19 17:30:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
5116.67%
6233.33%
700.00%
800.00%
900.00%
10116.67%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS