Menu
 >
 >
 > A.I.

A.I.

Artificial Intelligence: AI
(A.I. Artificial Intelligence)
2001年【米】 上映時間:146分
平均点: / 10(Review 652人) (点数分布表示)
ドラマSFアドベンチャーファンタジー
[エーアイ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-24)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストハーレイ・ジョエル・オスメント(男優)デイビッド
フランシス・オコナー(女優)モニカ・スウィントン
ジュード・ロウ(男優)ジゴロ・ジョー
ウィリアム・ハート(男優)ホビー博士
ブレンダン・グリーソン(男優)ジョンソン
アシュレイ・スコット(女優)ジゴロ・ジェーン
エリザ・コールマン(女優)
サム・ロバーズ(男優)ヘンリー・スウィントン
ロビン・ウィリアムスドクター・ノウ
メリル・ストリープブルー・フェアリー
クリス・ロックコメディアン
ベン・キングズレーナレーション
常盤祐貴デイビッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大川透ジゴロ・ジョー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
紗ゆりモニカ・スウィントン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
井上和彦ヘンリー・スウィントン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕ホビー博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大平透テディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小川真司〔声優・男優〕ドクター・ノウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岩崎ひろしジョンソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ドクター・ノウ(日本語吹き替え版【TBS】)
青野武(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅ブルー・フェアリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
上村祐翔デイビッド(日本語吹き替え版【TBS】)
成宮寛貴ジゴロ・ジョー(日本語吹き替え版【TBS】)
玉川紗己子モニカ・スウィントン(日本語吹き替え版【TBS】)
てらそままさきヘンリー・スウィントン(日本語吹き替え版【TBS】)
菅生隆之ホビー博士(日本語吹き替え版【TBS】)
池田勝ジョンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
銀河万丈テディ(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スタンリー・キューブリック(原案)
脚本スティーヴン・スピルバーグ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
ケネス・ワンバーグ(音楽編集)
挿入曲フレッド・アステア"Cheek to Cheek"
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作スティーヴン・スピルバーグ
ワーナー・ブラザース
キャスリーン・ケネディ
ドリームワークス
製作総指揮ウォルター・F・パークス
ヤン・ハーラン
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクスタン・ウィンストン(ロボット・メーキャップ〔ノンクレジット〕)
ジョエル・ハーロウ(メーキャップ)
リチャード・スネル(メーキャップ)
ヴェ・ニール(メイクアップ・アーティスト)
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
デニス・ミューレン(視覚効果スーパーバイザー)
スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ウィリアム・ショート(特殊効果)
美術スタン・ウィンストン(ロボット・デザイン&アニマトロニクス・デザイン&ロボット・キャラクター・デザイン)
リック・カーター(プロダクション・デザイン)
ナンシー・ハイ(セット装飾)
編集マイケル・カーン
録音アンディ・ネルソン[録音]
ゲイリー・ライドストロム
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳戸田奈津子
スタントジョーイ・ボックス
その他スタンリー・キューブリック(献辞)
クリスティアーヌ・キューブリック(thanks )
あらすじ
最愛の一人息子が不治の病で倒れ、治療方法が確立されるのを待つ夫妻の元へ贈られた、感情を持つ人間の子どもそっくりなロボット・デヴィッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)。 両親への愛をインプットされたデヴィッドは一途に母を愛したが、実の息子が治癒し自宅に帰ったことで、デヴィッドは一転、邪魔者になってしまう。インプットされた愛の呪縛から逃れることのできないデヴィッドは、ピノキオの物語に倣って、本物の人間になり母の愛を得るため、ブルーフェアリーを探す旅に出るのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627282930313233
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
652.こういった世界感がこのあとちょっと話題になってきた記憶がある。
丁寧な作りで、興味深い、ちょっとだけ悲しい映画。
simpleさん [映画館(字幕)] 7点(2017-01-19 22:49:11)
651.評価漏れでした、この発想、すごいですよね。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-29 16:24:59)
650.《ネタバレ》 相当昔見たことがあったのだけど、当時「イマイチ」と思った記憶があり、デイヴィッドが暗い海底に潜水艇で潜り観覧車で封印された所で「なんて暗くて重くて寂しい展開なんだ・・・」と、絶望感を抱きつつ見るのをやめてました。
(そしてあの暗くて救いようのない場面から想像して、バッドエンドだと思い込んでいた)唯一、ジュードのロボぶりがイケてた事だけは好印象だったのだけど。

あれから十数年。何も期待もせず「まぁジュードロボをまた楽しむつもりで」と見始めたところ・・・・なに?なに?面白すぎるー!!
多分私、昔見た時には母性が不足ぎみだったのだ。でも今の自分が見ると、母の気持ちも、父の気持ちも、そしてデイヴィッドの気持ちも全て分り感情移入できるではないか。

デイヴィッドを愛している母の葛藤(マーティンに彼と仲良くしてほしいのにしてもらえない。デイヴィッドと一緒に暮らしたいのに夫は返品すべきだと言って譲らない)も痛いほどわかる。

故障したデイヴィッドを修理中、立ち会った母が彼の手を心配そうな顏で握っていたが、一瞬手を離してその場を離れ、セリフなしで何ともいえない表情をする。
以前見たとき私は「機械部分丸見えな息子のボディを目の当たりにして、やっぱりなんだかんだ言ってもメカの息子だとリアルに感じて気分が悪くなったか」と思っていた。
でもあれは「メカなのに、ナゼこんなにも心配で傍にいてあげたいと私は思うの?私はメカ息子を心から愛してしまっているの!?」と、自分の中にあるメカ息子への愛に自分自身でもとまどっている、そんな場面なのだと今ならわかる。
(再び戻りメカ息子の手をギュっと握る様子が縦モザイクのガラスを通して写っている印象的な場面を見逃すな!)

肝心のストーリーだが、ハーレイ君の困り眉とあどけないブルーアイズのせいで感情移入しまくり、海底に沈む遊園地でブルーフェアリーとご対面したあたりから涙が止まらなかった。

宇宙人が来て”複製するには体の一部が必要”という所で、デイヴィッドの傍にいたテディがあの髪の毛を出す場面でも号泣。
一日限りの母親復活で、ナレーターが「母は、夫もマーティンもいない中でとてもリラックスしてデイヴィッドといた」みたいなことを話したときも号泣(やっぱり、夫やマーティンの手前、メカ息子と親密にはできなかったのだねと)。
そして母がデイヴィッドを抱きながら「ずっと愛していたのよ」と、2000年前には言えなかったことを、当時も愛していた(でも夫やマーティンの手前、素直に言えなかった)という事実を伝えた所でまた号泣。

なんと、これはハッピーエンドだったのですね!w

(ちなみに、母によるメカ息子への愛の告白は「I do love you.I had always loved you」となっていますが、ここ、I love you (大好きよ)じゃなくI do love you (めちゃめちゃ大好きよ)と、高校時代のグラマーの時間に習った”強調のdo”が挿入されてるのがミソです。

で、続くI had always loved youは、昔まだ同居してたときに夫や息子の手前言えなかったけど心の中ではあの時からずっと愛していたのだよ、という現在完了形を使った愛情深いセリフであることもミソです。

ついでにですが、DVDではメカ息子の一夜限りの復活を果たした母への最初の一声が「I found you」で、そのとき字幕では「やっと見つけた」ってなってましたけど、あれは訳ミスですね。
まだ同居してたとき母親が彼をクローゼットに閉じ込めたあとに罪悪感にかられて開けたときに息子に言った、かくれんぼに見せかけたセリフ「I found you(みーつけた)」の伏線の回収場面なんですね。そこ大事ですね。


ストーリーのテーマは、いたってシンプルな「愛」。それを、近未来の、さらにはその後の2000年後で人類は滅亡し宇宙人が来ちゃう時代・・・なんて相当ブっとんだ時空のシチュエーションを、観るものにとって違和感なく入っていける世界観として描ききっている。

それにあの冷凍保存面会所とか、ルージュタウン、ジャンクフェアなど、いろいろな場面の色彩やデザインやコンセプトが、実にユニークでビジュアル的にも魅力にあふれ、何から何まで魅了された作品であった。

ちなみにジュードロウの”首を横に一回カックンしたらミュージックスタート!”は多分、マイケルジャクソンへのオマージュ。
フィンセントさん [DVD(字幕)] 10点(2015-06-24 11:27:52)(良:2票)
649.《ネタバレ》 キューブリックが本当に描きたかったもの・・・それは人間と機械が水と油で終わるという話だったのか、それとも立場を超えた絆を描きたかったのか・・・。

それをスピルバーグが受け継ぎ、見事に「ブッ壊してくれた」。

いや壊してくれてよかったよ。
海の中で独りぼっちは悲しすぎる・・・くどいよ。最高にくどいし説教くさい最後だったよ。

でもあんな終わり方は卑怯すぎんだろうがよおおおおおおっ!!!

クソがー涙が止まんねえんだよバカヤロウー!!
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-14 21:15:00)
648.壮大なお金を使って、ハーレイ少年を破滅させた映画。だが余分なお話は抜きにして、短編で済んだなら、評価もひっくり返ったかもしれない。世界観も嫌いじゃないし。理由のひとつとして尺が長過ぎてデイビッドがどんどん薄気味悪くなってしまってるのだ。だからラストの段階で心が引いてしまっていた。いろんな事が残念。ただジュード・ロウは格好良さのピークだね。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 3点(2014-11-18 15:38:38)
647.《ネタバレ》 息子が昏睡状態で崩壊しかけた夫婦。
その家庭に入ってきたのが、子供の替わりとなる人間そっくりのロボット。
擬似家族のホームドラマ的展開から始まって、ロボット狩り、童話、人類絶滅、宇宙人型未来ロボットなど、いろいろ詰め込んでみたけど、まとまりがつかずに迷走してしまった印象。
モニカはペットを捨てる人間のエゴを感じて好感が持てない。
そんなモニカとデイビッドが最後にやっと再会したところで感動も何もない。
とにかく冗長でダレてしまう似非感動SF大作。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 3点(2014-10-29 20:01:00)
646.人として一言言わしてください。
おかんがムカつく!!
happy_pinkさん [DVD(吹替)] 3点(2014-09-28 23:51:34)
645.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-24 23:55:14)
644.《ネタバレ》 思っていた程感動作ではない、というか予想と全く違う展開に実はちょっとびっくり。何かとってつけたようなデビットに対するイヤガラセや、森に置き去り(!)にするこの母親に嫌悪感大。中盤のロボット破壊ショー?も安っぽい演出に悪趣味さが加わって最悪。ジュード・ローのロボット役は頑張ってたけど役や設定に品がなさすぎてダメダメ。何を言いたいのか分からないシーンの連続でかなりキツイ・・・   強いて言えば人類が絶滅した?2000年後の世界は興味深かった。 もう中盤はバッサリカットして最初と最後だけで良かったんじゃないかと思えるぐらいくどくて長すぎる映画でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 2点(2014-08-20 11:55:24)(良:1票)
643.《ネタバレ》 公開当時、ウブだったので泣いちゃいました。
最後がハッピー?エンド?も、なんとなく良かった。

この子役さんマジ最高!
ウルウル顔世界選手権だとぶっちぎりの1位っすね!
たかしろさん [映画館(字幕)] 6点(2014-05-07 17:18:57)
642.《ネタバレ》 海に落ちて自殺で終わっても良かった。長すぎ。
afoijwさん [DVD(字幕)] 3点(2014-03-08 19:47:23)
641.母親に対して永遠の愛を持つよう設定しておきながら、自分の子供が帰ってくるととたんに疎ましく思いついには捨ててしまう人間のエゴ。不思議なことにこの作品に出てくる人間には全く愛着が持てない。人間よりも情緒的理解に劣る?はずの様々なロボット達の方が、(最後に出てくる未来のロボットも含めて)断然人間らしさを感じることができ、応援したくなる。前半はデイビッドに感情移入しすぎてつい泣いてしまったが、後半の展開はかなり予想とは異なっており、さすがキューブリックが原案に絡んでいると言うだけあるストーリーだった。「さすが」とは言ったがそれは別に褒めているわけではなく、もう少し分かりやすい展開でも良かったのではないかな、と思う。それでも最後には母親の愛に包まれることができて、デイビッドの幸せそうな顔を見たらなんとなく安心して映画を見終えることができた。好み40/50、演出10/15、脚本8/15、演技8/10、技術8/10、合計74/100→7/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-03 22:54:27)
640.《ネタバレ》 そもそも、母親への愛を刷り込まれたら変更できないという時点で「人工知能」というより偏向した「プログラム」です。親愛の対象が母親でなければストーカーに早変わりでしょう。その感情プログラムの悲劇的側面だけを取り上げて悲劇的に演出する。子役に同情させる目的が見え見えです。このストーリーから「人工知能」を語るには無理があります。少なくとも、「人間になりたい」という想いが画期的に見えないことは致命的です。くまロボのテディの方が真っ当に進化しているように見えました。人工知能にゴースト(=魂)が宿るかどうかを論点にしている「攻殻機動隊」の方がよほど進んだお話です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-11-18 18:10:03)(良:1票)
639.《ネタバレ》  10年前くらいに、「シックスセンス」で「ハーレイ・ジョエル・オスメント」という子役を初めて見て、すっかりファンになってしまいました。
 彼が出ている他の映画を見てみたくて、「ペイ・フォワード」を見て感動しました。
 それから、何かのテレビで、「この子役は本当にすごい役者さんです。今度上映される『A.I.』の役づくりのために、まばたきをしない練習をしているそうです。」という裏話を聞いて、「A.I.」を見たくて見たくてたまらない日が続きました。
 そして、何週間かして、ようやく鑑賞する日がやってきました。
 やっとやっと、見ることができました。
 冒頭からすぐに物語にひきこまれ、ずっと画面に釘付けでした。
 次が気になって気になって、ずっと見ていました。
 人類が滅んでしまいました。
 宇宙人が出てきました。
 ・・・その日以降、すごく楽しみにしていた「A.I.」への熱意とともに、「ハーレイ・ジョエル・オスメント」さんへの熱も少しだけ冷めてしまったみたいです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 2点(2012-05-13 19:44:59)(笑:1票)
638.《ネタバレ》 この映画、私にとっては子供いじめてるようにしか見えないんだが。生命を創造できるようになった現代科学への警鐘とでも言いたいんだろうかスピルバーグは。子供の代替ロボに知能を与えて「愛」を感知させるのはイエスかノーかってノーに決まってんじゃんか。分かりきったことをえんえんと流すなあ。テディとJ・ロウがいなかったら点数はさらに下がったとこだ。掃除機だろうが子供型ロボットだろうが森に置き去りにしてはならんのだ。かわいそすぎるわ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-05-13 00:25:31)
637.《ネタバレ》 何が駄目ってもう駄目なところしかなかった。何を言いたいか何となく分かるけど真面目で重いテーマを扱うならちゃんとそれ相応の映画を撮らないと何も伝わらない。一方、肝心のファンタジー要素はストーリーと設定があまりにもめちゃくちゃでぶっ飛びすぎ。あの妙に退廃的な世界もファンタジーには不向き。ファンタジーなのにどこか引いた目で終始観てしまった。宇宙人登場からはもう完全置いてけぼり。嫌悪感すら抱く最低の映画だったけど熊のおもちゃとジュード・ロウだけは良かったので彼らに1点献上。デイビッドより熊のおもちゃの方が人間らしいってどういうことなの。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 1点(2012-04-09 05:45:17)
636.「ピノキオ」をベースにした、近未来SFストーリー。
前半の設定や展開は、多少の強引さがあるものの、何とかついていけたんだけど、
結局後半はとっても非現実なSF童話の世界へと突き進んでしまった。
収拾がつかなかったのか、いかにも先細りの苦しい展開で何とかまとめたという感じ。
それでも救いのある温かいシーンで終わるので、ファンタジー系が好きな人なら許容範囲かと。
個人的には「ピノキオ」という素材を、うまく調理できてないなという印象の作品だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-15 07:52:44)
635.《ネタバレ》 これはある意味 究極のホラー映画。
もとい、SFラブホラー映画とでも形容してみようか。
血の通わない機械の子供が愛を抱き そして生身の女性がその母親となり愛情を注ぐ。
なんとも恐ろしい物語を、冷たい空気感漂う未来を舞台に
主演の子供がまさに無機質な演技で恐怖を上手く演出している。
中盤、断腸なる思いで機械の子供を手放す母。
しかしながら2000年後。元々擬似的に創り出された関係、そして空間にもかかわらず、
そこには再び不変の愛情を通い合わせる母と子。
家族、親子・友人・恋人... など、
これら世にある普遍的な愛を超越したテーマがそこにある気がした。
ゆめやさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2011-03-17 14:17:10)
634.《ネタバレ》 題材は面白いんだけど、話が退屈過ぎる。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 4点(2011-01-11 00:07:09)
633.この設定ならもっと良い映画が撮れたような気がする。子役は魅力あるし、リアリティもある一定のレベルで感じられたし。ちょっと途中から飛躍しすぎたのかな。それともわざとらしく不幸すぎたのか。あまりスッキリしなかった。くまのロボットは欲しいな。
なこちんさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-20 11:20:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627282930313233
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 652人
平均点数 5.23点
0111.69%
1406.13%
2517.82%
37912.12%
48112.42%
59414.42%
68312.73%
77811.96%
8629.51%
9365.52%
10375.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.16点 Review18人
2 ストーリー評価 5.73点 Review34人
3 鑑賞後の後味 5.56点 Review32人
4 音楽評価 5.88点 Review26人
5 感泣評価 6.07点 Review28人

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
視覚効果賞デニス・ミューレン候補(ノミネート) 
視覚効果賞マイケル・ランティエリ候補(ノミネート) 
視覚効果賞スタン・ウィンストン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS