ジュラシック・ワールド/炎の王国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュラシック・ワールド/炎の王国
 > (レビュー・クチコミ)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

[ジュラシックワールドホノオノオウコク]
Jurassic World: Fallen Kingdom
2018年【米】 上映時間:128分
平均点:5.53 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-07-13)
公開終了日(2018-12-05)
SFアドベンチャーシリーズものパニックものモンスター映画
新規登録(2018-04-30)【ゆっきー】さん
タイトル情報更新(2019-10-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フアン・アントニオ・バヨナ
キャストクリス・プラット〔1979年生〕(男優)オーウェン・グレイディ
ブライス・ダラス・ハワード(女優)クレア・ディアリング
ジェフ・ゴールドブラム(男優)イアン・マルコム
B・D・ウォン(男優)ヘンリー・ウー博士
ジェームズ・クロムウェル(男優)ベンジャミン・ロックウッド
テッド・レヴィン(男優)ケン・ウィートリー
ジェラルディン・チャップリン(女優)アイリス
レイフ・スポール(男優)イーライ・ミルズ
トビー・ジョーンズ(男優)エヴァーソル
玉木宏(日本語吹き替え版)
木村佳乃(日本語吹き替え版)
満島真之介(日本語吹き替え版)
石川由依(日本語吹き替え版)
中田譲治(日本語吹き替え版)
内田夕夜(日本語吹き替え版)
池田昌子[声](日本語吹き替え版)
高木渉(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
森功至(日本語吹き替え版)
原作マイケル・クライトン(原案)
脚本コリン・トレヴォロウ
音楽マイケル・ジアッキノ
作曲ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
撮影オスカル・ファウラ
製作フランク・マーシャル
パトリック・クローリー
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ
コリン・トレヴォロウ
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
ジュラシックワールドが悲劇的に崩壊した後、放置されていたイスラ・ヌブラル島では、恐竜たちが人間から解放された自由な世界で生息し続けていた。しかし、火山活動の活発化により、恐竜たちの命は噴火の脅威に晒されていることが判明する。施設の元管理スタッフ、クレアは、恐竜たちを危機から救うためのプロジェクトから要請され、同じく元スタッフのオーエンらとともに現地へと向かう。恐竜たちの元気な姿を見て安堵するクレアたち。しかし、プロジェクトの裏には、醜い陰謀が隠されていたのだった。恐竜たちの運命は如何に?!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.CGは凄いし孫は可愛い。全体的にコンパクトかつ綺麗にまとまっていましたが、そこらへんに転がっている凡作と同じで非常に安っぽい感じだったのもまた事実。面白いといえば面白いですが、印象に残らなかったといえば残らなかった。可もなく不可もなくとはまさにこの映画のこと。

目立った粗は感じませんでしたがレビューを書くモチベーションが全く上がりません。ある意味、映画としては一番ダメなパターンかもしれませんねコレ。。
アラジン2014さん [地上波(吹替)] 5点(2020-08-01 18:28:34)★《新規》★
54.《ネタバレ》 恐竜たちよ 
怒っていいんだよ 
ここは怒っていいところなんだよ 
毎度毎度同じような演技とポージングをさせられて
お注射されて捕獲されて緊縛されて輸送され、挙げ句、あんな狭い人間ハウスに大集合させられ値踏みされ。その上、善人は殺しちゃイカンというルールをきちんと守らされ。
次回作のオファーが来たならもう断ったっていいんだよ 人間たちだけでやらせとけばええやん。もっと自分たちの存在価値を大事にすべきだよ 
蔓延するサメ映画とかゾンビ映画たちのように堕落してっちゃイカン 1作目が泣いてるよ
3737さん [DVD(吹替)] 5点(2020-07-26 19:20:06)(良:2票)《新規》
53.《ネタバレ》 ジュラシック~のシリーズも5作目ともなると、作り手もなんとか新味を持たせようと必死なんでしょう。事前情報を殆ど入れないで鑑賞したので、火山が噴火する中、閉鎖されたジュラシック・ワールドから生き残りの恐竜たちを救出するのがメインだとばかり思っていたら、その件はかなり短くて後半の舞台はお屋敷へ・・・「お屋敷が舞台の恐竜モノ、なんて斬新なんだ」、と苦笑いしてしまった。
話の規模が思いっきりスケールダウンしていたり、陳腐なストーリー展開といい全体として決して褒められる内容ではないけど、映像の迫力だけは見事で、それなりに退屈せずに見ることはできました。ま、只の娯楽映画だしね。
J.J.フォーラムさん [地上波(吹替)] 5点(2020-07-26 00:59:45)《更新》
52.《ネタバレ》 映像的にはいつもながらの迫力満点さ。でも、そこまでかな。決して退屈はしないんですよ。でも、殆ど感情移入できない。人間の登場人物にはね。ストーリーとしては特に斬新な部分はなく、展開は予定調和の嵐。これは最早「ジュラシックパーク」とは別物と割り切るべきです。前作もそういう意味では同じですが。ただ、マルコム先生のスピーチが今の時代を映しているかのように感じられ、妙にラストを締めてくれていたのが印象的でした。
ぽこたさん [地上波(吹替)] 5点(2020-07-25 18:26:14)
51.《ネタバレ》 アフリカ旅行で実際に車の真後ろを象が通った時の感動「恐竜歩いてる~」と思いましたよ。作中で恐竜みて感動している人も同じなんだろうな~と思いました。あまり期待せずに恐竜鑑賞を目的とするならば、まあ、それなり…;にしてもやっぱりいかんよな~恐竜映画をB級パニックしちゃう脚本…;自然を支配できると勘違いして愚行を繰り返す人間の醜さを描きいれたいんだろうけど、他にやり方あるだろ~オークションはいらんのよ。オール島舞台で恐竜をサンクチュアリに移動するプロジェクト話でいいのよ。プロジェクトの困難を乗り越えつつ、その中で各々の野心や立場が交錯する話でいいんだよ;最終的に1頭しか移動させられなかった…人間の無力さを思い知る…みたいなのとか…(舞台を島から移すから緊張感がなくなってしまった。エイリアンも宇宙船という閉鎖空間だからいいように)次回作があるなら熟考求む!
果月さん [地上波(字幕)] 5点(2020-07-25 13:19:57)(良:1票)
50.《ネタバレ》 このシリーズの作品をまともに見たのははじめてです。
食われそうでギリギリ食われない、というのが定番の「芸」というか「ネタ」なんですね。最初からそれがやりたくて島に行ったとしか思えない。はじめのうちは、延々とそればかりやってるので、いいかげんウンザリしましたが、そのうち「そういう芸風なんだな」と割り切って笑えるようになりました。
一方、この映画には、科学倫理や生命倫理を問うような真面目な側面もある。一般的な問題として、遺伝子技術で復活させた生物は保護されるべきなのか否か。いまや絵空事とはいえない話だし、けっこうシリアスな問題だと思います。でも、「人間と恐竜の平和共存」だとか「恐竜たちの平和な暮らし」だとか言われると、いまいちピンとこない。そもそも恐竜って、たがいに食ったり食われたりしてるような生き物じゃないの? 「恐竜の平和」なんて考えたこともなかったです。そんなものあるかしら?
映画の終盤には、人間と恐竜がたがいに心を通じ合わせる『E.T.』じみた展開になってましたが、もはやファンタジーすぎてついていけません。ほぼ『のび太の恐竜』になってますよね。これこそが元祖スピルバーグの芸風ってことでしょうか。『ジョーズ』と『E.T.』をかけあわせて恐竜映画に仕立てたら、こんなふうになるのかも。
なかなか面白かったけど、ちょっと辛めの6点で。
まいかさん [地上波(吹替)] 6点(2020-07-25 06:04:28)《更新》
49.恐竜は大自然の中で動き回って初めてワクワクするんだなと個人的には思う。
今作は巨大生物が暴れ回るB級パニック映画と大差ないな。
misoさん [地上波(字幕)] 4点(2020-07-24 23:57:54)(良:1票)
48.これは面白くなかったです。私がこのシリーズに期待しているのは、スリルです。本作はその肝心のスリルを感じられなかった。勧善懲悪の安っぽい人間ドラマはどうでも良い。せっかく蘇った恐竜の給付や優雅さを存分に魅せて欲しかったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2020-05-07 07:02:35)
47.《ネタバレ》 炎の王国ってタイトルに騙された感が強いかな、後半ぱっとしないのでもう少し島でのくだりが長めの方が良かった。
悪人にしてもマヌケな雇い主にしても全体的にテンプレのような感じの作品で微妙でしたが、島に取り残されたブラキオサウルスの最後のシーンだけは良かった。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2020-04-23 22:06:58)(良:1票)
46.《ネタバレ》 あんまりヌルヌル動く恐竜が逆に不自然。
osamuraiさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-02-07 03:17:05)
45.《ネタバレ》 ラプトルを生まれたときから飼うと、ペットにできるって?
できないよ。
だって人間をエサとする動物なんだから。
いや、別に映画なんだから、できるって設定でもいいけど、そうしたらもう恐竜じゃないし、自分の見たい「ジュラシック~」じゃない。
最後もなんだかなあ。
恐竜を野に放つとか、「ムチャもいいとこだなあ」なんて、冷めて見てた。
でもまあ、なんとか最後まで飽きずに見られたから、まあいいかって感じ。
で、次回作はなんですか、「野生化した恐竜が大繁殖し、人類は滅亡の日まであと365日。そこに人類の救世主としてラプトルの子孫が現れる!」とか。
どう考えてもつまらなそうだけど、つい見てしまうかもしれない。
まかださん [DVD(吹替)] 5点(2019-10-14 10:19:35)
44.《ネタバレ》 前半に比べると、後半のスケールダウンがすごい。大型恐竜の活躍は後半はほぼ皆無なので、その点を期待していた私にはどうもカタルシスを感じない作品でした。映像はさすがです。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-17 19:06:08)
43.《ネタバレ》 嘘みたいにみんなへまばかりする。クレア役の人って、前作もそうだったけど、前半はきつそうな感じなんだけど、髪をあげてからの後半はなんか優しそうな感じになっていい感じなんだよね(+1点)。女の子、乳母からかいすぎ。キャーキャー騒ぎすぎ。
次回作はもうかんべん。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-08-12 15:47:06)
42.《ネタバレ》 お金が掛かっているだけあって映像(前半パート)は本当に綺麗です。
ストーリーは無茶苦茶(私的意見です)私には合わず、楽しめませんでした。
何の躊躇もなく襲っていた恐竜が少女の寝室だけひたひたゆっくりと近づくとか
島パートでの施設からの脱出喜劇(イスにかじりついたり、土管出口まで来れるのに、永遠と足をかまない程度にジャンプしたり)とか
改良品種の檻の中での歯を抜こうとするあほな件 を見ていると
もっとリアリティーを追求してほしいと思ってしまいます。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2019-07-21 20:54:34)(良:1票)
41.《ネタバレ》 あまり期待せずに見たのが良かったのか、意外と楽しめた。前半は予想の範疇でいまいちだったが、後半の屋敷の中のシーンが好きだ。爪で床をカンカン叩いたり、カーテンに恐竜の影が映ったり、ニヤリとできるシーンが多かった。もう一つ、終わり方が予定調和でなかったのも好み。
alianさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-05-06 15:52:47)
40.《ネタバレ》 そういえばこいつのレビューを書いてませんでした。
安定のシリーズで前作からの続きもの。
当然いつもの展開かと思いきや、今回は大きく趣向を変えてきています。
まさかの家内でのバトル。めっちゃスケール小さいじゃん!
恐竜映画なのにバイオハザード感がでてしまってるっていうコレジャナイ感がハンパないのです。

たしかに毎回同じパターンではさすがに客も飽きるわけで、ここらで趣向を変えるのはわかるのですが、しかし今回の路線変更は失敗ではないでしょうか。
このシリーズに客が求めるのは多分こういう方向性ではないと思うのです。
客がこのシリーズに求めるのは、もっとバーンとしてドーンという感じの雑で圧倒的なものを求めてると思うのですが(それは多分映画マニアには受けが悪い方向性だと思いますが)、今回の路線変更はスタッフが色気を出したんでしょうか、なんか真逆なんですよね。
迷走を感じさせる一作です。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-05-05 20:17:48)(良:1票)
39.こんなにとっ散らかってしまって次回作はどうするのかな。というか次回作を作るつもりなのかな?。もういいって感じです。
pokobunさん [DVD(吹替)] 5点(2019-05-05 13:26:48)
38.安定の仕上がりですが、裏を返せば、マンネリということになります。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 5点(2019-04-25 21:55:28)
37.《ネタバレ》 大人気シリーズの最新作。お金があほほどかかっているだけあって映像は確かに素晴らしいし、ストーリーもベタながら分かりやすいし、これと言って悪くはないんだけど、なんだろう、このワクワク感のなさは。やっぱりこのシリーズの醍醐味って、安全と思われていた恐竜たちが突如として暴走するという緩急の付け方にあると思うのだけど、本作は最初から凶悪な恐竜たちがジャングルをうろついているという設定なので、主人公がそこに自ら乗り込んでいってもいまいち緊迫感が感じられないんです。「わー、この檻に入った恐竜たち、かっこいい!あ、意外に可愛い奴もいる!」と楽しんでいたのが、「え、何?なんか緊急事態だって?えー、恐竜たちが逃げ出した?」「わー、恐竜たちが俺たちを喰おうと襲い掛かってきた!!キャー!!助けて!!」、これですよ、これ。しかもその恐竜たちも火山の噴火に脅かされ、挙句ハンターたちに追われる始末。これでは、このシリーズの「凶悪な恐竜たちに追われる恐怖」という醍醐味が半減してしまって当然です。前作の続編ということでそうするしかなかったんだろうけど、もう少し何とかならなかったものか。好きな監督の作品だっただけに残念っす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2019-04-01 00:51:27)
36.《ネタバレ》 面白かったがストーリーはよくある展開。恐竜が本土に散ってしまったがどうするのか。
ぷるとっぷさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-01-14 17:33:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 5.53点
000.00%
100.00%
200.00%
335.45%
41018.18%
51629.09%
61221.82%
7916.36%
859.09%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.80点 Review5人
4 音楽評価 6.60点 Review5人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS