祈りの幕が下りる時のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 祈りの幕が下りる時
 > (レビュー・クチコミ)

祈りの幕が下りる時

[イノリノマクガオリルトキ]
2018年【日】 上映時間:119分
平均点:6.79 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-01-27)
公開終了日(2018-08-02)
ドラマサスペンスシリーズものミステリー刑事もの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2017-11-14)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-09-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督福澤克雄
キャスト阿部寛(男優)加賀恭一郎
松嶋菜々子(女優)浅居博美
溝端淳平(男優)松宮脩平
田中麗奈(女優)金森登紀子
キムラ緑子(女優)浅居厚子
烏丸せつこ(女優)宮本康代
音尾琢真(男優)横山一俊
桜田ひより(女優)浅居博美(14歳)
飯豊まりえ(女優)浅居博美(20歳)
中島ひろ子(女優)押谷道子
及川光博(男優)苗村誠三
伊藤蘭(女優)田島百合子
小日向文世(男優)浅居忠雄
山崎努(男優)加賀隆正
(女優)上川菜穂
香川照之(男優)田倉慎一
恵俊彰(男優)米岡彰文
原作東野圭吾「祈りの幕が下りる時」(講談社文庫)
音楽菅野祐悟
主題歌JUJU「東京」
製作TBS(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
東宝(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
電通(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
毎日放送(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
毎日新聞社(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
講談社(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
ポニーキャニオン(「祈りの幕が下りる時」製作委員会)
プロデューサー平野隆(エクゼクティブプロデューサー)
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 ドラマも、原作の加賀恭一郎シリーズも好きなので贔屓目があるかもしれませんが、素直に感動。話に厚みを持たせる部分と、不要な部分のバランスがとれてた。主人公が目立たないのも犯人側のストーリーが重厚なおかげです。松嶋菜々子も小日向文世も良かったけど、14歳の博美役の子が私の一番。似てそうでそうでもない似顔絵の感じとか、細部が丁寧な作品です。
ラグさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2018-11-18 21:50:43)★《新規》★
13.原作未読。阿部寛の加賀恭一郎は、イマイチかなぁ・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2018-10-29 00:02:48)
12.《ネタバレ》 予備知識なしで見たが、序盤で警視庁の刑事が地方に出かけて、テロップで事情を説明していたのが「砂の器」っぽいと思っていたら、その後もほとんど「砂の器」をなぞった感じの話になっていたのは呆れた。逃避行のところで感動を盛り上げる音楽が鳴り続けるのも「砂の器」に似せているようだが、この音楽も本家よりさらに薄っぺらい。
物語としては、本家の方は病気の問題が扱われていて注意がそっちに向いてしまうのと、犯人が全く共感できない男のため感動が削がれるところがあったが、この映画では父子の境遇に素直に同情でき、最後はそれでも逮捕されなければならないのか、という思いが残る結末になっている。ただ主人公の事情を同時並行的に語るストーリーのためか、2時間ではかなり込み入った話になってしまったようでもある。自分としては残念ながらそれほどの大感動もなかったが、この後に主人公は元の職場へ復帰するという話だったので、このシリーズ的にはハッピーエンドになったらしい。なお看護師との関係の進展は不明に終わった。
出演者としては、ヒロインの少女時代の悲痛な顔と、現在の凄味のある顔が印象的だったのと、老人ホームにいた母親がかなり強烈な人物だったのは笑った。また捜査本部の上司のわざとらしい口調と顔はやめてもらいたかったが、老人ホーム職員の一人漫才のようなのは嫌いでない。そういう面での娯楽性もある映画だった。

ちなみに社会的な問題提起という面で、本家「砂の器」での病気に当たるものは、この映画では原発のように見えたが残念ながら半端な感じに終わっている(原作を読むともう少し突っ込んで書いてある)。また序盤で岡の上からアパートを遠望したのはどこの風景かと思っていたら、石巻市の日和山から北上川の河口付近を見た映像だったと後でわかった場面は少し衝撃的だった。ただし2001年の時点ではすでに日和大橋ができていたはずなので、現実の石巻を想定していたのでもないらしい。
ほか映像面では、窓から海(湖)の見える居室というのが印象に残った。また原作段階からのことだが、地域行事の「橋洗い」を紹介していたのは少し見どころだった。
くるきまきさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-10-25 20:42:03)(良:1票)
11.このシリーズは、ドラマの方がマシという印象で、総じて好きではなかった。
特に、人を小バカにしたような加賀の印象が肌に合わず、今回は完全にスルーしようと思っていました。

それにしても、よくまあこの内容を120分以下に詰め込んだもんです。どう考えても150分は必要なお話。
その弊害で箇条書きのようなエピソードのブツ切り構成ですが、核になる浅居親子の虚構の人生は丁寧に綴っている。
このシリーズは、主人公の加賀の存在感が微妙な面がありますが、今回は更に薄くなってる印象。
ヒロイン?の浅居博美も、10代20代と別な女優が演じる為、印象が薄まっている。
結果として、新参者シリーズの作品というより、かつての名作「砂の器」のような映画になってしまった。
阿部寛演じる加賀恭一郎のクライマックスのような作品なのに、松嶋奈々子の印象が強烈に残ってしまった今作。
脇役の溝端淳平君、小日向文世もいい存在感ですが、意外に春風亭昇太さんの起用も面白かった。軽過ぎ?

一連のシリーズが好きではなかった自分には、大変相性が良い作品になったようです。
娘を持つ親父には、ど真ん中のストーリーでして・・ 点数甘くなったかも
グルコサミンSさん [DVD(邦画)] 9点(2018-09-18 20:57:00)
10.《ネタバレ》 非常に丁寧に作られた作品。その丁寧さのせいか、登場人物のほとんどが、決められた道筋を黙々と進む駒のように見える。ゆえに感情移入がしづらい。東野圭吾は方程式で喜怒哀楽を表現しようとするが、松本清張は本質で表現してくる。だから決して「砂の器」にはなれない。ただし、本作品には本作品の魅力があり、それは東野圭吾だからこその面白さ、驚き、感動がある。阿部ちゃんが事件の関係者の中に自分を組み込んで思考してみるあの展開。あの展開、あの発想こそが、ザ・東野圭吾ワールドですね。

ただどうしても気になったのは、先生といつどのタイミングで恋仲になったのか。そこが気になりました。

あとは首を絞めるとこ。首絞めて殺すって、そうとう握力ないとできないと思うし、相手に対してちょっとでも気の緩みがあったら力入らないんじゃないかな。いくら死にたがってる父のためとはいえ、ためらいが全くないって考えられないし、父親も娘を犯罪者にしていいのかよ!

なんか「新参者」というパズルの、空白だった部分を埋めるためにピッタリハマるピースを見せられた。そんな気もします。

大変丁寧に作られた映画。それ以上でも以下でもない。はい。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 6点(2018-08-23 21:23:03)
9.麒麟の翼に続く日本橋シリーズ。次回もあるかな。。登場人物は大物の無駄遣いというか、それだけ大物を呼べる作品なのですね。以上。
HRM36さん [インターネット(邦画)] 6点(2018-08-22 15:58:50)
8.《ネタバレ》  原作もTVシリーズも未見。ミステリとして何度もミスリードされた振り回され具合も良い感じだし、最終的に判明した人物相関的に、主人公とちょうど鏡のように対になる人物が犯人というのも、良い。
 東野圭吾版『砂の器』といった感じか。東野圭吾だもの、泣かされるわなあ。逃避行をする親子が人を殺めてからの悲劇に、まあ泣かされた。女の子も良かった。『脳内ポイズン』のハト子ちゃんだったのか。良い女優さんになりつつあるね。
 また、松嶋菜々子が母親と対峙した時の表情(特にその目)が、実に見事。こんなに悪く恐ろしい松嶋菜々子は、久しぶりに見た気がする。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 9点(2018-08-14 19:56:52)(良:1票)
7.《ネタバレ》 原作は未読です.全体的な印象としては,そこそこ見応えがありました.
私は,可哀想な人を見て涙を流すことはないタイプなので,そこまでではなかったのですが,周りには泣いている人も確かにいました.
父娘の放浪シーンは,何となく砂の器を思い出しますが,あの作品に迫るほどの追い詰められ感はないかな.
松嶋菜々子はさすがといったところでしょうか.
ただ,あの部屋で母親に何をしたのかだけが?でした.
マー君さん [映画館(邦画)] 6点(2018-02-16 12:48:37)
6.《ネタバレ》 前作の「麒麟の翼」が非常に良かったので大いに期待して観に行ったのですが、まあ、確かに大作ではあります。シリーズ最終作品ということでドローンを使っての風景描写、最後にカメオアピアランスまでおまけにつけて、スタッフの気合いの入りようは感じられました。ストーリーもカレンダーに書かれた橋の名前をきっかけとした加賀家と浅居家との因縁的結びつきと加賀の過去や現在が明らかになるなど、非常に練られた構成で楽しめるはずだったのですが、なんか違うんですよね。このシリーズの持つ独特の雰囲気が描かれていないような。場所が日本橋近辺だけではなく、彦根や仙台にまたがっていたからなのかもしれませんが、やっぱりこのシリーズの肝は恭一郎が足を使って地道な捜査をするところにあると思うのですが。
途中からは加賀は脇役に追いやられ、浅居父娘が主役となってしつこいくらいに二人のシーンが続き、そこまで二人の絡みを入念に描く必要はあったのかと正直ちょっと食傷気味でした。
最後に加賀さんが人形町をぶらついて終わりにしたのもなんか取ってつけたようで、あまり余韻は感じられませんでした。
キムリンさん [映画館(邦画)] 6点(2018-02-12 16:27:49)(良:1票)
5.《ネタバレ》 シリーズ最終章のキーパーソンは、おまえ(オンナ)とおれ(オトコ)。守りぬかれたのは父娘と父子、それぞれの絆。謎めく緊迫の大捜査線が進行するにつれ、徐々に明らかになっていく人の心の真実が、感動を呼ぶ加賀恭一郎シリーズ。これにて終幕。傑作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 8点(2018-02-09 21:39:21)
4.《ネタバレ》 松嶋菜々子の学生時代を別の女優が演じているので、かなり違和感があった。お父さ~ん!娘さんが急に別の人間に変わってますよ! あと、いくらなんでもあのシーン。正面から素手で、あのやり方でああするのは変でしょう? ええっ!?そんなんでやれる? いやいやいやちょっとむりでしょう!などと感涙のさなか心の中でツッコミを入れるという我ながら変な状況に。いい映画だとは思うけれど、かなり雑な部分も多いと感じました
特別付録さん [映画館(邦画)] 5点(2018-02-09 05:57:28)(良:1票)
3.やたら評判がいいので見に行ったが期待外れ。ストーリーは無理やりで、突っ込みどころ満載。どこか喜劇的な香りのする阿部寛の演技が場違い。映画の惹句、さらば新参者-そのまま返します。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 5点(2018-02-07 17:17:44)
2.なかなか見ごたえのある作品です。 意外な俳優さんが意外なチョイ役をやっていて、かなり贅沢なキャスティングですねえ。 この作品って、やっぱり『砂の器』のオマージュなんでしょうか、結構泣かせます。 しかし、松嶋菜々子がこんなに演技派の役者になっているとは思ってもみませんでした。 彼女の目の演技だけでも観る価値はある作品だと思いますよ。
ミスプロさん [映画館(邦画)] 7点(2018-02-01 20:57:44)(良:1票)
1.原作発売後すぐに読了し、映像化されれば号泣必至だなと思っていましたが…。案の定でした。
東野作品で映像化された作品は多数あれど、本作をナンバー1に挙げたいです。
名作「砂の器」を彷彿とさせる究極の⚪⚪愛。
新参者シリーズは名作揃いですが、最後に相応しい作品だと思います。
あー。それにしても泣きましたわ。
tonaoさん [映画館(邦画)] 9点(2018-01-27 20:02:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.79点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5321.43%
6535.71%
717.14%
8214.29%
9321.43%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS