ピーターラビットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヒ行
 > ピーターラビットの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ピーターラビット

[ピーターラビット]
Peter Rabbit
2018年上映時間:95分
平均点:5.94 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-05-18)
コメディファンタジーシリーズものファミリー動物もの小説の映画化
新規登録(2018-04-30)【ゆっきー】さん
タイトル情報更新(2023-04-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィル・グラック
キャストローズ・バーン(女優)ビア
ドーナル・グリーソン(男優)トーマス・マグレガー
サム・ニール(男優)マグレガーおじさん
ジェームズ・コーデンピーターラビット
マーゴット・ロビープロプシー
エリザベス・デビッキモプシー
デイジー・リドリーカトンテール
サム・ニールトミー・ブロック
千葉雄大ピーターラビット(日本語吹き替え版)
清水理沙プロプシー(日本語吹き替え版)
木下紗華モプシー(日本語吹き替え版)
雨蘭咲木子ジマイマ(日本語吹き替え版)
多田野曜平ジェレミー・フィッシャー/バナマン(日本語吹き替え版)
糸博マクレガー(日本語吹き替え版)
堀越真己ティギー(日本語吹き替え版)
鈴木達央ジョニー(日本語吹き替え版)
小宮和枝ハロッズの支配人(日本語吹き替え版)
千葉繁JWルースター二世(日本語吹き替え版)
神代知衣ベティ(日本語吹き替え版)
東地宏樹ピーターの父(日本語吹き替え版)
青山穣ミスター・トッド(日本語吹き替え版)
魚建ピグリン・ブランド(日本語吹き替え版)
脚本ウィル・グラック
撮影ピーター・メンジース・Jr
製作ウィル・グラック
美術ロジャー・フォード
リサ・トンプソン(セット装飾)
衣装リジー・ガーディナー
あらすじ
自然に溢れたイギリス郊外の湖水地方で繰り広げられる、いたずら好きのウサギのピーターとその仲間たち、そして近所に住む人間たちとの大騒動を、実写にCGを合成して描く。 初出版から100年以上の歴史を刻むビアトリクス・ポター作の名作絵本「ピーターラビットのおはなし」をハリウッドが初めて実写化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》  なんかどっちもどっちなんだよなぁ。
 トーマス・マクレガーがそんなに悪人じゃないから。
 むしろ、家と庭を荒らされた被害者に見えちゃう。これじゃあウサギたちが害獣って言われても仕方が無い。
 終盤になると、ピーターラビットが反省して、今度は二人の仲をとりもとうと奮闘。今までいがみあっていた二人が和解し、ピーターは自分の罪をビアに告白。で、なんか丸く収まるハッピーエンド。
 ま、ハッピーエンドは嫌いではないので、後味は悪くないんですけど・・・。やっぱそれまでがねぇ。
 それにビアがそのままそこに住み続けるのであれば、ピーターが果たして反省したかどうかは、はなはだ疑問。
 つまり、ピーターラビットに共感できないのが問題なんだと思います。
 それにファミリー層を狙ったハートフルコメディにしては、やり口が少々過激すぎやしないかい。
 まさにホームアローンを連想させるようなやり口ですが、そーゆーのは人間側をはっきり悪者に描いてこそ、ウサギたちの反撃にカタルシスを覚えるものでしょう。
 正直、ずっと眉をひそめて見ていましたよ。とても教育上良い映画とは思えません。
 ただ映像作品としては大変すばらしく、何の違和感もなくその世界に浸ることができました。
 キャラもストーリーもいまいちですが、映像だけは一級品かと。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2024-03-24 16:25:31)
15.《ネタバレ》  冒頭のおじいさんがサム・ニールだとは気づかなかった。面白かったのは、人間が電気ショックで何度も吹っ飛ぶところくらい。この内容で「ピーターラビット」の看板を掲げる意味はよくわからない。

 アレルギー反応などのブラックジョークを入れるなら菜食主義なんかもネタにしてほしかったし、いっそ原作に寄り添って「食うか食われるか」みたいな、動物がお互いに食べ合うことの意義なんかを感じさせてくれるプロットなら面白かったのにと思う(それこそピーターのお父さんはミートパイにされているわけだし)。

 隣家の畑を荒らすところから始まって、その畑で大手を振って過ごせるようになって終わり……という、不遜な若者が不遜な若者のまま終わる成長のなさもスカッとしない。
乱泥さん [インターネット(字幕)] 4点(2023-06-07 22:44:29)(良:1票)
14.《ネタバレ》 ピーターラビットの物語と基本設定は同じだけれど、キャラクター設定やストーリーは児童書である原作からだいぶ飛躍してると言うか、デフォルメしてるというか、実に洋画のコメディらしいアレンジと演出ですね。基本、擬人化されたウサギが最上位にあって人間や他の動物はそれ以下。小ネタも効いてます。アニメ版がほぼ原作を踏襲していたことを考えれば、やっぱりハリウッドだな、と言ったところか。こういう作品、こういうコメディ、好みです。

それにしても、技術革新には脱帽するばかり。ピーターたちが実に自然に実写の世界に溶け込んでますね。まさに命を与えられているといった一挙手一投足。動物たちの自然な動きや表情に釘付けになり、あっという間にクライマックスを迎えてしまいました。

CGキャラが活躍する作品に、また新たな記念碑的作品が登場しましたね。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-04-18 00:34:03)
13.《ネタバレ》 予備知識としては、あの絵本だかのほのぼのした挿絵のウサギちゃんね~ぐらいです。絵面でのイメージ(僕の勝手な想像ね)とは違ってかなり悪戯っ子というか糞ガキな感じで、ネタもブラック&ダークです。確かに昔の童話等は毒入りが多いのでピーターラビットも元がそうなのかなと思いました。知らんけどw

何というかマトモなキャラが居なくて寄り添えない感じですね。悪者扱いされていた畑のおじさんが割とマトモに思えて可哀想でした、不摂生だから死んでも仕方なくてピーターのせいじゃないよって説明いる?その後の甥をアナフィラキシーで殺そうとしてなかったかな?とまあ気になるところはあるけども、細かいことは気にしないので割と楽しめましたw

既視感を覚えたんだけど多分「テッド」だと思います。ぬいぐるみじゃないけどね。
ピーターラビットの原作知ってたら違和感ないのかな?
ないとれいんさん [地上波(吹替)] 6点(2021-08-17 12:14:21)(良:1票)
12.《ネタバレ》 ウサギのモフモフが可愛いとか言われてるけど、全然可愛くないです。
性格が悪いから顔が凶悪。
老若マクレガーさんは全然悪くない。
自分が丹精込めて育てた作物や家を荒らされたら、そりゃ駆除しますよ。

隣のウサギ溺愛ビアは何ですか?
テレビ見て畑を荒らしてる猪や鹿が撃たれるのを見て「可哀そう」とか言ってる人や、公園の鳩にエサやってる人を皮肉ってる人物設定?
自分ちの庭で人参でも育ててウサギたちにあげればいいじゃない。
トーマスが何故ビアに惹かれるのか、さっぱりわかりません。

本当の悪党を動物たちがやっつけるんなら、もう少し楽しめたのかもしれません。
潔くウサギ版「ホームアローン」でいいじゃないですか。
nanapinoさん [地上波(吹替)] 4点(2021-07-02 00:49:59)(良:2票)
11.《ネタバレ》 原作の版権管理団体は長年にわたり映像化を頑なに断っていて、実写映画化がコレなので、原作には毒があって道徳的ではないことを言いたかったのかもしれない。それとも現代に合わせてアップグレードしたかったのか。描かれる物語は善悪もなく、お花畑なヒロインをめぐる殺し合いと言っても良い。そこらへんが面白いところだとは思うが、変に良い話に無理やり着地しちゃうのには違和感(それも狙いか)。任侠映画みたいと聞いたので、もっとはっちゃけても良かった。
Cinecdockeさん [地上波(字幕)] 6点(2021-06-29 18:48:47)
10.《ネタバレ》 やんちゃ、というか小憎らしい、というにはちょっと度が過ぎる気がするウサギたち。
確かにキャラはよく動くし、CGでできている動物たちはどれもよくできているし、スラップスティックコメディとしてもドタバタのノリで画面を見ているだけでも楽しい、のですが、どうしても観ていて愛着というか可愛らしさが微塵も感じられなかったのが個人的感想です。
死人が出てる、とか、アナフィラキシーを起こす、とか、不謹慎じゃね?と思う場面もあるのですが、そこはまあお国柄というか「ブラックだな〜」で済ませられるのですが、ピーターラビットはもちろんのこと、トーマスもビアも中途半端に魅力がなく全然感情移入できなかったのが個人的に残念でした。
終盤の「分り合い」からのくだりはまあ良かったですが、全体的にあんまり観ていて気分のいい作品ではありませんでした。
クリムゾン・キングさん [地上波(吹替)] 5点(2021-06-26 03:31:50)(良:1票)
9.《ネタバレ》 他レビューにある通り、原作イメージとかなり異なる印象。全体としては楽しい映画だが、CGによる画質が向上すれば、やりたい放題のドタバタコメディに変わるものなのか。よくも悪くも、新世紀映画。果たして、原作者はこれを観てどう思うだろうか。

※ウサギ、以前から食いたくても、罪悪感が邪魔していたが、こんなウサギ達なら、食っちまおうかな・・・
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 6点(2020-06-03 21:40:09)(良:1票)(笑:1票)
8.《ネタバレ》 舞台は自然豊かな田園風景が拡がるイギリスののどかな田舎町。そこでは祖先より代々受け継いだ庭を巡り、性悪じじいと熾烈な闘いを繰り広げる小さな動物たちがいた。青いジャケットを羽織った動物たちのリーダーの名は、ピーターラビット。彼の指揮の下、うさぎたちは性悪じじいに対していつ果てるとも知れぬゲリラ戦を展開していた。そんなある日、唐突にじじいが心臓発作で死亡する。闘いは彼とその仲間たちの勝利で終わったかに思われた。だが、庭を相続したじじいの甥が新たにやって来たことから、長い闘いの第二幕が切って落とされるのだった。さらにはうさぎたちと同盟関係にあると信じられていた画家のお姉さんがその甥と恋に落ちてしまったことから、争いはますます混迷の度を深めてゆく。不毛な闘いの果てに人間と動物たちは何を見るのか?イギリスの有名な児童文学を原作に、うさぎたちと人間との小さなお庭を巡るバトルをスラップスティックに描いたファンタジー。原作のことはよく知らないまま、さして期待せずに今回鑑賞してみたのですが、これがなかなかブラックな内容でいい意味で期待を裏切られました。なんたって冒頭から、ピーター・ラビットのお父さんは敵のおじいさんにパイにして食べられたと説明されるんですから!そして心臓発作で死んだおじいさんが〝アイス販売車〟で運び去られると、動物たちが家の中で狂喜乱舞のパーティーを開くというハチャメチャぶり。いや、いくら敵とは言え、おじいさん死んでますから(笑)。そしてやって来る甥の潔癖症男との闘いも狩猟用の罠やら電気網やら果ては爆薬まで使ってのもはや殺し合い。『パディントン』も裸足で逃げ出すようなそんな不謹慎な内容に僕はかなりテンション上がっちゃいましたわ~。甥が電気ショックでいちいち吹き飛ばされたり、ニワトリが朝一で鳴く理由が実は昨日の不満を爆発させていたり、ミュージカル担当の鳥たちが毎回酷い目に遭わされたりと、細かなネタの数々もいちいち笑えます。何も知らない画家のお姉さんの目の前では仲良くしてるうさぎと甥が、彼女が居なくなった瞬間にボコボコに殴り合うというのはベタですけど、やぱ面白いっすね~。何気におじいさんが死んだことを最後まで誰も悲しまなかったのもけっこうツボでした。んで、最後は無理やりなハッピー・エンドで気分爽快!いやー、内容のブラックさとうさぎたちのもふもふ可愛さのギャップに萌えました。8点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2020-03-23 02:51:41)
7.《ネタバレ》 可もなく不可もなくといったところ。CGはめっちゃ良く出来ていて、物語にすんなり入り込めた。まあマンガなんで、細かいことはあまり気にはならない。気にはならないが、都会暮らしで潔癖症で細かな性格のトーマスが、あまりにも呆気なく自然の暮らしに慣れ親しんでしまうのは、いくらなんでも端折りすぎかな~と思えた。

捕まえたうさぎをパイにしてしまうっていうのは、子供が観たら下手したらトラウマになりかねかいかも、って心配になってしまった。

電気ショックで吹っ飛ぶシーンがいっちゃん笑えた。あと、もうちょっとビアの書いた絵をちゃんと見せてほしかった。

それと、いくらなんでも憎い相手だとしても、死んだことを喜ぶのは道徳上どうかな~って。せめてお花を添えるとか、なにかそういった演出をしても良かった気もします。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2019-10-06 13:18:56)
6.クソうさぎとバカ女。
合成自体うまく出来てるしよくできた映画。
ume0214さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-03-17 14:15:43)
5.《ネタバレ》 ピーターラビットというと、やはり絵本のほんわかしたヴィジュアルのイメージでしたので、
フルCGでやんちゃに飛び回るピーターを見たときは「なんじゃこりゃ!?」と思いましたけども(笑)、
実際に鑑賞して見たら普通に面白かったです。大人から子供までみんな楽しめる。
動物たちのキャラを活かした笑い、そして何より、可愛らしい。
トーマスとピーターのドタバタなやり合いはコメディ劇の基本のようで安心して楽しめます。
そして色々あったけど、みんながハッピーエンドで気持ちが良い。
あとイギリスの田舎の景色いいなって思いました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-10-06 20:29:37)
4.《ネタバレ》 面白かった。エコノミーの飛行機の中で鑑賞。この映画のおかげでフライトはちっとも退屈ではなかった。(気の優しい園芸家のおじいさん=)ラビットたちとっては鋤を持ってラビットたちを襲う、悪の化身!そして憎っくき父さんのかたき。その爺さんが長年の悪業と悪習慣の結果?昇天されて、めでたしめでたし、かと思いきや、もっとすごいキャラが登場!じいさんの甥っ子。アポロの発射角度を覚えていて実践できるやつ。こいつとラビットたちの強烈な第2ラウンド、これに天才画家の女の子も助太刀(一応ラビットたちの味方だが、青二才と恋に落ちる)して、すったもんだの大喜劇。ファンタジー?いや、人間臭いピーターラビットとその仲間たち。結構好きです。
杜子春さん [DVD(字幕)] 7点(2018-09-04 11:39:40)
3.見た目はかわいい。なのにやんちゃなウサギさん達。
いや……やんちゃっていうレベルじゃねえ!

ピーターラビットをはじめ動物達が一丸となって人間の家に攻めてくるという、動物VS人間の戦いをメインに据えたドタバタ劇。

世界中で愛されるあのキャラクターが、こんなにハチャメチャな性格だったというのにまず驚いたし、B級テイストも満載でこれはいい意味で裏切られた。
CGとは言え動物達の動きがとても自然で良かったし、笑えるシーンも多くて楽しめた。
「アニー」の監督という事でミュージカルっぽいシーンもあったりして、歌って踊る動物達にとにかく癒される。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 8点(2018-06-14 20:39:07)
2.《ネタバレ》 CMを見た段階で「原作ってこんななの?」「主人公の造形が…」と不安が。
さらにウサギ達が人間にアナフィラキシーショック攻撃を仕掛ける、と聞いてヤベェな感。
実際、某アレルギー関係の団体に訴えられて謝罪には笑った。
そういったハチャメチャドタバタバトルを軸に間に立つ人間の男女が恋愛劇を繰り広げる普通のラブコメ。
ピーターラビットである必要があったのか、ちょっとその辺弱いかも?
時に展開を省略する演出があり、「色々ピンチはあるけどこのお話はそういうのじゃないから(ご都合主義です)」
というようなメタメタしいナレーションは好き嫌いがあるかも。説明しなくてもギャグで片付かないかこれ?みたいな。
個人的に、小憎らしいピーターが3Dの見た目と相まって受け入れられず。監督の狙い通りではある。
ベンジャミンのぽっちゃりモフモフ感は良かった。
HIGEニズムさん [映画館(吹替)] 5点(2018-06-02 17:23:00)
1.見始めでは、体を張った笑いの取り方に慣れず、なかなか笑い切れませんでした。しばらく見続けているうちに慣れてきて、楽しめるようになってきました。動物たちはおそらく全てCGで、なかなかリアルでしたが、それよりも、その動物たちと多く絡む、ドーナル・グリーソンが面白かったです。これまで見てきた映画とは違う役柄で、懐の深さを感じました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2018-06-01 23:18:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.94点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4318.75%
5318.75%
6531.25%
7212.50%
8318.75%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS