Menu
 >
 >
 > スイス・アーミー・マン

スイス・アーミー・マン

Swiss Army Man
2016年【米・スウェーデン】 上映時間:97分
平均点: / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマコメディアドベンチャーファンタジー
[スイスアーミーマン]
新規登録(2017-07-23)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-07-31)【+】さん
公開開始日(2017-09-22
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
キャストポール・ダノ(男優)ハンク
ダニエル・ラドクリフ(男優)メニー
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(女優)サラ
リチャード・グロス(男優)ハンクの父
シェーン・カルース(男優)検視官
配給ポニーキャニオン
その他ゾーイ・カザン(スペシャル・サンクス)
クエンティン・タランティーノ(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ダニエル・ラドクリフが死体役だからって出オチ映画と思うなかれ!
これは排泄物についての物語…いや、人間の営についての映画だ!(何のこっちゃ?)
とにかく、全編に渡って下ネタのオンパレードだ。オナラから始まって、野糞、動物の糞、勃起、性的欲求、水に近いゲロ、そしてまたオナラ。
泣けるオナラなんてこの映画が初。
おっと、ここまで読んで見るのをためらった貴方、早計なりよ?
これはゾンビ映画でもあるんです。考えてみて欲しい突然自分の家の庭に「ジュラシックパーク」のテーマを口ずさむゾンビが現れたら!怖いでしょう?
とにかく、あなたの想像を超えた展開が待受けているはずなので、騙されたと思ってみてごらんなさい。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2017-09-27 19:10:36)
2.《ネタバレ》 (ネタバレあります。未見の方はご注意ください。)十徳ナイフ並みの 、いやそれを遥かに上回る“万能死体“を使っての無人島からの脱出劇。ノッケからオナラ風腐敗ガスエンジンのボートに変化という飛ばしっぷり(苦笑)。斬新な着想はキャッチーなれど、出オチの危険性大かと危惧しておりましたが、いやいやどうして、見応え十分でした。しっかりコメディとして成立していたと思います。ただし中盤、観念的なアプローチが過ぎたというか、ハイセンスな部分を見せようと意気込み過ぎたというか、やや中弛みした感は否めません(手作りバスあたりの件ですね)。とはいえ、見終えてみれば主題は明快で、こんなキワモノ設定の中ブレることなく結末までたどり着いた点には拍手を送りたいと思います。いや、やっぱりたどり着いてないかな。スミマセンそこは要審議で(苦笑)。というように、反芻しても“苦笑い”がやたら多いのですが、決して駄目じゃなかったと思うのです。好意的な苦笑い。その最大要因は、ダニエル・ラドクリフくんにあります。もう手放しでホメたいチャーミングな死体ぶりでした。それに天下のハリー・ポッターがよくぞこんなヨゴレ役を引き受けたものだなと感心します。彼の熱演(死体だから冷演かな)無くしては、本作の成功はありませんでした。本年度のアカデミー最優秀死体賞は彼で決定ですな。さて、色んな見方・捉え方が可能なストーリー(真っ当な解釈は妄想・精神疾患系あるいは心理状態の比喩表現。そもそも漂流などしていない)ですが、私的には愚直に“メニーくん=宇宙人説”を推したいと思います(タイガー星雲か、ZOJIRUSHI系からやってきたと睨んでおります)。全部“ほんとう”と信じるなら、これしかラストの状況に対する説明はつかない気がいたします。まあ正直いいますと、“整合性なんてハナから気にしちゃいない“が真相だと思われますが。観客で勝手に判断してくれのスタイル。無責任かもしれませんが、個人的にはこんなのもアリだと思います。映画は究極の自由空間ですし。the endの神タイミングに対し+1点査定で。
目隠シストさん [映画館(字幕)] 9点(2017-09-25 08:51:46)(良:1票)
1.予告編に見惚れてどんな映画かも分からずサウンドトラックを買ったので念願の鑑賞でした。
出だし20分くらいの一連の疾走感は爽快でしたが後がグダグダで下ネタもクドい。CM?MV?出身の監督らしく、話が進むにつれて意味不明なとっ散らかった感じに。良いことを言ってる様ですが思い返すと特に含蓄のある言葉も無かった。そんな映画。
アイデアは素晴らしく見所もあり、まあ、良いものが観られたのかな、と言った感じ。The Endが唐突に出た瞬間、みんなに「ふっ」と鼻で笑われる感じ、嫌いじゃありませんよ。アカペラ?の様なサウンドトラックはやっぱり素晴らしかったです。何となくミシェル・ゴンドリーを彷彿とさせました。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 6点(2017-09-22 23:34:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
700.00%
8133.33%
9133.33%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS