ラビング 愛という名前のふたりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラビング 愛という名前のふたり
 > (レビュー・クチコミ)

ラビング 愛という名前のふたり

[ラビングアイトイウナマエノフタリ]
Loving
2016年【英・米】 上映時間:123分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-03-03)
ドラマ実話ものロマンス
新規登録(2017-11-02)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2022-05-30)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェフ・ニコルズ〔監督〕
キャストジョエル・エドガートン(男優)リチャード・ラビング
ルース・ネッガ(女優)ミルドレッド・ラビング
マートン・ソーカス(男優)ブルックス保安官
マイケル・シャノン〔1974年生〕(男優)グレイ・ヴィレット
ビル・キャンプ(男優)フランク・ビーズリー
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)バージレ判事
マット・マロイ〔男優〕(男優)チェット・アンティオー
神尾佑リチャード・ラビング(日本語吹き替え版)
占部房子ミルドレッド・ラビング(日本語吹き替え版)
脚本ジェフ・ニコルズ〔監督〕
製作コリン・ファース
配給ギャガ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.こういうテーマに有りがちな押しつけがましい描写もなくごく自然にみることができた。黒人の女性がチャーミングなので普通に好きになって普通に結婚したいと思うのが当たり前だとすんなり共感できる。それにしても一市民の声を拾い上げたケネディはさすがである。アメリカ国民に広く親しまれている理由がよく分かる。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2021-09-05 10:07:46)
1.《ネタバレ》 1958年のバージニア州に於いては白人と有色人種の結婚を禁止する法律が存在した。曰く自然の摂理に反する、混血児が生まれてはならないだなどというヒトラー総統のような発想で自由の国アメリカが聞いて呆れるもの。ミルドレッドがロバート・F・ケネディ司法長官に手紙を書いたのが発端となり1967年6月12日合衆国最高裁判所が異人種間結婚禁止法は違憲であるという判決を勝ち取るまでのラビング夫妻10年の歳月を描いた物語。ほんの一瞬だけあった裁判シーンで弁護士の「二人の結婚がバージニア州にとって何の脅威を与えるのでしょうか・・・」陳述とラビング一家の真っ当で慎ましく仲睦まじくキチンとした食卓風景が重なる光景に、心底「その通り!」と心打たれました。あまりにも地味で淡々としているのが難と言えなくもないですが、罵り合いが一度たりともない夫婦の姿に「コレリ大尉のマンドリン」での「燃え上がった情熱が恋で、その燃えカスが愛」の至言がまざまざと浮かぶ秀作です。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2018-05-01 21:54:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2016年 89回
主演女優賞ルース・ネッガ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2016年 74回
主演女優賞(ドラマ部門)ルース・ネッガ候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジョエル・エドガートン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS