ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 > (レビュー・クチコミ)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

[ペンタゴンペーパーズサイコウキミツブンショ]
The Post
2017年【米】 上映時間:115分
平均点:7.39 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-03-30)
公開終了日(2018-09-05)
ドラマ歴史もの実話もの
新規登録(2018-01-09)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-07-20)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
キャストメリル・ストリープ(女優)キャサリン(ケイ)・グラハム
トム・ハンクス(男優)ベン・ブラッドリー
サラ・ポールソン(女優)トニー・ブラッドリー
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)
ブルース・グリーンウッド(男優)ロバート・マクナマラ
ジェシー・プレモンス(男優)
マイケル・スタールバーグ(男優)エイブ・ローゼンタール
スターク・サンズ(男優)
ボブ・オデンカーク(男優)
高島雅羅キャサリン(ケイ)・グラハム(日本語吹き替え版)
江原正士ベン・ブラッドリー(日本語吹き替え版)
相沢恵子トニー・ブラッドリー(日本語吹き替え版)
安原義人ベン・バグディキアン(日本語吹き替え版)
花田光ロバート・マクナマラ(日本語吹き替え版)
脚本ジョシュ・シンガー
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作エイミー・パスカル
スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮ジョシュ・シンガー
字幕翻訳松浦美奈
その他ノーラ・エフロン(献辞)
あらすじ
ベトナム戦争末期の1971年、夫亡き後にワシントン・ポスト紙の単独社主となったキャサリン(ケイ)・グラハムは編集主幹のベン・ブラッドリーと協力し、同族経営に反対する社内勢力をなだめながら采配をふるうが、不正に入手されて持ち込まれた政府の軍事機密文書を自ら精査する間になぜかニューヨーク・タイムズ紙にその文書の真髄をすっぱ抜かれる。NYT紙に依拠する反戦世論と政府権力との対立が鮮明化してWポスト紙が忘れられようとした時、更なる関連機密文書がWポスト紙に持ち込まれ、ケイと報道に命をかける男たちには会社の命運をかけた真の国益のための決断の時が迫る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》 ベトナム戦争当時、前線を視察した政府職員が作成したとされる最高機密文書、いわゆるペンタゴン・ペーパーズ。時の政権を揺るがすほどの内容が記されたその文書を巡り、安定した経営か新聞記者としての矜持か、ぎりぎりの選択を迫られることになった記者や社主の葛藤を描いた社会派ドラマ。監督はもはや言うまでもないレジェンド監督スティーブン・スピルバーグ、主演も長年ハリウッドの第一線で活躍し続けるベテラン俳優コンビ、トム・ハンクス&メリル・ストリープ。実話を基にして描かれたという本作、手堅い演出とベテラン勢の安定した演技力でなかなか見応えのある仕上がりになっていたと思います。株式公開による安定経営か、もしかしたら会社存続の危機に陥るかも知れないがそれでも真実の公開か、アメリカの歴史を揺るがした事件を丹念に描いたドラマは抜群の安定力でした。ただ、あまりにも王道過ぎて、若干物足りなく感じてしまったのも事実。もう少し捻りのある展開があればもっと良かったんですけど、これは好みの問題なのかな。面白かったですけど、まあそこまでって感じですかね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2019-07-23 23:13:54)★《新規》★
35.《ネタバレ》 面白いな―――、まったく退屈させることんくグイグイ持ってく手腕はさすが。あんまりアメリカのその頃の事情に詳しくないので最初はついてけなかったけど、まぁそれは俺個人の問題だしw。 あのワシントンポスト紙の内情がそうだったとはね~いろいろ勉強にナリマシタハイ
Kanameさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-07-23 07:03:55)★《新規》★
34.さすがの名優二人と名監督でした。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-07-21 22:34:48)《新規》
33.《ネタバレ》 メリル・ストリープは「プラダを着た悪魔」では専制君主のような強烈なトップだったが、ここでは優柔不断にも見える迷いや弱さを感じさせるトップ。
まったく違う役をこれだけ演じきるのはさすがだ。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2019-07-02 23:39:55)
32.《ネタバレ》 おもしろかった。序盤、いろんなことを整理するのに少々時間がかかりますが、それだけにベトナム戦争の機密文書がどれだけのものかがよくわかります。実話なんでしょうけど二番煎じってとこもリアリティがあっていいですね。そして、メリル・ストリープ!さすがです。
ラグさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-03-31 21:34:45)
31.素直に面白かった。ベトナムの画をスピルバーグ監督が撮っているのに驚いた。いつか、ベトナム戦争物をこの監督に撮ってほしい。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-18 01:50:21)
30.スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス、メリル・ストリープ揃い踏みのこなれた作品でサクサク感に物足りなさを感じます。「マスコミは社会の木鐸たれ」が浮かぶ新聞の品質を語る、アメリカにとってタイムリーな物語。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2019-02-17 23:59:17)
29.時代において必要な映画だと感じた。決定から勝利までの場面は感動的。
統治者ではなく国民のために憲法がある、ということの意味は重い。
simpleさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-17 15:09:17)(良:1票)
28.最初の展開がやや難しく、ストーリーに入っていきにくいのが難点だけど、その後は機密文書を巡って一気に引き込まれる。SNSの存在や政治への無関心が問われる今の時代で、メディアに携わる人達にはぜひこうあって欲しい。
nojiさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-11 16:48:47)
27.これは傑作。もし主役がトム・ハンクス1人なら、勧善懲悪風になってつまらなかったかもしれません。しかし、そこに上場を控えた頼りない経営者としてメリル・ストリープが加わったおかげで、グッと立体的で重厚になった気がします。けっしてハラハラドキドキの展開ではないし、陰謀ドロドロの世界を描いているわけでもありませんが、それぞれ職務を真摯に全うしようとする姿が実に爽やか。仕事とはかくあるべし、と教えられるようでした。
さて、かようなワシントン・ポスト紙もジェフ・ベゾス個人に買われましたが、日本の大手各紙も軒並み部数減に苦しんでいる様子。そういえば最近はスクープ記事というものを滅多に見ないし、それどころかフェイク・ニュースを垂れ流しながら反省も検証もしないケースもあるようで。部数減も、さもありなんという感じです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 9点(2019-01-25 02:09:53)
26.《ネタバレ》 役者と演出が揃っているので、飽きずに見ることができる。一方、政府(ニクソン大統領)からの圧力がいまひとつ伝わってこないのが残念でもある。新聞の印刷機を丁寧に見せているのが良かった。
カワウソの聞耳さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-01-07 12:08:29)
25.典型的な真面目映画サイドのスピルバーグ作品といった感じの安定感あふれる完成度の高い映画。
これ同時期にエンタメサイドのレディプレイヤー1を撮ってたという事実がとにかくすごいわけで、スピルバーグってほんとにすごいんだなぁ、とあらためて実感させてくれまする。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-01-02 21:52:08)
24.面白かった。政治物を扱った映画は好きでないのだが、ストリーテーリングが見事で、役者陣の堅実な演技と併せて、見ごたえがあった。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2018-12-21 13:03:11)
23.国家機密と報道の自由は、すごく重要なテーマだと思う。が、エンターテイメントとしてはう~んどうなんでしょう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2018-12-12 16:29:57)
22.《ネタバレ》 面白い!骨太な傑作だ!
最後は自由の国アメリカ万歳で締めくくるから、気持ちがいい!

スピルバーグの計算がかなりあるのだろう、これを今、世に出したのは・・
報道の自由の危機の予感、女性の時代の到来等々。
相変わらずの演出の巧さで、地味な内容の映画を最後まで引っ張ってくる。
彼の映画で言えば「リンカーン」に近い。

自分にとってスピルバーグの楽しみは演出の巧さである。
個々の部屋での電話会談、機密登場の緊迫場面でレモンを売る娘、「ニクソン」側の役員への印象づけ、
各人各人のセリフの面白さ・・

最初はちょっと難しいよ、スピルバーグさんと思って観ていた。
字幕のセリフを読んでるうちに、広い新聞社のオフィスの空気で眠くなってしまった。
これは前も経験したなぁ・・
あぁそうだ。「大統領の陰謀」や「ネットワーク」(これはTV局だけど)でもそうだった。
とにかくマスコミの方々の説明口調は映画と相性悪い。
でもそれを最後まで引っ張るスピルバーグ御大の演出には、職人の味がある。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2018-12-07 22:33:52)
21.かの国は、どの時代も多大な危うさと愚かさを孕み、危機的な状況に陥る。
だがしかし、どんな時代であっても、その過ちにに対して是非を唱えることを躊躇わない国民性と精神が、しぶとく、力強くその存在を主張する。勇気ある個の主張が、次第に大きなムーブメントとなり、国の行く末を変えていく様を、歴史は何度も見ている。愚かで危うい国ではあるけれど、根底に根付くその精神こそが、かの国の本当の強さであり、偉大さなのだと思う。

実際に巻き起こったニクソン政権下における新聞社への政治的弾圧を背景にし、それに抗うジャーナリズム精神、女性の社会進出と権利主張、ベトナム戦争の是非に至るまで、当時のアメリカ社会の病理性がテーマとして複合的に絡み合う構成が、極めて見事だ。
スティーヴン・スピルバーグ監督は、タイトなスケジュールの中に埋め込むようにして、急遽今作の製作を進めたという。
巨匠をそこまでして突き動かした要因は、この映画のテーマ性が、まさに今現在のアメリカ社会が抱える切実な問題意識に直結するからだろう。
前述の通り、アメリカという国は、今この時代においても危うさと愚かさの中を突き進んでいる。
スピルバーグはこの映画を通じて、再び勇気ある主張が、大きなエネルギーとなって国の潮流を変えていくことを願ってやまないのだと思う。

そして、この映画において重要なことは、そういった現代社会に直結する重く堅いテーマ性を扱いながらも、しっかりと映画娯楽として確立されていることだ。
ストーリーの展開力、名優たちによる名演、精巧な美術等々、映画を彩るどの要素を切り取っても「面白い!」という一言に尽きる。

どうせ良い映画なんでしょ。と、思いつつ、実際観てみると、やっぱり、というよりも想像以上に良い映画だったことに舌を巻いた。
相変わらず世界最強の映画監督による、世界最高峰の映画娯楽を心ゆくまで堪能できる。もはや「流石」としか言いようがない。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2018-11-25 08:10:12)
20.《ネタバレ》 アメリカで実際にあった話なんですね。政府の圧迫を受けながらもジャーナリズムの本道を貫く行動に感動します。
そして、公文書を改竄した官僚が罰されず、それに異を唱えないメディアが少なからず存在する日本の現状を考えると、うらやましいと言う他ありません。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 8点(2018-10-20 22:50:52)
19.《ネタバレ》 見始めてから、「スピルバーグ監督、エンタメ系だけでなくシリアス系まで作風変えたん?」と思うほど
今までとはなんだか違うなぁという印象を持って鑑賞してたんですが、特典映像見てようやくわかりました。
ものすごい速さで取り掛かって製作してるから、その超特急の撮り方が今までと違う印象を与えてたんだなと。
本作で取り上げられている出来事はそれまでの政府とメディアの関係を変えた一件なんだそうで、
そういった史実を知る上で何かと興味深い内容ではありました。ただドラマとしてみると個人的には少し物足りなさを感じます。
キャサリンとベンの物語なんだけどベンの方はほとんど背景がわからず。
興味深いのはキャサリンの方で、夫が亡くなって彼女はワシントンポストの発行人となり、
その当時女性がそういう地位に就くのは極めて異例とのことで、役員会の時もキャサリンは自信のない状態が描かれてましたね。
そういう女性だったのが、終盤に重大な判断を下す時にはものすごく堂々とした女性になる。
その変化が物語として見ものなところ。夫や家族、裕福な暮らし、そして女性の社会進出という意味において
キャサリンはとても興味深い人物なので、彼女の生き様を主軸として描く作品として見てみたかった気もします。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-10-11 21:09:43)
18.《ネタバレ》 近作『ブリッジ・オブ・スパイ』もよかったが、今作はさらにシンプルな出来。こうゆうストレートなメッセージをてらいなく、でもエンターテイメントで発する最近のスピルバーグの姿勢は好きだ。それに応える大御所主演コンビもさすが。トム・ハンクスなんて、別に特殊な役作りをしてるわけではないのに、他の作品とは違う、明らかにワシントン・ポストの編集長になってた。ちょっと弱っちくて、まわりの男たちからさりげなくバカにされるメリル・ストリープも新鮮。役者の引き出しってすごいと素直に感動する。個人的に気に入ったのは、本作では「正義を為す」ことが、ベンにとってはケネディ大統領と親友だったことで生まれる躊躇をジャーナリストとして乗り越えることでもあり、父と夫から引き継いだ新聞社を守ることしか考えていなかったケイにとっては、はじめて自分の信条に従って(だから、ケイとマクナマラのシーンは超重要)決断を下すことであったという、「公」と「私」を重ねた描き方。脚本うまいし、それを嫌みなく演じる2人と監督の淡々とした演出も素晴らしい。この後のウォーターゲート事件で実際に『ワシントン・ポスト』はニクソン政権の息の根を止めてしまうのだが、そこにつなげるラストシーンの流れもなかなかよい。難点をいえば、短時間で作ったことがわかるセットや場面のワンパターンさ。あと、最近のスピルバーグ作品にイマイチあってない気がするジョン・ウィリアムズの音楽くらいか・・・。それから邦題。サスペンス的な印象を与えてしまって、この作品のシンプルな作風を損ねてしまっていて残念。
ころりさんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-09-17 21:41:15)
17.いや~ 素直に 感動しました~ 最後はシビれましたね~ 序盤から中盤にかけて淡々と進む展開に、どうなることかと思いましたが、ちゃんとラストは見事に着地! さすが スピルバーグ監督、お見事! う~ん 限りなく9点に近い 8点! 秀作です!
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2018-09-12 21:13:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 7.39点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
525.56%
6513.89%
71336.11%
81027.78%
9513.89%
1012.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2017年 90回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞メリル・ストリープ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2017年 75回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)メリル・ストリープ候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)トム・ハンクス候補(ノミネート) 
監督賞スティーヴン・スピルバーグ候補(ノミネート) 
脚本賞ジョシュ・シンガー候補(ノミネート) 
作曲賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS