光をくれた人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 光をくれた人
 > (レビュー・クチコミ)

光をくれた人

[ヒカリヲクレタヒト]
The Light Between Oceans
2016年【英・ニュージーランド・米】 上映時間:133分
平均点:6.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-05-26)
ドラマラブストーリー
新規登録(2017-05-08)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デレク・シアンフランス
キャストマイケル・ファスベンダー(男優)トム・シェアボーン
アリシア・ヴィキャンデル(女優)イザベル・グレイスマーク
レイチェル・ワイズ(女優)ハナ・ローエンフェルト
ブライアン・ブラウン(男優)セプティマス・ポッツ
ジャック・トンプソン(男優)ラルフ・アディコット
脚本デレク・シアンフランス
音楽アレクサンドル・デスプラ
製作ジェフリー・クリフォード〔製作〕
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮トム・カーノウスキー
ジェフ・スコール
美術カレン・マーフィ[美術]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 流れ着いた人の子をパクって育てちまった灯台守夫婦のドラマ。お歳を召されても麗しいレイチェル・ワイズ演じる実の母親が名乗り出てもなつかないお子様。受け入れるには時間がかかる。それぞれの心にできた傷も修復には時間がかかる。重く切ないね。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-04 23:10:51)★《新規》★
4.《ネタバレ》 なんか切ない映画だなぁ。イザベルの気持ちも分からんでもないけど・・・もうぅ彼女は精神的に崩壊していたかもしれないなとか思ったり。レイチェル・ワイズ久し振りに見ましたが、複雑な母親の心情を素晴らしく演じていたと思います。流石でした、7点。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-06-13 08:57:16)
3.《ネタバレ》 第一次大戦で心に深い傷を負った元兵士トム。退役後、何もかもを捨て去るようにして静かな港町へと辿り着いた彼は、小さな孤島に聳え立つ灯台の灯台守という職を得る。以来彼は、深い孤独の中でただひたすら海を照らす光を守り続けていた。ある日、そんな孤独なトムの人生に新たな光が差すことに。港町に住む純朴な女性イザベルと恋に落ちたトムは、情熱的な交際期間を経て、彼女を妻として灯台のある島へと迎え入れることになるのだった。誰にも邪魔されず、平穏ながらもただただ幸せな日々を過ごすトムとイザベル。だが、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。子供を強く望んだ二人だったが、最初に身ごもった子供は流産し、二人目も死産してしまう。悲劇を経験し、心身ともに疲れ果て息詰まるような生活を続けていた二人。だがある日、そんなトムとイザベルのもとに信じられないようなことが起こる。一艘の小さなボートが島へと流れ着き、その中に若い男の遺体と生まれたばかりの小さな女の子が横たわっていたのだ。すぐに当局へと報告するというトムを説得し、イザベルはその女の子にルーシーという名をつけ、自らの子供として育てていくことを決意するのだった――。物語はその後、罪を隠しただ幸せそうな夫婦を演じていた二人が数年後、教会で衝撃的な事実を知ることで急展開することになる。そう、彼らがルーシーを授かったのと同じころ、生まれたばかりの女の子が父親の乗ったボートで行方不明となる事件が起こっていたのだ。残された母親はただひたすら哀しみの中で子供の行方を追い続けていた。「もう隠しておけない。真実を話すべきだ」というトムに、イザベルは「私が母親よ。何も言わないで」と答える。女の性とは言え、見ていてなんとも心苦しい展開が続く。誰も悪くはない。ただ心が少し弱かっただけ。そんな人々の思惑など関することなく自然は日々の営みを照らしてゆく。デビュー以来、美しい映像でもって人生の光と闇を見つめ続けるデレク・シアンフランス監督の美質が今回も冴え渡っている。本当の家族としか思えない役者たちの演技も素晴らしい(主役を演じた二人はこの後、本当の家族になったらしいが)。最後、年老いた主人公の元に成長した娘が訪ねてくるシーンなど、年月の重みを感じさせ涙なくしては観れなかった。たまに暗い海へと迷い込みそうになる人生というものに、微かな道しるべともなる明るい光を投げかけるような味わい深い一篇だ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2018-12-04 22:21:49)
2.《ネタバレ》 こういった内容の映画は定期的に出てきていると思う。そんな中で本作は秀作といっていいんじゃないかと。

とにかく人物の感情とか想いの描き方が繊細で素晴らしい。いや、久しぶりに良い人間ドラマを観ました。
はっきり言って冒頭からイザベルはあんまり好きなじゃなかった。
漂着した赤ん坊には確実に母親と家族がいるはずで、二度も流産したイザベルなら赤ん坊の母親の心情を
いちばん理解できるはずだと思うんだけどね。
孤島で灯台守になったトムとの二人っきりの生活と流産を経験したことが影響しているのでしょうね。

全ての罪をかぶり投獄されてしまった夫のトムからの手紙すら読もうとせず、自分の悲しみだけって・・・
ギリギリのとこで間に合ったわけですけどなんか腹立つやら歯がゆいやら。
ラストでトムがひとり静かに庭の椅子に座ってる横顔で泣けた。
「ブルーバレンタイン」が録画してあるから、今度観てみよう。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-07-19 23:41:39)
1.《ネタバレ》 窓の外を白く飛ばし、逆光のポジションに立つファスベンダー。自らが陰となって順光を愛する相手に注ぐ構図、という趣旨か。
特に後半の劇はこのスタイルを多用して光の主題を語っている。

兎に角圧倒されるのは、島を吹き荒れる強風の音であり、波の寄せ返しの画だ。ヒロインが産気づく夜の嵐の音響が彼女の動揺と不安感を次第に
かきたてていく辺り、巧妙に出来ている。

勾配が特徴的な島のロケーションであり、その傾斜を画面によく活かしているが、そこを登る・降りるの運動は少々貧弱だ。
ラストで港へと必死に駆けるだろうアリシア・ヴィキャンデルの走りもまるで物足らない。

芸達者な俳優らの表情芝居とその極端なクロースアップに頼り過ぎてしまったのではないか。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2017-06-02 23:51:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS