君の名前で僕を呼んでのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 君の名前で僕を呼んで
 > (レビュー・クチコミ)

君の名前で僕を呼んで

[キミノナマエデボクヲヨンデ]
Call Me by Your Name
2017年【米・ブラジル・伊・仏】 上映時間:132分
平均点:6.80 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-04-27)
ドラマラブストーリー青春ものロマンス同性愛もの小説の映画化
新規登録(2018-01-04)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-12-06)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルカ・グァダニーノ
キャストティモシー・シャラメ(男優)エリオ・パールマン
アーミー・ハマー(男優)オリヴァー
マイケル・スタールバーグ(男優)Mr.パールマン
アミラ・カサール(女優)アネラ・パールマン
入野自由エリオ・パールマン(日本語吹き替え版)
津田健次郎オリヴァー(日本語吹き替え版)
星野充昭Mr.パールマン(日本語吹き替え版)
沢海陽子アネラ・パールマン(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・アイヴォリー
製作ジェームズ・アイヴォリー
その他ベルナルド・ベルトルッチ(サンクス)
ダコタ・ジョンソン(サンクス)
ティルダ・スウィントン(サンクス)
ビル・パクストン(In Loving Memory Of)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.高評を目にし 期待して 鑑賞..なんとなく 予想していたものの..本作を 映画で観たいか? と言えば、観たくないし..人に薦められるか? と言えば、薦められない..そんな感じ.. 観る人を選ぶ 作品...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2020-08-09 10:53:05)★《新規》★
9.特に複雑な物語があるわけでもなく、美しい風景と心象が混じり合う映画。
中盤までは、絵画的な作品だが、終盤に意義深くなる、「心も体も一度しか手に入れられない」という言葉が持つ意味は重い。
simpleさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-07-24 11:51:44)
8.《ネタバレ》 夏の北イタリアの透き通った情景は非常に美しく、観ているだけでも気持ち好い気分になれるホド。そんな中に繰り広げられる情熱の限りを注ぎ込んだかの様な濃厚な恋愛事象もまた、それでいて実に美しく眼に映る。ただそれは、確実にどこかに真実めいたものを秘めつつも、永遠に続くことを希われた様なものであったか、と言われればもっと淡く、儚いものであった様にも思われる。

どちらかと言えば私は、恋愛映画というよりは青春映画として本作を解釈する方が(あくまで個人的には)納得が深い様に思う。その意味では、本能の目覚め、種々の葛藤、情熱と痛み、等々、ティモシー・シャラメの演技はそのどれもを素晴らしく表現できていたと思う。恋愛要素について、ちょっと情熱的過ぎてコアな部分の描写に少しだけエグみを感じてしまった、ということと、映画としても全体的に少し尺を取り過ぎている様に感じたこと、2点を踏まえて、一応のこの評価とさせていただきたい。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 6点(2020-06-12 14:06:42)
7.《ネタバレ》 陽光に輝く木々の緑や、石造りの街並みの美しいこと。美形の俳優二名によるラブ・ストーリーは美的センスに関しては非の打ちどころのない小品に仕上がっています。
相手への思慕が止めようもなく溢れ出て、文字通り悶え悩むティモシー・シャラメの繊細な演技は印象的でした。彼はさほど表情筋を使わないのだけど、全身を使って表現を行う役者さんですね。ピアノをふざけた時の大袈裟な腕の振りとか、面倒な来客の際に見せるおどけたステップとか。そしてオリバーを想う時の苦しそうな寝返り。
悲恋の範疇に入るのかもですが、ゲイ・カップルの話にしては、障害の極めて少ないケースでした。かつて見てきた同性愛モノにつきものだった「迫害」がほとんど無いです。なんと両親も公認、さらに驚異的なことに気晴らしにぞんざいに付き合った女友達まで許してくれるとは。ばれたら最後、社会からリンチすら受けかねないとか、家族からの絶望的な目つきとか、そういうヒリついた状況下のゲイストーリーばかり聞いてきたのでこの作品の甘いことにはとても驚きました。もっとも、どんな恋愛パターンでもそうですが周囲からの抵抗値が高い方が、お話が強く激しく輝くような気もしますが。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-02-05 17:49:57)
6.全体として各シーンがブツ切れのままつなぎ合わされた感じであり、脈絡とか一本の筋というものに乏しいのです。よって、登場人物の思考や発想も窺えないので、先行きに興味が起こりません。そもそも、各登場人物のキャラ自体、それほど魅力がないような・・・。●ただし、びっくりしたのは、クレジットの最後の献辞にどーんと登場するビル・パクストン先生のお名前です。誰とどういうつながりだったんだろう?
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2019-12-05 02:58:55)
5.才能の塊のような青年たち、1983年というのがネックかもしれませんね。その時代だからこその決断とさらに古い時代に迷い続けた父親。理解ある母・・・続編が書かれているらしいです。そちらの原作を読めるのが先か映画が先か、楽しみでもある。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-07-15 12:59:37)
4.《ネタバレ》 イタリアの避暑地で出会った青年たちの男同士の恋愛を濃厚な映像で描いたラブロマンス。とにかく若い男たちの引き締まった肉体美が素晴らしいですね。滴り落ちる汗の匂いがこちらにまで漂ってきそうで、なんだか昔読んだ三島由紀夫の小説を思い出しました。この昔のヨーロッパ映画のような古風な作風が個人的にそこまで嵌まらなかったですけど、いい映画だったと思います。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2019-05-10 22:07:13)
3.《ネタバレ》 去年のアカデミー賞を観てからずっと、いちばん観たかった映画。同性愛の映画とひとくくりにできない愛情のこもった映画で、エリオが誰からも大切にされ愛されていることが映画全編にあふれている映画だった。たぶん嫌悪感を持つ人も違和感を持つ人もいるだろうけれども、この映画は単なる欲望の映画ではない。そして主演のティモシーシャラメとアーミーハマーの魅力によるところが大きく、彼らでなければ決して成立はしなかっただろう。映画の最初から不思議なオーラを放っていた父親が最後にこの映画のメッセージを伝えている。映像はとびぬけて美しく、わたしは大好きなエリックロメールの映画のシーンを思い出したりもした。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-02-27 08:40:55)
2.《ネタバレ》 同性愛の映画って苦手なんですが、物語が進むにつれ、引き込まれていきます。ラスト前の父さんのセリフと、ラストシーンの暖炉の火を見つめながら目に溜めた涙が、ものすごく印象的です。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2018-05-18 23:17:52)
1.《ネタバレ》 恥ずかしながら、途中まではゲイ映画だと思っていた。女の子大好きボーイの自分には2人の男が惹かれあっていくのが理解できるほどの説得力が感じられなかったし、濃厚な絡みはちょっときつかった。まあ確かにゲイにはたまらんのだろうが。

しかし途中からこれはただのゲイ映画ではなく、もっと深い人間の愛を描いた作品なのだと気づいた。それはゲイもバイもノンケも関係ない、もっと根源的なものだ。息子のBLを知ったうえでやさしく見守ったお父さんの「心は衰える。」「友情以上だ。羨ましい。」などの息子の愛を全肯定する台詞も心に沁みた。最後のエリオの顔だけを映し続けるシーンから、暖炉の木が爆ぜる音のエンディングも素晴らしかった。役者さんは全員本人なんじゃないかというくらい上手かった。
なすさん [映画館(字幕)] 9点(2018-05-14 23:33:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4110.00%
500.00%
6330.00%
7440.00%
800.00%
9220.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2017年 90回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ティモシー・シャラメ候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌 候補(ノミネート)楽曲|"The Mystery of Love"
脚色賞ジェームズ・アイヴォリー受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2017年 75回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ティモシー・シャラメ候補(ノミネート) 
助演男優賞アーミー・ハマー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS