きみの声をとどけたいのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > きみの声をとどけたい
 > (レビュー・クチコミ)

きみの声をとどけたい

[キミノコエヲトドケタイ]
2017年【日】 上映時間:94分
平均点:5.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-08-25)
ファンタジーアニメ青春もの
新規登録(2018-06-05)【かっぱ堰】さん
タイトル情報更新(2020-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
三森すずこ矢沢紫音/矢沢朱音
梶裕貴小動大悟
鈴木達央川袋将暉
野沢雅子なぎさの祖母
佐古真弓行合みつえ
志村知幸行合鉄男
牛山茂川袋佐武郎
製作KADOKAWA(「きみの声をとどけたい」製作委員会)
東北新社(「きみの声をとどけたい」製作委員会)
制作マッドハウス(アニメーション制作)
東北新社
配給東北新社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 ド直球な青春モノの良作でとても良かった! です。
エンドの歌がすごい良いですね。

最初スポーツものの話に行くのかと思ったら、突如空き家に入ってラジオ放送を始めるとか、中盤仲間がどんどん増えていってそれぞれのキャラクターは魅力的で良いのですが、メインの家の主からするとかなり全面的に押しつけがましくてどうなんよ、という感じはするし、最後の場面もいい話でハッピーエンドにするにしても、そこまで盛るかい! とか、主人公が特殊な力を持ってて言霊を実際見ることができるみたいな話もオカルトじみて危ういのですが、

「人に本当の想いを伝える」

という点のみに特化して、とてつもなく前向きに描いており、それですべて押し切られる感じで、まあ、前向きな青春ものの話なのでこれはこれでいいかな(それぞれのキャラクターの軋轢は大体全部吐き出して解消してるし)、とわりと終わったときには素直に感じられました。エンドは盛り過ぎとも思いますけど、気分的にこれくらい盛り上げたくなるのは共感して、そういうイメージに沿って盛り上がってるので、ポジティブな話は過剰に盛り上げるくらいで良いかなというところもあるので、自分的にはOKでした。

あと、個人的嗜好的にはめがねが良かったです(そこか
simさん [映画館(邦画)] 7点(2020-09-01 15:09:56)
3.まっすぐ過ぎる主人公や心を開かない娘等々の
各キャラクターの味付けが微妙に好きになれない所ではあるし結末がイマイチ・・・。
ただ、ラジオの短波放送って所は何か良いじゃない。
シナリオも、もう少し現実路線に寄せたら名作になってたかもね。
あと、話とは関係ないけどキャラクターの白フチが大き過ぎてちょと違和感(笑)
キャラクターと背景を別で独立させるとゲームCGみたい。
デミトリさん [DVD(邦画)] 6点(2019-08-24 09:56:13)
2.《ネタバレ》 言霊を扱った映画は「学校の怪談 呪いの言霊」(2014)以来である(中身は全く違う)。
個人的には最後の展開が意外だった。まさかこうなるとは思わなかった。年少者向けアニメとはいえ一応は現実世界のこと(紫玉は主人公の主観的な現象という前提)として話が進んでいくので、キセキという名目で絶対あり得ないこと(皆が見ているところで紫玉が大量発生)を起こすとまでは予想していなかったわけだが、まあこれは初めからこういうものだったと割り切るしかない。意識障害からの回復は絶対あり得なくはないので、そういうことなら普通に奇跡として受け入れられる。
中心テーマのコトダマに関しては、悪口を言うと本人に返るというのは現実的な教訓だが、願いを言葉にすれば必ずかなうとも思われない。口に出すのが実現のための第一歩というならそうかも知れないが、それは努力家のお嬢様にこそふさわしい行動様式である。そこまでご立派でなかった主人公も、自分の言ったことを自分で受け取った結果として生きる姿勢を改めて、それがその後の就職につながった…と思えばいいのかも知れないが、どうも派手なキセキに気を取られて、まともな成長ドラマの部分が見えない気がする。

一方、音楽著作権には厳しい割に、その他社会通念は無視というのはこの手のアニメに必須だとでもいうことなのか。特に、いくら高校生の趣味的活動でも、商店街の協力者やリスナーを巻き込んだ時点でそれなりの責任が発生するのであって、病院の母親とさえ直接関係のない個人レベルの事情で放送を使うのには反感を覚える。いろいろ気に障ることは多いながらも、“これはほのぼの系アニメだから”と自ら宥めながら見ることを強いられて、それが最後に全部帳消しになるほどの大感動はない感じだった。
ちなみに劇中の女子高生が外見的にみな可愛いのはアニメなので当然として、人格的に最も魅力がないのは主人公だった(一般代表を兼ねているからか)。人間以外ではカエルの位置付けが半端である(仏様の化身?)。

なお余談として、「長寿の鐘 お題目を唱えてからおつき下さい。」と書いてあるのに主人公が完全無視していたのは自分が咎めることではないとして(この宗派に特に義理はない)、その方面では有名と思われる「龍ノ口法難」というのがこの辺のことだったというのは今回初めて知った。この宗派でも言霊は重要なのか。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 5点(2018-06-24 12:56:23)
1.《ネタバレ》 徹頭徹尾すこやかで真面目。完全に毒抜き処理が為された道徳アニメ。

夏休みにチビッコに観みせるため用のアニメかと思いきや、主人公は女子高生だし。

「どこぞの宗教団体が作らせた教育アニメなんかしら!」と気になり、調べてみれば何と監督・伊藤尚往。

オーバーロードの監督じゃないですか!…ちょっとケナしづらい。

ラストシーンで起きた奇跡は、ちょっとやり過ぎ感。
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2018-06-22 07:02:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5250.00%
6125.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS