ザ・プレデターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・プレデター
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・プレデター

[ザプレデター]
The Predator
2018年【米】 上映時間:118分
平均点:5.75 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-09-14)
アクションホラーSFシリーズものモンスター映画
新規登録(2018-07-01)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2018-09-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シェーン・ブラック
キャストボイド・ホルブルック(男優)クイン・マッケンナ
トレヴァンテ・ローズ(男優)ネブラスカ・ウィリアムズ
ジェイコブ・トレンブレイ(男優)ロリー・マッケンナ
オリヴィア・マン(女優)ケイシー・ブラケット
イヴォンヌ・ストラホフスキー(女優)エミリー
トーマス・ジェーン(男優)
アルフィー・アレン(男優)リンチ
原作ジム・トーマス(キャラクター創造)
ジョン・C・トーマス(キャラクター創造)
脚本フレッド・デッカー
シェーン・ブラック
製作ジョン・デイヴィス〔製作〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.色々コメント考えた挙句、2008年にレビューしたAVP2のコメントを敢えて載せる事とした

『まぁなんつぅーかぁ・・・無駄にドラマしちゃってるのよ。それもチープなドラマ。
キャラはSFなのに出て来る人間がTVドラマしちゃってるからスゲェ違和感あるの。
まして吹き替えで見たら保安官モラレスの声がなにげにジャック・バウアーしてるから
一層違和感倍増なことこの上なし。
ラストのオチも無理やり次作に繋げようとしてるし・・ふざけるな《゚Д゚》ゴラァァア!!!』

おぉ♪安上がりなコメントで丸々納まる
今回は字幕だけどまぁ大差ない
sting★IGGYさん [映画館(字幕)] 3点(2018-09-18 22:41:16)★《新規》★
7.《ネタバレ》 ネタの枯れてきたハリウッドが、過去の栄光にすがって作られた映画。そんな程度なモノかと、あまり期待しないで鑑賞しました。ところがこれが期待以上でびっくり!まずなによりもテンポがいい。さらにアクションのオンパレード。そのアクションも変化が多く、飽きることがない。ただテンポが早いせいで、個々のキャラと名前が一致しにくく、背景設定も取ってつけた感じになってしまっている。主人公自身にも魅力がなく、奥さんや息子との関係性もややピンボケ。ヒロインなんか数時間もしたら顔すら忘れちゃいそうです。

シリーズものを作っていくのって大変だと思う。特に1作目の残したインパクトが強ければ強いほど、後に作られる続編たちは比較され、吊るし上げられる。同じようなアプローチをすれば焼き回しと言われ、違った方向で攻めれば、こんなの○○じゃない!と非難される。なかなか納得のいくものを作るって難しいですよね。まぁそれでも成功しているシリーズものもあることはあるので、一概には言えませんが。

今回のこの「ザ・プレデター」は、新たなチャレンジをしています。強い奴と戦うこと。武装している大勢の奴らを狩ること。大まかにいうとプレデターとはそんな種族(異星人)ところがそんな中に変わったプレデターくんが登場。彼は自分らの種族が強くなりすぎて、戦いそのものが一方的になってしまうことに不満を抱く。そこで互角に渡り合える兵器をプレゼントしてしまおうと暗躍する。いろんな種のDNAを摂取して強くなるなんて俺は真っ平御免だぜ!へん!俺たちと互角、いや!それ以上に強い奴と戦いたいぜ!とまあ私の勝手な妄想ですが、半分位は当たってるんじゃないでしょうか。

とにかく私は今回のこの作品が挑んだ試みは好きです。ワクワクしちゃいます。続編が作られるかは定かではないですが、もし作られることになったら、どんなバトルが繰り広げられるのか、想像するだけでもうたまりません。細かなキャラ設定やメッセージやテーマなんて要りません。ただただ大暴れしてくれれば十分です。続編、期待してます!
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 7点(2018-09-17 17:22:14)★《新規》★
6.《ネタバレ》 AVPやプレデターズやらで散々面白要員(コケ)にされて来たプレデター達に嫌気が指していたのでブラック監督には相当期待していました。が、母国の某有名レビューサイトで近年稀に見る腐敗映画のレッテルを貼られていたのでガッカリ。面白くなくていい、ただただ正統派続編としてサーガを感じられればそれで良いと最低限の保証を掛けての鑑賞になりましたが…大満足ですよもう!(涙)

アルマゲドンを超えるバカ過ぎる特攻チーム員が素晴らしい、特殊部隊を物ともせず寝起きに大暴れするプレデター様がカッコいい、都合よく四次元ポッケの様に武器をプレゼントしてくれるプレデ犬が可愛い。歩くだけ、動くだけで画になるプレデターは今更どうやっても撮りようが無いのを逆手に、1、2を愛したおじさん達がプレデター観に行こうぜ!とゲラゲラ笑いながら劇場に足を運ぶには最高の作品に仕上がってると思います。全体的にコメディ色が強いのですがシリアス路線との境界がまた絶妙です。
シルヴェストリの往年のテーマ曲にも泣かされたし、1、2を彷彿とさせるグレネードライフルにショットガン、ジャングルファイトや市街戦も見応えがありました。
難を言えばキラースーツですかね。このご時世にあんなダサいデザインでgo出しちゃあかんでしょ。とにかく突っ込みながら楽しく鑑賞出来たモノ勝ち。ありがとう監督。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 8点(2018-09-17 00:21:37)★《新規》★
5.《ネタバレ》 プレデター観るのは最初の奴以来なので、なぜあのプレデターがいつからこのような「ホームドラマ」に変わり果ててしまったのか?については全くわからない。
アメリカの日常コミュニティを舞台にせねばならないなんらかの理由があったに違いない。それも子供が主役のおこちゃま&ファミリー夏休み上映用みたいな。
家族全員で鑑賞できるほうが売り上げがあがると読んだのか?後でテレビで放送するからこういう奴のほうがいいのか?
とにかくファミリードラマにしちゃったせいで、着替え場面があるくせに、期待させておきながらB級映画お決まりのそういうシーンは皆無!!オジサンがっかりだよ、全く。
あと、やたらと銃が登場するね。全米ライフル協会協賛かね?もしかしたら。
米国は自分の身は自分で守るという文化で、この映画ではことさらそれを強調するような基調だ。
プレデターというモチーフのあまりの変貌ぶりは日本の映画ファンの理解と想像を超えていることだろうから、今後もうプレデターが日本で大ヒットすることはないだろうね。もったいない。
小鮒さん [映画館(字幕)] 4点(2018-09-16 20:14:31)《新規》
4.《ネタバレ》 プレデターだけじゃなくこの手のエイリアンものは、今襲われているけど敵の正体が何だかわからない得体のしれない恐怖、今ある貧弱な装備で何とか敵の姿を探し出して、何とかやっつけてしまおう!というのが王道なんです。敵が真の目的は何なんだろう?はプラスアルファの要素なんです。プレデター(1987年)と2作目はよかったんです。プラスアルファが多くなったエイリアンvsプレデターから要素が多くなりすぎてシリーズがおかしくなっていったんです。何とか王道に戻そうとした今作でしたが、やはり謎解き要素が多すぎるのと、この謎解きが物語にあまり関わってこない(少年をサンプルに持って帰ろうとするぐらい)のでとても中途半端な物語になっているんです。あと原点からそれすぎているのがとても気になるんです。それは人間狩りと透明になることです。プレデターが見えすぎていて緊張感がないんです。圧倒的な地球より進んだテクノロジーで人間狩りベースで物語を進めたほうがいいと思うんです。エイリアン2は動体探知機がとても有効でした。よって2で少し出てきましたが透明なプレデターを見える人間側の装置があれば面白いなんて思うんですね。とにかくあまりプラスアルファはいらないんです。音楽は1作目を継承していたので、お!原点に返った映画になるかな?とは思ったんですが始めだけでした。
虎ノ門虎之介さん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-16 11:05:21)(良:1票)《新規》
3.《ネタバレ》 2作目までは継続性を保ってる感があったけど、途中で「エイリアンvsプレデター」シリーズとか挟み込むから、何が本流なのかよくわからなくなってしまった。
求道者としてのプライドと潔さが魅力のプレデターが、なんだか単なる悪い異星人になってしまったのは残念。
少々いっちゃってる軍人たちは、みんな個性的で好感が持てた。ただ、トーマス・ジェーンは主役でも絵になったはずなのに、かなりくたびれた役どころで、哀しくなりながら鑑賞。まだまだアクション俳優として頑張ってもらいたい。
突っ込みどころ満載の映画だけど、プレデターにそもそも整合性とか求めても如何なものかいう気もするから、派手にドンパチやって、最後スカッとしてれば、それで良し。
roadster316さん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-16 01:31:50)《新規》
2.《ネタバレ》 プレデターは他の惑星の優秀な生物のDNAを採取し異種交配で進化してたとか、プレデターがやたらと感情を表わしていたり意思疎通を図ってきて翻訳機で会話したりとか、政府の機関がプレデターを研究してたとかイロイロと新しい設定を持ち込んできたけど、これを継続させる気はあるのかな?という印象。エイリアンも遺伝子操作した人造生命体で萎えましたけど同じようなことしてどうしたいんだろ。プレデターって勝手に来て好き放題に暴れ回る狩猟が好きな最強戦闘民族の蛮族みたいなもんなのに、わざわざ魅力を薄くして自爆プレイにしか見えなかったです。その交配種にオリジナル(?)が負けちゃうのもダメですね。ファン心理がわかってないです。あと、天才的な頭脳を持つという主人公の息子ローリーくんがプレデターの武器で人を誤爆するけどアレもいらないですね。AVP2も酷かったけど相変わらず倫理観がズレてる気がします。20世紀フォックスは良い資産があるのに使い切れないですね。 最後はプレデターキラーとかいうアイアンマンのウォーマシンみたいなのが出てたけど、唐突にあんな兵器1つ出すならエイリアンの幼体セットでも出した方がよっぽど良かったな。と、ここまでダメ出ししましたがAVPシリーズよりは面白かったです。プレデターを相手にするのは戦闘スキルはあるが問題のあるイカレた元軍人たち。それよりも強いのが女性生物学者というのはよく分からなかったんですが、それぞれ個性的でキャラも立ってて見せ場もあるし散り様も悪く無かったな。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-15 20:46:17)《新規》
1.自分が思う、プレデター・シリーズとは

「宇宙最強決定戦!」につきる。

その意味で、
人類最強(かも知れない)兵士シュワVSプレデターの決闘を描いた
第1作は、文句無しの大傑作。
2は、警官じゃロサンゼルス最強も怪しくて役不足。
三つ巴戦のAVPは、2対1の変則タッグとして面白い。
AVP2は、対決にすらならず最低。
プレデターズも有りだが、頂上対決って感じはしない。

今回の『ザ・プレデター』は、プレデター2よりは楽しめた。

だが、やはり人間の数が多過ぎて「最強対決」感はなかった。
観ている間は、けっこう楽しいんだけどね。
それに、最後の○○○○○キラーだけは、ほんと意味不明! 
余計なことヤッちまったなァ~だった。

もうこれは、次回作の冒頭でローリー少年がハッ!と目を覚まし
「なんだ~夢か。」と、ほっとする。(俺も、ほっとする)
という夢落ち大作戦しかない。ヨロシクFOX!
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 6点(2018-09-15 18:32:21)《新規》
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.75点
000.00%
100.00%
200.00%
3112.50%
4112.50%
500.00%
6450.00%
7112.50%
8112.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS