カメラを止めるな!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > カメラを止めるな!の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

カメラを止めるな!

[カメラヲトメルナ]
ONE CUT OF THE DEAD
2017年上映時間:96分
平均点:7.37 / 10(Review 156人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-23)
公開終了日(2018-12-05)
ドラマホラーコメディバイオレンスゾンビ映画
新規登録(2018-07-15)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2022-10-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督上田慎一郎
キャスト濱津隆之(男優)日暮隆之
真魚(女優)日暮真央
しゅはまはるみ(女優)​​​日暮晴美
長屋和彰(男優)神谷和明
細井学(男優)細田学
秋山ゆずき(女優)松本逢花
竹原芳子(女優)笹原芳子
イワゴウサトシ(男優)黒岡大吾
原作上田慎一郎(共同原作)
脚本上田慎一郎
製作上田慎一郎(共同製作)
配給アスミック・エース
美術ふくだみゆき(タイトルデザイン)
衣装ふくだみゆき
編集上田慎一郎
その他ふくだみゆき(宣伝ビジュアル/公式パンフレットデザイン)
あらすじ
自主映画の撮影隊が山奥の廃墟で映画の撮影を行っていた。だが、そこは曰く付きの場所で、突如現れた得体の知れない奴らにスタッフやキャストが次々に襲われて行くという地獄絵図。しかし、監督は何が起きてもカメラを止めるな!と豪語する。かくして、意地と執念に満ちた映画バカ共の狂宴が幕を開けたのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
156.《ネタバレ》 ゾンビ映画なのに監督のゾンビ愛が全然感じられない。こういう自主制作っぽいので言えば『桐島…』の方がゾンビ愛あるかも。それらしい設定を適当にくっつけた、悪く言えばオイシイとこだけパクった、駄目シナリオじゃないでしょうか?
日本軍の実験って話はアリだけど、どうして西洋のオカルトに結びつけてしまったのかなぁ…ゾンビ発生の原因といえば、宇宙からの怪光線、科学薬品、生物兵器。このあたりがお約束です。
ゾンビ映画の起源はロメロ・ゾンビ。バタリアンやバイオハザードなんかもそうだけど、死人が蘇るファンタジーに、リアリティを持たせたから、今のゾンビ映画史があるのに、血で書いた五芒星じゃオカルトだよ。とてもじゃないけど映画好きの作ったゾンビ作品とは思えませんでした。



『ONE CUT OF THE DEAD』という番組の裏側から、日暮監督が、映画好きの延長ではなく職業監督になってしまった理由が観えてくる。元女優の奥さんは役に入りすぎるため引退を余儀なくされ、映画好きな娘はこだわりが強すぎて撮影現場をクビになる。妥協に妥協を重ねて続けてきたであろう、今の監督の仕事。職業監督は自分の“好き”を入れちゃ駄目なんですね。
イケメン俳優に自分で「作品の前に番組なんです」って言っていたのに、カメラが回ると「これは俺の作品だ!」ってアドリブ。最初の鑑賞では笑えて、複数回鑑賞後はアツいものを感じました。
このシーンをカメラ(モニター)越しに観ていた真央は、きっと神谷くんだけを観ていたんでしょう。あんな熱演を終えて戻ってきた父にも素っ気ない。

こんなどうしようもない作品の中で、監督は何故か五芒星にこだわりました。思えば本当のゾンビの起源はブードゥー教=オカルトなんですよね。日暮監督はゾンビ映画好きのお約束を敢えて入れず、コッソリとオリジナリティを入れようとしたのかもしれません。
「日暮さ~ん。作品の前に、番組なんです」機材の故障で、オチをアッサリ捨てるプロデューサーに、食って掛かる日暮監督。普段の父を知っているだけに、驚いてる真央の表情がイイんだこれが。父の番組なんてチャンネル変えてしまうくらい、どうとも思っていないのに、カメラには映らないところで繰り広げられる作品への情熱。真央が考える“戦場”で戦っている父の姿。

愛を感じないゾンビ映画の裏側に、息を殺して潜ませた監督の作品愛。トラブル続きの中、どうにか完成させるために奔走するスタッフ。そして最後に父を支えた家族愛。事前にオチを知る事もなく、また期待が高まり過ぎることもなく、無事、上田監督が観せたいものを観ることが出来ました。心から笑えて、ほっこり出来ました。そして『私は映画が大好きだわ』って、再認識出来ました。
K&Kさん [映画館(邦画)] 8点(2024-04-10 23:58:47)(良:1票)《更新》
155.《ネタバレ》 久しぶりの3度目の鑑賞。
デティールをもう忘れていたので結構あちこちで爆笑しました。
伏線と回収の嵐。
難しいことは言わずに構成のおもしろさだけを楽しめばいいんじゃないですか?この手の映画は。
アイドルの子に向かって「おめえの人生が嘘だからだよ!」でスカッとした人おそらく大勢。
自分も娘がいるので最後の肩車の写真でほろっと。
忘れたころにきっとまた観ます。
jetter3さん [インターネット(邦画)] 8点(2024-01-23 15:10:27)
154.映画って色々大勢の人の努力で出来上がっていくんだなぁとちょっと感動。
amickyさん [インターネット(邦画)] 6点(2023-05-06 17:26:46)
153.すごく話題になってたので観てみたら
構成ありきの映画で、その構成が相まって
何かのシノロジーを生み出したかというと
そうも思えず、感想は「面白い構成だった」だけ
afoijwさん [DVD(邦画)] 6点(2023-03-16 03:52:44)
152.《ネタバレ》 廃墟になった浄水場を舞台としたゾンビ劇です。とても楽しめました。丁寧に、わかりやすく織り込まれた伏線とその回収が素晴らしいです。わかりやすく、でもあまりわざとらしくなく、でも時にはわざとらしくのバランスが絶妙だと思いました。念入りに仕込んだ伏線がスピード感をもって次々と本来の姿を現していく中、主演の女の子が監督に恫喝されて本物の涙を流すシーンが、個人的にはクライマックス。仕込みの細かさ、巧みさに感動してこちらもいつのまにか涙が流れていました。しばらく面白いのですが、その後ちょっと1本調子になってしまい、もう一ひねり欲しかった気がします。あと、廃浄水場のロケーションが素晴らしかったです。地下に掘り込んだ吹き抜けの大空間とか、光の加減とか、上層に行くと大きなポンプが立ち並んでいたりとか、そこから両開きの鉄扉を開けると地上に繋がっていて、陽光で一瞬目がくらんだ後、草いきれと青空が飛び込んできて、地上の建物は、地下に大空間があるとは思わせない、ぱっとしない古びた低層建築物で、さらには屋外階段を上ると屋上に出られたり、その屋上も、真っ平らではなく、適度に複雑な形状になってたり。
camusonさん [映画館(字幕)] 8点(2023-02-18 20:19:27)(良:2票)
151.《ネタバレ》 普段映画を見ない人にはこういうのがうけるんでしょう。もちろん私からしたらこれで2度3度見返すつもりにはさらさらなれない。
終わりが冗長。もっとカットすべし。例えば、企画側の女性が最後に「なんのトラブルもなく」と言った瞬間に終了。いつかTVで再放映する時はそうすることをお勧めします。
ほとはらさん [地上波(邦画)] 5点(2022-03-23 21:54:23)
150.《ネタバレ》 事前知識で入れたのが「自主映画撮影の最中にホンモノのゾンビに襲われる映画」ってところしか無かったので良かったと思った。
このSNS全盛のご時世、あれだけ巷で話題になったにも関わらずそこまでしか知らずに過ごせた自分をまず褒めてやりたい。
さて内容はまぁ特に語ることはないのですが、劇中劇の伏線回収の上にエンドロールで撮影風景の撮影風景、ってオチがなんかこう清々しいと言うかいいもの見たなって気持ちにさせてくれました。
※以下脱線
A○azonレビューで大量に見る「なんでこれが流行ったのかわからない」「日本の将来が心配」の文言。
映画一本で将来を憂いるなら死霊の盆踊りをクソ真面目に撮影したアメリカは今頃どうなっていたら正解だったんや・・・と短絡的に憂いてしまいました。
流行ってしまうとフィルターかかる気持ち私も良くわかります。
「なんでこんなのが流行るんだ!」じゃなく「今はこんな感じがウケるんだなぁ」でいいじゃないと思いました。
悲喜こもごもさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-01-21 22:11:11)
149.この映画。一緒に仕事してた人が20回以上見に行ったと言ってました。
飛行機で見たのですが、いまいちでした。
承太郎さん [DVD(邦画)] 6点(2021-07-25 19:50:56)
148.巷で話題になっていてかなり期待して観ましたが、ハードルが上がったせいか大して面白くなかった。何が大衆に受けたのだろう。私の感覚がずれているのか。疑問が残る。
クロさん [地上波(邦画)] 3点(2020-11-03 07:21:14)(良:1票)
147.冒頭のゾンビ映画を観て、
「なんだ、このB級映画は…」
と、思ったらそれは【正解】です。
必ず【最後】まで観ることをおススメします。

構成がよく出来てて面白かった。
色んな要素がうまくかみ合ってておもしろかったです。

映画としては異質かもしれないけれど、
よくできたおもしろい「作品」です。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-09-20 22:49:25)
146.映画の映画の映画という入れ子構造なので、映画ファンウケするのは理解できる。コメディーとしてもそこそこ面白い。それだけの作品と言ってしまえばそれまでだが。
東京50km圏道路地図さん [ビデオ(邦画)] 6点(2020-07-10 12:09:51)(良:1票)
145.《ネタバレ》 まったく予備知識無く見たのが良かったみたいです。
最初のグダグダもギャーギャーも、普通のゾンビ映画みたいに楽しめました。
後半は、映画製作の裏方作業を見学してるみたいで面白かった。
映画の作品としては微妙で、繰り返し見たいとは思いませんが、こういうのも有りかなと思います。
nanapinoさん [インターネット(邦画)] 7点(2020-07-07 17:26:39)
144.周りで話題になり勧められてはいたが、また周りがいい人ばかりで、ゾンビ映画ということも、どんでん返し等の予備知識すらなく全く何の期待も予想もせずに鑑賞したのが功を奏したか普通に楽しく見れた作品。内田けんじ的な伏線回収コメディで、こういう作品がどんどん出てきて欲しいと思っている人間としてはうれしい。製作費もキャスティングも一気に上がる続編は試練だと思うが、内田けんじのように良作を続けてほしい
Arufuさん [インターネット(邦画)] 8点(2020-06-13 14:10:39)
143.ジャパンが放つ斬新なゾンビ映画。
最初は退屈だったけど、前半の伏線は後半へつながり、そういうことなのかと感心。我慢が実を結ぶ。
非常に監督魂、役者魂がこもっている作品。世界のB級に負けてないぞ。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-03-28 23:57:45)
142.《ネタバレ》 ずっと観たいと思っていてやっと観れた分、ハードルが上がっていましたが、それでもこの点数です。ちなみに他のレヴューでも何度か言及していますが、勝手に0.5点刻みにして本当は7.5点です。予算云々で費用対効果というよりも、脚本とプロットが単に秀逸という位置付けで自分は良いと思います。この監督さん(脚本も同じ)の映画をまた観たいかと言われれば頷きます。
ラスリープさん [DVD(邦画)] 7点(2020-02-18 22:51:49)
141.《ネタバレ》 人間模様と個性が濃くて、惹きつけられずには要られませんでした。ノンカットの臨場感も素晴らしかったですが、後に裏側で起きる問題のネタバレ的なストーリー展開は今まであるようで無かったと思います。映画を見ながらも、舞台劇で感じるような一体感的な空気を感じる作品でした。
sirou92さん [インターネット(邦画)] 8点(2020-02-16 01:46:34)
140.すごく話題になっていた映画ですが、元々「話題に~」の映画とは相性がよくない事が多い私はあまり期待していませんでした。ゾンビ映画、最初の30分をのりきれ、制作予算300万円、役者ギャラなし、の情報で鑑賞しました。
この映画に高評価を与える人はスクリーンに映っている映画だけでなく、制作スタッフ含めた丸ごとの「映画」を愛している人だと思う。監督や役者、脚本、美術、スタントンマンなど裏方の事を考えて観る人達(「この美術スタッフ良い仕事してるな~」なんて思っちゃう方々。映画をエンターティメントとして捉えるか、芸術作品、として捉えるか、の違いかもしれません)
そりゃチープなところもありますよ。脚本の筋がしっかり通っているとは言い難い。だけど「才能もお金もなくても映画に対する愛はいっぱい」をこんな風に見せられると心が動いてしまいますよ~
これは「素晴らしい映画」というより「愛すべき映画」のような気がします。
果月さん [地上波(邦画)] 7点(2020-02-15 15:13:15)(良:1票)
139.《ネタバレ》 最初の3分くらいで、「ああ長回しね。頑張るなあ」となって、その後、ところどころにある不自然な間とか不自然な会話とかは、「なるほどかえってリアリティがあって、細部までこだわってるなあ」と素直に騙されてしまいました。で、作中エンドロールの後に時制が遡って「あれれ?」となって、あとは最後まであっという間でした。こういうどうでもいいところにひたすらこだわる作品には、もちろん好感が持てます。あと、ネタの中のネタという感じなので見過ごされがちなのですが、ゾンビ映画に(角度は少し違っても)ここまで真剣に向き合う日本映画作品って、それだけでかなり貴重ではない?
Oliasさん [DVD(邦画)] 8点(2020-02-10 00:35:37)(良:2票)
138.《ネタバレ》 あれだけ話題になっていたけど、幸運にも予備知識無しに鑑賞。
前半で正直観るのやめようかと思ったが、待てよ、そういえば全然カットしてない気がする…と思い直して観続けて良かった。
アイデアの勝利ではあるけど、ワンカットで勝負したのは面白かったし、脚本下手過ぎるぜって思ったのを、後半でちゃんと腑に落としてくれるのが観てて楽しかった。
以前に全編ワンカットで撮った「ビクトリア」って映画があったけど、それは単にワンカットで撮りましたってだけで、ストーリーはつまらなかった。
その点、この映画は映画としても充分楽しめた。
うん、佳作。
roadster316さん [インターネット(邦画)] 8点(2020-01-13 00:11:54)
137.《ネタバレ》 傑作!
・最初の30分は(ちょっと)退屈で
・次はいろいろ笑って
・終わり近づき気持ちが高まり
・最後は泣いた

昨年初めて観た。
レンタルDVD版には二つのコメンタリーがあってどちらも観た(聴きながら観た)から、つまり三回観たことになる。全て楽しかった。楽しい映画なのだ。そして、また観たいのだ、楽しくなるから。

キャストとスタッフが、どんな人たちか?
それがコメンタリーで判るのだ。
監督の事情も判るのだ(自宅とか)。

2020年になった(今日は1月5日)。
今年も観るだろう。
というか観たい!
激辛カレーライスさん [DVD(字幕なし「原語」)] 10点(2020-01-05 18:42:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 7.37点
000.00%
121.28%
242.56%
321.28%
421.28%
585.13%
62214.10%
73321.15%
84226.92%
92415.38%
101710.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.37点 Review8人
2 ストーリー評価 7.64点 Review14人
3 鑑賞後の後味 7.71点 Review14人
4 音楽評価 5.90点 Review10人
5 感泣評価 4.40点 Review10人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS