プラネタリウムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プラネタリウム
 > (レビュー・クチコミ)

プラネタリウム

[プラネタリウム]
Planetarium
2016年【仏・ベルギー】 上映時間:108分
平均点:3.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-23)
ドラマホラーサスペンスミステリー実話もの
新規登録(2017-09-25)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2017-10-15)【ヴレア】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストナタリー・ポートマン(女優)ローラ
リリー=ローズ・デップ(女優)ケイト
ルイ・ガレル(男優)フェルナンド
アミラ・カサール(女優)
配給ファントム・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 その人を理解しようとしたらやはりある程度バックグラウンドがみえないといけない、のと同じでこの物語のバックグラウンドがほとんど見えないから理解できない。雪が降っているようで羽根にもみえるし、、、実話といいつつ夢を結構描いていたり、意味があるのだろうが夢の意味を押し付けられても。ですね。ケイトの病気ってずっと放射線あてられてなにかを映そうとしていたからなのではないか!とふと考えたりして…無知とは恐ろしいことだ。いい役者さんたち、コルビン演じた方も存在感があって・・・違う作品でみたかったかな
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2019-05-27 14:59:52)★《新規》★
4.《ネタバレ》 霊感のある美しい姉妹が、その能力を活かし、フランスで実録ものの心霊映画に出ようとするものの出資者であるユダヤ人の富豪の積極的な関与のせいで次第にギクシャクしてゆくという物語。名実ともに大女優となったナタリー・ポートマンとジョニー・デップの娘が共演しているということで今回鑑賞してみました。正直、さっぱり面白くなかったんですけど、これ。脚本がお粗末なせいで最後まで何が言いたいかさっぱり分からない作品でありました。霊能力を持つという姉妹の力が本物かどうかを描いたミステリーなのか、二人の間に割って入ってくる富豪との微妙な三角関係を描いた心理ドラマなのか、ずっと二人で暮らしてきた美しい姉妹の成長と確執を描いた青春ドラマなのか、軸がブレブレで最後まで観るのが苦痛以外の何者でもありません。また、それらしい台詞を役者に言わせて、それらしい映像を撮って、それらしい音楽をそこに被せれば、それらしい芸術っぽい感じに仕上がるんでしょとでも言わんばかりの監督の観客を舐め切った制作姿勢が腹立たしくさえありました。正直、有名女優の無駄遣いとしか言いようがありません。このジョニー・デップの娘さん、親御さんによく似てらっしゃるというくらいの印象しか残りませんでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2018-10-07 00:17:47)(良:1票)
3.《ネタバレ》 観た筈なのに、何も残らない。ナタリー・ポートマンだから最後まで見れたのかも。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 4点(2018-04-27 11:31:17)
2.降霊術をメインで展開していけば面白くなりそうなのに、映画業界が絡んできてから面白さがガタ落ちしている。撮影して降霊術は本当にあるのかみたいな事を検証して行くんだけど、ここも中途半端すぎてダメ。さらに大人の恋愛要素も無理矢理ぶっ込んできたがこれまた中途半端。映像はフランス映画お得意のなんか格調高い感じだけど、物語がこれじゃあ入り込めません。
劇中にアメリカ映画は革新的発展を遂げているのにフランス映画はダメだみたいな台詞があったが、この映画の事を言っていたんですね。なんという自虐。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 4点(2017-09-27 19:08:33)
1.《ネタバレ》 ごめん。勘違いしてた。私はこの映画をホラーかサスペンス映画だと思ってました。姉妹はスピリチュアルな能力を持っているのか?それともただの詐欺師か?がストーリーの骨格かと思ってました。実際は全く違う。とにかくあのコルベンなる男が何がしたいのか全く理解不能だ。彼は何が見えたのか?それともただの変態か?最後は気の毒だとは思うが、みんなの信頼を完全に失った結果だと思う。もちろんだからと言って殺されて良い訳じゃ決してないけど。ローラはケイトの能力を本当に信じていたのか?むしろ信じていないから勝手な降霊術を禁じていたのではないか?ローラは女優として大成する事でケイトを養っていくつもりだったのだろう。色々思うところはあるが、映画としてはお世辞にも面白くなかったんで、結論はこの点数で。
それと映倫は一体何をチェックしていたのか?完全に見えてるんですけど。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 4点(2017-09-25 20:24:51)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 3.80点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
4480.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS