万引き家族のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 万引き家族
 > (レビュー・クチコミ)

万引き家族

[マンビキカゾク]
Shoplifters
2018年【日】 上映時間:120分
平均点:6.44 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-08)
公開終了日(2019-04-03)
ドラマ犯罪もの
新規登録(2018-04-07)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-12-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督是枝裕和
キャストリリー・フランキー(男優)柴田治
安藤サクラ(女優)柴田信代
松岡茉優(女優)柴田亜紀
樹木希林(女優)柴田初枝
池松壮亮(男優)4番さん
緒形直人(男優)柴田譲
森口瑤子(女優)柴田葉子
山田裕貴(男優)北条保
片山萌美(女優)北条希
柄本明(男優)川戸頼次
高良健吾(男優)前園巧
池脇千鶴(女優)宮部希衣
蒔田彩珠(女優)柴田さやか
黒田大輔(男優)JK見学店店長
松岡依都美(女優)根岸三都江
笠井信輔(男優)ニュースキャスター
脚本是枝裕和
音楽細野晴臣
撮影近藤龍人
製作石原隆〔製作〕
ギャガ
フジテレビ
配給ギャガ
美術三ツ松けいこ
衣装黒澤和子
編集是枝裕和
あらすじ
東京の片隅の今にも崩れ落ちそうな古家に住む家族。家主である老女と息子夫婦。夫婦の長男に嫁の妹。一家は老女の年金に息子夫婦の少ない収入で細々と暮らしていた。そして足りないものは専ら父子が万引きをして来るというアウトローな暮らしぶりだった。ある冬の日、万引き帰りの父子が近所の団地の廊下にしゃがみこんでいる幼女に気付き、ほうっておけずに連れ帰ってしまう。その女の子は親の虐待を受けていたことが判り、そのまま長女として育てることに。貧しいながらも一家は家族の絆を深めながら平穏に暮らすのだが、あるきっかけでその生活は一気に崩れ去ってしまう。そして一家の陰の部分が明るみに出されていく。是枝裕和監督によるヒューマンドラマ。カンヌ国際映画祭のパルムドールを始め数々の映画賞を受賞。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
88.世界で賞をとった作品だけあって、内容、演技申し分ないと思います。しかし、泥臭い。スタイリッシュさゼロ。
これが、アカデミーを獲れなかった理由なのかなぁ。わからんけど。(大阪のおばちゃん風コメント)
松岡茉優ファンには超おススメです。
代書屋さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-09-28 00:31:02)★《新規》★
87.悪い家族だけど、良い家族。
なかなか味わい深い映画でした。
6人の家族もそれぞれ個性が光ってて良さがありました。
役柄というか、みんな良い演技しますね。
チョイ役の池脇千鶴も勿体ないくらいの貫禄ぶり。

松岡茉優のアレな姿が見られるのは見物。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-09-27 13:41:55)★《新規》★
86.《ネタバレ》 都会の片隅で誰にも気にされず、ひっそりと暮らすある五人の家族。彼らの生活の糧は、万引きだった――。幼い息子を使い、今日もスーパーで生きるための必需品を手に入れた父親は、その帰り道、団地のベランダに一人佇む幼い女の子と出会う。明らかに腹をすかし、しかも全身傷だらけ、もはや泣くことも笑うことも忘れたような彼女をほっておけなくなった父は、思わずその子を家へと連れ帰って来るのだった。僅かな年金で暮らす祖母、クリーニング店で働く母親、怪しげな風俗まがいの店でバイトする長女。彼らは何の躊躇いもなく少女を迎え入れ、次の日にはすっかり家族として暮らし始める。何故ならこの家族には、とある〝秘密〟があったから――。社会の発展から取り残され、今にも零れ落ちそうになっている社会的弱者を終始淡々と見つめたヒューマン・ドラマ。監督は、過去に観た『誰も知らない』という作品で、どうにも僕とは相性が悪いと感じた是枝佑和。カンヌでパルムドールを取ったということで今回鑑賞してみたのですが、やはり僕の好みとはどうにも合わない作品でしたね。とにかくもう最後まで辛気臭すぎ!!社会の片隅で声にならない声をあげている社会的弱者の思いに耳をすまそうというこの監督のスタンスは分かるのですけど、もう少しドラマティックな見せ方を心掛けてもいいのでは。ハリウッドの商業ベースの第一線で活躍する脚本家なら、例えばこの長男の大人になった後の回想形式で物語を見せるとか、例えばこの家族の秘密を探る人物を登場させてサスペンスを盛り上げるとかするんでしょうけど、この監督はそういうのははなから目指してないんでしょうね。印象的なシーンもたくさんあったし、もはや本物の家族以上に家族だった役者陣のナチュラルな演技も大変良かったとは思うのですけど、こればっかりは好みの問題なので如何ともしがたい。以下、本当にどうでもいい余談。リリー・フランキー演じるお父さんと、良い感じで熟したお母さん役の女優とのラブシーンは妙に生々しくて大変グッドでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2020-09-17 01:04:36)《更新》
85.真面目に生きなあかんと思わされました。車上荒らしには引いた。
ケンジさん [インターネット(邦画)] 7点(2020-08-28 22:53:33)
84.《ネタバレ》 主役の男はクズでどうしようもなく、底辺のような暮らしをしつつもどこか豊かさがある。
同じ傷を持ったもの同士が寄り添い、スイミーがまぐろの形を作るかのように家族の形態を作る。
この映画はやはり安藤サクラだろう。警察での彼女の演技とセリフにすべてがある気がした。
人が捨てたものを拾っただけ。
おそらく虐待やイジメやどんな迫害を受け孤立した人物にもこの家族は居場所を作るだろう。
そして彼らにはそれが普通であって、社会のルールなどは平気で踏みにじる反面、
人として失ってはいけない何かを登場人物は皆共通して持っている。
樹木希林の声にならない「ありがとうございました」
バスで去っていく少年の声にならない「父ちゃん」
そして最後バルコニーで台に乗り外をのぞく少女もおそらく、声にならない声で誰かを呼んでいる気がした。
jetter3さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2020-07-26 16:48:32)
83.《ネタバレ》 日本の家族物語がテーマじゃ世界では評価されてないので、世界の共通テーマである貧困をテーマに掲げて賞を狙いにいった作品という認識でいたのでそういう視点で見た。が、これは貧困がテーマになっているのか?というのが大きな疑問。非正規とはいえ大人3人が働いて+年金生活者が居れば、最低でも月収40~50万はあるだろう。家も持ち家で家賃も不要なようだし、それなりの暮らしはできるはずである。23区の庭付き一戸建てなら土地代だけで数千万にはなるし、資産家であるともいえる。よって万引きなんかする必要なんかないのに万引きしている。よって、ある種のファミリービジネスであり、共犯関係による絆の構築ツールと考えるべきだろう。だから万引きから貧困を連想させるのは失敗していて、単に問題を抱えた人達の共同生活になってしまっている。結果、貧困をテーマとした作品にはなりえていない。
ではテーマは何に変質しているかというと「正義とは何か?」ではないか。確かに万引きや誘拐(本人たちは保護だと言っているが)や死体遺棄は悪ではあるし、風俗産業で体を売ることも良いとはされてはいない。しかしながら、各々はそれなりに幸せそうに暮らしている。見ていても気兼ねのない暮らしやすそうな家庭に感じる。ここには血の繋がった家族で暮らす事が「正義」なのか?という問いがある。他方、少年は「盗みはよい事なのか?」という「正義」に目覚める。ここには倫理道徳的正義と法的正義との対比がある。女は司法を欺き、男の罪を被り刑務所に入る。これが女にとっての「幸せ」であり「正義」である。結局、解体された「家族」は各々の人生を歩み始めるわけだが、皆「幸せ」になれたのか否かという余韻は残る。でも、是枝作品にしては救いがある方というか、登場人物は基本的に皆善人(たいした悪人ではない)なので、いつものドンヨリする感じが少なかったように思えて、少々物足りなかった。対比的に虐待若夫婦は無論、警察コンビも悪人的に描かれていると言えなくもないが。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-07-07 14:57:51)(良:1票)
82. 寓話性のある「本当の家族より絆の深い疑似家族」による、現代社会への問題提起。社会問題の象徴たる万引きを通して真の家族とは何かを問いかける。貧困、DV、犯罪、家族の崩壊、高齢者問題etc………多くの問題提起を通じて家族の在り方を問うことが主眼とはいえ、散らかしっぱなしの印象。 
 社会派リアリズムは戦後のイタリア・ネオレアリズモに通ず。主題に合わせた暗いトーンと囁くようなセリフは自然体の表現だと思うが鬱陶しい。特にリリー・フランキーの呟き声が気に障る。
 4番さんを亜紀がいたわるシーンで流れる音楽が出色。心理の綾を表現しており、この映画で一番心に残った。取り調べ中のやり取りは、一つの物事を多様な視点で見る“羅生門的な藪の中”と言えるだろう。だが、警察官像は一方的なバイアスがかかっている。
 ラスト、葛藤しながらも成長する少年の内面に微かな救いを見出した。
 
寸感:「本物より本物らしい疑似家族の織り成す映画」より、かつて某ドラマで語られたセリフ「本物よりずーっと本物らしい偽物」の方がずーっと心にしみる私である。
風小僧さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2020-06-28 11:28:59)
81.《ネタバレ》 カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞,樹木希林の死去も重なって話題になっていたが,意外にがっかりな内容です.
家族の絆がどうのこうのより,万引きは犯罪だよ・・・
その家族の絆も疑似家族であることは,途中で分かってしまうので,意外性もない.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2020-06-21 16:23:07)
80.《ネタバレ》 期待しすぎてしまった。つまらなくはなかったけど、衝撃を受けたり感情が揺さぶられる部分はなかった。この世の中にはこういう家族もいるのであろうなと思った程度の感想になってしまいました。万引きはダメなことだし。
ブリーバンデカンプさん [インターネット(邦画)] 5点(2020-05-23 16:12:53)
79.《ネタバレ》 設定とタイトルからすでに嫌な予感がしていたのですが、やっぱり、描写がどこまでも作為的で、役者以前に監督と脚本家の存在が(といっても同じ人ですが)前に出てきてしまうような感じで。「私は万引を善とも悪とも決めつけず、あくまでも客観的描写に徹しますよ~」というアピールが、かえって透けて見えてしまっているのです。それと、樹木希林と松岡茉優の役は、やっぱりいらなかったんじゃないだろうか。主役の2人の存在とはかみ合っているようでかみ合っていないし、むしろ装飾にしかなっていない。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2020-04-07 01:27:40)
78.「海街Dairy」以外、この監督とは相性が悪いものと思っていたが、さすがに海外で評価されただけのことはある。
演出は素晴らしい出来だし、何より見ている最中にいろいろと考えさせられた。
変にねじ曲がってるNHK連続テレビ小説なんかより、この映画のほうが今の世相を反映していてよっぽど観る価値があるよ。
「まんぷく」では違和感ありまくりだった安藤サクラも、こっちのほうがよっぽど生き生きしているんじゃないか。
犯罪当事者と、世間一般の目線のズレなんかも鋭く風刺されていて、よく出来た映画だ。
忘れたころにまた観たい。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-04-01 18:36:52)
77.今の世の中、ホント腐っているからね。
私はリリー・フランキーの心境が何となく理解できる。
この映画、公開時から半分ネタバレしていたので、途中から家族構成がわかってしまったのが難点。
この監督は「自転車泥棒」みたいな古いイタリア映画をやりたかったんだろうね。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-03-31 16:02:45)
76.《ネタバレ》 観終わった後で家族全員が他人だったことを知っても、別にもう一度観直そうとは
思わないのがこの作品の限界。小難しいことをやろうとして失敗してる典型。
この監督はずっとそう。企画だけ。せめて編集だけでも他人に任せてはどうか。
あと主役のキャスティングとついでに監督も。
michellさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-03-31 14:12:57)
75.画面が暗すぎて家の中どころか役者の表情も見えない。
「映画」にすらなっていない。
白蛇さん [DVD(邦画)] 2点(2020-03-06 21:25:34)
74.《ネタバレ》 この夫婦の生き方は、真面目に働いて納税している人たちへの冒涜であり、全く同情できません。子供たちはこの身勝手な夫婦の犠牲者です。自分たちが笑顔で生きるためなら他の人に迷惑をかけても良いのでしょうか?人生が辛いのはあなたたちだけではありません。この夫婦は下品で見ていて不快でした。。。特に夫婦のラブシーンは見ていて気持ち悪くなりました。こんな映画が多くの賞をとったことが驚きです。。。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 2点(2020-02-05 11:40:40)(良:1票)
73.《ネタバレ》 万引も良くないが、虐待はダメ、絶対。虐待犯の親に鉄槌を下さないところが甘い。
息子はパチンコ屋の車から盗まれたというが、「夏の炎天下の車から子供が救い出される」シーンぐらいないとちょっとわかりづらい。
ところで、あの家、自分の実家にすごく似ていて、なんだか昔を思い出しながら見たので、ストーリーに集中できなかった。
チェブ大王さん [地上波(邦画)] 3点(2020-02-04 23:47:11)
72.《ネタバレ》 疑似家族、犯罪家族だけど、本当の家族よりも温かい絆で結ばれている、という様を描くのはよいが、さすがに金づちで車のガラスを叩き割って盗みをするような父親では、祥太も逃げたくなるだろう。
エンボさん [映画館(邦画)] 7点(2020-01-28 23:23:13)(良:1票)
71.万引きは絶対いけないことなんだけど、それに、ビールとか旅行とかしてるんだからきちんと暮らせばそれなりに生活できているはずなんだけど、でも、そういう価値観とか善悪の判断だけでは計れない世界があって、普段は観ないふりをしているって事なんですな。
万引きなんかしていたあの父親?は少なくとも、2人の子供たちを、一時的にも救うことが出来たわけで、私にはそれが出来たかどうか。
あの男の子と女の子、あの後どうなるんだろう。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2020-01-26 14:51:50)
70.《ネタバレ》 この現代の日本には、働きたくても働けない人、犯罪を犯してでしか生きていけないと思い込んでいる人。そういった方々がある一定数いるのは頭では理解しているが、感情としてはそれを認めたくない自分がいる。どうしても公的支援が必要な人はいるのだろうとは思うけども。だからといって犯罪を犯して良いわけではない。被害者のいない犯罪なんてないのだから。現代の日本が抱える貧困や家族の問題を描いた作品ではあるが、答えは何一つ示されてはいない。胸が痛くなる作品である。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-01-02 03:52:56)
69.《ネタバレ》 訳有りで集まった擬似家族を描いたドラマは、これまでも見たことはあるので特に目新しさは感じなかったけれど、とにかく役者が良い。ストーリーにも惹かれるものはあるが、消化不良の部分は残る。
是枝監督は全部をわかりやすく伝えようとは描かず、あえて観客の想像の余地を残しておく。
そのためクドさはなく粋に見えるメリットはあるけれど、もう少しわかりやすく伝えてほしい部分はある。
少年が何か呟いたけれどそれが何かわからない、といったようなところは印象には残るけれどスッキリしなくて気持ちが悪い。
お婆さんが何のためにお金をためていたのかも描かれてはおらず消化不良。
要はどこまで描くか監督のサジ加減の問題だと思うが、個人的には若干不親切に思える。
飛鳥さん [地上波(邦画)] 7点(2019-12-27 22:01:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 6.44点
033.41%
100.00%
222.27%
344.55%
444.55%
5910.23%
61213.64%
72528.41%
81921.59%
9910.23%
1011.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS