嘘を愛する女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 嘘を愛する女
 > (レビュー・クチコミ)

嘘を愛する女

[ウソヲアイスルオンナ]
2018年【日】 上映時間:118分
平均点:5.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-01-20)
ドラマサスペンスラブストーリー
新規登録(2017-12-10)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-12-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中江和仁
キャスト長澤まさみ(女優)川原由加利
高橋一生(男優)小出桔平
DAIGO(男優)
川栄李奈(女優)
野波麻帆(女優)
初音映莉子(女優)
嶋田久作(男優)
奥貫薫(女優)
津嘉山正種(男優)
黒木瞳(女優)
吉田鋼太郎(男優)
脚本中江和仁
音楽富貴晴美
主題歌松たか子「つなぐもの」(アリオラジャパン)
撮影池内義浩
製作市川南〔製作〕
阿部秀司〔製作〕(共同製作)
東宝
電通
徳間書店
ROBOT
朝日新聞社
毎日新聞社
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブ・プロデューサー)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 5年間同棲していた彼氏が偽名だった。
彼氏が隠し持っていたPCを覗くと長い長い小説(?)が。
小説の内容から彼氏の過去を追いかけて妻子を事故で亡くした過去がわかる。
そして小説の登場人物は亡くした嫁ではなく彼女だった。
これで万事めでたしめでたし、、、なのか?
でもまぁ、それなりに楽しめました。
彼女の行動力すげーわ。
あきちゃさん [DVD(邦画)] 5点(2018-08-27 09:15:45)★《新規》★
2.《ネタバレ》 エンドクレジットを見ると、脚本協力で奥寺佐渡子の名も。長澤側の科白などを助言したのかも知れない。
身分証明書の偽造とか、序盤にミステリー色を強調して引き込んだのは良いが、その反動か後半の種明かしと着地が凡庸な印象を与える。

人混みのなか気分を悪くしてうずくまる長澤まさみと、雑踏の中で足を止めて彼女の方へと向かうシューズ。
ここでまず足を介した二人の出会いが演出されることで、この後その通り足や歩行のモチーフが様々に展開されていくのだが、
終盤に車のタイヤが破損することでここからさらに歩行が活かされるのかと思いきや、さにあらず。
あっさりと車が直ってしまうので尚更落胆する。

後半乗れないのは、働き方改革とか、少子化対策まがいのスローガンが婉曲的な形でちらつくからかも。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 4点(2018-01-24 21:18:46)
1.《ネタバレ》 映像を生み出す才能と物語を生み出す才能は全く別物だと思う。
どれほど映像の創造力に優れた監督であっても、物語を生み出す才能に関しては全く未知数なわけで。
どうしてある意味素人も同然の人間に脚本を書かせてしまうのかな?
通常のビジネス界では成果主義が当たり前になってる時代に、どうして映画という産業に関してだけはこんなゆるい、結果が悪くても誰も責任をとらないぬるい雰囲気が温存されてるのか理解できない。

出演している女優さんが目当ての長澤さんをはじめとしてほとんど全員、ある程度の好意を持ってるというありがたい映画でAUマンデー1100円を無駄にしたとは思わない。
男優さんの演技、映像の美しさも文句ない。
ただ(ここからひどいネタバレあり)
名前も職業も偽ってた男が、騙した女性との幸福な生活を小説に書いていたからといってそれが女性を深く感動させる愛情表現になるのか?
理解できない。おそらく感動するところなんだろうが、全く心に響かなかった。
もうひとつ、作品のキーポイントに精神に異常をきたした人間をおくのはものすごく安易だと思う、その人間に関してはリアリティ無視でどんな行動もとらせることができるから
それから仕事に集中する姿をそこまで安易に否定していいんだろうか
とにかく脚本の浅さが残念な映画
rhforeverさん [映画館(邦画)] 6点(2018-01-23 20:54:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
5133.33%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS