ボディ・ダブルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ボディ・ダブル
 > (レビュー・クチコミ)

ボディ・ダブル

[ボディダブル]
Body Double
1984年【米】 上映時間:114分
平均点:5.43 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-02-09)
ドラマサスペンスミステリーエロティック
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストクレイグ・ワッソン(男優)ジェイク・スカリー
メラニー・グリフィス(女優)ホリー・ボディ
グレッグ・ヘンリー(男優)サム・ブシャール
デニス・フランツ(男優)映画監督 ルービン
バーバラ・クランプトン(女優)ジェイクの恋人 キャロル
スティーヴン・バウアー(男優)映画「Holly Does Hollywood」の助監督(ノンクレジット)
ケイシー・サンダー(男優)Man #2 in 'Holly Does Hollywood'
富山敬ジェイク・スカリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅ホリー・ボディ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
千田光男サム・ブシャール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝映画監督 ルービン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
一柳みる(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂口芳貞(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
峰恵研(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大滝進矢(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ブライアン・デ・パルマ(脚本原案)
脚本ブライアン・デ・パルマ
ロバート・J・アヴレッチ
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影スティーヴン・H・ブラム
ダグ・ライアン(カメラ・オペレーター)
ダニエル・パール(追加撮影〔ノンクレジット〕)
製作ブライアン・デ・パルマ
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ハワード・ゴットフリード
配給コロムビア・ピクチャーズ
特殊メイクトーマス・R・バーマン
特撮マイケル・ダグラス・ミドルトン(ノンクレジット)
美術アイダ・ランダム(プロダクション・デザイン)
ウィリアム・A・エリオット〔美術〕(ノンクレジット)
衣装グロリア・グレシャム
編集ジェラルド・B・グリーンバーグ
ビル・パンコウ
録音リック・アレクサンダー
スティーブン・ハンター・フリック
レス・フレショルツ
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳菊地浩司
その他レイモンド・ハートウィック(プロダクション・マネージャー)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.《ネタバレ》 デパルマのヒッチコック好きが、悪い方に出た作品。いつものように、エロいが、良くない。元ネタのめまいの足元に及ばない。残念。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-07 11:49:44)
29.《ネタバレ》 〇ヒッチコックへのオマージュを組み入れながら、デパルマらしさが随所に目立つ作品。〇いやしかし、それは無理があるんじゃないというような展開が続く。〇デパルマって不思議な監督だな。いまいちな作品でも、インパクトは残すんだよな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-11-25 17:48:16)
28.デ・パルマ監督の習作なのかと思いきや、「スカーフェイス」の翌年の作品なんですね。人のキャリアとは何か、考えさせられます。久々に聞く「Rerux don't do it!~」はカッコよかったけれど。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-11-18 03:33:03)
27.《ネタバレ》 「愛のメモリー」は「めまい」をベースにしながらも、随所に「レベッカ」を感じる作品でした。
一方本作は全体的には「めまい」をベースにしながらも、中盤まではむしろ「裏窓」を感じる作品です。
本作も、どれだけヒチコックの模倣と評されてもデ・パルマの変わることのないヒッチコック愛を強く感じます。
ティッピ・ヘドレンの娘(メラニー・グリフィス)を起用するというこだわり方も、いかにもデ・パルマらしい。
そんな中に強引にエロシーンを挿入してくるあたりもまたデ・パルマ。
キャストが地味でもう少し華があればとも思うし、展開的にはツッコミ所も多いです。
それでも2つのヒッチコック作品を挿入したデ・パルマの遊び心が感じられ、
肩の力を抜いて楽しめる作品になっています。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-22 15:07:29)
26.フェティシズムに拘った映画でとてもよかった。覗きこんだ望遠鏡の先での景色の描写、ストーキング時に目に映る景色、エロビデオを回転ベッドでクサって見る様もいい。いきなりフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのリラックスのPVはじまってビビった。女の子がみんな可愛くて魅力的。ヒッチコックへのオマージュらしくカット内のレイアウト・照明への拘りも美しい。
reitengoさん [DVD(字幕)] 8点(2013-02-20 11:26:05)
25.《ネタバレ》 いやあ、あはは。デ・パルマ。この人の、「お前さん、そりゃあちょっと頭悪いよ」という批判をモノともしない映画創りの姿勢にはちょっと感嘆するものがある。無理・無駄びっしりの脚本と、目が回るってーもういいってーのカメラ、趣味としか思えないエロシーンの多用。犯人のオヤジがマスク被ってたのには声をあげて笑ってしまった。そんなあ~。
tottokoさん [地上波(吹替)] 4点(2012-07-01 00:51:30)(笑:1票)
24.《ネタバレ》 うーーむ・・・何だかよくわかんないなぁ ヒッチコックが好きだという雰囲気は何となく感じましたが 支離滅裂で脈絡基本ないし いきなりかい!?というシーンの連続で観ていて疲れました  デパルマらしいカメラワーク(例のグルグルカメラ)もくどい気が…  しかしまぁあんなに裸の連続はある意味ありがたみがありませんなぁ(苦笑)  結局何がしたかったのかワタクシメには難解でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-06-17 09:10:12)
23.《ネタバレ》 なんだ一体これは?という変な映画。
デパルマという監督は、殺しのドレスといい本作といい、ときどき凄く変な演出をする人だと改めて実感。
スローモーションの使い方が変、音楽の使い方が変、さっきのシーン何?と突っ込みどころ満載。
ショッピングモールでの変態行為はギャグシーンなのか?でもいつもの流麗な音楽だしなあ笑
めまいオマージュの閉所恐怖症は、何の意味があったのか?
見終わってみると、主人公がのぞき、下着ドロとリーチがかかってるただの変態の映画、という印象しか残らないのはしょうがないよね。
下着を盗んだとき例の音楽が流れてくるシーン、歴史に残る(?)珍シーンではないだろうか。
とはいえ、愛すべき作品ということには違いない。
○○な子ほど可愛い、ということでしょう。
kosukeさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-28 02:03:12)
22.ヒッチコックを敬愛するデパルマの本作品は、「裏窓」をベースにした作りで、
シナリオ、キャラ設定、演出と、どれもなかなか粗っぽく、突っ込み所も満載の仕上がり。
犯人は誰もが途中で予測できちゃうだろうし、ラストもう~んという感じなんだけど、
なんか昔の低俗なエロ劇画を読んでいるようで、こういう雰囲気は嫌いじゃない。
デパルマ作品に慣れている人なら、そこそこ楽しめる・・・・・・はず。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-09-04 13:57:44)
21.《ネタバレ》 ホント、デパルマってヒッチコックが好きなんですね。この作品以外にも「愛のメモリー」で「めまい」をなぞってましたから。でもあれはよく出来てましたね。この映画は遊び心満載で、デパルマ自身もそんなに真剣に創らなかったんじゃないでしょうか?最後はつっこみどころがたくさんあって・・・。閉所恐怖症を克服するところで、ちょっと頭が混乱しました。これってひょっとして夢オチ?とすら思いましたもん。まぁ、敬愛するヒッチコックの代表作「裏窓」を自分流に創りたかったんでしょうね。原点に帰るつもりで。そんな気がしました。
トントさん [DVD(字幕)] 5点(2011-03-07 17:21:43)
20.《ネタバレ》 久しぶりに観直してみると、こんなにボロボロの映画だったのかと改めて驚きました。デ・パルマが本作を撮る動機がヒッチコックへのオマージュを作りたいということだから多少のプロットの甘さは目をつぶるとしても、サスペンスなのだから主人公がここまで大馬鹿者では話が成り立たないでしょう。「スカーフェイス」次に撮ったのがこれって、ほんとデ・パルマという監督は不思議な人です。ただ観るたびに思うのですが、エンド・ロールの「ボディ・ダブル」のやり取りは楽しいですね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-11-07 19:07:49)(良:1票)
19.一昔前は深夜によくやってました、これ。冒頭の長廻しはけっこういい感じ。尾行のシーンはけっこうドキドキする。でもその後のお外でのラブシーンはやりすぎ。ほとんどセックスじゃんか。カメラぐるぐるもこの映画のこれに限ってはしつこい。シナリオも破綻しまくり(そもそも犯人の偽装工作は非現実的に気合入れすぎだし、ポルノビデオのCMからあれよあれよと偽装を見破る主人公もご都合主義だし)なのだが、そこに関しては何故だか意外とそれほど気にならない。これはデ・パルマ・マジックなのか、はたまた単なるお色気パワーなのか。お色気っても全然シュミじゃないから、やっぱデ・パルマの手腕ということにしておこう。
R&Aさん [DVD(字幕)] 5点(2008-03-27 18:21:15)
18.とにかく主人公が馬鹿で頭が悪くて、何でそこでわざわざそうするの?という行動の連続で、最初から最後までいらいらさせられっぱなしでした(馬鹿なら馬鹿に徹すればまだ面白みはあるが、その辺も中途半端)。デ・パルマらしい映像トリックやカメラワークに免じて+1点。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2007-04-23 00:24:03)
17.ロードショーなら行かなかったと思いますが、試写会ならばタダ見できて満足の作品でした。ちょっと低俗で、B級っぽい作風が魅力ですね。なんだか見たこと聞いたことがあるような映像とストーリーがかえって良かったです。
ジャッカルの目さん [試写会(字幕)] 6点(2007-01-08 12:48:53)
16.《ネタバレ》 「めまい」「裏窓」の両作を意識して作られた作品のように感じる。しかし、方向性を失い、大いに迷走して、なぜか最終的にエロに辿り着いてしまったムチャクチャな作品のように思える(いきなりのラブシーンと女性の捨て台詞には苦笑するしかない)。
それにしても、すべての登場人物に一切の感情移入もできず、あらゆる行動のあほらしさにただ呆れるばかりだ。
特に主役の人は何がしたいのかがさっぱり分からない。殺人の目撃者とされて憤慨するのは理解できるものの、自分に嫌疑が掛かっているわけでもなく、自己に何らの利益がないにも関わらず、それ以上になぜ事件にクビを突っ込むのかが分からない。普通の映画ならば、容疑者として疑われるから主人公は行動を開始するものだろう。さすが真犯人が目をつけただけあり、とんでもない奴だ。
さらにクビの突っ込み方が尋常ではない。B級ではあるがきちんとした俳優であるにもかかわらず、いきなりポルノに出演する神経が素晴らしい。別にあんなまわりくどい方法を取らなくても、撮影終わりの例の女優を捕まえて、プロデューサーと詐称して接近すればよいだけではないか。単に「リラックス」のシーンを撮りたいからとしか思えないメチャクチャなストーリー。
閉所恐怖症もはっきりいって、映画において上手く機能しているとは思えない。バッグ強奪の際にはギリギリ役に立ったが、普通ならば肝心の「殺人」の際に効果が発揮されるものだろう。あの女性が殺されそうになって救おうと努力するものの、閉所恐怖症によって助けることができなかった(これだと「めまい」そのものか)。自分のせいで助けることができなかったから、事件にクビを突っ込むというのは多少説得力が増すと思う。再び、別の女性が危機に陥った際に、閉所恐怖症を克服して、女性を助け、犯人を逮捕するという流れにすべきだっただろう。
さらに、犬とともに落下するというラストもセンスを疑う。個人的には、犯人が犯人として認識された際に、犯人のこのトリックを用いることとなった動機を紹介した方がよかったと思う。おそらく犯人は、別居した当初に隣家の妻の自宅を興味本位で覗き込み、(主人公と同様に)妻が愛人と一緒にいるところを見てしまうことによって、怒り・殺意やエロ的な興奮を抱き、このトリックを利用することを考え出したのではないだろうか。そうすればそれなりに犯人の行動も少しは理解できるだろう。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 2点(2006-09-20 23:54:52)
15.かなり前に観たので細かいところは忘れてます、すみません。最初はデ・パルマらしい普通のサスペンスだったのが、なんていうんですか、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのミュージックビデオっぽいというか、撮影現場の内幕モノみたいな雰囲気にならなかったですか?どういうわけかラストが思い出せないです。個人的には「殺しのドレス」「ミッドナイト・クロス」と比べると印象薄いかなあ。このごろテレビを観てるとやたら「リラックス」を耳にする、懐かしいのと同時に「ボディ・ダブル」という言葉も浮かびます。
envyさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-08-24 11:26:07)
14.《ネタバレ》 主人公のストーカー行為があまりにも大胆すぎてちょっと笑ってしまいました。しかもその後の彼女との熱烈なキスシーンが、これまた何の脈絡も無くて唖然。と言うか全編そんなのばっかりですけどね。ショッピングモールでの追いかけっこは「カリートの道」のクライマックスと同様、やはりこういう演出は卓越しています。元ネタでは主人公が高所恐怖症だったのが、こちらでは閉所恐怖症になっているのがユニーク。相変わらずシナリオはパクリですが、ポルノ館でのリラックスのシーンは「ファントム・オブ・パラダイス」みたいで面白く、また「エルム街の悪夢」のフレディのようなメイクをした悪役もB級感があって良いです。そもそも映画のタイトルの時点でネタバレをしているのが凄い。ビバ・デ・パルマ!
かんたーたさん [DVD(字幕)] 7点(2005-08-23 22:44:10)
13.ゴールデンでは流されない作品。
ボバンさん 6点(2004-03-20 14:14:21)
12.《ネタバレ》 デ・パルマの映画にしては、美しさが足らないなぁ、って感じました。そりゃ毎度のカメラワークにヒッチコック大好き~!なノリは健在でしたけれど、「お色気も重要よ」なワリに、その部分があんまり綺麗に撮れてない感じで。メラニー・グリフィスという素材に問題があったのか、『ボディ・ダブル』というタイトル時点でネタバレしてる中身の、その虚構性がジャマだったのか・・・。「あー、デ・パルマってやっぱりこーゆーの好きなのねぇ」というのだけはしっかりと伝わってまいりました。マンネリだけどね。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2003-12-26 13:47:44)
11.普通におもしろがって観ていたのだが、突如画面に躍り出て「リラックス」を歌い踊るフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドにめまいがし、そこに至るまでのストーリーをほとんど忘れてしまった。ところどころに見せ場もあって、へんなことを思いつかなければそれなりにおもしろい映画になっていたと思うのだが。ちょっとビデオっぽい映像が当時はとっても珍しかったが、今になって思うと、ちょうど私がブライアン・デ・パルマに飽き始めていたのってたぶんこの頃だったような気がする。もうちょっと青臭かった頃のデ・パルマがとっても懐かしい今日この頃である。
anemoneさん 5点(2003-12-17 23:18:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
226.67%
326.67%
4516.67%
5723.33%
6723.33%
726.67%
8310.00%
926.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1984年 5回
最低監督賞ブライアン・デ・パルマ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1984年 42回
助演女優賞メラニー・グリフィス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS