武曲 MUKOKUのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ム行
 > 武曲 MUKOKU
 > (レビュー・クチコミ)

武曲 MUKOKU

[ムコク]
2017年【日】 上映時間:125分
平均点:6.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-06-03)
ドラマ
新規登録(2017-06-30)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊切和嘉
キャスト綾野剛(男優)矢田部研吾
村上虹郎(男優)羽田融
前田敦子(女優)カズノ
片岡礼子(女優)羽田希美
神野三鈴(女優)矢田部静子
風吹ジュン(女優)大野三津子
小林薫(男優)矢田部将造
柄本明(男優)光邑雪峯
撮影近藤龍人
配給キノフィルムズ
美術井上心平
武田双雲(題字)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ちょっと暗いけど、すべてラストの為なのかと思うぐらい、ラストが清々しくて良いですね。
ないとれいんさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-09-05 11:41:06)★《新規》★
2.《ネタバレ》 面白かった。熊切監督は名もない人たちのドラマを撮ったら、本当にいい作品を仕上げてくる。
今作は一見なさそうだが、どこにでもあるような親子の話をデファルメしたような作品だった。

「親殺し」の自責につぶされそうな青年を綾野剛が熱演している。
そして台頭してくる若手に個性的な青年、村上虹郎を配すとこなんか絶妙である。
そしていつの日か息子につぶされるのを分かっている父親の小林薫。
涙なしでは見られない。

綾野が悶絶する場所は、お寺こそふさわしい。
実に重厚なドラマだった。

ラストの清々しさがまた良かった。
まるで一曲の音楽である。
まさしく武曲!
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2018-01-21 10:29:50)
1.剣道に打ち込み続けてきた男がある出来事をきっかけに自堕落な生活へと転落して行く様をシリアスかつ重厚なドラマで追った非常に硬派な作品だ。
熊切監督の前作「私の男」の浅野忠信も素晴らしかったが、今作の綾野剛もまた新たな役柄に挑戦していて凄い演技だった。
物語的には剣道をやったことのない者にとっては理解しがたい部分があるし、登場人物の内面を抉るような演出が多く、基本的に暗いので若干しんどい所があった。う~ん、一般受けはしないだろうなあこれ。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2017-07-01 18:10:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS