ブリグズビー・ベアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブリグズビー・ベア
 > (レビュー・クチコミ)

ブリグズビー・ベア

[ブリグズビーベア]
Brigsby Bear
2017年【米】 上映時間:97分
平均点:7.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-23)
ドラマコメディ
新規登録(2018-05-05)【にゃお♪】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストマーク・ハミル(男優)テッド
ジェーン・アダムス(女優)エイプリル
グレッグ・キニア(男優)ヴォーゲル
クレア・デインズ(女優)エミリー
マット・ウォルシュ〔男優〕(男優)グレッグ
アンディ・サムバーグ(男優)エリック
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》  良い作品だとは思うが、ちょっと入り込めない部分があった。
 ブリグズビー・ベアがいくらチープだからといっても、あのビデオを作るのにどれだけお金と時間がかかるのか、ちょっと考えてしまった。そうすると、元の父母はどうやって生活費を稼いでいるのだろう等・・。
 何も考えないで見れば、感動するのかも知れない。

 見た時間が悪かったのかな。
海牛大夫さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-12-08 17:28:38)★《新規》★
3.《ネタバレ》  とても好きな映画。面白くて、あったかくて、感動的で。

【かなりネタバレ】
 映画を見る前に目にしていた数少ない情報から連想された映画は『ルーム』と『ラースと、その彼女』。
 でも、その2本とは方向が異なって、辿り着くのは『エド・ウッド』や『SUPER 8/スーパーエイト』や『僕らのミライへ逆回転』の世界(ついでにちょっと『万引き家族』)。創作意欲に対する原初的な愛についての話。

 作品を愛する気持ちと、それを大事にする気持ち。
 周囲の人々がみんな主人公に優しく、その気持ちを大切にしてゆく、それはまるでおとぎ話のように上手く行き過ぎな感じ。でも、それは主人公が自己肯定へ至る道を彩り、後押しする大切な要素。その肯定感は清々しいほど。

 『ブリグズビー・ベア』の成り立ち、その背景に(その起点は絶対否定されなければならないことではあるのだけど)、深い慈しみ、愛おしさを感じて、そして、人々がそれを受けて更に形にしてゆく、その感動。

 映画を信じられる映画。みたいな感じ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 9点(2018-10-22 21:44:29)
2.『カメラを止めるな!』とは全然違うが
これもまた “ make a movie, make a life.” の物語・・・

新鮮さを損なわないよう、予備知識は最小限で
・[非常に特殊な環境]で育った青年が主人公
・ブリグズビー・ベアは [彼のヒーロー]
・[スターウォーズ]のルーク役マーク・ハミルも出演
・サンダンス映画祭で注目された[インディーズ作品]
それで十分。

派手なメジャー作品とは、ひと味違う・・
心をくすぐられ、最後じわっと癒される映画です。
墨石亜乱さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2018-10-10 16:19:55)
1.《ネタバレ》 着想は面白いけど、ちょっと食い足りない感じ。悪い奴が一人も出てこないのは良。M・ハミルはスターウォーズ最新作で観ていたので免疫はできていたが、これを最初観せられていたら驚くかな。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-10-05 22:38:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6250.00%
7125.00%
800.00%
9125.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS