ドリームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドリーム
 > (レビュー・クチコミ)

ドリーム

[ドリーム]
Hidden Figures
2016年【米】 上映時間:127分
平均点:7.59 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-29)
公開終了日(2018-02-02)
ドラマ実話もの小説の映画化
新規登録(2017-07-15)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-09-27)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督セオドア・メルフィ
キャストタラジ・P・ヘンソン(女優)キャサリン・G・ジョンソン
オクタヴィア・スペンサー(女優)ドロシー・ヴォーン
ジャネール・モネイ(女優)メアリー・ジャクソン
ケヴィン・コスナー(男優)アル・ハリソン
キルスティン・ダンスト(女優)ヴィヴィアン・ミッチェル
ジム・パーソンズ(男優)ポール・スタフォード
マハーシャラ・アリ(男優)ジム・ジョンソン
グレン・パウエル(男優)ジョン・グレン
オレク・クルパ(男優)カール・ジーリンスキー
脚本セオドア・メルフィ
音楽ハンス・ジマー
ファレル・ウィリアムス
ベンジャミン・ウォルフィッシュ
撮影マンディ・ウォーカー
製作セオドア・メルフィ
ファレル・ウィリアムス
配給20世紀フォックス
美術ウィン・トーマス(プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》 まだまだ黒人差別が色濃い60年代にNASAのプロジェクトに貢献した3人の黒人女性のお話。偏差値が超高い人たちの社会であっても道徳的価値観は知性とはまた別なモノなのね、と戦慄すら覚えました。
黒人専用のトイレに毎度800mも走るなんて。「自分たちの」コーヒーサーバーから彼女がカップに注いだ時の白い目。データを黒塗りする同僚。働きづらいことこの上ない環境下でも、彼女らは街中で暴徒と化す同胞らと違い、黙々と自分の成すべき業務をこなすのですね。悔しいったら。でもその分、ついに上司にブチ切れた場面が活きました。「考えてもみなかった」彼女らの被差別環境にようやく気付いて呆然とするケビン・コスナーの表情が良いです。コスナーはこのところ良い仕事をもらえているようで。演技幅の広い人ではないけれど、今作の”リーダーシップのある上司”像は彼にとっては十八番といっていいほどのハマり役ですから、とても説得力のある存在でした。
原題(Hidden Figures)の指す通り、NASAにこんな切れ者の黒人女性技術者がいたとは全く知らずにいて驚きました。でもこの驚きの中身って「黒人の、それも女性が活躍していたとは」に他ならない。キルスティン・ダンスト扮する上司に投げかけられた言葉「貴女が偏見などないと思い込んでいることは知っている」これはそのまま私にも当てはまるのだと気づいて、うっ、となりました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-11 23:16:28)★《新規》★
40.《ネタバレ》 もちろん良くできてはいるんだけど、何というか、作り方が優等生すぎというか。例えば計算式にしてもプログラムにしても、頭脳から何かが生まれるときって、あんな風に分かりやすく出てくるんじゃなくって、もっとランダムに、雑然と、あるいは逆にふわっと曖昧に出てくるはずです。この映画はその辺にあまり踏み込まずに、エンターテインメント的な演出に収めています。それと、今まさに打ち上げようとしているときにそこから検算って、さすがに盛りすぎのような気が・・・(もし本当にそうだったとしたら、それは組織運営の根本の問題であって、この作品のテーマとは無関係)。なお、ケビン・コスナーとキルスティン・ダンストはいろいろな意味でナイスなキャスティングであり、これからもこういう感じのバイプレイヤーでいろいろ出てほしいものです。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-03-23 01:10:50)
39.久しぶりにカッコいいケビン・コスナーを観た。
そういうのが観たかったんだよ、俺は。
イカすぜ、ケビン・コスナー!
いや、いい映画。
roadster316さん [映画館(字幕)] 8点(2019-12-07 11:11:04)
38.《ネタバレ》 ソ連との宇宙開発競争が激化し始めたころの1960年代、アメリカ。まだ黒人への差別感情が色濃く残るこの時代のアメリカ社会において、NASA職員でありながら黒人で女性というだけで不当な扱いを受けていた3人の女性たちがさまざまな困難を乗り越えていく姿をドラマティックに描くエンタメ・サクセス・ストーリー。まあキレイごとっちゃあキレイごとなんですけど、アカデミー賞にノミネートされただけあってなかなかよく出来てますわ、これ。虐げられた主人公が自らの才能とひたむきな努力だけを武器にのし上がってゆくドラマは、超ベタなんですけどやぱテンション上がりますね~。そこに昨今の人種差別やジェンダー問題をスパイスとしてさらりと織り込む手腕も鮮やか。特に主人公の一人が毎回もよおすたびに何百メートルも離れたビルにしかない非白人専用トイレへと往復させられるシーンは、コミカルさとシリアスさが同居する見事な出来栄えでした。美味しい役どころをいただいたケビン・コスナーも全然嫌みがなくていい。うん、なかなか面白かった。7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2019-07-31 23:44:23)
37.昔はいかに黒人や女性への差別が酷いものであったか改めて気づかされる。
一方で、コミカルなシーンあり、非常に前向きな映画なので万人にオススメできる。
アクアマリンさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-07-28 18:57:29)
36.《ネタバレ》 差別に抗いながらNASAで存在感を発揮していく黒人女性たち。トイレも有色人専用しか使わせてもらえず、自分が関わった報告書にも連名を許されない。
そんな逆境の中、怒られても連名を繰り返して自分を認めさせようとするキャサリン。その逞しさには脱帽。
諦めない根気強さに加えて、実力の裏づけがあってこそ待遇が変わっていく。
実話に基づいた作品とのことだが、より感動的にするために差別的な扱いを実際よりも酷く描くなど脚色もかなりあるようだけれど。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2019-06-30 23:41:59)
35.《ネタバレ》 観終わってからこの邦題はちょっと違うんじゃないかと気になりました。
しかしハリウッドはこういうタイプの娯楽映画をつくらせたらやっぱり世界一だと改めて感心。
すごく面白いです、オープニングからがっちり掴まれました。

彼女たちはNASAに勤務している超エリートと言えるんですが、NASAにも当然差別があって、でもそれをルールとしてきちんと守ってるんですよね、同じ黒人でもプラカードを持って差別に抗議している人々とは随分違う。
差別と闘いながらっていう感じではないんですが、「勘違いしないで 偏見は持ってないわ」と白人上司に言われ
「わかっています そう思い込んでるのは」と応えるドロシー、このシーンが印象的です。
アメリカという国はほんとに映画の題材に事欠かない国だなあ、NASAにもこういう逸話があったことを知ることができました。
60年代のNASAを舞台にした興味深いはなしってまだまだあるんじゃないかしらん。
数学の天才かぁ~~素晴らしいわー
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-04-06 16:05:27)
34.感動して泣けたし、すばらしい映画だったと思うのですが。。。確かにちょっと脚色がすぎるというか!実話を映画にするときはしかたないけど、かいつまみすぎ感は否めない。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-04-03 15:43:36)
33.《ネタバレ》 人種差別・女性差別のテーマはあるが、それをいとも軽々と超えていく話の爽快さ。素晴らしいコメディ。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-29 22:43:52)
32.《ネタバレ》 黒人差別と、有人宇宙飛行へのNASAの挑戦が、並行して描かれている。主人公が白人のトレイを使えずに、遠く離れたトイレに毎回行かなければいけない場面など、差別を象徴する場面が丁寧に語られる。一方、宇宙開発の展開はさらっと過ぎていき、主人公たちがどのように貢献したのかは曖昧なままの部分も多い。「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のようにメリハリのある映画というよりは、淡々と進む。ケビン・コスナーが全体を引き締める役回りで、印象に残る。
カワウソの聞耳さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-01-21 09:19:02)
31.高評を耳にして、ずっと観たかった作品、やっと観ることに..う~ん、脚色しすぎ、演出過剰、かな..一言で言えば、ハリウッド映画らしい娯楽映画テイストの作品..とてもいい話だけに、もったいない..もっとリアリティーに徹してほしかった...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2018-12-31 16:08:56)(良:1票)
30.笑える爽やかなサクセスストーリー
ところどころ挟むフラグ回収のカットに感心させられる
れなすさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-11-25 00:00:59)
29.これ見逃してて、やっとDVDで観ました。

人種問題モノ・女性権利モノ・職業モノ・歴史モノ・アメリカンドリーム・・・
どの切り口から観ても良い作品。
前向きで、笑えて、感動的な “ ビハインド・ザ・ライトスタッフ ” ですね!
墨石亜乱さん [DVD(吹替)] 8点(2018-11-07 23:50:51)
28.《ネタバレ》 黒人差別問題を扱いながらも暗いシーンは少ない。
NASAの中で差別されていた黒人女性たちが能力を示して活躍していく展開はカタルシスがあって痛快。
3人の主人公が魅力的だったけどケヴィン・コスナーがいい役してた。BGMも良。
Nigさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-08-22 03:20:08)
27.《ネタバレ》 評判通りの傑作。「いじめ、カッコ悪い。」っていうCMが昔あったけど、これはもう「差別、カッコ悪い。」と感じずにはいられない。なんだろうなこれは…。やはり彼女たちの戦い方だろうか。至極当然のことを、冷静に、毅然と求める感じ。大人として、社会人として、エリートが集まるNASAの職員として…。そして「前例」となった3人。清々しく、痛快でもある。それぞれに印象的な場面があり、またこれを演じた女優陣も大変良かった。さらにケヴィン・コスナー演じるアル・ハリソン(こちらは架空の人物か…)もすごくカッコよかった。それにしても、別に美人でもないおばさん主演の映画が大ヒットするというのはちょっと羨ましい。アメリカの映画文化の成熟度みたいなものを感じる。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-08-19 23:15:37)
26.あのNASAでも人種差別があったなんて…。人種差別ものにしては、全体的にはコミカルで、あくまでサクセスストーリーになっています。インテリらしく、感情的になるのは一場面だけ。やっぱ、感情的になっちゃいけないけど、我慢できないときもあるよねー。やっぱ最後は、本人の知力だったり、技量だったりだよね~。なんてことを思いました。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-08-14 22:47:37)
25.ハリウッドらしい作り、少し盛ってるなって感じがした。3人なかよし・・・
別な切口でも、映画が作れたのでは・・・
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2018-07-22 00:17:07)
24.人種差別問題と、NASAの宇宙開発を支えた女性の物語で、見応えのあるヒューマンドラマでした。
トイレの問題で不満が爆発したところの話はよかったな〜。
へまちさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-06-17 18:24:33)
23.《ネタバレ》 昔のアメリカでは、トイレから水飲み場に至るまで白人用と非白人用に分かれていたんですねぇ。
当然、学校も白人用の学校には行けず、こういう抑圧の中で働き生活するのは大変だったことでしょう。
そういうのが、嫌味にならずに時には笑いもありながら見せてくれるのが本作の巧いところ。
そういう人種差別の部分と、それから家族や恋人などのプライベート、そしてNASAでの計算のお仕事の3つが
実に要領よく配分され描かれているなと感じました。
まぁNASAを舞台にした映画といえば、飛行士をはじめとしてエンジニアの人などの映画もあったと思いますが
こういう計算を専門とする部署を描く作品は初めてのような気がします。
でもすごく大切なお仕事なんですね。今だったらシミュレーション技術なんかは全部スパコンとかが
やってくれるんだろうけど、この時はまだIBMのコンピュータをようやく導入してみましたという時代。
彼女たちの存在は計り知れなかったでしょうね。そして人種の壁を乗り越えて一つになることで
ソ連に打ち勝つことができたというそのあたりの流れも素晴らしいです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-06-07 20:56:56)
22.《ネタバレ》 人種差別と戦いながらも、頭角を現していく黒人女性たち。
とにかく頼りになる!

話の好展開にやった!という気にはなるのですが、
何故か観終わった後、世の中悪くなって、ざまぁみろという感じが湧き起こってきた。
う~む、これは抑圧された側の呪いだろうか?

にしても、頭のいい映画(勉強に役立つ映画とでもいうか・・)。
こういうのを観て育つ子たちも、頭良くなるんだろうな~。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2018-05-12 22:08:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 7.59点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
512.44%
6512.20%
71024.39%
81946.34%
9614.63%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review3人
2 ストーリー評価 8.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review4人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2016年 89回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演女優賞オクタヴィア・スペンサー候補(ノミネート) 
脚色賞セオドア・メルフィ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2016年 74回
助演女優賞オクタヴィア・スペンサー候補(ノミネート) 
作曲賞ハンス・ジマー候補(ノミネート) 
作曲賞ファレル・ウィリアムス候補(ノミネート) 
作曲賞ベンジャミン・ウォルフィッシュ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS