レディ・バードのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レディ・バード
 > (レビュー・クチコミ)

レディ・バード

[レディバード]
Lady Bird
2017年【米】 上映時間:94分
平均点:6.69 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-01)
ドラマコメディファミリー青春もの学園ものロマンス
新規登録(2018-01-21)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2021-01-23)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督グレタ・ガーウィグ
キャストシアーシャ・ローナン(女優)クリスティン・"レディ・バード"・マクファーソン
ローリー・メトカーフ(女優)マリオン・マクファーソン
トレイシー・レッツ(男優)ラリー・マクファーソン
ルーカス・ヘッジズ(男優)ダニー・オニール
ティモシー・シャラメ(男優)カイル・シャイベ
ビーニー・フェルドスタイン(女優)ジュリアン "ジュリー"・ステファンズ
ロイス・スミス(女優)シスター・サラ・ジョーン
キャスリン・ニュートン(女優)ダーリン・ベル
ダニエル・マクドナルド(女優)オリビア
脚本グレタ・ガーウィグ
音楽ジョン・ブライオン
製作スコット・ルーディン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.グレタ・ガーウィグの、監督としての評価が一気に高まるきっかけとなった青春映画。遅ればせながら鑑賞したが、なかなか悪くない出来だった。演出、脚本、映像、どれもが高いレベルでまとまっている。物語のテンポの良さ、気の利いたセリフ回しやちょっとした伏線の使い方に、監督の優れた技量が表れている。ちょっと自意識過剰で、ちょっと痛い、でもやや陽キャラで、ブサイクではないから、それなりに人付き合いはできる17歳の女子高生の一年を、過度に美化することもせず、描き切っている。

海外では手放しで大絶賛されている本作だが、個人的にはそこまで完璧な映画か?と思う。数ある青春映画の中では秀逸な出来だが、比較的起伏の少ない物語であるため、スコーンと突き抜けるような盛り上がりはなかったように思う。

大名作というには留保をつけたいのだが、優れた映画であるのは間違いない。故郷への強い愛着が窺える、街の風景のモンタージュが印象的だった。映画内で度々繰り返されるそれらのシーンに、抑えても抑え切れない監督自身の故郷への愛を感じることができた。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2021-07-14 08:46:12)★《新規》★
15.《ネタバレ》 グレタ・カーヴィグの辞書によると17才=自意識過剰・見栄っ張り・自分探し&自分への過剰な期待そして親とは衝突の季節。たしかにそのとおり。イタくて馬鹿ですこの頃は。誰が言ったか傷だらけの十代ですわ。
シアーシャ演じるクリスティンを見ててわかるなあと思う一方で、痛さ、苦さを忠告してあげたくなるのは間違いなく老婆心てやつでありましょう。ああトシをとってしまった。
わたしはどちらかというと、うじうじと暗い十代でしたのでクリスティンのようにガツガツと積極的に行動に出られるタイプの子とはきっと気が合わなかったろうな。ティモシー・シャラメみたいなキラキラした男子なぞ、遠目に眺めるのが精一杯。ふう。
クリスティンに近い感性のタイプならこの話にノレること間違いなし。わたしはグレタ本人が演じた「フランシス・ハ」の不器用で間抜けぶりが突き抜けたヒロインの方が近しく感じますが。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-02-12 23:39:44)
14.《ネタバレ》 高校生の女の子の日常を描いているんですが、女性監督ならではのリアリティに溢れていると思います。つまり変に美化してないんですね、そこがいい。

ところで親世代の私ですが、このお母さんには共感できなかったですね。お金のことを言い過ぎです、やたらおもちゃを欲しがる4~5歳の子どもに「うちは貧乏」というのとは違うのよ。
なんとなく監督自身が反映されてるとこが多分にあるんじゃないかと感じます、それだけリアルです。

故郷を出ること、母親から離れることが大きな目的で特にNYの大学でやりたいこともなさそうで、憧れのNYに来て最初に起こった出来事はアルコール過剰摂取で病院に担ぎ込まれるとか最後まで手を緩めてないっていうね。
とりあえずNYに来たって感じなんです、離れてみたら母親への罪悪感が強くなったのか電話しても留守電で直接つながらないっていうのもいいね、前途多難なレディ・バードって感じです。
全体的にテンポがよく、いろいろなエピソードがなかなか面白い。ちょっと予測できないいろいろがよかったです。
ありがちな女の子の青春サクセスストーリーじゃないとこが良いです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-10-23 14:45:07)
13.ちょっとひねった青春モノをやってみたかったのでしょうが、内容がなんとも凡庸な上に、各シーンの突っ込みも浅いまま次から次に進んでしまうので、結局制作側の自己満足にしかなっていません。私はレディ・バード、といくら口で言ったところで、主人公がなぜそうしたいのかについても洞察も描写もされていないのですから、設定の意味がないのです。シアーシャ・ローナンは、もっと高度な複雑な演技も要求できる人なのですが。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2020-02-07 00:16:17)
12.《ネタバレ》 シャーシャの演技が見もの、ストーリーは淡々と進められていきますがほとんどの人がどこかで共感するエピソードがあるのではないでしょうか。
①親からもらった名前よりも自分がつけた名前を優先、②家の車が恥ずかしい、③リッチな家に憧れ、④故郷より大都会に行きたい、⑤切れると骨折するほどアブナイことをしてしまうちょっと痛い女子高生 vs 愛に不器用な母親、なぜなら①彼女はきっと親からの愛をもらったことがない(アル中の母親だと)、②夫が数年前から鬱→失業、③ダブルシフトで過労、経済的不安。。。でもどちらも「いま」を一生懸命生き、不器用に愛しているが伝えられない。数千キロ離れて時差もある国の反対側へ行くことでやっと自分の本当の気持ちに気づく。
大人になっていく、兄がバイトから正社員になるのも地元で成長の一部だけれど、あらゆる手段を使ってでも遠くへ行くのも、どっちも成長だと言えるでしょう。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-01-18 09:45:55)
11.《ネタバレ》 なんと地味な映画。
でもいつの時代にも必要な映画。

乱れた性関係もドラッグもなく、かといって夢にまい進する映画でもなく、
金持ちの子でもなく、スラムの子でもなく、ただありふれた地方の、ありふれた女の子の話。
レディバードとは、親のつけた名前にちょっと逆らって自分につけた名前。
母親と娘のかわいい葛藤の話でもあります。

中々観ようと手にとらない映画ではあります。
でも観終わると、じわ~と素敵な気持ちになれる、そんな映画。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-04-27 17:04:28)(良:1票)
10.《ネタバレ》 どこかで既視感がと思ったら「渡る世間は鬼ばかり」の米国青春版なんだと思います。皆が皆、それぞれの価値観や立場で正しいんです。
でも渡鬼もそうですが、ベースとして常識、例えば日本で言うと「親の面倒は長男が」なんていう共通認識があってこそ成り立ちます。
この映画では17歳の田舎娘がニューヨークの大学を目指すわけですが、この行為は皆が夢見るものなのか、どれくらいの経済負担を強いられるのかといった米国人では当たり前の共通認識が分からない日本人にとっては、この映画の3割程度しか理解できないのではないかと思います。
壮大な夢なんだろうと理解しても、彼女はそのための努力をしているように見えないですしね、共感できません。
米国での17歳の青春のスタンダードも、グレ方も良く分からないですしね。
本来は懐かしい感じを覚えながら感動するのでしょうが、われわれ日本人には理解しがたいですよね。
Keytusさん [インターネット(字幕)] 4点(2019-04-15 21:13:44)
9.映画けどリアル、でもその逆も言える。
自分にとって時々ある「序盤はイマイチ入れなくてやめそうになるが、終盤でグッときて観て良かった」という作品。親の子供に対する接し方は難しい。家族内のイザコザが本当に一番の憎しみにも慈しみにもなる。
simpleさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-04-07 21:19:46)
8.《ネタバレ》 反抗期真っ只中の等身大の女子高生〝レディバード〟の何気ないけれどかけがえのない日々を瑞々しく描いた青春物語。まさに小鳥のように愛らしい作品でした。主人公も魅力的だし、彼女を取り巻く家族や友人たちもみな個性豊か。ただ、自分的にはもう少しパンチの利いた何かが欲しかったかな。面白かったですけど、ちょっと物足りなさも感じました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2019-02-06 09:24:59)
7.《ネタバレ》 女の子の、反抗期の少女と親の、ガチンコストーリー。これだけで、見たくなる。そして、期待通り。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-11 22:44:43)
6.自分の両親は地方公務員の身分で子供3人を東京の私大に通わせてくれた。それも何ひとつ文句も言わずに。それでも一度怒られたことがあった。私大の受験料は数十年前でも1校1〜2万円ほどしたのだが、一度に5、6校申し込んだ時に母親に「受験料も安くはない」と言われたことは今も忘れない。大変だったんだろうなあと思う。そんな両親も5年前に亡くなったが感謝しても仕切れない。なあんて映画の感想とは関係ありませんが。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-11-22 23:00:11)
5.《ネタバレ》  重要に思えるエピソードも、そうでなさそうなエピソードも、みんな等価値であるかのようにハイスピードでどんどん流れていって、思い出したのは『勝手にしやがれ』の出だし部分ね。最近だと『15時17分、パリ行き』とか。
 そうしてテンポよく描かれてゆくレディ・バードの日常コラージュが、やがて彼女の生きる世界の輪郭を浮かび上がらせて。短い時間で彼女という人間に寄り添い、親しみを抱ける存在に思えてくる、愛らしい映画。

 裕福とは言えない家庭、ギクシャクした母親との関係、学校でも色々あって、でもいいことがないわけでもなくて、そんな彼女の日常は、彼女にとっては悩みやストレスだらけだけど、傍から見たら大切な、かけがえのない日々。
 彼女を包み込む世界の優しさは、彼女が暮らす、そして彼女が嫌うサクラメントの街に象徴されているようで、彼女が目指す(テロのあった)NYや、中東での戦闘のニュースは、外側の、厳しい現実の世界。
 サクラメントは特に街を愛するお母さんの存在を映していて、そこからの旅立ちは彼女の望んだ、でも厳しい独り立ちを示すようで。

 楽しかったり、イタかったり、つらかったり、いっぱいの共感がたった94分の中に凝縮されていて、そしてこれからも続いてゆくであろう彼女の日々に、本当はもう少し見守り続けたい、って思わないワケにはいかなかったわ。

 シアーシャはなんだか若い頃のジャッキー・アール・ヘイリーに似てきた気がしないでもないけれど・・・(『がんばれ!ベアーズ特訓中』参照のこと)。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 8点(2018-07-25 21:03:36)(良:1票)
4.《ネタバレ》 学校や親には反抗的だけど、恋する人には滅法弱い。
我がままし放題のくせに、彼氏には我がままされ放題。
そんな彼女がプラムに行きたいって言った時はなんだかホッとした。
ゲイであることを恥ずかしいと言うダニーを優しく抱きしめてあげる彼女は、ちゃんと人の哀しみを理解できる。
いろんなところで腹がたつけど、この年頃の女の子って多分こうなんだろうね。
ブルックリンといい、主役の彼女は都会を夢見る女の子役がはまる。
しかし、今作は所々明け透け過ぎて、おじさんにはちょっと強烈だったかも。
roadster316さん [映画館(字幕)] 8点(2018-07-23 00:54:44)
3.高校生の女の子が主役なので当然かもしれませんが、女性の方が心にグッとくるものがあると思います。自分が10代の頃の不平不満や、友達との付き合い。異性に興味を持ち、家族はウザったく感じる。将来に希望を抱くものの、不安だらけ。それでも、故郷を愛し、家族を愛することに気が付く主人公に、清々しさを感じました。とっても後味の良い映画でした。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2018-06-22 23:01:52)
2.よくある青春もの。と、簡単に言ってしまうのが惜しいほどの力強い作品だった。
主人公の"レディ・バード"(と、自分で名乗っている。中二病ww)は卒業間近の高校生で、とにかく遠くの大学に行きたいという願いはあるものの、成績もぱっとしないばかりか周りに対してすぐ反抗したり、自分を特別だと思っている思春期特有の衝動にかられたごく平凡な少女だ。
後になって失敗したなぁという事ばかりで、それは通過してきた者にとっては誰もが共感できる所ではないか。

そんな彼女の無軌道ぶりを楽しみつつ、じっと成長して行く姿を見守るのが正しい見方であろう。
主人公を演じた女優さんがとにかく良い演技で引き込まれた。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2018-06-06 20:33:41)
1.《ネタバレ》 私の行きつけの映画館に来たので見ました。普通に良く出来た青春映画です。この作品が全米の批評サイトで新記録を樹立し、アカデミー賞の作品候補にならなかったら、おそらく見ることはなかったでしょう。日本で言えば中二病の反抗期の女の子の母親への反抗と同級生との愛憎劇です。周囲の大人がみんな優しく見守ってくれたので救われましたね。まぁ、たまにはこんな作品も良かったです。たまには、ですが。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2018-06-03 22:16:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.69点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
416.25%
500.00%
6212.50%
7850.00%
8425.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2017年 90回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞シアーシャ・ローナン候補(ノミネート) 
助演女優賞ローリー・メトカーフ候補(ノミネート) 
監督賞グレタ・ガーウィグ候補(ノミネート) 
脚本賞グレタ・ガーウィグ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2017年 75回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)シアーシャ・ローナン受賞 
助演女優賞ローリー・メトカーフ候補(ノミネート) 
脚本賞グレタ・ガーウィグ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS