アントマン&ワスプのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アントマン&ワスプ
 > (レビュー・クチコミ)

アントマン&ワスプ

[アントマンアンドワスプ]
Ant-Man and the Wasp
2018年【米】 上映時間:125分
平均点:7.50 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-08-31)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2018-06-10)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2018-10-22)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペイトン・リード
キャストポール・ラッド(男優)スコット・ラング/アントマン
エヴァンジェリン・リリー(女優)ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ
マイケル・ダグラス(男優)ハンク・ピム
マイケル・ペーニャ(男優)ルイス
ウォルトン・ゴギンズ(男優)ソニー・バーチ
ハナ・ジョン=カーメン(女優)ゴースト/エイヴァ
ミシェル・ファイファー(女優)ジャネット・ヴァン・ダイン/ワスプ
ローレンス・フィッシュバーン(男優)ビル・フォスター/ゴライアス
T.I.(男優)デイヴ
ボビー・カナヴェイル(男優)ジム・パクストン
ジュディ・グリア(女優)マギー
アビー・ライダー・フォートソン(女優)キャシー
デヴィッド・ダストマルチャン(男優)カート
スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕(男優)車を小さくされてしまった男
木内秀信スコット・ラング/アントマン(日本語吹き替え版)
内田有紀ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ(日本語吹き替え版)
諏訪部順一ソニー・バーチ(日本語吹き替え版)
高島雅羅ジャネット・ヴァン・ダイン/ワスプ(日本語吹き替え版)
玄田哲章ビル・フォスター/ゴライアス(日本語吹き替え版)
山崎美貴マギー(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎【声優】デイブ(日本語吹き替え版)
宮川大輔ジミー・ウー(日本語吹き替え版)
関智一ソニー・バーチ(日本語吹き替え版)
田中理恵〔声優〕ゴースト/エイヴァ(日本語吹き替え版)
森宮隆(日本語吹き替え版)
金光宣明(日本語吹き替え版)
恒松あゆみ(日本語吹き替え版)
脚本クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
ポール・ラッド
音楽クリストフ・ベック
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
撮影ダンテ・スピノッティ
製作ケヴィン・ファイギ
製作総指揮ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
チャールズ・ニューワース
スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
美術シェパード・フランケル
衣装ルイーズ・フログリー(衣装デザイン)
編集ダン・レーベンタール
クレイグ・ウッド
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 久々に大笑いした。自白剤の早口のコントは知っているが、今回ははまってしまった。実に面白かった。しかし、ミクロの奥さんは何を食べていきのびたのだろう?不思議に思っていた。アベンジャーズシリーズは、全部見ているが、このようなコミックらしい作品もなかなか良いね。
matanさん [映画館(字幕)] 9点(2018-09-18 11:03:56)
15.《ネタバレ》 アントマンは今日もそれなりに暮らしてる。
キャプテンのイザコザのおかげ謹慎の身だが娘とも元嫁ともその旦那とも仲良くやっている。冒頭の手作りの冒険探検は憧れますね!まぁ彼の時間のかけっぷりが目に浮かびますがw
しかしピム一家と組んだのが運の尽き。なんだかんだで面倒ごとに巻き込まれて行く始末。
その先にあるのは世界の危機…ではなく三つ巴なモノの奪い合いと来たもんだからスケールもアントマン。相変わらずオフビートなギャグに乗せてヌルく戦って行きます。特に奥さんの意識が入った時は笑えましたw今回もあいかわらずアリが良い活躍をしてくれます。
前回はアリサイズの世界を堪能できましたが、今回はモノを小さくしたり大きくしたりするアクションがシンプルだけれど面白い。
ただもうちょい見たことない世界を見せてくれたら嬉しかったなとは思います。量子の世界もミクロの世界も見ちゃったのでこれ以上求めるのは酷ですが、「見たことない世界を見れた」前作と比べると本作の内容はちょっと凡庸に見えてしまいました。あと、なにかしらゲストキャラクター(同じ謹慎組のホークアイとか)がいたら嬉しかったなぁ…とは思います。
「ヒーローとはなにか」とか面倒な事を考えず娘のために頑張るアントマンはやっぱりいい奴ですね。締めもなんともユルくも、万事解決。めでたしめでたし…ってまぁ最後はそうなるわなって感じでしたが。
なんだかんだで安心して観れる一本ですね。ピム一家とアントマンそして3バカトリオの今後の活躍が気になります。
えすえふさん [映画館(吹替)] 6点(2018-09-13 22:01:13)
14.《ネタバレ》 いいですねぇ、相変わらずのこの緩い感じ。
本家アベンジャーズの作品が総じて暗く真面目な作品ばかり食傷気味な中、
私には本作やスパイダーマンの方がしっくりきますね。
あのミニカーが沢山入ったお菓子BOX、私も欲しい!
あれは車好きに取って一つの夢ですね。
楽しかったです。
たくわんさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-13 12:47:01)
13.恥ずかしながらアベンジャーズシリーズを全く観たことがなく(小声で)、「アントマン」1作目だけを観た状態で鑑賞しましたが、なるほど他の方のコメントによるとアベンジャーズや他の作品も観ていないと完全には楽しめないようで…。率直な感想としてもなんだか前作を超える衝撃は感じられず、ごちゃごちゃしてしまった印象だった。
主人公が家に居るかどうかのギャグとかしつこすぎるし、新たな相棒のワスプにしてもそんなに魅力を感じなかった。
主人公が見た夢の話を聞いた博士達が、やっぱり本当だったんだ、母さんを助けに行かなきゃ…って、なんの疑いもなく事実として行動に移すあたり、あまりの勢いにポカーンとしてしまった。終始大体そんなノリで進んで行くのです。アクションシーンだけはそれなりに楽しめたかな。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-10 23:28:44)
12.それなりにアクションでドキドキできて、それなりに笑えて、それなりに面白い映画でした。気になったのは、説明が難しいからと言って、セリフで長々と説明するのはやめてほしい。演出でどうにかしてください。それに、量子の世界と言いますか、未知の世界があまりいい出来ではないと感じました。アクションや面白いセリフがテンポよく出てくるのが、この映画のいいところ。説明のセリフや未知の世界で、そのいいリズムが途切れています。上手く作れば、もっと面白い映画になったことでしょう。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-10 16:53:01)
11.《ネタバレ》 笑える要素も多くアクションもあり面白かった。インフィニティウォーを観てからのこの作品だとどこか違う世界の話に感じられる。それでも最後に同じ世界だと感じさせられて悲しくなった。内容とは関係ないがエンドロールの裏で流れるミニチュア人形の再現シーンが良かった。
ぷるとっぷさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-09 18:10:42)
10.《ネタバレ》 マーベルコミックの笑えるサイズチェンジ・ヒーローアクション、シリーズ第2弾。小さなったり、大きゅうなったり。まるでDBのホイポイカプセルみてえだぜぃ。もう一度観る。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-08 00:40:14)
9.小さくなったり大きくなったり大忙し。見たことのないアクションシーンがたくさん見られる。ただ見所を予告で流し過ぎ。まっさらな状態で映画館で見たかったなぁ。
たろささん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-08 00:08:56)
8.《ネタバレ》  面白かったけれど、前作のようには手放しに楽しめるモノではなかったわ。

 前作はマーベルユニバースの知識なんて一切無くたって一本の映画として楽しめたけれど、今回は最低でも前作と『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を見てないとワケわかんない事だらけ。いちいち記憶を辿らなくちゃなんないの、メンドくさいっての。

 で、いつになったら本題に入るの?って、そこが本題かい!って、ソレが『ベイマックス』のクライマックスをまんま持ってきたようなシロモノ。

 ワスプは期待したほどじゃない存在だし。相方としてもヒロインとしてもハンパなポジションで、単独で行動してる時の方が魅力的っていう。っていうか、ビジュアル的に微妙なのがねぇ、なんとも。

 笑えるエピソードがいっぱい散りばめてあるのはいいわ。『インフィニティ・ウォー』が重くて暗い映画だったから、明るく楽しいマーベルヒーローってのはありがたいコトで。相変わらずペーニャがいいよペーニャ。あとお留守番蟻。

 主人公と、この映画自体が、どちらもアベンジャーズって存在のせいで振り回され、縛られちゃってるわけだけども、後者は少なくとも皮肉じゃなくてマジでそうなっちゃってるのがなんともねぇ・・・
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 7点(2018-09-06 20:44:55)
7.《ネタバレ》 今回はかつて初代アントマン&初代ワスプとしてピム博士とともに任務に当たり、人々を救うために超極小の亜原子サイズとなり別次元の異世界【量子世界】へ突入して帰らぬ人となった初代ワスプこと妻ジャネットを救出する物語。 かつて開発に失敗した量子トンネルを完成させたピム博士。その技術を狙う闇商人バーチー一味、ピム博士の元同僚ビルと幼少時の事故で分子構造を変化させ物質をすり抜けることが出来るゴーストと呼ばれるエイヴァが三つ巴の戦いを繰り広げるめまぐるしさ。伸縮自在なアクションのアントマン&ワスプと物質をすり抜けるゴーストの戦いとバーチー一味がらみの追いかけっこは硬軟自在で見応えありました。そこに安定感抜群のマイケル・ペーニャ演じるルイスたちが場の空気を乱すことなく本領を発揮するので楽しかったですね。自白剤ネタと相変わらずのワンパンマンぶりは笑いました。複数が絡む争奪戦ながらバランス良くしっかりとまとめ上げられ全編にわたりユーモアに溢れていてとても楽しかったです。ただ、アリの扱いが軽くなってて前作ほど愛情を感じなかったのが残念。 ジャネットは物理法則や時間の概念もなくなる量子世界に30年いて特殊な能力を身につけていましたが、どういう扱いになるかな?と、考えてたらエンドロールであの世界での現実へ引き戻された感がありましたねえ。まあそうだろうなとも思わせますが冷や水ぶっかけるとはこのことでしょうな。楽しかった雰囲気が一気に萎みました。再び量子世界に入ってしまったアントマンも何かを身につけるんだろうか?アベンジャーズ4(仮)はどうなるんだろう?と考えると眠れなくなりそうなので日本公開は日米同日くらいで頑張ってねディズニーさん。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-03 22:11:41)
6.《ネタバレ》 いや~実に楽しかった。
期待以上でした。ワンダフル。

前作観たけどすっかり忘れている私でも、ワハハだしドキドキワクワク。
さらっと観ても、どなたでも楽しめる作品に仕上がっているのは凄い。
良く出来ているなぁ。

成功理由
その①
脚本が上手い。

親子関係分かりやすいし、なんたってギャグが面白い。
早口でまくし立てるけど笑っちゃう。
ルイス役のマイケル・ペーニャさんが良い味出してます。
こんなにかと詰め込まれたギャグだけど、ひとつひとつにこちらが考え込む要素を盛り込んで。
ストーリー展開に関係ありそうでなさそうな、さじ加減が絶妙。
主役ポール・ラッドさんも脚本参加だしクリス・マッケナさんエリック・ソマーズさん、今後の作品にも注目したいです。

その②
笑える軽い作品なのに大御所の存在感と名演技でびしっと決める。

笑わせるちょっと若手、アントマンとか警察の人とか社長とかに好きにやらせておいて。
私が博士ですと存在感を示し。
それから私は元同僚で私も偉いんです(と、言わんばかりの)威圧感。
マイケル・ダグラスさんとローレンス・フィッシュバーンが作品をきりっと締めています。
そしてミッシェル・ファイファーさんは年取っても綺麗です。

その③
大きくなったり小さくなったりが楽しい。

その④
メカが楽しいのですね~。

ここからはおたくの独り言ですので・・・

モバイル研究所が楽しい~。
アリさん達も可愛いし、通路の光り方も綺麗だし、メカビジュアルの出来が良い。
ホットウィール・コレクション(車のミニチュア箱のような)や、探査に行く宇宙船もどき(名前知りません)の室内、室外のメカが良かったですぅ。
特に宇宙船もどきの室内が一番の好みでした(はあと)
スイッチの配置がとっても好き。

メカ類知りたくてパンフレット買ったのですが、人物中心で私の指向とはいまいち合わず。
なんでだかマイケル・ダグラスさんの写真が無くて、ちょっと残念。

それと、白黒で映るある作品はウチで大事にしている物で、映った時には、そうそう、アントマンと言えばルーツはこれ!と心の中で叫んでいました。
いや~実に楽しい。

本作は今年のベストのひとつに入る傑作。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 10点(2018-09-03 16:02:23)
5.《ネタバレ》 ゴーストがピム博士をそこまで恨む理由がちょ~っと弱いかな。リストラされ、設備が不十分な施設で研究をし、失敗してしまう。クビにされたということがあったとしても、研究の失敗は自業自得でしょ。それに幼い子供がそこまで、研究の失敗をピム博士に結びつけて考えるだろうか?フォスター博士の入れ知恵か?(笑) 

あれ?そういえば、闇商売人たちと組んでいたあのFBI捜査官。あいつはどうなったんだっけ?こらしめられたのか?忘れちゃったよ~。

アリさんたちが鳥に食べられちゃうとこはマジで、やめてぇぇぇぇ!て、心ん中で叫んでしまった(^_^;)

キャシー役のアビー・ライダー・フォートソンちゃんは現在10歳。この先アントマンなりアベンジャーズ関連なりで彼女の出番を考えると、思春期に入り出す頃で、イメージとか変わってきそう。初々しい彼女はこれが見納めか!?

ピム博士の奥さんがスコットを操っていろいろとやるシーン。めっちゃ笑った。いや~オモロかった。どうせなら博士とキスまでやってほしかったな~。NGになったのかな?

エンドロール後にアリさんがドラム叩いてた、てことは誰かしらに操られてるってこと?誰だ?気になる~・・・。
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 7点(2018-09-01 19:56:48)(笑:1票)
4.MCUの中にあって、スーパーヒーローとしての使命や責任に「悩まない」キャラは
アントマンくらいでは無かろうか?

しかし、それが他のアベンジャーズとの良い差別化になって、とても明るく楽しい映画になっている。

(具体的な内容はネタバレになるので触れませんが)
今回は、あるモノを奪い合って戦い、奇想天外なアクションが展開する。

その「あるモノ」が〝とても大きい物〟だけれど意外と〝小さい〟という所が、おかしい!
それ以外にも「大と小」のギャップを使ったギャグが前作より多くて笑える。

過剰な暴力シーンもないので、小さな子にも安心して見せられるし
意外かも知れないが、親子・カップル・夫婦・友人・同僚との「絆(きずな)」を描いた映画でもある。

映画館に行く前に、もう一度 前作の『アントマン』を観ておくことをオススメします。
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 8点(2018-09-01 16:20:46)
3.《ネタバレ》 沢山笑って、最後は泣かせてもらった。憎たらしい悪役がこれと言って出てこないのでファミリーでも安心して鑑賞できる点も高評価。マーベルの中では一番面白かったかも。あーでもアベンジャー最新作が気になって仕方がないじゃないですかーチクショウ。
ところでゴーストは特殊能力を失ってしまったんですかね?(可愛かったし)仲間入り希望です。前作をチェックすればより楽しめると思います。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-01 15:45:55)
2.《ネタバレ》 前作を観てから3年経っているので細かいディテールは忘れていた。復習していたらもっと楽しめたかも。ワスプはホープのことか。劇中ではほとんど触れられていなかったのでは? ラストのシーンは不気味。まんまと制作者側の手に乗りそうです。
kaaazさん [映画館(字幕)] 8点(2018-08-31 19:27:53)
1.《ネタバレ》 「インフィニティ・ウォー」であれだけの衝撃エンド(他作品のネタバレになりますので詳細は避けますが)を叩きつけてられてしまっては、MCUがどんなテンションでシリーズを再開するんだろう…と、シリーズを見守ってきた側からすれば非常に気になるところ。公開された週末にそわそわと劇場に行ってしまった。

一体どんな展開が待ち受けているのだろうか…いざ見てみると…!
これがもう拍子抜けするほど、ほのぼのとした作風でびっくり。
(ポストクレジットでアベンジャーズに繋がる形ではありますが…)

一応テクノロジーの争奪戦という大筋はあるものの、敵サイドのゴーストにも同情の余地があるし、ウォルトン・ゴギンズが演じるソニー・バーチについてもどこかトホホな雰囲気が漂う。
このスーパーヒーロー映画には、本当に凶悪な悪漢、或いは小難しい理屈を並べて善悪を問うような必要悪も出てこないのだ。大体のことはサンフランシスコの街の中で完結してしまうのである。

こう言うとユルユルのアクション映画に思える「アントマン」だが、逆にホームドラマとコメディを掛け合わせたような作風はマーベルの中でも異色のヒーロー象を確立出来ている。

映像面においても「モノの大きさを変えられる」「モノをすり抜けられる」というシンプルな設定で演出できる楽しさを突き詰めており、アイデアの豊富さには目を見張るものがある。
せわしなくサイズを変えながらの奇想天外な肉弾戦など序の口、サンフランシスコのカーチェイスでは坂の起伏までをしっかり考慮したクラッシュシーンで楽しませてくれる。
トラックをキックボード(?)のように使う巨大化アントマンも面白い。

ジャネット(ミシェル・ファイファー)に関してはどんな原理なんだよというツッコミもあるにしろ、ピム博士とスコットの二人がともに身近な家族のために奔走するという状態を作り出したのも巧いところだ。

先に述べたようにこの映画は1つの街と家族内の小さな小さな物語である。
しかしヒーローとは、多分、世界の危機を救ってくれる超人である必要は決してない。
大切な存在のために、大きくなったり小さくなったり。ただひたすらに頑張るお父さん。その熱さこそがお父さんをヒーローたらしめる。

「アントマン&ワスプ」はMCUの中でも特にコンパクトに描かれているが、ヒーロー映画の最もピュアで身近な心意気は、どのMCU作品よりデカく感じられる作品である。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2018-07-31 00:45:01)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6425.00%
7318.75%
8743.75%
916.25%
1016.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS