曇天に笑うのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 曇天に笑う
 > (レビュー・クチコミ)

曇天に笑う

[ドンテンニワラウ]
2018年【日】 上映時間:94分
平均点:1.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-03-21)
アクション時代劇漫画の映画化
新規登録(2018-01-12)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
キャスト福士蒼汰(男優)雲天火
桐山漣(男優)金城白子
古川雄輝(男優)安倍蒼世
大東駿介(男優)高峯誠一郎
東山紀之(男優)岩倉具視
関智一(男優)看守
脚本高橋悠也
音楽菅野祐悟
主題歌サカナクション「陽炎」
製作松竹(「曇天に笑う」製作委員会)
木下グループ(「曇天に笑う」製作委員会)
電通(「曇天に笑う」製作委員会)
Production I.G(「曇天に笑う」製作委員会)
企画Production I.G(企画協力)
配給松竹
照明加瀬弘行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.つまんな過ぎて笑う。誰もレビューを書いていないのがこの映画の駄目さ加減を物語っている。

本広監督の前作「亜人」はエンタメとしてなかなか面白かったから期待したがこれは全くダメ。まず、ストーリーがワケわからないし、登場人物も皆薄っぺらくて全然盛り上がらない。明治維新後の時代が舞台みたいだが、この近代においてオロチ伝説とか大真面目で信じちゃっているのはいかがなものなのか。

また、漫画原作ものとして「無限の住人」でも思った事だが、キャラクターの衣装が真新しすぎるんだよね。全然着古した感じがしないので、コスプレにしか見えない。

あと、全体的にチャンバラシーンがただのケンカ。とても命のやり取りをしているような真剣さは見受けられない。

唯一良かったのはサカナクションの曲!サカナクションの曲はほぼ全部聞いているが、この「陽炎」はかなり気に入っている名曲。この曲に1点捧げたい。
ヴレアさん [インターネット(邦画)] 1点(2018-09-12 14:45:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 1.00点
000.00%
11100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS