パンク侍、斬られて候のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パンク侍、斬られて候
 > (レビュー・クチコミ)

パンク侍、斬られて候

[パンクザムライキラレテソウロウ]
2018年【日】 上映時間:130分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-30)
コメディ時代劇小説の映画化
新規登録(2018-04-23)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-05-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井岳龍
尾上克郎(特撮監督)
キャスト綾野剛(男優)掛十之進
北川景子(女優)
東出昌大(男優)
染谷将太(男優)
浅野忠信(男優)
村上淳(男優)
若葉竜也(男優)
近藤公園(男優)
渋川清彦(男優)
國村隼(男優)
豊川悦司(男優)
永瀬正敏(男優)
脚本宮藤官九郎
撮影紀里谷和明(イメージビジュアル撮影)
配給東映
美術林田裕至
あらすじ
自称超人的剣客の掛十之進は藩に召し抱えてもらいたい一心からある計画を思いつくが、やがて宇宙が壊れるほどの大規模な騒動へと発展していく。侍VS猿VS謎の宗教団体という未だかつてない戦いが繰り広げられる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.主人公がね、突然叫ぶんですよ。
「俺はパンク侍だーーーー!」って。
いやいや、パンク侍って何よ?(笑)
こんなことでいちいち突っ込んでいたらきりが無いほど、ノリと勢いで突っ走る130分。

とにかくくだらないし、訳のわからない世界観なのだけど、全く飽きる事はなかった。
テンポがいいし、ナレーションも面白い。
あとはやっぱりキャクターが皆濃すぎてサイコーだった。
特に己を解放してしまった染谷将太の手のつけられなさが半端なくてヤバい。

時代劇なのに現代用語が飛び交ったりと宮藤官九郎節が全開なので、クドカン好きなら間違いなく楽しめると思います。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2018-07-01 23:12:24)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS