planetarian〜星の人〜のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > planetarian〜星の人〜
 > (レビュー・クチコミ)

planetarian〜星の人〜

[プラネタリアンホシノヒト]
2016年【日】 上映時間:117分
平均点:6.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-03)
ドラマSFアニメ
新規登録(2017-03-18)【カーヴ】さん
タイトル情報更新(2020-04-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中山勝一(シリーズディレクター)
小野大輔屑屋/星の人(青年期)
大木民夫星の人(老年期)
日笠陽子ヨブ
竹口安芸子エズラ
佐藤利奈倉橋里美
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 過去パートが長すぎる。
星の良さを伝えたいのか、ロボットとの感動的な交流を伝えたいのか、ぼやけちゃった。残念。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2019-01-28 16:37:56)
3.こういったアニメはちょっと苦手かも...と思いながら観ていたが、終盤はそれでもちょっと感動的にはなる。
大袈裟な感じもするが、吹っ切れてていいのか。
simpleさん [インターネット(邦画)] 5点(2018-09-22 09:55:33)
2.《ネタバレ》 「万物に神は宿る」という日本人らしいお題目と、出涸らし感のあるデストピアSFの見事なマッチングに、感服。

お涙頂戴とキザな世界観が苦手なKey原案と、萌えの最大公約数的な駒都えーじという「どうにもイケスカないタッグ」に、最大限の警戒をしながら鑑賞したのですが、いやぁ、面白かった。嬉しい驚きでした。エンドクレジットで、監督は「JOJOシリーズ」の津田尚克と知り、二度驚かされました。

音楽がちょっとクドイかなと思った以外は、何もかもが及第以上。特に脚本が巧い。佳作です。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2017-04-12 00:56:17)
1.プラネタリウムはいかがでしょう。
どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき・・・

過去パートのみネットで見たが、未来パートを織り交ぜての映画版

ネット版の出来が結構良かったので、付け加えたストーリーとの展開が
多少ギクシャクするが、完成形としては悪くない。

小さな話だが、詳しく語られない世界観を想像しながら物語の中に引き込まれる
ロボットの使命が生む直向さが、荒廃した世界による人間の感情を呼び戻す過去パート
滅びゆく、星の見えない世界に希望を灯す未来パート(こっちがチと弱い)

こういった映像作品が創られる日本アニメの奥深さに敬服する
これはハリウッドで実写化してほしい作品
カーヴさん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-11 13:55:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5125.00%
6250.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS