タクシー運転手 約束は海を越えてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タクシー運転手 約束は海を越えて
 > (レビュー・クチコミ)

タクシー運転手 約束は海を越えて

[タクシーウンテンシュヤクソクハウミヲコエテ]
A Taxi Driver
(택시운전사)
2017年【韓】 上映時間:137分
平均点:8.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-04-21)
ドラマ実話もの
新規登録(2018-02-03)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2018-04-21)【LOIS】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・フン〔監督・1975年生〕
キャストソン・ガンホ(男優)キム・マンソプ
トーマス・クレッチマン(男優)ピーター
リュ・ジュンヨル(男優)ク・ジェシク
ユ・へジン(男優)ファン・テスル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.昨今のドラマの延長線のような邦画に比べて、重厚なこれぞ映画という作品でした。
ソンガンホの緩急自在な演技はさすが。善良な市民と冷酷な軍とのコントラストがハッキリ描かれています。
韓国の歴史を知る上でも多くの人に見て欲しい作品ですね。
tonaoさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-12 22:26:54)★《新規》★
3.《ネタバレ》 開始から1/3くらいまでのコメディタッチから、光州市へ向かうあたりでどんどんシリアスな内容へ転換して行く緩急の付け方が巧い。しかも陰惨なシーンの合間にも庶民の笑いを描くことで、登場人物へ感情移入させる方法は韓国映画の十八番だ。終盤のカーチェイスがややエンターテインメントに振りすぎてる様に感じたのでマイナス2点としましたが、この映画を観ると彼の国民が今でも政府の不正に対して敢然と立ち向かうと言うことが良く理解できる。
leoさん [映画館(字幕)] 8点(2018-06-22 17:52:33)
2.2017年末に海外(香港)で観ました。 全くストーリーも知らずに観たのですが、一気に引き込まれました。 光州事件に関しては、少し知っていた程度だったので、この作品を通して詳しく知った形です。 わずかに数十年前までは韓国と言う国は、こんな軍事独裁国家だったと言うことを改めて知りました。 また、この暗い歴史を正直に映画化する韓国映画界の懐の広さを知ったように思います。 どんな事件でも、活躍する名も知られない主人公は小市民たちなんだとわかりました。 光州のタクシー運転手たちこそ、本当のヒーローですよ。 たくさんの人に観てもらいたい作品だと思います。
ミスプロさん [映画館(字幕なし「原語」)] 8点(2018-06-05 17:43:30)
1.《ネタバレ》 2018.4.27金正恩が軍事境界線を超え南に、金正恩と文在寅が手をつないで北に行った日。
その翌日に1980年の光州事件を題材にした力作を見ました。
韓国映画の底力がすごい!自分の国の負の歴史、軍隊が自国民に銃口を向けたこと、しかも真実が隠されたこと、それをエンタメ映画にしてしまう。そこが韓国映画とソンガンホのすごさであり、受け入れる大衆の強さなのでしょう。セクハラで右往左往している国との違いでしょうか。

ソンガンホが演じる役は、いつもリキミがなくてちゃっかりした普通の庶民。
今回も滞納家賃を稼ぐ為、外国人レポーターを、そうとは知らずにタクシーに乗せ危険区域まで走らせてしまう。真実を何も知らないタクシー運転手は、歴史を何も知らない視聴者と共に、歴史の不条理を目の当たりにします。ちゃっかり者だったはずの運転手が、観て、震えて、感じて、泣いた、その気持ちを私たちも共に味わう。すごい映画です。それでてエンターテイメントです。
この映画の面白さと醍醐味を楽しむファンがたくさんいるんですね。立ち見までいました。今時立ち見席のある映画館があるんですね~。驚きました。
LOISさん [映画館(字幕)] 9点(2018-04-29 13:45:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 8.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8375.00%
9125.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS